あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

女性は政治家に向かない

2017-12-12 23:24:28 | 政治(国内・その他)
【産経・歴史戦】「南京」の嘘、カナダで拡散 慰安婦像の増殖が止まらない 女性議員、大虐殺信じ「ネバー・アゲイン」
http://www.sankei.com/premium/news/171212/prm1712120008-n1.html

 カナダのこの事例にみるに、俺は女性は政治家には向かないと思う。
 それは、別に女性が無能だと言っているわけではないのだ。言わばこれは、適性の違い。
 政治家で見ると、「利用しやすそうなバカ」は明らかに女性に偏っており、「利用しにくい信念を貫いているクズ」は男性に多いと思う。

 ちなみに、上記例外としての「利用しやすそうなバカの男性」は鳩山由紀夫。
 「利用しにくい信念を貫いているクズの女性」は辻元清美である。何事にも例外は存在する。

 もちろん、信念を貫いているクズ…まあ男性政治家にはゴマンといるよね。マイク・ホンダとか、二階俊博とか、今日死におったサンフランシスコのエド市長とか。列挙するに暇がない。こいつらをして「男性が政治家に向かない」とは思わないのである。それは、時代の要請と共に排除されるからだ。

 他人にやすやすと利用されるバカほどたちの悪いものはない。それが政治家なら、なおの事であろう。
 これが、地方政治家としてならば有効に働いてしまう。彼らは市民に利用されてナンボだからである。
 それで、基本的に国会議員は地方議員からの叩き上げであるのが本当にさらにタチが悪い。適性がないものが「優秀」とされ、ステップアップして国会にきてしまうからだ。個人的には「貴族院」が復活してほしいぐらいだ。まあそれはそれで、貴族院の既得権益の問題があるのだけどな。政治ってのは難しいねぇ。

 まあ、ちょっと話はそれちゃったが、女性は政治家に向かないと思うんだよね。一番の理由が「コミュ力の高さ」なんだ。「人に利用される事がアイデンティティ」とか、認識している人が本当に多い。
 そのアイデンティティが、人生における指針として、別に間違っていないのが問題なんだよね。どーしても、視点がミクロに偏ってしまう。
 政治家は、もっと大雑把に全体的に、マクロに判断しなければならない。それで、女性にはそれが耐え難い苦痛だったりするのである。重箱の隅をつつきたい人が、男性と比較して確かに多い。

 「女性親分特有の、細やかな配慮が…」とかで始まる、女の細腕一本的な、ビジネスの立志伝とかが、稀に美談として語られるけど、それは女性の特性が上手くマッチした言わば例外であって、他のジャンルで同じ事ができるとは、思わない方がいいと、俺は思っていたりする。

 それがもう、完全に予想通りの結果になってしまったのが、記憶に新しいところで言えば、大塚家具のお家騒動ではなかろうか。結果的には、大塚家具を乗っ取った娘の元祖大塚家具は瀕死になり、独立して立て直した親父の匠大塚が盛り返した…。

 日本でも、女性議員を増やす試みが自民党内で進行しているし、実際安倍内閣には女性議員も多いけど…。ロクな人材がいないよね。よほど「稀有な人材」をつれてこないと難しいのではなかろうか。

 急激な登用は、稲田朋美氏を見ればわかると思うけど…無理だよなぁ。小泉進次郎を育ててるぐらいの慎重さが必要だわ。マジで。
 それで、女性で今の小泉進次郎になれる奴が、果たして出現するのか?と問われれば、俺はもう出現しないんではないかと思うんだよね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

NHKの受信料は正当か2

2017-12-10 22:35:49 | 政治(国内・その他)
 先週、NHKの問題についてエントリしたのだけど。

【拙】NHKの受信料は正当か
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/697977e79181331bca1b2e6c81f69037

 みなさんが書かれていたコメントとか、その他意見を読みながら、個人的に一番いい手段が思い浮かんだ。

 ヒントになったのは、このコメントであった。

Unknown (8087) 2017-12-08 14:17:39
公共放送は必要だと思う、けれど、受信料方式でなく、イギリスBBCのように、国営放送で良いではないか。 税金投入して、予算編成して、総務省の下に日本国営放送機構とか言うので良いではないか? 公務員扱いになるから、給料は人事院勧告で決める方が良いではないか? 
政府の監視がメディアの仕事という勘違いの発想を、公正と誤認しているメディアが多い中、政府側の説明を丁寧に報じるメディアがあるほうが良い。御用メディアのようが公正さの誤用メディアよりは良いと思う。 

 ああ。別にNHKをどうこうしようという話ではなくて。
 NHKではない、別の放送局としての国営放送があればいいと思ったのだ。

 日本では、現在テレビ局として、言わばCNNしかない(トランプ大統領にフェイクニュースだと名指し批判されるような放送局しか、日本にはないのだ…)のである。であれば、FOXを作ればいい。これが多分一番いい答え。

 NHKと国営放送は、受像機があれば必ず放映できるようにする。国営放送は、NHKや民放と同じく、アニメやバラエティも、普通のテレビ局と同じように放映する。

 ただ、ニュースや歴史については政府の意思が反映される。

 まあ、現実的にそれを実行に移そうとすれば、様々な問題があり、かなり難しいとは思うのだけど。要するに現在、マスコミ各社の意見がかなり左寄り一辺倒である事に、問題があるのである。

 NHKがついている嘘を、国営放送が理路整然と反論して「叩ける」のであれば、NHKはこれまでのように迂闊な嘘をつけなくなる。アレを公共電波で叩けるヤツがいないのが問題なわけで、公共電波に国営放送があれば、その影響力はネットの比ではない。

 例えば、朝日新聞の慰安婦問題なんてものは、朝日の嘘を、嘘とわかってても有力なメディアが誰も叩けなかったからこそ深刻化したものであったし、変態毎日新聞のWAIWAI問題にしても、有耶無耶にできたのはアレを面と向かって叩けるメディアがなかったからだ。

 政府は、アレ(朝日とか変態とかTBSとか)を叩いたとしても、その叩いた内容を報道するのはアレのお仲間なわけで、マトモに報道してもらえるはずがない。
 きちんと視聴率のとれる面白い番組も作ってる、ある程度支持してもらえる国営放送が存在すれば、政府はそちらを使って自分の立場で報道する事もできるわけだよ。

 そうすれば、少なくとも、2001年にあったいわゆる「NHK番組改変問題」みたいなのは防げるはずだ。アレは、「政府も認定済であった北朝鮮工作員」の意図を、NHKがその事実を伏せて放送したモノで、「戦争をどう裁くか」というタイトルの放送であったが、国の立場から報道する事ができるなら、「今なら」問題なくNHKを批判できる。

 ま、当時はまだまだ世論全体が左寄りなわけで、そんな国営放送があっても、NHKの方が強そうだけどな。

 まあでも、そんなのきっと現実的には無理だろうけどなぁ。できないもんだろうか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

NHKの受信料は正当か

2017-12-08 00:52:37 | 政治(国内・その他)
【朝日】「TV20年前設置なら、さかのぼって受信料」 NHK
http://www.asahi.com/articles/ASKD75J6YKD7UCVL01D.html

 俺は、昔っからNHKには受信料を支払っても構わないという立場である。

 ピタゴラスイッチも好きだし、大河も見ている。大科学実験や考えるカラスなどという、スポンサーがつきにくそうな実験的番組や、アニメでも、俺はNHKのアニメはむしろ民放より好きだったりする。中でも、未来少年コナンと電脳コイルは本気で名作であろう?マジで。軍師官兵衛も真田丸も、すっごい良かったよ。

 

 

 これらの高質な番組は、受信料という、ある程度まとまった収入源の賜物であり、潤沢な予算がなければできないものも多いと思う。

 今回の、最高裁判決の内容も、十分に理解できる内容である。

 支払ってくれている人と、支払わない人の公平性を考えるならば、支払うべきなのは当然だ。給食費を支払わないご家庭の息子さんでも給食は提供されるが、支払っているご家庭の方に負担がかかる、正直者が馬鹿を見るような状況はよくないにきまっている。

 ただし。それはNHKが真の公共放送なのであれば…である。

 今回、争点になっていないのかどうか、俺は詳細にはわかっていないのだけど。
 NHKにせよJASRACにせよ、こーゆー法廷で主張している内容と、実際にやってる事に大きな乖離があると思うのである。

 まず1つめに。
 受信料を支払ってくれている人に対し、もっとより沢山支払ってもらおうとするところ。支払ってない人に払ってもらえるようにお願いするのがスジじゃないのか。
 俺、出張旅費を出し渋る会社の方針で、「単身赴任」扱いで、数ヶ月賃貸契約して仕事をしている事もあるが…。自宅でNHKの受信料を支払ってるのに、帰宅して寝るだけの賃貸住宅の中まで確認され、布団と空調しか存在しない部屋でも「携帯持ってるでしょ」とか言って満額受信料を支払わせようとする、NHKの集金に出会った事があるよ。すっごいしつこかった。怒って追い返し続けたけど。
 「車で音楽を聞きたいならば、自宅用と車用で2枚のCDを購入するのは当然」とか言い出すJASRACと同じ考え方だ。

 そして2つめ。
 公共放送なのに偏った政治的思想を主張する事がたびたびある。しかも、反日的な主張をする事がある。以下、一例を紹介する。

【正論】 海外でも反日行為を行うNHK
http://minkara.carview.co.jp/userid/205797/blog/21590235/

 今回、法廷でNHKが主張した事は、言わば正論であろうが。実際やってる事とのダブスタが伝わるだろうか。ホントに公共放送なのか?

 NHKは、

上田会長は「公共放送としての役割を果たしているとの信頼がない限り、単に訴訟だけで受信料をちょうだいするとは考えていない」と訴訟の乱発を否定。

 と言いつつそれをやってくる可能性もあると思えてしまう。

 でも、じゃあどうしたらいいのかは難しい。
 国営にしてしまうと、受信料徴収は税金扱いのようなものだし、取りっぱくれはなくなるかもしれないけれども、国を批判する事はやはり難しくなるだろう。
 NHKの暴走を抑止するような、有効な第3者機関を設立しても、罰則もなければBPOのようなお手盛り機関となってしまい(なんせ放送倫理検証委員に香山リカ委員がいたことがあるぐらいだ)、骨抜きにされてしまう可能性も高い。
 よく言われる、NHKのコンテンツを見たくないならスクランブルを入れるなりするべきだという話も、NHKの資産はテレビに限った事ではないし、それらテレビ以外の資産についての恩恵を、支払を拒否した人も受けられるわけで、不公平だろう。

 現状では、俺は透明性の確保と、著しく公共性を毀損した情報の配信を行った際に、個人情報保護法違反のような罰則規定を設けるぐらいしかないのかなぁと考えている。

 罰則判定には、「正しく機能できるBPO」のような第3者機関による判定と、歴史的事実に対する定義付けが必要になるのだろうけどね。難しいだろうなぁ。

 なんにせよ、今のままでは、NHKに公共放送たる資格がないのは間違いない。少なくとも、自助努力だけでNHKが反日をやめれるようにはならないだろう。

 まず、NHKはこれだけ沢山、NHKに受信料を支払いたくないと思われているという事実について猛省し、国民に頭を下げるべきだと思う。

 まあ、NHKの番組は好きだけど、こーゆー理由にかこつけて受信料を支払わないってな人は、きっと大勢いるのかもしれないけどな。

 そういう意味では、どっちもどっちな気がしないでもないなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

日本を愛せない勢力

2017-08-21 07:32:11 | 政治(国内・その他)
 昨日、最近の沖縄ではぜんぜん珍しくもない記事を読んで、ちょっとした気付きがあった。

沖縄伝統行事の無知でバレた基地反対活動家たちの本性
http://ironna.jp/article/7411

一方的に日本をおとしめるような外国勢力の発言や日本国内における国を愛せない勢力の活動に疑問を持ち、自ら真実を探求しようとさまざまな情報を収集し、ネットで発信したり本を出版したりと積極的に行動しています。

 その気付きとは「国を愛せない」というフレーズ。

 俺が嫌いな人々で、ウチのブログでよく槍玉に挙げる勢力として、パヨク(共産党)、ベジタリアン、韓国人というグループがあるけど。これらには共通点がある。

 それは、「自分の価値観の押し付け」。

 私は肉を食わない(特にクジラ肉)。お前も食うな。私は日本を愛せない。お前も愛してはならない。日本人は我々より下である。韓国を敬え。

 先日、どっかのパヨクが「今の日本は愛するに値しない。愛してほしければ愛するに値する国になれ」とか書いていたが、クソ喰らえである。
 彼らの特徴として、「日本は民主主義の国ではない」というような、日本の価値観に疑義を呈する傾向がある。自分達の意見の方が、あたかも多数派であるのに、受け入れない日本人はおかしいという考えだ。

 俺はこれ、違うと思う。
 彼らの主張こそがマイノリティである…とは、俺は言わないよ?

 そうじゃなくて。彼らの主張が完全に自由に許されている事こそが、日本が民主主義の国である証左だと思うのだ。連中が要求するのは、自分達の言論以外を認めない、非民主的な言論弾圧である。

 そう思うのなら、そう思ってても結構。俺はぜんぜん、この連中を否定しない。言論弾圧はやらない。

 でも、それを他人に強要しちゃいけないと思うのである。

 俺と、こいつらと何が違うと思うだろうか。
 左右で立場が違うだけで、やってる事は同じだと思うだろうか。

 例えば「俺が民進党を叩く」場合。
 こいつらが支持されない理由を、できるだけ周知しようと頑張っているわけだけど。

 もし「連中が民進党を叩く」場合。
 連中のとる行動は、ひたすら民進党に在籍してる奴はアホだのボケだの罵倒し、挙句に離党させて、自分達の陣営に引き入れようとしているような感じなのではないかと思う。

 多分離党してくれるわけないし、離党させても自陣営に入れたくないよね?少なくとも、俺は自分の陣営に、民進党から離党してきたやつを引き入れたくない。

 そこが、心底こいつらとは分かり合えない部分なのではないかなと。
 そんな気づきだったのだ。

 だってさ。ベクトルが違うとはいえ、もし俺と同じような感性なのであれば、敵陣営を裏切った奴なんて、自陣営に迎え入れたくないよ。

 そう思うんだけどさ…。
 でも、例えば安倍総理が、韓国に土下座した上で、さんざん日本で増税した挙句、その増税分で韓国にひたすら投資をし続けて、靖国神社破壊して、村山談話を超えるスーパー安倍談話を発表して毎年韓国に土下座行脚するとか、言ったとしたら。

 安倍総理は韓国でヒーローになれるような気がするんだよな。

 俺は、韓国のムン・ジェイン大統領が日本に同じ事をしても、「何こいつ」って思ってドン引きだろうと思う。「寄ってくんな」というと思う。

 俺、長年連中のウォッチャーやってるんだけど…。
 未だに、連中がなぜそんな思考回路になれるのか、わからんのよねぇ。

 韓国や中国の人とは仕事もしてるし、別に仕事仲間としては問題はないのだけど。
 そこかしこに「ああ。こいつ思考の中心が損得なんだな。中国人らしいなぁ」とか思う事がよくある。
 他にも、日本の共産党員の思考にも知り合いはいて。思考パターンも知ってる。

 理解はしてるし、尊重もできるのだけど。
 でもやっぱり、多分友達には…なれないんだろうなぁ。

 安倍内閣が、外務省の韓国の紹介文より「価値観を共有できる」を外した時の話を改めて思い出す。
 「価値観が共有できる」ってのは。特別なんだろう。マジで。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

くたばれパヨク

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

多様性攻撃

2017-05-14 22:42:26 | 政治(国内・その他)
 基本的に、親北のデヴィ夫人の言うことは、北朝鮮が絡まないとホントにマトモだと思う。最近ちょっと流石にお歳なので、稀に変な事を言ってるような気がするけど。

【しらべぇ】結婚は子孫を残すこと? 『ワイドナショー』デヴィ夫人の「同性婚」発言が物議
https://sirabee.com/2017/05/14/20161124884/

 これ、基本線はまったくその通りであろう。結婚は、人類として子孫を残す為の義務のようなものである。俺もそう思う。
 ここで注意してほしいのは、誰もありとあらゆる「正常な結婚をできない人」を否定していないという事である。
 同性婚だって(擬似的な同棲なら)別にかまわんし、障害者だって、不妊の人だって男女問わず、当然ながら結婚する権利はある。

 いつも主張する事だが、だからと言って同性婚を正常な婚姻関係と同等としては、絶対にならないだけだと思うのである。

 国家としての至上命題は何か?と問われれば、それは当然ながら国家の存続であろう。なら、人口を維持する為の政策は必ず必要なのである。
 同性婚はそれを完全に否定してしまう。なんせ全人口がそれをやれば、確実に国が滅んでしまうのだから。

 この手の番組でデヴィ夫人を否定する人達が口にしてる言葉を列挙するとな。例えば堀潤とかが「ローマ法王ですら同性婚の否定は間違いと言ってるんやで」とかみたいに、完全にデヴィ発言がおかしいと否定するものとか…。
 松本人志みたいに「実際同性婚してる人が幸せならいいやん」みたいな、個別の論議で撹乱するものもある。
 一見松本の発言はアリな気もするが、そこは公共の電波で同性婚の肩を持ち、正常な結婚しか認めないデヴィ発言を否定するのはおかしいとは思わないだろうか。

「子孫反映の大原則として結婚は重要だけど、同性しか愛せない人が一緒に住んだり、結婚式を挙げるのは、別に許容できますよね?もちろん推奨してはいけないとは思いますが」

 とかデヴィ夫人に質問すれば、こんな番組の状況にはならないし、視聴者は疑問視もしないだろう。

 デヴィ夫人発言に激怒する連中の、頭がおかしいとすら、俺は思うのだ。デヴィ発言は正論であろう?

■デヴィ夫人に一部視聴者が猛反発

その場は東野と松本の機転でなんとか丸く収まったものの、デヴィ夫人の「結婚とは子孫を残すこと」という持論に、怒りの声をあげたのが一部のネット民たち。

「子供のいない夫婦に対する冒涜」「子供の産めない女性は結婚してはいけないのか」と反発意見が噴出。

 よーするに、国の存続というマクロ的観点から見た時、「同性婚」なんてものは簡単に認めてはいけないのである。「同性婚を認める」というアクションを起こせるのは、当然国しかいないわけで。デヴィ発言は当然、国が念頭にあるのだ。

 それを、個人というミクロ視点でしか怒りを表明していないので、こんな発言になる。特に少子高齢化が進む現在、こんなバカな反論をもし政治家とかがやれば、そいつは日本であれば、日本を将来的に真綿で首を締めるように滅ぼそうとしている発言だと思う。

 ツイッターをはじめとするSNSの類は、世界配信である。
 こうやってメディアがツイッターの意見とかを取り上げれば、それが立派な「世論動向」になってしまう。バカの世界配信であろう。

 きっと、こーゆーバカな発言はなかなか減らない。
 でも、俺はみんながみんな、賢くなってデヴィ夫人の発言を全否定するような人だけは、減らしていかないといけないんじゃないかなぁと思うのだ。

 多様性ってのは必要なんだけど。
 それを殊更に強調する連中は、「多様性」という言葉を利用して相手を攻撃しているように思えてならないのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

同性婚 だれもが自由に結婚する権利


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お前がいうな

2017-03-18 01:01:55 | 政治(国内・その他)
朝日新聞の「WEBRONZA」で、以下のようなエントリを見つけた。

【WEBRONZA】平気でウソをいう人たちにどう対抗するか
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017022300011.html

 ちなみに対談形式である。
 対談するのは、憲法学者の木村草太、作家の新城カズマ。
 司会はWEBRONZAの編集長、松本一弥であった。

 登場人物の中では、木村草太は報ステでコメンテーターをやってて、沖縄タイムスで連載をやっているという、コテコテの典型的な憲法学者である。作家の新城カズマはよくわからん。

 正直、内容は…なかった。

 激しく長文記事なんだけど。なんの印象にも残らず。ものすごい薄っぺらい…。インテリな学のあるトークができる俺かっこいい、みたいな内容であった。

 やっぱり、日本で嘘つきといえば代表選手はダントツでマスコミであり、その1番手にくるのが朝日新聞なのである。僅差で変態(毎日)とかTBSとかNHKとか沖縄タイムスとか北海道新聞とか…。

 そんな連中が、対談で何を主張してくるのか…とか思ったのだけど。結局何が対抗手段なの?と思っただけであった。
 つまり、例えば米国のトランプ大統領の嘘付きっぷりが常軌を逸してて凄いとか、自分たち、朝日新聞のお仲間周辺の行いを棚に上げた上で、自分たちの敵となる米大統領のトランプ氏とかを叩きまくるだけの対談だったのだ。

 民進党がやったらブーメランとか言われるんだろうなぁ。
 ま、これが、朝日新聞が言うところの「平気で嘘をつく人に対する対抗手段」であるわけだ。敵認定したヤツを実例あげて嘘つき呼ばわりし、ひたすら叩きまくる。

 うーん。確かに有効だとは思うけど。朝日新聞とか民進党がやったら「お前が言うな」の嵐になってしまうよね。マゾなのかね。
 どーせマゾならば。せっかく朝日新聞なんだしさ。昨今さまざまな人を騙して、なんとか慰安婦像を日韓慰安婦合意事項を無視して建設しようとしている韓国人をターゲットにしたり、森友学園問題で嘘をつきまくってる籠池泰典氏なんかでやるネタなんじゃないかな。時事的な意味で。

 でも。こーゆー人達って、何故かこの手のすごく悪質な嘘つきに、なぜか寛容なんだよな。慰安婦とか南京事変とか。で、考えれば考える程に、こーゆー嘘つきは厄介で、朝日曰く「嘘つきに対抗するにはどうしたらいいか」ってのは、本当に難しい。

 まあ、だからこそ俺はこのWEBRONZAの記事を、最初興味持って開いたんだけどな。
 案の定、ろくな事が書いてないわ…。

 例えば、慰安婦像の問題だと、騙されている人が不特定多数ではなくピンポイントなので、騙されている人に正しい情報を伝える事が重要だろう。籠池泰典氏みたいな嘘つきについては、偽証を許さない証人喚問なんてのは有効な手段だろう。

 状況によって、最も有効な手段が変動するので、答えなんてないのである。
 わかってはいたんだけどなぁ。でも、興味もって開けちゃったんだよな。上記の「嘘つきに対抗するにはどうしたらいいか?」って記事を。

 日本一の嘘つきのプロフェッショナルたる朝日なら、その対抗方法もご存知かと思ったんだけど。やっぱ無意味な記事であったか…。

 でもほんと、嘘つきに対抗する手段は知りたいわー。
 ネットとか国際社会なんて、信じてもらえるなら真実か虚実なのかはまるで関係ないしなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小池百合子の靖国参拝

2017-03-03 22:57:41 | 政治(国内・その他)
 彼女の事をエントリするたびに。
 俺はまず、彼女の事が嫌いだと主張しているような気がする。

【産経】小池百合子氏、女性専用車両は「五輪憲章そのものを反映」 靖国参拝は「異論ない」
http://www.sankei.com/politics/news/170303/plt1703030013-n1.html

小池氏は靖国神社参拝のあり方も問われ、「私たちが享受している平和と繁栄が戦没者の方々の貴い犠牲に築かれている。終戦の日の靖国参拝に異論はない」と話した。

 でもこの人すっごい人気があるんだよね。それは確か。
 そんな人が、堂々と記者の前で、「靖国参拝に異論はない」と言い切る。都知事になるまでは幾度となく靖国に参拝されている方ではあったので、安倍総理が総理になってから、ぱったり参拝しなくなった事もあったし、気になる「記者の良質問」であったのだけど。

 
 ▲2005年環境相時代、靖国神社に参拝する尾辻秀久厚生労働相(左)と小池百合子環境相。

 そして、そんな発言をした彼女をメディアは叩かない。否。叩けないのである。既に、そのネタで叩いてもメディアにメリットはないのだ。

 世論は、既に「首相や重要閣僚ならともかく、その他の人が靖国参拝するぐらい問題ないじゃないか」という形に変容しているのだ。

 彼女もその一例だが、最近一定のカリスマを持つ人に、靖国参拝の是非を問うと、まず常識的に「靖国神社」をご存知の方が激増している点と、否定的ではない人が増えているように思う。

 宮﨑駿のような例外はあるけれどもな。

 とりあえず俺は、今回の記事で敗戦記念日が楽しみになってきた。是非行ってほしい。靖国参拝は、トップクラスのメジャーになってくると、なかなか行きにくくなる傾向があるように思う。
 しかし、今話題の人となりつつある石原元都知事は敗戦記念日に毎年公式参拝していたし、東京都知事はその注目度のわりに、靖国参拝がやりやすい地位なのである。

 去年は知事なりたてという事でか、参拝を自粛したようだが…。

【日刊ゲンダイ】本会議で論戦本格化 都議会自民党は小池知事の“失点”探し
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191155

代表質問では自民党・高木啓幹事長が質問に立ち、冒頭でいきなり「国会議員時代は幾度となく参拝したのに、今年はなぜ靖国参拝しなかったのか」と質問。

 俺は、アレは一種の踏み絵だと思うのである。是非行って、靖国神社参拝のハードルをまた1つ下げてほしいものである。
 そしたら…。俺はほんの少しだけ、小池百合子氏への評価を上方修正するんだけどなぁ。

 …まあ、俺なんぞが評価しても大した意味はないのかもしれないけど。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

また朝日新聞か

2017-02-24 23:33:35 | 政治(国内・その他)
ものすごい怪しい。

【産経】釜山の慰安婦像に「安倍政権の対応を謝罪します」のはがき、韓国メディア報じる 差出人が「朝日新聞記者と同姓同名」とネットで話題
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170224/frn1702241530008-n1.htm

 またしても産経新聞は、ネットの噂について裏をとってくれている。いい仕事しているわぁ。

産経新聞の取材に対し、朝日新聞大阪本社代表室の広報担当は「ご指摘のネット情報を拝見しましたが、弊社はご質問にお答えする立場にないと考えております」とファクスで回答した。

 朝日は、この解答ではほぼネットの噂を工程したと言っていいと思う。ただ、確たる証拠がないだけである。
 なぜならば。違うのであれば否定すればいいだけの話だからだ。
 蓮舫の二重国籍疑惑と同じで、これはさっさと疑惑を払拭してしまう事が最も簡単に沈静化できる手段なのだ。

 朝日新聞がこの同姓同名同漢字の記者に事実確認をしたところ、本人は否定し、朝日新聞も関与した事実はない…と言ってしまえるのなら、少なくとも朝日新聞はこれ以上痛くもない腹を探られる事はない。
 問題があったとしても、記者個人の問題に帰結するのである。

「お答えする必要はない」

 という事は、噂が事実である場合か、極めて怪しいと思いながらも後々シラをきるためにノータッチで放置しているかどちらかである。
 そしてもう1つ言える事は、仮に噂が事実であったとしても、法的になんら問題ない為に「知った事ではない。なんら悪いことはしていない」と考えているのである。
 社内の空気も想像できてしまうので、もう8割方、噂は真実であろう。

 やりようが、福島原発事故の時、勝手に日本人を代表して韓国で謝罪し、「日本人全員が犯罪者となってしまった」とかのたまった孫正義とかぶる。

 

 はたまた別視点からでは、「かかわっていたところで法律的になんの問題もない」と、おそらく完全に開き直っている安倍総理の森友学園問題にも通じるところがある。
※孫正義は確信犯。安倍総理は朝日と同じで「もう暴けるものは何も残っていない」と考えているので孫正義と安倍総理はぜんぜん違う事を注釈しておく。念のため。

 のうのうとしていられる孫正義やら安倍総理を見ればわかるが、確かにこれらはイメージダウン以外のダメージはないのである。

 …ないのかな?ないと俺が思っているだけなのかな?

 まあ、特定は無理だろうなぁ。イメージ商売であるマスコミやら政治家は、確定すりゃー、それなりのダメージかもしれないが…。

 正直、これ以上は騒ぐだけ無駄な気がするなぁ。特定できるならもうとっくに特定できている気がするし。

 

 

 それにしても。もしこれが本当に朝日新聞記者の阿久沢悦子氏ご本人だったとすればの話だけど。この手の話になると、なんか朝日とか変態とかの記者とか、テレビ関係者とかがホントに個人的信念で関わっている事が多いような印象を受けるわ。
 マスコミ内に潜む病巣の深刻さもアレだけど。毎度毎度似たようなメンツばっかりによる中韓支援で、ものすごい内輪臭である。それ故にまったく広がりが感じられん。誰からも同意を受けられるとは思えない。

 この手の活動をしている人が激減している事の証左と思うのだけど。
 先日言ってた、「左翼って、数少なくね?」に通じるものを感じたのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

左翼が堕ちていく

2017-02-22 23:01:26 | 政治(国内・その他)
 気骨ある有名な随筆家、故人山本夏彦氏の数ある名言の1つである。

汚職は国を滅ぼさないが、正義は国を滅ぼす

 確か「ワイロは浮世の潤滑油」…なんて事も仰っていた。賛否両論あるだろうが、俺はその通りだと思っている。所詮政治家なんてものは、第1は国の為ではない。利益誘導の為にその職についているのだ。日本の国の為に政治をしているとか、そのついでに過ぎない。

 昨今、この名言が身に染みる。つまり、「汚職は国を滅ぼさないが、左翼は国を滅ぼす」と言えばものすごくしっくりくると思うのである。基本的に、左翼は理想論ぶって正義の味方を標榜するもので、悪人ほど、より正義の仮面を被ろうとするように感じる。

 それが、最近顕著にバレ始めたのではなかろうか。

 金正男氏の殺害事件なんてのは、左翼新聞の東京新聞・五味記者に殺されたようなものである。
 こんな記事が出ている。五味記者は本人曰く、今回の金正男氏殺害事件はショックだったとの事。

金正男氏殺害を受けて東京新聞・五味氏会見(全文1)出版、微妙な時期だった
https://thepage.jp/detail/20170217-00000005-wordleaf?page=2

 以下は、2012年2月の、ちょうど5年前の記事である。

金正男が激白「北朝鮮を解放する!」(4)「常に警護されている」真意
https://thepage.jp/detail/20170217-00000005-wordleaf?page=2

ところでこの本の出版が与える影響が小さくないことは、当然、予想されるところだ。
五味氏が出版を打診したところ、正男氏は、
〈ご理解をお願いします。北朝鮮の政権が、私に危険をもたらす可能性もあります〉
と、今回の時期での出版について断っている。

昨年大みそかのメールだった。
それでも出版に踏み切った真意について、五味氏はこう話す。

 なんの事はない。
 東京新聞のゴミ…いや五味洋治氏は、金正男氏が「今こんなものを出版したら俺は殺される。やめてくれ」と懇願するのに、「知ったことではない。出版する。それがジャーナリストの使命だ!」自らの名誉欲を優先し、金正男氏は実際に殺害されてしまったのである。左翼らしい綺麗事で散りばめられた五味洋治の言い訳にはヘドが出る。

 「ショックだった」という台詞には、当たり前だが「まさか本当に殺されるとは思ってもみなかった」というニュアンスを忍ばせている。これを口に出してしまえば、叩かれる事が容易に想像できるので、あくまで匂わせているのである。卑怯千万だ。

 この記事を見てみるがいい。先日2/15の、お仲間の左翼、朝日新聞の記事だ。

【朝日】金正男氏暗殺「5年前から計画」 韓国情報機関が報告
http://www.asahi.com/articles/ASK2H3S07K2HUHBI00S.html

 当然この記事の内容を知った上での、上記ゴミの記者会見だったのである。
 で、口から出た台詞が、「ショックだった」。

 ゴミと言えば、変態新聞にも五味というゴミがいたが…。

正しく知ろう毎日新聞!①毎日記者によるアンマン空港爆発事件
http://ameblo.jp/sikisima-takasago/entry-12228812927.html

五味被告は、イラク戦争取材中に拾ったクラスター爆弾の子爆弾を記念品として持ち帰ろうとしたが、5月1日夜(日本時間2日未明)、クイーン・アリア国際空港の手荷物検査所で、この子爆弾が爆発、職員1人が死亡、近くにいた5人が負傷した。

 本当にゴミだと思わないか。まあ変態のゴミの件は完全に余談なんだけどな。単なる五味つながりで。紹介したかっただけの事件で。閑話休題。

 コレ以外にももう1つ。

 昨日、俺がツイッターでリツイートしてた、民進党の後藤祐一の件。

【じゃぱ速】民進・後藤、女性官僚パワハラは「『国民のため』であることをご理解いただきたい」
http://jpsoku.blog.jp/archives/1064497574.html

 俺、こいつについては昔、すっごい調べてて、ウチのブログの閲覧者が飛躍的に増えたエントリだったのでよく覚えてるけど。北朝鮮系の「市民の党」が全面支援して当選した国会議員である。

 市民の党と言えば。鳩山由紀夫とか菅直人と極めて深い関係のある、ガチの売国政党である。最近では、あの山本太郎参議院議員の選挙戦を全面バックアップしていたのは記憶に新しい。

 あの後藤祐一の恫喝は洒落にならない。本当に怖い。拉致られてしまいそうだ。

 こいつも。鳩山やら菅やら山本太郎の名前を出せばわかるとおり、生粋と言っていい程の左翼共である。

 それが、後藤の叩かれっぷりを見てても、メディアでもかばいきれない様相を呈している。

 今、このタイミングで続けざまに左翼陣営に大ダメージが続いているように感じる。
 最近、米国がトランプ政権になってからこっち、米国は北朝鮮に対してなんらかの破壊的なアクションをとる噂が先行しているが…。

 偶然なのかな…?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ツレがウヨになりまして」知らんわ

2017-02-21 23:34:36 | 政治(国内・その他)
 ごめん。俺今日初めてこの劇を知った。「ツレがウヨになりまして」

【スパイス】ネトウヨを激怒させた?「笑の内閣」渾身のコメディ、韓国上演に向けてクラウドファンディング実施
https://spice.eplus.jp/articles/106927

 wikiによれば、初公演は2012年…。俺は、まあ自分の主観はともかくとして、パヨクな皆様からは完全にネトウヨ扱いであったわけだけど。
 激怒する前に本気でこの劇を知らなかった。

 と、言うわけで検索してみる。

 

 グーグルトレンドサーチに出てきやがらねぇ…。潰れてるんじゃねーか?トレンドサーチ…と思ったので、過去5年縛りとしてはかなりマイナーであろう、俺の大好きなアニメ、電脳コイルを検索してみる。

 

 なんだ。ちゃんと出てくるやんけ。
 ちなみに電脳コイル。今から10年前に放映された、マッドハウス制作のNHKアニメである。うーむ。じゃあ、もっとマイナーなので。俺の好きなB級映画、俺の好きな劇団の1つ、ヨーロッパ企画の「サマータイムマシンブルース」はどうだ。初公開は2005年である。

 

 …なんか。笑の内閣が可哀想になってきたので、もうやめる事にする。
 とにかくドマイナーであった。

【togetter】笑の内閣上皇氏「ゴミを苛立たせるのにはうちの韓国公演に応援を」「理解できないならお前もレイシスト」
https://togetter.com/li/1083000

 で、なんかこの「笑の内閣」の中の人らしき人がツイッター民と戦ってる様子が棘にまとめられていたので確認してみると。なんというかものすごい「しばき隊臭」な感じで、流石にちょっとゲンナリしてしまった。

 で。この「ツレがウヨになりまして」。

【マガジン9】鈴木邦男 「ツレがウヨになりまして。」を観て
http://www.magazine9.jp/kunio/120530/

 自称本物保守の、鈴木邦男が絶賛している。
 というか、鈴木邦男が絶賛しているから、「ツレがウヨになりまして。」って劇の存在に気がついたんだが。(というか、自称左翼の俺とは完全に逆ベクトルの人なんだなそういえば)
 まあ、鈴木邦男をガチで胡散臭いと思っていた俺。いい機会なんで鈴木邦男が今、どんな交友関係なのかを調べてみたら…。

【Wiki】鈴木邦男
https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木邦男

日本の政治活動家、政治団体「一水会」元最高顧問、プロレス評論家、予備校講師。「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」(のりこえねっと)共同代表。清美応援団員[1]。「和歌山カレー事件・林真須美さんを支援する会」代表。かつては新右翼の代表的人物とみられていたが、2015年、一水会は「一水会は、これまでのように右翼団体の名を自ら呼称することを止め、社会政治活動家・思想探求者などの名称のもとに国家革新運動を展開します」と宣言している

 辛淑玉と一緒にのりこえねっと共同代表で、辻元清美応援団員で、林真須美被告支援者かよ…。なんじゃこれ。

 俺、昔のりこえねっと代表の話はネタにした事があったけど、また随分ワケわからんのが増えたもんだ。
 主義主張が酷すぎるとは思ってたけど。まさかこんなつながりまであるとはな。
 
 ちなみに。彼が元最高顧問だった一水会の機関紙「レコンキスタ」では、本人曰くの前科持ち(それがカッコイイと思ってのカミングアウトだろう)のしばき隊メンバー、山口祐二郎がコラムを書いている。

奴らを通すな!

 

 そんなわけで。
 なんだかよくわからんうちに。パヨクのネットワークを通じて、当初考えもしなかったしばき隊メンバーまでたどり着いてしまったのであった。ちゃんちゃん。

 なんかねぇ。パヨクっぽいな、怪しいなと思ったら、最後にゃ必ずしばき隊周辺にたどり着くような気がしてきた。

 実はパヨクって人数少なくね?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加