あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

山本太郎のダブスタ

2015-07-31 23:36:43 | 政治(安倍政権)
 俺が山本太郎を初めて見たのは、確か世界ウルルン滞在記だったか。
 そん時ゃ、こんなキチガイだとは思いもよらなかったんだが。

 …山本太郎は、紛うことなくキチガイである。しかも確信犯的なキチガイ。男版、福島瑞穂ってところか。
 そんな山本太郎が国会議員となって、こんな質問をした事が話題になっている。

【J-CAST】山本太郎「原発がミサイル攻撃されたら?」「国会質問」機にネットで大反響
http://www.j-cast.com/2015/07/30241591.html



 まあ言葉遣いとか質問からの話の方向性とかを聞いてみると、品性を感じない下卑た男だと思うが。それでも質問の内容は正しい。危機管理の一環として、シミュレーションぐらいはやっておくべきであろう。俺は政府や会社が「完全に想定外」って言葉を吐くたび、無責任だと思ってしまう。中には本当に想定外なものもあるかもしれないが、そのうち半分ぐらいのケースは「わかってたけど考えないようにしていた」ケースではないかと思う。911みたいな攻撃方法も、あると思うんだよ。

 ま、それでも山本太郎のこの質問は、「危ないから自動車は廃止すべきだ」に近い考えだと思うけどな。冗談じゃないよ。
 でもって、コイツは何回かウチでも取り上げてる、他者志向型完璧主義者の典型的な例であろう。

他者指向型完璧主義者

 対照的に、「他者指向型」の完璧主義者は、他者を見下し、他者に対して厳しいことを特徴とする。他者に完璧を求めるのはもちろん、その期待に応えられなかった者を容赦なく批判する傾向がある。また、「他者指向型」の完璧主義者は、「ダーク・トライアド」と呼ばれる性格特性を備えている傾向が高いという。ダーク・トライアドとは、マキャヴェリズム、ナルシシズム、サイコパシーという3つの性格特性の組み合わせを指す。

 俺が、他者志向型完璧主義者が大っ嫌いだというのも、以前エントリしたが。

【拙】たまには勢いだけでエントリを
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/9a6faf82e7ae28f3ad31aabe4792269b

 それ以上に、この山本太郎の政府に対する罵声っつーか糾弾として、許せない点がある。それは、

 「他国が原発にミサイルを打ち込む事を想定し、原発に反対する癖に、憲法9条を標榜し、安保法制にも反対し、日本に無防備を強要する事」である。

 山本太郎の質問は極端ではあったが、これは日本の売国サヨク共通の主張といえる。
 連中は、日本が無防備であれば攻撃されないという。

 しかし、原発があればミサイルを撃ち込む国があると言う。つまり標的となるような建造物を作るなと主張しているのである。

 これは、日本に近代技術を持つなというように主張しているようなもので、要するに日本人に「何も持つな大人しくしていろ」と言っているに等しい。

【拙】平和団体は頭がおかしい
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/e8f9323525721bba4fe2e225e43eff6a

 先日、安保法制は違憲であると言い切った憲法学者達のスタンスがフラッシュバックしたよ。北海道大学の教授、山本二郎氏の台詞「世界の中で日本の居場所なんかない」だったかな。

 

 これは、こいつらの願望なのだ。やってる事は日本人を劣等民族に貶めたいだけだ。

 山本太郎よ。その質問をするのなら、本来安保法制どころか憲法改正が必須だと思うわ。でもって、まともな普通の国として、ちゃんと国防を考えなければならないと思う。平和主義、無防備宣言は無責任なだけだ。

 それで、お前のいうような「原発にミサイル」の可能性はほぼなくなるであろう。

 でもって、むしろ本当に危ないのは、911の時のようなテロだと思う。
 ニュークリアハザードの想定をせず、「原発は絶対に安全」ってのは、俺はこれも無責任だと思うのである。

 

 先日、民主党が「徴兵制になったらどうしよう」的なアホなパンフを作ってたやんか。流石民主党やと思ったものだが。とある元自衛官が、「そんなの、運動やった事ないオッサンが、『巨人にドラフト1位指名されたらどうしよう』って悩むぐらいにアホな事だから」とかツイートしていたが。
 少なくとも俺は、原発テロについてはもうちょっと…巨人がド素人をドラフト1位に指名する可能性よりは、高いと思う。イスイス団のテロ行為から、反原発主義者の自作自演テロまで、絶対あり得ない話だとは思えないのである。

 …言っとくけど。俺、原発については一応反対なんだからね?マジで。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキングがどんどん低下していく…がんばって更新すんので、1票おねがいします

ふふふ (講談社文庫)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

日本経済が好転しない

2015-07-29 23:40:27 | 政治(安倍政権)
 久々に、「意味がわからねぇ…」と、無性に腹が立った記事に出会った。

【東洋経済】「繰り上げ返済は早いほどよい」に異議あり
http://toyokeizai.net/articles/-/78544

 ちなみに。我が家は一戸建てである。籍を入れると同時に家を購入し、3~4年程度で住宅ローンを払いきった。夫婦共働き、ダブルインカムを最大限に利用し、子育ての時期に住宅ローンで苦しむ事がないよう、結婚当初は避妊し、2年目から子作りに入った。今は上の子が小学4年生、下の子が小学1年生である。住宅ローンのない生活はいい。我が家は別に収入的には普通(俺も嫁もフルタイムで仕事してるけど、合計年収が1000万に届かない)だが、既にかなりの貯蓄持ちである。数千万円。

 元々、俺には1000万を超える貯金もあったので、ローンを組んだのは2000万円程度だったが、驚愕のスピード返済だと誰もが驚く。

 そんな実体験をベースに断言しようと思う。

 少なくとも俺らにとっては、繰り上げ返済が超お得であった。

 上記記事を読んで感じた事。それは、「わざと家計が苦しくなる返済方法をとっている」である。

特に住宅ローンを借りてからまもない人が焦って繰り上げ返済すると、得をする以上に支払いが不能になるリスクが高まりかねないからだ。

 とまあ、上記記事の筆者は語るわけだが。
 ローンの先返しってのは、2つ方法があるのだ。1つが支払期間の短縮で、もう1つが月額支払金額の減額である。
 ウチは、最初月額のローン支払いが9万円ぐらいで家計的には相当苦しかったが、子供が生まれる前に、これを半分の4万5千円程度にまで減額する事を目標にしていた。
 月額支払額が減れば、それだけ先返しが楽になる。俺ら夫婦は当時、意図的な超極貧生活をおくり、月額の支払いが4万円程度になった頃、貯蓄はまったく考えず、全てをローンの先返しに回した。

 結果はご覧のとおりだ。

 上記記事の例では、月額の支払額が10万円。この住宅ローンで月額支払額を減額せずに35年貫くのは至難の業である。月額支払額の低減は必ず必要になる。支払期間の短縮は、家計に余裕がなければするべきではないのだ。

 で、俺は上記記事を書いたヤツに憤りを感じたのである。

 まるで詐欺だもの。住宅ローンを抱えてても、運用次第で生活を格段に楽にできるすべがあるのに、「毎月住宅ローン支払い10万円の固定化」という修羅の道を、さもその選択肢が最良の道として騙るそのやり方に。

 長期ローンは長く持ち続けてくれりゃ、金貸し業は勝手に金利で儲ける事ができるわけで。金貸しの方が喜ぶにきまっている。どこの銀行の回しもんなんだよ。
 住宅ローンの複利算ってのは、すごい膨らみ方なんだぜ?ちなみに、上記記事の月額支払で、3500万円を35年で返済する場合、総額で4600万円を返済しなければならない。わずか1.61%の金利で30%もたくさん払わねばならないのだ。

 って。俺、久しぶりに住宅ローン関連サイト見たけど…。なんじゃこの金利。1.61%だと?げっ。楽天の住宅ローンとか1%切っとるやんけ…。俺の時、どんなに金利が低くても、2%超えてたのに…。10年固定の金利とか、4%ぐらいだったように思うけど。これを選択したヤツって絶対損だったなこりゃ。

 これがアベノミクスか…。ちょっと実感しちゃったよ。流石に借金する側が有利だな。
 こんな状況なのに、日本の不動産市場って、いまだ不況なのか。よほど国民が疲弊しとるんやろなぁ。今、すんごい住宅ローンの借り時に見えるのにな。
 つーか、俺の時でも十分住宅ローンが借り時って言われてたハズなんだけどな。今はその比じゃないな。

 実は、本日もう1つ、ムカつく記事を見た。これだ。

【読売】最低賃金、最大上げ幅平均18円…地域差は拡大
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150729-OYT1T50020.html

 この最低賃金の話だが、与党はこれで、「生活保護と、最低賃金レベルの労働者の収入逆転減少が解消できる」つってんだよな。
 これもいろんな意味で腹の立つ話だと思う。

 逆転するわけないのだ。生活保護受給者は、確かに収入は少ないものの、様々なメリットを持っている。医療費タダ、介護保険料タダ、年金支払い義務の免除、NHK受信料タダなど。最低賃金レベルの労働者に、こんな特典はない。
 さらに、裁量労働制の導入などの人件費抑制策の導入が進み、現役世代の収入はますます減少している。最低賃金層にとってはわずかに福音かもしれないが、ボリュームゾーンの社会人の収入は減少するのだ。

 安倍政権からこっち、なんだか「金持ち有利」「現役世代がさらに不利」な方向に、徐々にシフトしているように思う。このままだと、どうなるんだろう。

 なんか、経済にかんして言えば、日本はいい方向へ転がりそうなのに、それを何かが必死でいい方向に転がらんように止めているように思うんだよなぁ…。安倍内閣のせいだけじゃないように見えるんだけど。

 でも、この「嫌な感じ」は、なんだか安倍内閣からこっちの傾向な気がするのだった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

わたくしは日本国憲法です。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

もうすこし理性的な活動家がいい

2015-07-28 22:55:09 | 政治(安倍政権)
 右翼的活動家のスタンスとしては。俺的に理想は櫻井よしこさんである。
 主義、主張については、俺と彼女は乖離があるものの、あのスタンスは理想的だと思う。豊富な知識で淡々とえぐるように打つべし打つべしって感じ。

 大河歴史漫画「ヒストリエ」に出てくる有名な対立する2名の弁論家、

「最も優秀な弁論家、デモステネス」「最も強力な弁論家、フォーキオン」

 漫画での解説を流用すると、デモステネスは、「時に流麗、時に苛烈な言葉の波で相手を圧倒する」とあり、フォーキオンは「非常に言葉少なく。しかし、的確に物事の確信を突く」とある。

 俺の好みはフォーキオンである。櫻井よしこさんもこのタイプだと俺は思っている。

 が、最近ネットで好まれるのは、デモステネス系らしい。
 それが、まあ最近売り出し中の小坪しんや氏のような政治家であったり

【小坪しんやオフィシャル】続 #SEALDs の皆さんへ②法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる
https://samurai20.jp/2015/07/sealds-3/
※現時点での小坪氏の最新エントリ

 今日見つけたマイケル・ヨン氏の朝日新聞からの取材に対する返答エントリである。

【マイケル・ヨン】拝啓 マイケルヨン氏
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/07/blog-post_27.html

これに関しあなたの新聞は毒と虚偽の言葉を使うことを選んだ。もしも朝日が正しい路を歩み情報操作に荷担することなどなければ、私もこんなことは言わない。

 小坪氏にせよ、マイケル・ヨン氏にせよ、やたら攻撃的なのである。まさに「時に苛烈な言葉の波で相手を圧倒する」。

 マイケル・ヨン氏については、過去何度か取り上げた事がある。

【拙】日本はこーゆー味方を増やしていけ
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/393f8e5e46316450287b25355c63f35e

 エントリタイトル通り、俺はトニー・マラーノ氏やマイケル・ヨン氏を有用な人物だと感じているのだけど。どうも「敵」に対し敵愾心を煽りすぎているように思う。

 あ、トニー・マラーノ氏の事じゃない。マイケル・ヨン氏や小坪しんや氏の事を話しているつもりだ。

 俺は以前、拙エントリで「売国サヨクと右翼とでは余裕が違う」事を取り上げた事があった。
 まあ、騙されている事に気がついてほしいと願っている右翼側と、温厚なフリをしてバカを騙そうとしている詐欺師の左翼側としては、態度が優しい左翼側の方がウケがいいのである。
 俺はもうすこし、右翼側は感情を抑えるべきだと思う。
 だって。「俺はマイケル・ヨン氏とか小坪しんや氏とかがわりと好きなんです」とかネットではなくリアルで自己紹介し、上記に紹介したマイケル・ヨン氏とか小坪しんや氏のエントリを読ませたら、若干ドン引きされる可能性が、かなりあるように思うのだ。

 攻撃的左翼は支持されない。挑戦的な態度を出すと、それだけで頭が悪そうに見えるからだ。こんな例を出せばわかりやすいだろうか。

【話題】李信恵「可哀想な在日、差別される在日が好きな日本人って多いよな。おいらはそんな在日じゃないし」©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1438090151/-100

 有田芳生や李信恵のような主張の仕方をどう思うか。頭良さそうに見える?
 少なくとも、俺には見えない。

 ウケもいいだろうし、やめらんないのだろうな。
 ちなみに、今回紹介したデモステネスとフォーキオンの対決は、最終的にはデモステネスが勝利する。

 デモステネス派は多いのだろうけど。そこまで偉そうに言っておきながら、万一自分のしゃべっていた事が間違えていたらどうするつもりなんだろうね。

 俺、どうしても自分のしゃべっている事について予防線とか貼っちゃうので、小坪しんや氏やマイケル・ヨン氏のように、きっぱり断言口調で他人を責める事なんて、できそうにないよ。

 俺より注目度桁違いの二人だが…。間違う事が怖くないのだろうか。1本のエントリをアップするにしても、見てくれている人数を考えるとガクブルものなんだけど。

 それで。
 何度か間違った事をアップしてしまって、フェイスブックの該当記事消したりして逃亡してた歴がある安倍総理は、それを見て2chねらーからの反発が増えていたりするのを知ってるだろうかね…。

 とか思うのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

日本は大東亜戦争に勝っていた (TTS新書)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

経済がクソすぎる産経

2015-07-27 23:04:29 | 政治(安倍政権)
 この2つの記事を読んで、鼻で笑ってしまったよ。

 同じ産経系列とはとても思えないね。
 まず1つは、本日の産経新聞朝刊一面の産経抄。そして、もう1つは、夕刊フジの田村秀男氏の経済記事である。

 順番に紹介しよう。産経抄から。

【産経抄】これが経済的徴兵制? 7月27日
http://www.sankei.com/column/news/150727/clm1507270004-n1.html

兵士不足に悩む米国では、軍が独自に高校生のリストを作り、直接携帯に電話をかけて勧誘する。貧しい若者は、大学の学費免除や兵士用の医療保険などの勧誘条件に引きつけられる。(中略)若者が生活のために入隊を選ばざるを得ない状況を「経済的徴兵制」と呼んでいる(中略)なかには、安倍政権は戦争をするために意図的に貧困層を作り出している、といった暴論まで横行している。(中略)一体何が問題なのだろう。(以下略)

 産経抄は、言わば産経新聞の顔である。位置づけとしては社説に近いと俺は考えている。産経新聞の論調は、基本的に俺の考えに近いとは思うのだが。俺が産経を「安倍応援団」だなぁと思うのは、こんな時だ。

 安倍を叩く左翼は、俺的にとても頭が悪そうな印象を持っているのだけど。その頭の悪そうな左翼達が主張する、「経済的徴兵制」の主張は、方向性として間違っていないと思うのである。

 だって。「戦争をするために意図的に」ってのはともかく、「安倍政権は貧困層を作り出している」ってのは、その通りだろう?少子化は当たり前である。経営者寄りの政策が続くし、円安基調なので雇用は増えるだろうが、実質賃金は下落が続く。ブラック企業の為の抜け道が増えたり等、ロクな経済政策がない。
 企業の利益の極大化ってのは、行き着く先ってのはアメリカである。安倍政権のお手本はアメリカなのだ。小泉政権と同じ。

 意図はしていないだろう。どっちかと言えばアメリカの年次改革要望書にある程度妥協した政策を続けているが故に話だとは思う。ただそれだけの事なのだろうが、俺はそれ、愚かな行いだと思う。それは、取りも直さず貧困層を拡大させる事が明らかだからだ。現在のアメリカのようにな。

 共産党やなんかは、安倍政権のココを重点的に叩くべきなんだけど。ならば、俺ははっきり連中を「確かな野党」と言い切れるのだけど…。
 最近、安倍政権が安保法制や憲法改正なんかに動き出してからは、キチガイな動向が目につくようになり、「確かな野党」の立場が揺らぎつつある。ちょっと前までは確かに確かな野党だったのになぁ…。

 今日のコレなんて、その最たるものだろうよ。

【痛いニュース】共産党・遠藤くに子、軽飛行機墜落事故に便乗し「欠陥オスプレイもやっぱり危険では」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1848165.html

 当たり前のように炎上し、速攻でツイート削除逃亡がやたら面白かったわ。
 一昔前の民主党の初鹿ブルログネタが蘇った。(伝説のエントリ)

(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ

初鹿あきひろ議員(都議会民主党幹事長代行)のすばらしいお気遣い「病院にいけば?」
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html


 あかんわー。マジで日本には、まともな左翼がいない…。つーかしばき隊とかと大差ない事に驚愕する。

 まあ。それはいいとして。
 産経は、なぜにこんな安倍政権の醜い経済政策までも応援するんだろうね?アンタんとこには、本当にまともな経済観念を持った田村秀男氏のような記者もいるのに、なんでそこまで会社としては正反対の主張ができるかな。もういっそ田村秀男氏を追い出したらどうだよ。

 とまあ、そんな事を思いつつ。田村秀男氏の最新ニュースを読みに行くと…。
 やっぱ産経とは思えない、「ただしい経済認識」なんだよなー。

【zakzak】中国の“党指令型経済モデル”は破綻している 鉄道貨物輸送量が示す作為的GDP
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150724/ecn1507240830003-n1.htm

注目すべきは、人民元の実効相場である。実効相場はドル、円、ユーロなど他の通貨との交換レートを貿易量に応じて加重平均した値である。元相場は実体経済の下降とは対照的に上昇を続けている。円に対しては50%以上も高くなった。道理で、日本製品は超安になるはずで、日本へ爆買いツアーが殺到する。

 彼の記事で。今回特に注目したいのはここだった。
 おおすっげぇ。昔、中国は自国の為替レートを安く誘導していたのだけど、その事を散々世界各国から叩かれていたわけだよ。
 これ、実質中国の為替レートの切り上げだよな。中国の武器は元々「安い人件費」である。「世界の工場」と呼ばれていた頃の中国は、必死で通貨安を維持していたが、破綻を免れる為、元を買い支える形になっているわけだ。で、実質的に切り上げざるをえなかった。

 まあ言われてみれば確かにそうなんだけど、産経は、こーゆー経済的な動向をあまり本紙紙面に載せてこない。大好物の反中国ネタなのになぁ。経済記事を自信もって載っけるだけの知識量が足らないのか?と言いたくなる。

 そういえば、最近産経新聞で田村秀男氏の記事をみないような…。
 干されたのか?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

天皇陛下を見るとなぜ涙が出るのか 日本人の“天皇観" (双葉新書)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本、屈辱的敗北(その4)

2015-07-23 06:42:47 | 政治(安倍政権)
【産経】これでは慰安婦外交の二の舞ではないか! 「forced to work」は一般に「強制労働」と読む…
http://www.sankei.com/world/news/150723/wor1507230001-n1.html

 今更すぎて逆に笑える記事が、産経に出ていた。

 産経は、安倍内閣応援団である。この事件に関する産経の記事を、俺は何度か自分のブログでエントリしたが、日本の外交努力を最大限に評価していた。

 今回の記事の内容は、俺が憤った「明治日本の産業革命遺産」登録時における顛末のエントリのほぼ焼き直しである。

【拙】続々・日本、屈辱的敗北
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/8ce67e587350f478c11c683e234eeaa9

【拙】続・日本、屈辱的敗北
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/352ed249ae4acc60540bf641fa33d95b

【拙】日本、屈辱的敗北
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/2ed4831416b33f38eb2c1937b82ff67c

 なさけない。実になさけないわ産経。いったん安倍政権をあのような形で評価しておきながら、あの事件がネットでさんざんバッシングされ、ネット世論を受けて与野党の政治家がパフォーマンスに動き、そこでようやく方針転換したようにしか見えんぞ。

 …なさけないものの。

 しかし、遅きに失したとはいえ、いい記事だと思う。そう思える部分をいくつか紹介していきたいと思う。

 まず1つ。俺が時系列的に推測してエントリにしていた話が、ある程度事実だった事が確定した。ソースをつけてくれてありがとう。って点。

 そして2つめ。「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産として紹介する側は、この問題についてどうするべきなんだろうと思った時、やらねばならない事が、この記事では明確にされていた点だ。

 それは。ずばり「感謝と慰労」である。

 他の日本人と同じく、過去の一時共に働いてくれた事に感謝する。その中に朝鮮人も含まれていた事を明記する。

 これである。

 俺は、新聞記事の「新しい」存在価値は、物事の定義を提供する事ではないかと思う。ニュースの速報性等では、もはやネットメディアには勝てないであろう。

 朝日の慰安婦報道もそうだが、朝日はあの時「従軍慰安婦」という言葉に定義を与えたのだ。レッテルとも言うが。
 そして、与えられた定義にそって、河野談話が生まれ、テレビの偏向報道による洗脳が始まった。

 産経新聞は今回のこの記事で、世界遺産となった軍艦島の外交問題に、日本側が何をすべきかという点において、定義、ある種の指針となる「方針」を示したのだ。

 こうなったら、俺は軍艦島問題で、日本は「感謝と慰労」以上の事はすべきではないと思う。
 これは、今回の安倍政権の失策に対する。最低ボーダーラインであろう。

 先日、シンシアリー氏のブログで、もうすぐ発表される「安倍談話」について、韓国が考えた「日本が発信すべき4つの主張」が紹介されていた。

【シンシアリー】韓国紙「安倍安倍安倍安倍安倍安倍安倍安倍」
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12053299295.html

・反省:前向きな意味もあるのでどうでもいい
・謝罪:韓国が上、日本が下と定義できるので絶対必要
・侵略:賛否両論
・植民地支配:韓国併合の歴史を隠す為に必要

 これも、軍艦島問題に応用できる「定義」だと思う。産経は、この問題について日本が譲れるボーダーラインを定義してくれており、シンシアリー氏はこの問題におけるタブーを定義してくれている。
 つまり、軍艦島問題で、反省も謝罪も侵略も植民地支配も、匂わせてはならないと言う事だ。

 …俺は忘れない。
 ウォッチャーとして、この件は注視していこうと考えている。今日心に決めた、自分の定義にそって。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

なぜ、下級生は廊下を直角に歩くのか?

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おもてなし明暗

2015-07-22 22:54:49 | 政治(安倍政権)
 日本の「おもてなし」ってのは、正直なところ光と闇があると思う。

 2020年東京五輪決定からこっち、日本では「おもてなし」という言葉をよく聞くようになった。

 俺は、日本のおもてなしの文化は素晴らしいとは思う。思うのだけど。

【大紀元】日本のおもてなしに感動した中国人
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d10765.html?ref=rss

 大紀元やらレコードチャイナやらで見かける、現代日本人アゲの記事。中国人はよく日本人を褒める。それは、軍国主義の過去の日本軍とのギャップを深める為の手法なのだけど。これは俺、褒められているように感じない。

宿泊したホテルには朝食が付いていました。朝食は日本式のもので、ご飯に生卵をかけ、そこに醤油をかけて混ぜて食べるようでした。私に配られた膳にも生の卵が付いていましたが、生物は食べたくなかったので卵はそのまま残しました。
 翌朝も同様のメニューでした。仕方ないと思って不意に卵に触ると温かったので、私は大変驚きました。生卵ではなく、ゆで卵だったのです。 周りを見回すと、みな生の卵をかけたご飯を美味しそうに食べており、私だけにゆで卵が配られたようでした。(中略)私は日本で、再び感動する出来事に出会いました

 外国人が日本を知るにあたり、段階があるという話は有名で。
 日本に来た外国人は、その行き届いた心配りに感動し、日本の事が好きになって、彼の地を終の棲家として来日し、いざ生活をはじめると、日本の社会人生活で、日本の事が嫌いになるのだそうな。

 サービス過剰なのである。

 もっと誇っていい事に、プライドを持てない。世界にも類を見ない「空気を読む力」を要求される民族と言える。
 そりゃー…ねぇ。幼少から訓練ができていない外国人は「空気が読めない」から、日本人からの風当たりは、主に仕事仲間とかから強くなり、でもって自分の悪いところとかも、日本人は対人関係の悪化を防ぐ為、直接的には指摘してくれない。あいつはなんて空気が読めないんだと、ますます孤立を深めていくのである。

 なんの事はない。日本にあると言われる「人種差別」とは、要するにある種の「資質不足」なのである。

 この、「日本人はキッパリ断るのが苦手」という特性を利用した連中が、俺が「外道」と断言する日本の会社の経営者達であり、さらに言えば技術者の技術を売る営業職だと思う。

【キャリコネ】NHKの「IT技術者不足」特集にネット違和感 「足りないのは安く使えるIT奴隷でしょ?」
https://news.careerconnection.jp/?p=14365

 これも、言わば雇用者側が、技術者のサービス精神につけこむ事が常態化した為、成り手が減少している結果だし、

【BJ】NTTで“ハケン切り”の嵐!切りすぎで、“スキルのない素人”社員だらけに…
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10802.html

 これだって、スキルの高い派遣社員は「雇用者側の要求が断れない」事で発生した、素人正社員の量産問題だ。もっと言えば

【現代ビジネス】「明日の食費がない」「子育ては苦しみばかり」
【ルポ】シングルマザーの貧困
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44272

 こういうシングルマザーの問題も、シングルマザーの弱い立場を利用しての結果である。

 日本人は、サービス精神が旺盛すぎるのである。
 本来、こーゆー、なかなか個人では解決が難しい問題を、国がなんとか政策を駆使すべきだと思っているのだけど、自民、公明、民主と、日本の政党はそろってそーゆーお人好しの日本人から如何に搾取するかをベースでしか行動してくれない。

 結局、最後はいつも俺が提唱する「愛国左翼」という理想郷が思い浮かぶ。
 日本の「おもてなし」ってのは、今のままでも十分驚異的な文化だと思う。
 しかし、俺は「おもてなし側」が不幸になっては本末転倒だと思うのだ。

 おもてなし文化が注目されるようになって、この文化を東京五輪に向けて強化しようとしている連中は、どうにもお人好し日本人を利用して儲けようとしているように思えてならない。

 …おもてなし。
 俺は、まあ日本人だしなぁ。闇の側面の方が大きいと思っている。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか (講談社+α新書)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

右派の論客はイマイチ

2015-07-21 23:43:19 | 政治(国内・その他)
 西岡力があまり好きになれない。
 そんな想いを新たにした、今回のコラムだった。

【産経・月刊正論】日韓関係の悪化を喜んでいるのは誰か? 西岡力
http://www.sankei.com/world/news/150720/wor1507200020-n1.html

 超長いコラムである。ネットで読むものとしては、かなり時間がかかってしまうので、まあ内容を少し紹介すると。
 実はタイトルそのまんまである。見事なタイトルと言えよう。

 西岡氏は、主に反北朝鮮の論陣を張る、韓国が反共の防波堤として機能していた頃の韓国にシンパシーを感じる論客である。
 と、まあ彼の人の人となりを説明し、上記コラムのタイトルを読めばおおよその内容の見当はつくと思う。

 コラムの内容を読んでいけば。「月刊正論」の名に恥じぬ正論で構成されている。
 反北朝鮮の立場から、日韓関係の悪化を憂いているその様子には説得力すらあるが。

 しかし俺はこの論調に同意できない。
 ちなみに彼は別に「親韓」というわけではない。多分、産経の黒田勝弘氏と同じぐらいには韓国を愛している人だとは思うが、間違っている事はきちんと筋を通す人である事が見受けられる。

 こんな記事も書いている。

【産経・正論】次になすべきは外務省の反論だ 東京基督教大学教授・西岡力
http://www.sankei.com/column/news/150115/clm1501150001-n4.html

虚偽報道に基づくいわれなき非難により、国際社会の中で日本と日本人の名誉が著しく貶(おとし)められている。朝日新聞が慰安婦問題について事実と異なる報道をしていたことを認めた今、次になされるべきは外務省の責任追及である。

 とまあそんな人なんだけど…。
 冒頭記事の一部を引用する。

私はさっそくK君(注:韓国人の西岡氏の友人)に対し、英語では伝えられなかった私の気持ち、つまり、日本人の一人として植民地支配について謝罪したいと語った。すると彼は「力の強い国が弱い国を植民地にしたのは当時としては当たり前のことだった。我々が弱かったから侵略されたのだ。謝ってもらうべきことではない。国際社会はパワーがすべてだ。(以下略)》
 私は彼の論理の明快さと自信に圧倒された。私が交換留学生としてソウルで暮らした77年から78年にかけて、日本の安易な謝罪を拒否し自民族の弱さを直視してそれを自分たちの努力によって補おうという気高き民族主義に出合うことが多かった。

 彼は、反共の頃の、気概のあった韓国人に対する幻想が捨てられずにいるのだ。
 確かに当時、日本人は社会党や共産党全盛期ではっきり言って韓国人から見れば愚かだっただろう。彼が当時の日本人に幻滅し、韓国人に傾倒するのも、わからないではない。

 しかし、彼のコラムのこの部分には同意しかねる。

韓国の反日は、ソウルの日本大使館前と国会とテレビ・新聞の中にしかない、少し極端だがそれが私の実感だ。
 それに比べて、心配なのは日本人の嫌韓だ。韓国の反日の背後にある政治工作を見ず、その理不尽さをすべて韓国人の民族性・国民性に還元する議論の拡散を私は心配し続けている。事柄を形づくる要素のうち、一番最近に起き、かつ一番影響力が大きい部分を見ないで議論すれば、事柄の全体像を正確に把握することが出来ない。その結果、悪意を持って政治工作を行っている勢力だけが喜ぶことになる。

 日韓関係と対北朝鮮関係が綿密に関係していたのはかなり昔の話である。今の日本は当時のような工作員の跋扈を許していない。
 …とは言え、つい数年前の民主党政権では工作員の跋扈を許していたいのだが。

 むしろ、今も韓国勢力が日本で大規模なロビー活動を展開しており、テレビを見ていれば以前程ではないにせよ、相変わらず韓国文化を最先端の流行として紹介しているし、視聴率が取れなくても韓流ドラマは流れている。
 無論、チョンだのチュンだの、凶悪犯罪があれば即座に「犯人は在日」など、行き過ぎた差別的傾向は2chやツイッター等のネットを中心に存在しているものの、日本の総人口からすれば確実に微々たるものであり、カウンター側。つまり民主党や有田芳生やしばき隊に比べればよほど健全だと思う。

 西岡氏が非難するターゲットは、ネトウヨ…。まあネトウヨもターゲットに含まれているが、そのカウンターの存在を無視しているし、西岡氏が傾倒していた頃の反共の韓国にしたって、間違った情報教育により極めて反日的かつ好戦的な韓国人を「日本人にはない気概の持ち主」とある意味歪曲して日本人に紹介しているように思うのである。

 状況は絶えず変化している。
 新しい状況になれば、俺はかつての主張を覆す事も必要だと思う。

 かつて韓国は、西岡氏のような右派と共闘できていた時代があった。
 しかし、もはやそれは時代遅れだと思うのである。あんたのような主張をするヤツが右派にいるから、日本人は「縮み指向」とか言われるのではないのか。何かっていや日本人の方が反省すべきだと主張するのは間違っている。反省が不要だとは言わないが、反省ばかり要求しているのはおかしい。

 堂々主張すりゃーいいのである。
 ネットは、リアルのしがらみを持ち込む場所ではない。

 韓国が嫌いならはっきりと主張し、ちゃんと理由を語ればいいのだ。それが何が悪いのだ。
 それに、それがきっと「今」を動かしていくのだ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

蘇える変態

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

復活した安倍の怖さと、嫌われてる傲慢な反安倍派

2015-07-20 23:02:47 | 政治(安倍政権)
 これは、なかなか正鵠を射ていると思われる考察。

【刺】安倍総理がなぜ総理に返り咲いたかの考察
http://togetter.com/li/848460

・実際、怖くね? 安倍晋三。どん底からもう一度這い上がってきた権力者なんて、心理的な歯止めがすげえ弱い気がするんだけど。
・それほどのものがない人間が、あの失脚の仕方から、ここまで戻ってこれるとは思えない。てか、戻ってこようとしない。使命感、半端ないと思うよ。それが悪いものであっても厄介なものであっても、他人が止められる可能性はすげえ低いと思う。

 まとめのタイトル「なぜ返り咲いたのか」の解説になってはいないのだけどな。タイトルをつけるとするならば。「サヨクやそっち系メディアはなぜ、そこまで過剰に安倍総理を攻撃するのか」ではなかろうか。

 これは、逆に考えてみれば(すなわち右側の立場からみれば)よく理解できる。民主党政権が再来し、初代総理に菅直人が就いたとすれば、俺は今度こそ日本は終了するのではないかと想像する。左側にとっての安倍復活とは、こんな意味合いなのではなかろうか。

 ここであえて菅直人である。鳩山ではない。
 そして、俺はここで初めて、俺の中での歴代最低総理が菅であった事を自覚した。

 ありえないし、あってはならないが、民主党が政権を奪還すれば、恐らく総理の椅子に座るのは枝野か岡田だろう。本当に、もしかしたら山本太郎よりも総理の椅子から遠いかもしれないのが、菅直人という男なんだけど。

 もしアレが再度総理の椅子に座ったらと想像すれば。俺は絶望せざるを得ないと思う。

 似たような心境を、安倍叩きを国是とするような連中は持っているように思う。まあ、上記のまとめでもあるように、安倍総理にはそこまでの野心はなさそうに見えるのだけど…。
 同じように、菅直人が仮に(仮にで語る事すら汚らわしいが)総理に返り咲いたとして、今度はスキを見せず真面目に国政の運営をしていたとしても。俺は無理矢理叩けそうなところを見つけては必死こいて叩きたい衝動にかられると思うのである。

 速く潰さねば…!きっと随分焦ると思う。

 ま、自分のスタンスとして、今のマスコミの必死の安倍叩きっぷりを見てるとな。元々俺はこーゆースタンスの日本のマスコミが大嫌いで、ブログで情報発信側に回っているようなものなので、なんでもかんでも叩きはやらないとは思うのだけど。

 とりあえず、多少安倍総理を叩きまくる連中の気持ちが理解できたのであった。

 なるほどな。そりゃー焦るだろう。でもってサヨク連中が恐らくは最も友好的な関係を築きたいと考えているであろう中韓との関係が終了してしまうって思っちゃうよな。実際終了寸前だし。特に韓国。

 でも、例え「最悪の民主党政権奪還&初代総理は菅直人」となったとしても、俺は今のマスコミや、野党がやってるような「安倍政権なら平等もクソもなくなんでも叩き」をやらないと思う。そこまで落ちぶれないと思うのである。

 ぶっちゃけ、あいつらのやってる事はなんら裏付けのない、単なるヒステリーだからな。俺は、「安倍死ね」というプラカードを用意するよりも、具体的に安倍総理の何が気に入らないのかを、ちゃんとデモならデモで伝えなければならないと思うと思う。

 ちょっと前、ツイッターのとある意見で、

「安倍死ね」=「安倍内閣倒れろ」の比喩表現として、権力者に使うのはアリ

 みたいなのを見たのだけど。こんな事を言う連中は、「自分が誰かにやられた時」の事をまるで考えていない。
 つまり、上記ツイッターの発言には、発言の先頭に「この表現は俺が使いたいので」ってのが卑怯にも省かれているのである。

 連中がネットで叩かれる最大の理由は、「民主党のブーメラン」と同じなのだ。奴ら特有の、共通パターンなのである。

 人を呪わば穴二つ。

 そこんとこを理解しない奴を、人は「傲慢」と呼ぶのだ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

習近平は必ず金正恩を殺す

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシア大使館、刺をまとめる

2015-07-18 00:20:43 | 特定亜細亜
 恐るべしロシア。
 よくもまあ、ここまでいけしゃあしゃあと述べる事ができるもんだ。

【刺】北海道新聞社に宛てたロシア大使館の公開状
http://togetter.com/li/848527

 なんと、ロシア大使館の公式ツイッターが、マジでtogetterに自分のツイートのまとめを作っていた。
 北海道新聞に対する抗議のようだが。北海道新聞はいったい何を書いたのだろうか。
 正直、どの記事の事なのかよくわからなかったが…。道新は現在、ロシアに対してはかなり批判的な事はわかっているので、きちんと国益に沿った事を書いているのは多分間違いないと思う。ちなみに、6/21付記事で、終戦期のソ連の対日侵攻の話らしい。

 参考までに、麻生内閣の時代、当時の道新の記事を元に鈴木宗男が質問した内容を記載しておこう。

【衆議院】質問本文情報 平成二十一年四月二十二日提出 質問第三三三号
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171333.htm

ロシア外務省が作成した同国による北方領土支配を正当化する本に関する質問主意書

 本年四月二十二日付北海道新聞五面に、「ロシア 四島支配 正当化する本 首相訪日控え世論喚起」との題の記事(以下、「道新記事」という。)が掲載されている。その「道新記事」によると、ロシア外務省により作成された、同国による北方領土の不法支配を正当化する、「日本はサンフランシスコ講和条約で千島群島か千島列島のどちらを放棄したのでしょうか?」との邦題の本(以下、「本」という。)を、サハリン州政府等が配布し始めたとのことである。

 こちらも。参考までに。この質問に対する日本政府(麻生内閣)の見解。

答弁本文情報 内閣衆質一七一第三三三号 平成二十一年五月一日
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b171333.htm

 以前、道新はロシア…いやソ連に対し好意的だった。
 それは、あの国が共産主義だったからなんだが…。あの国が共産主義国家でなくなった為、道新は彼の国に対し、以後好戦的になったと思われる。要するに道新はマルキストなのである。

 まあ、それは蛇足なんだけど。冒頭のロシア大使館のTogetterのまとめは、はっきり言って胸糞。全部読むのすら苦痛。俺は読者にそんな苦行を強要したくはない。よって久しぶりに3行にまとめてみよう。

道新は「ソ連邦の対日侵攻」を題材とした記事を掲載した。ロシアは寛大で異なる見解に敬意を忘れないが、道新これは許しがたい。
当時の日本は恐るべき鬼畜羅刹であり、ソ連は被害者である。捏造はやめよ。証拠が必要であれば提出する用意がある。
ロシアは、当時の鬼畜日本軍と現在の日本人を同一視する事は決してない。だから尚の事、道新の記事信じられない。



 日ソ中立条約の期間内にそれを一方的に破棄し、樺太に侵攻し、日本人を大量に拉致して奴隷労働に従事させたシベリア抑留。日本側作成の死者名簿は6万人。ロシア側が作成した死者名簿は4万人で日本政府に引き渡されている。奴隷にされた日本人は100万人を超えている。他にも、数年前にやっと公開されたソ連侵攻による「樺太の戦い」を描いた幻の映画、「氷雪の門」とか、ソ連軍による鬼畜の所業は筆舌に尽くし難い。

 第2次世界対戦は、日本は敗戦国であって加害者とされている。
 しかし、対ソ連戦について述べれば、ソ連は間違いなく加害者であり、被害者は日本である。



 マジで何を言っとるんだこいつは。

 中韓の悪行ばかりが目立つ昨今で、ロシアが如何にゲスな国なのか、印象が薄れているように思う。
 だから尚の事、ロシアの連中の胸糞な悪行を見つけたならば、エントリにしておかなきゃと思うのである。

 しかも、言ってる事が日本の売国サヨクとか、中韓と一緒で「当時の鬼畜日本軍と現在の日本人は明確に分けるので、みんなで当時の日本軍を責めましょう」なのである。

 プーチンとかシャラポワとかプルシェンコとか、日本人は中韓と比べればロシアの事をみんなそんなに嫌いじゃない。俺も含めてだ。

 しかし、俺は中国の尖閣や韓国の竹島と同じく、ロシアに北方領土があってよかったと思うのである。

 だって、あいつらと永遠に仲良くできない、できるわけがない言わば防波堤になってくれてるんだもの。

 俺は、中露韓とはできれば永遠に、関わらないで済めばいいと思っているのだ。
 これは、その1つの証左のような事件であろう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

なんとか生きてますッ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊は危険な職業キャンペーン中

2015-07-16 23:14:52 | 政治(安倍政権)
 昔から、少し噂にはなっていたが、自衛官には反日な人が多かったりするそうな。
 まあ、噂だからね。あまり本気にしないように。

 で、なんでそうなっているのかという理屈としては、自衛官の人事に関わるポストに、共産党系列とか日教組系列とかの左翼側がメンバーを送り込んでいるって話があるんだよね。

 本当かどうかは、わからないのだけど。
 でも、防衛大の五百旗頭元校長→国分良成現校長といい、自衛隊絡みのトップ人事は確かに反日色が強いんだよね。
 そんなわけで。自衛官とは言えども、反日的な事をしたりする。
 最近、ネットでは自衛官ってのは大人気で、だからこそ、「元自衛官」っていう肩書を持ってたり、予備役の人とかが、反日的な事をすると、

「自衛官なのに、なんで?」

 っていう、違和感を持っている人が、わりといるような気がするわけなんだけど。

 俺は、どっちかと言えば前述の理由により、むしろ反日な人が一般人より若干多めかもしれないと思っているんだけどな。

 ベルギー日本大使館のHPで、クマラスワミを礼賛する論調でエントリをアップしてた女性自衛官のブログとかもあったしな。
 ようやく昨日、日本政府が削除の決定をして、このブログは削除されたのだけど。

【産経】クマラスワミ氏を礼賛 女性自衛官ブログ削除へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000073-san-pol


 さて。そんな前置きをしておいて、今日は以下の記事を紹介しようと思う。

【変態】自衛官:応募者数が減少 安保法案影響か
http://mainichi.jp/select/news/20150717k0000m040044000c.html

 昨年度の自衛官の応募者数が減っているそうだ。
 ネットでは、「徴兵制はあり得ない」という論拠の1つに、「入隊倍率がスゴい事になっている自衛隊で徴兵制はない」ってのがあるのだけど。この記事を見て思う。変態はどうしても「徴兵制へ向けた歩み」を演出したいらしい。
 こうやって地味に1つ1つ、安保法制の危険性とかをじわじわと浸透させていくつもりなのだろう。さしずめ今回の記事は「ほーら危険度が上がったら応募者が簡単に減りおったわ。軍人なんて危険な職は日本人は望まないだよ。無理矢理連れてかれるように絶対なるようになってんだよ!徴兵制になるんだよ安保法制は危険なんだよ!」てな感じ。

 ちなみに。俺は昨年と今年の入隊倍率の減少はもう仕方がないと思っている。
 自衛官は過酷な職業である。リスクが高まれば、募集人員が減るのは当然だろう。それも、テレビや新聞で、安保法制反対の一大キャンペーン状態だったじゃない。ありえない程のネガティブキャンペーンだったよ。つーか今も継続中だよ。

 それなのに、応募者数が減少っつっても、まだまだ人気職種には変わらないのである。これほど凄まじいマスコミのネガキャンのまっただ中なのにだ。

 そう。変態の上記記事は、よーするに「自分達の力が具体的な影響力となって現れた」という自画自賛オナニーなのだ。変態らしいよな。
 と同時に、バンドワゴン効果を狙って更なる応募者数の減少を企んでいるのだ。腹立つなぁ。

 俺はむしろ、昨年、今年に応募する自衛官にエールを贈りたい。
 このネガキャンにも負けない彼らは、きっとよき自衛官になるに違いないと。

 でも…。同時に不安にも思う。

 こうやって応募者数を減らして競争率を低下させ、さらなる反日人材を送り込むつもりなんじゃなかろうかと。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ブログランキング低迷してます!応援よろしくおねがいします

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加