あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

ダウト・ダウト・ダウト!

2009-07-31 22:29:16 | 政治(麻生政権)
【産経】09衆院選・30日の鳩山熱戦語録

鳩山由紀夫民主党代表 世襲が日本の政治をゆがめてきた。世襲の私が言うのだから間違いない。ただ私は親せき縁者のいない北海道から立ったので若干大目に見てほしい。(長野県飯山市の会合で)


 いやあ。凄いな鳩山のあんちゃん。ネタまみれだ。これだけブロガー向けの政治家が、かつていただろうか。

 自分が世襲議員なのに世襲議員を非難して、自分は大目に見てほしいという。それだけでも十分意味不明なのに、自分が大目に見てもらえる理由が

「縁者のいない北海道で当選したから」

 だそうだ。

 まあ、100万歩ぐらい譲って、鳩山が、まったく地盤のない地区に落下傘候補として立候補し、当選したとしよう。一族の力を使ってないんだから、「世襲じゃねぇ」と主張するのは、ある意味筋が通っている。
 実際、世襲禁止という事になれば、今後の2世議員はそうする事になるだろうし。

 と、納得した上で。とりあえず、こっちの記事を見てほしい。


【北海道BNN】神社、池...鳩山家の名が残る由紀夫の旧選挙区・栗山町

 

 栗山町内には、現在も農家が点在する鳩山地区がある。人口136人、49世帯(2005年10月1日現在)の地区内には、鳩山川、鳩山池、鳩山神社など、鳩山家縁の名が残されている。
「地名は弁護士、衆議院議長、早稲田専門学校長の鳩山和夫の経営する農場があったことから鳩山と名付けられた。この地は明治27年(1894)に鳩山和夫と北村萩右衛門、つづいて29年に松平基則が未開地を貸下出願し、それぞれ翌年から開墾に着手している」(71年発行「栗山町史」から抜粋)

 室蘭の鳩山由紀夫事務所は、出馬の経緯をこう説明する。

 「父の威一郎氏は大蔵事務次官を務めていた時から、三枝三郎代議士と親交がありました。引退を決めていた三枝代議士は、由紀夫氏が政治家としての志を持っていることを聞いて後継者に決めたと聞いています。鳩山地区に土地を持っていた鳩山和夫氏が住民に土地を譲り、譲り受けた人々が鳩山神社を建て、今日まで守っていただいています。それでも三枝代議士の後継として出馬したのであり、選挙区に神社があったことが理由ではありません」

 鳩山和夫は、鳩山由紀夫の曽祖父にあたる。
 普通に曽祖父縁の地ではないか。ぬぁ~にが、「縁者のいない北海道」だ!鳩山神社とか鳩山川とか、縁ありまくりではないか。
 三枝三郎は、鳩山由紀夫の父の友人だよな。そりゃまあ「縁者」っつーのは「親類」の別称だから、厳密には違うし、土地を譲ったかつての小作人達は、鳩山氏に多大な恩があろうとも、親戚ではなかろう。

 しかしな。限りなく黒に近いだろうが。母方からの青天井個人献金と一緒じゃこの詐欺師。

 まさに、「息を吸うかのごとく嘘をつく」どこかの誰かを彷彿させるな。いやいや誰かは知らないけどさ。超厳密には嘘ついてないし。

 こーゆーヤツだ。「マニフェストが4年間で実現できなければ、政治家として責任をとります」とか抜かしているが、絶対辞める気ないだろう。

実際、

「小澤が代表辞任に追い込まれるなら、党執行部も当然辞める。連帯責任だ」

と言いながら、奴は小澤代表辞任後、民主党党首になった。理由は、「小澤は不当な圧力により辞任させられた!私は不当な圧力には負けない!」とか、そんな感じだっただろう?

 こんな奴が、テレビでは日本政界の救世主扱いだとよ。担いでいるヤツの神経を疑うね。俺は。

 こいつ、嘘はついていないかもしれないけれど、何一つ本当の事を言っていないじゃないか。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

18歳で成人

2009-07-30 23:17:03 | 国内の事件
 18で成人というニュースが、本日産経新聞の一面を飾っていた。
 ちなみに、日本の法律上、成人は20歳である。

【産経】成人年齢を20歳→18歳に 法制審部会が最終報告

 別に、諸外国が軒並み18歳成人だから、日本もそうすべきだとは思わない。
 では20歳成人でいいと、俺は思っているのかといえば真逆で、18歳でぜんぜんOK。大歓迎だと思っている。

 その最大の理由が、18歳の凶悪犯罪者がちゃんとした制裁を受けれるようになるからだ。

 近年、凶悪犯罪の低年齢化が叫ばれているが、実質昔より少年犯罪の件数は減っている。とは言え、マスコミの「少年犯罪の件数が増加しているかのように見せたい」という願望もあってか、成人直前の駆け込み犯罪の報道が大変目立つ。
 漫画の世界でも、成人にギリギリ達していない人達の「駆け込み犯罪」をネタにする事は…テレビの影響があるのかどうかは、まあ置いておいて、よくある。

 すると少年犯罪は他の犯罪に比べて目立つのだ。
 そして、大人と対して違わないナリの癖して、さっさと塀の外に出てしまう。そしてまた、再び罪を犯してしまうのである。

 それなら普通に刑務所に閉じ込めてしまうのがいいだろう?
 18歳とかの若造に、刑務所内の規律正しい生活と、社会人になったら嫌でも体験する、絶対の上下関係と言う奴をその身に叩き込んでやればいいんだ。

 そんな風に思っていたんだが…。今度は産経新聞の社会面。

【競馬、競艇等のギャンブル】→OK

【普通選挙権】→OK

【飲酒・喫煙】→現行法のまま

【犯罪】→現行法のまま

 おいおい。こりゃ単に、若い連中に大人しか味わえない快楽を先にプレゼントしちゃうだけじゃないか。
 18歳の連中からしてみれば、単に18歳からパチンコ等のギャンブルがOKになるだけなんだ。

 「大人になる」という事は、自分がやった事を親のせいにできなくなると言う事だ。
 犯罪が現行法のままってどーゆー事なんだ。これになんの意味があるんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「進化した」マニフェスト

2009-07-29 22:23:02 | 政治(麻生政権)
 民主党のマニフェストだが、俺も仕事の合間にちまちま読んでいた。
 いやあPDF形式便利だな。ダウンロードして、中身を検索する事ができる。俺が民主党の中の人だったなら、プリンタドライバ出力でPDFを作成するなぁ。検索できるようになんかしない。
 ま、検索できなけりゃできないで、できない事を叩くような気がしないでもないけど。
 で。内容で、個人的に気になる部分がこれ。

 夫婦別姓の実現 P5
 所得税改革の推進 P19
 http://www.dpj.or.jp/news/files/INDEX2009.pdf

 これによると。配偶者控除と扶養控除廃止し、子供手当に変更すると書いてある。

 要するに結婚に関する税制上の優遇措置を廃止し、それを財源として子供がいる家庭に重点的に配賦するわけだ。

 これまで、自分が養っている年老いた両親、成人している子供、専業主婦の妻…なんかに割り当てられていたお金を、子供に回すと言うことだ。

 まあ言いたいことはわかるような気がする。子供を持った方が得になるようにしたいわけだ。
 少子高齢化対策の1つでもあるだろう。

 でもなぁ。俺、大家族から核家族化しただけでも、十分に古き良き日本の秩序崩壊に繋がっていると思うのだ。
 核家族化して、さらに年収が下がり続け、一人の収入では食っていき辛い状況になっていき、そんで誰が家のメンテナンスをするのよ。

 大家族のメリットは、家のメンテナンスに特化した「専門家」が常に家にいるところだ。こうなれば各家庭は清潔だし、それは子供にも大きな心理的影響に繋がる。
 また、常に家に誰かがいる事で、ご近所のつながりもできるし防犯にも繋がる。元来日本の村社会は、1つの群体のような…村1つが1つの生物のようなところがあったはずで、村の子供はみんなの子供であり、みんなで大切にされていたはずなんだが…。

 核家族化した現在、これ以上の最小単位はなかろうと思っていたのに、民主党はそれをもさらに「個」にまで分解しようというのか。
 そりゃまあしがらみっつーのはウザいものだ。自由になりたい気持ちもわからんではないが、秩序っつーのはある程度必要だと思うのだ。

 民主党は、子供が成人したら親子の絆まで切れやすくしようとしているように見える。
 扶養家族手当がないなら、扶養するメリットがないぶん親子間での早期独立を促しているようなもんだしな。

 これについては、きっと賛否両論あるだろう。必ずしも、配偶者控除・扶養控除廃止→子供手当にメリットがないわけではない。

 でも俺は、自分の親をがんばって扶養しているような人への援助の打ち切りっつーのは、どうかなぁと。


 他にも、在日外国人の2重国籍を認めた上での事実上の参政権付与とか(13P、国籍選択制度の見直し)、高等教育まで無料と謳うついでにその範囲内に朝鮮学校も含まれてるとか(専修・各種学校への支援充実 P24)、99%詐欺師である従軍売春婦への無差別援助(戦後諸課題への取り組み P1)、人権擁護法案の実現(人権侵害救済機関の創設 P14)、東アジア共同体の構築(アジア外交の強化 P14)、日教組の権限強化(教育の責任の明確化、中央教育委員会の権限限定化→地方独自の教育行政強化 P22)とか、日本転覆計画書かといった趣のマニフェストになっている。

 …まあこれらは、改めて列挙するととんでもないが、今の民主党の体質なら想像できる範囲であって、一般の国民には公に語られない部分なんだけど…。

 上記子供手当と扶養家族&配偶者控除の廃止は、いずれ全有権者が遅かれ早かれ知ることであって。こんな目立つ部分にまで日本転覆計画の臭いが漂っているってのは、どういう事なんだろうな。

 これは、ちょっと露骨すぎるような気もするなぁ。
 特に文部科学分野が酷い。ちなみにこのマニフェスト、正式リリースではないそうで。
 【スパモニ】原口NC総務大臣「民主党のマニフェストはバージョン2が出る」

 【時事】βリリース民主党マニフェスト「常識を疑う」麻生総理

 ぶわはははは。ちょっと世に出してみて、反応が悪ければ即修正されるマニフェストなんか聞いたことがないわ。

 民主党は、こーゆーのも「進化した」マニフェストと言うんだろうな。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山とネガキャン

2009-07-28 23:26:34 | 政治(国内・その他)

【NHK】鳩山代表 政権公約は必ず実現

「できるだけ細かく調査して必要な財源を手当てした。自民党や公明党に批判される筋合いはない」
「自民党は、4年前の選挙での公約を何一つ果たしておらず、その検証と反省からスタートすることを求めたい」


 「もしかしてそれはギャグのつもりなのか?」と、俺は内心思った。

 でも…。5年前の公約は小泉内閣か…。まあ確かにこれだけはな。
 郵政の問題やら派遣関連の規制緩和といい、今どどっと小泉内閣の功罪で言えば罪の部分が出まくっているからな。非難される筋合いはないときたか。多分、以前の小泉総理でも同じ事を言いそうだよ。
 小泉前だって、大型店舗の規制緩和とか、確かに内政では、自民党に日本人は苦しめられ続けている。

 それでも、そんな自民党であったとしても、やっぱり民主党は駄目だと思う。あかんやろ。

 鳩山は財源は必ず確保できるとか言いながら、やっぱり後ろで藤井が、

「財源なんてどうでもいい。実現できなければ謝ればいいんだ」

 なんて事をつぶやいて新聞に掲載されたりしているし、また、消費税にしても、

「私が首相でいる(4年の)間は議論すらしない」

 とか言っているにも関わらず、裏で岡田が「最近は言われていない。今議論すべきでないという言い方はしているが、4年間(議論)すべきではないということでは必ずしもないと思う」

 とか言ってたりするし、これこそブレブレじゃないか。上記の例のように、安保政策の転換とかだけじゃないぞ。いやインド洋の給油問題とか、あれだけ非難して邪魔したくせに継続する方針とか、どの口がそんな事をぬかせるのかと安保政策も呆れたが。

 ありえんほど朝令暮改。野党として、なんでもかんでも反対していたツケとも言えるが、以前のままであれば、政権担当能力なんてないに等しいと、現在のコウモリばりのゆらゆら~ふらふら~は証明している。

 それをして、民主党は「ブレ」ではなく、「進化」と言うわけだな。まあ確かに「なんでも反対」よりゃ進化なんだけどさ。

 【産経】【鳩山ぶら下がり】「(政策は)ブレてはいません」(26日)

 あのな。それを言うなら麻生総理は絶対に譲らない線を持っていたぞ?おまえみたく真逆の方向転換はしていない。一緒にすんなと言いたい。

 そんなわけで、新聞・テレビではどこでも、基本的に「次期政権は民主党なのは確実」という路線をとっているが、俺は本当にカンベンして欲しいと思っている。

 そんな思いの集約の場が2chなのか。現在2chでは、そこかしこで打倒民主党運動が自然発生している。50代、60代の板や、2ch最強部隊といわれる鬼女板(既婚女性板)やオカルト板等。

 安倍総理の参院選惨敗の時にはなかったうねりのようなものが感じられるんだが…。期待できるものなんだろうか。ちょっぴりだけ期待しちゃっているよ。俺。

P.S.
 鳩山の故人献金問題、追記しておく。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8月15日の終戦記念日を前にして

2009-07-27 21:39:01 | その他
 今日は、今まで持っていた価値観にちょっとした変革があったので、それを紹介しようと思う。
 エントリの内容は、8月15日の終戦記念日についてだ。

 【ねずきちのひとりごと】終戦の詔勅、開戦の詔勅

 俺は以前から、8月15日の「終戦記念日」については違和感を感じている。
 8月15日以降に、このような流れがあるからだ。

8/8 ソ連の対日参戦
8/8 ソ連軍、攻撃を開始
8/9 ソ連軍、樺太攻撃開始
8/15 玉音放送の日
8/16 ソ連のスターリンは、米トールマンに北海道の北半分を要求。
8/18 樺太の日本軍、武装解除(現時点で死者、日本568、ソ連1000人以上)
8/18 ソ連軍、日本軍の武装解除後も戦闘を止めず
8/19 「ソ連の悲しみの日」千島列島で日本の残存勢力にコテンパン
8/22 樺太から本土へと逃れる民間船をソ連軍が撃沈。1700人死亡
8/22 スターリン、北海道占領断念
8/24 千島列島占領作戦開始
9/1 日本の北方領土に上陸
9/2 日本、降伏文書正式調印
9/4 日本の北方領土占領完了


 15日以降、日本・ソ連双方に多数の死者が出ている。
 日本人の死者は、軍人3000人、民間人3700人。捕虜約7万人。捕虜の7万人はシベリアで強制労働させられたという。
 この流れからも判るように、8月15日は決して「終戦」ではない。
 超絶卑怯なソ連軍によって、ギブアップして武装解除した後に略奪のかぎりを尽くされる「始まりの日」なんである。

 しかし、上記ねずきちさんとこのブログエントリでは「あの日は終戦である」と主張なされている。

 その真意はなんなんだろうか。
 とりあえず、詳細はかのブログエントリを読んでもらうとして。
 結構長い話なんで、要約して「俺主観」で3行で説明すると。

 天皇陛下は「原爆は負けを認めなければ人類を滅ぼすに至るだろう」と直感。
 それでやむなく日本から終戦を宣言。世界に例を見ない規律正しき停戦っぷり。
 この戦争の結果、英米の植民地は次々と独立。日本は戦争開始時の大目標を達成。


 そんな感じだ。いやいや3行なんぞでは伝えられない内容である。ぜひとも通読して欲しい。

 なるほどなるほど。その通り。戦争とは、なんらかの政治的目標を達成する為に行われる究極の外交だ。
 日本は目標であった「帝国の独立自存と東アジア全域の安定とを希求した」を達成しているではないか。

 確かに、8月15日以降、北海道は悲劇に見舞われ、ロシア人に大量虐殺される。決して終戦ではなかろうと、今も思う。
 でも、敗戦でもないんだな。俺は日本がやむを得ず敗戦と認めた屈辱の日だと思っていたよ。
 天皇陛下のご英断により世界に平和が訪れたという考え方は、今やよく知られた話じゃないか。

 そんなわけで、2004年のmixiの日記時代から「敗戦の日」と発信し続けていた自らの主張を、今年の終戦記念日からは撤回しようと思う。
 さりとて、俺は今をもってなお、8月15日を終戦とは思えないので、どうしようか。
 とりあえず当ブログでは、8月15日を「玉音放送の日」と定義する事にしておく。

 さてと。これで8月15日靖国参拝を許せる心理的素地ができたな。俺。総理大臣として、8月15日に靖国に参拝する麻生総理を拝んでみたいものだ。

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今でもつい使ってしまう死語ランキング - gooランキング

2009-07-23 22:22:17 | Weblog
 最近ずっと、政治の話題だったので、日食の話題から微妙にリハビリ中。つーか今日はディープに語れそうなネタがない。
 有名どころのブログっつーのは凄いなぁ。よくぞまあ、あれだけ毎日クリティカルな話題を持ってこれるもんだ。

 なので、ウチが参加しているgooブログのgooランキングからちょいと紹介。



・10位 めんご
・9位 ゆるしてちょんまげ
・8位 アウト・オブ・眼中
・7位 ギャフン
・6位 バイビー
・5位 そんなバナナ
・4位 余裕のヨッチャン
・3位 ガビーン
・2位 だいじょうV
・1位 うそぴょーん

 これだけだと芸がないので、それぞれの語源をぐぐって拾ってみようと思う。いや…これ語源探るの難しいだろ…。

 【ゆるしてちょんまげ】
 とんねるずが元祖という説あり。

 【アウト・オブ・眼中】
 頭文字Dの岩城清次のセリフでブレイク。

 【ギャフン】
 江戸時代から存在する言葉。大塩平八郎の「義や噴なり」が語源とする説がある。

 【ガビーン】
 少なくとも30年以上前から使用されている言葉で、実は俺の父がマンガ上でこれを使ったのが最初という説もあって驚いた。
 確かに使ってるなぁ…。かなり連呼してた記憶がある。でも少なくともあのマンガではない事は、断言できる。だったら俺が聞いてないのはおかしいもんな。

 【だいじょうV】
 アリナミンVのCM。

 【うそぴょーん】
 堺正章が元祖という説あり。


 めんご、バイビー、そんなバナナ、余裕のヨッチャンの4つはわからんかった。流石死語だな。語源を探るのは至難の業だ。

 …そして、この死語トップ10のうち、うそっぴょーんとガビーンとゆるしてちょんまげとバイビーと余裕のヨッチャンを、俺と一緒に仕事をするようになって、たったの2ヶ月間で使いやがったK君とKさん。奇しくも同じイニシャルか…。正直ひいたぞ。

 なんか、現在の仕事場の周辺がこーゆー死語に頓着しない連中で埋め尽くされているので、俺が変なんだと思っていたが。よかった。やっぱり死語だよなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

腐った歌手の話、あるウソつきのバージョン

2009-07-22 23:11:15 | その他
【大日本セキュリティ】腐った歌手の話。

 おおうまさかそんな所で繋がっていたとは思わなかった。
 アグネス=チャンと池田大作って、関係線があったんだ。知らなかった…。

 まあ、これをもってして、児ポ法が学会絡みだとは思わないけれど、アグネス=チャンへの不信感は、より増大した。
 というか、俺昔はけっこうアグネス=チャンが好きだったんだよな。ちょっと悲しい気持ちになった。



 というわけで、学会へと続くラインを引いてみた。
 ちなみに、アグネス=チャンの歌の作詞としては、安倍晋三の名前も挙がる。
 ただ、安倍晋三は、アグネスに作詞を依頼され、快諾したという経緯があったりする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日食観測ヒエラルキー

2009-07-22 22:43:23 | サイエンス
 まずは圧倒的な勝ち組。

 【47】上空6千mで日食観測、見えた! 空自機に親子20人
 

 空自のC130輸送機体験搭乗による、世界でもっとも近距離からの日食観測。当日の日本はお天気に恵まれず、全体的に曇りだった為、雲の上空から観測とか超贅沢。しかも20人限定とかどこの特権階級だろうか。

 次に、太平洋待機組。
 

 ヒエラルキー下位の人との対比が、ついつい涙と笑いを誘ってしまう。
 日本列島のお天気が恵まれなければ日本列島を脱出してしまえという連中。なんという贅沢者達。ちなみに一泊88000円コースだ。

 そして、次は日本列島で、仕事を抜け出して上空を見上げていた人達。
 曇りだけど、時折覗く雲間からでも十分にお月様のような太陽が見えた。むしろ曇ってたおかげで目に優しい日食観測だったと思う。

 ちなみに俺はここにカテゴライズされる。
 俺はビルにいたんだが、ビルの南東側だったので、このカテゴリーの中では勝ち組に分類される。
 ビルの下を眺めると、雲間を求めて道路をまるでホコ天のような感覚で疾走するOLが面白かった。オッサンはそんな事はしない。大阪のOL常識ねぇよ。

「きゃーすごーい!」「おおっ。ほんまに欠けとるやんけ!」とか、ある種の連帯感が心地よかった。いやあ日食見物してよかったよ。

 そして…。

 ヒエラルキー最下層。

 【痛いニュース】トカラ列島・悪石島は暴風雨に。竜巻も…避難呼びかけ、観測どころではなくなる

 

 悪石島暴風雨。竜巻発生の懸念等で、表に出られず。
 せっかく用意していた、魚眼レンズの機材は全部撤去とか。
 弾丸ツアーで1泊340,000円とか悲惨すぎるやろ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日教組が必要だった時代より

2009-07-21 22:38:24 | 日常ネタ
 ウチの嫁さんは、虐待の被害者である。

 とは言っても、親に虐待されていたわけではない。幼稚園の先生にである。
 嫁は、妙に悟ったところのある非常に賢い女で、そのキャラは幼稚園の頃も同じだったそうで、優秀ともてはやされた幼稚園の先生からは大変嫌われたんだそうだ。
 で、幼稚園の先生が仕掛ける「仕掛け」にのらない、言わばノリの悪い嫁を、障害者と決め付けて、小学校に上がる頃、小学校側に

「この子は障害者だから、特別養護クラスに入れてください」

 と要請するわけだ。
 小学校側としては、障害者の疑いがあるとされる子を、普通科に入学させるわけにはいかない。
 ちなみに、嫁は一流の大学を出て、現在は某病院の管理薬剤師をしている。その幼稚園の先生のせいで、対人面で萎縮してしまっていた点は想像に難くないが、なんら問題のない子だっただろうと思われる。要するに幼稚園の先生による、嫁の人生を完全否定する為の稚拙でえげつない嫌がらせだ。

 当然、自宅でもまったく精神障害の兆候なんぞなく、驚いた嫁の両親は学校側と交渉。でも当然、学校側は、一人を救うためにクラス全体を犠牲にするわけにはいかず…。嫁は養護クラス行きを余儀なくされるところだった。

 それを救ったのが、日教組のK先生だったとの事。

 K先生の、「彼女の両親は普通科を希望している!すべての責任は私が持ち、私が彼女の面倒を見るので、彼女は普通科に入学すべきである」

 の鶴の一声により、嫁は普通科に入る事になった。
 日教組教育というのは、要するに機会の平等と性善説が根底にある。

 これを以ってして、(実体験に基づいて)義父は日教組についてはよい面もあると言う。

 この3連休、嫁の実家に帰ってて、民主党を妙に立てる(でも思想面ではコテコテの保守主義者)義父の台詞である。

 ここで、嫁も俺も義父を全否定した。
 嫁が救われたのは間違いないが、犯罪的に悪いのはその幼稚園の先生であり、その小学校のK先生はよかったわけではないと。
 実際、嫁が障害者であった場合、小学校のそのクラスは大変迷惑したはずで。単なる結果オーライだと。

 そう考えると、先生の力も衰えたもんだと思う。

 幼稚園の先生であろうとも、なんの根拠もない決め付けによってその子供の人生すら左右できる程の権限が、先生には昔あったわけである。第3者の見立て…たとえば医者の診断書もないのに。

 日教組は、当時の社会情勢上、もしかしたら必要悪であったのかもしれないと思ったのだが、残念ながら少なくとも今現在は、システムのライフサイクルが終了しつつある「老害」だと思っている。
 ちなみに、嫁のかよった小中学校は日教組王国で、学力レベルはほぼ最低。たとえば中学の歴史なんかは大半を、日教組教師による教科書無視のプリント学習で、戦後史のみを集中的にやっていたそうで、中国や韓国の反日的な事件を新聞で読んで、父(義父)が娘(俺の嫁さん)に聞かせると、興味が薄く、

義父「日本が滅ぼされてもいいのか!」

 と義父が怒ると、

嫁「日本はアジアの癌細胞なんだから滅んだ方がいいのよ」

 と切り返される程だったのだとか。
 学校は学力が最低クラスだったものの、嫁は努力で某有名進学校に進み、自力で、同校の1・2を争う学力を持つに至った。中学卒業時、授業が中学1年生までしか終わっていなかったにもかかわらずである。
 自力学習と父の教えゆえ、自虐史観に気がついて現在に至るわけだ。

 今は、昔のように国家的に識字率を上げる段階では既にない。
 現在の日教組は、人々の幸せに貢献しているとは思えないが…。少なくとも昔、その思想は嫁を救った事がある事を、俺は知ったのであった。

 ちょっとだけ。日教組を見直したかもしれん。
 「完全否定」→「昔は良い面もあったかもしれんが否定」に変わっただけだが。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

児童ポルノ禁止法改正と野田聖子

2009-07-17 23:00:00 | 政治(麻生政権)
 最初に謝っておく。俺はこの話、某所のカキコを真に受けているに過ぎない。裏をとってない。でもたぶんホントでしょ。この手の話、ウソなんか書いたりしたら、よくわかってる連中によって袋叩きにあうし。

 しかし…。これはちゃんとは知らなかったなぁ。
 児童ポルノ禁止法の改正を阻止する事が、ひいては日本ユニセフ(いわゆる国際連合児童基金(ユニセフ)とは別の組織で、アグネス・チャンが顔)を潰す事に繋がるとはな。

 こりゃ、野田聖子が児ポ法改正に必死になるわけだ。このままでは2013年までに資金源が枯渇するんだからな。



 日本ユニセフは2013年、特例財団法人の肩書きを失う。

 特例財団法人の資格を失うと、免税特権を失う事になり…。解散もありうる。

 特定公益増進法人の認定を受けるには、公共面での著しい実績が必要になる。例えば日本赤十字社や、自動車安全運転センターなんかが該当する。
 日本ユニセフは、「児童ポルノ撲滅」という大事業を成し遂げ、公益財団法人化を狙っているわけだ。

 そーでないと、野田聖子の資金源がなくなるもんなー。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加