あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

増税なんて「今すぐ」やるべきだ

2016-05-31 22:12:42 | 政治(安倍政権)
 正直、同意見であった。

【金融】増税の再延期は財政健全化に悪影響、日銀総裁が首相方針に懸念を示す
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1464669957/-100

 まあ、同意見なのはこのスレタイだけなんだけど。
 財政健全化を少しでも進めたいのであれば、今すぐ消費税を上げるべきであろう。

 何故って。増税の再延長を行えば、延長期間中も日本経済は疲弊していき、ますます増税するタイミングではなくなるからである。
 それほどに、今回の消費税増税の再延長は、ときめくものがない。

 ときめくモノの有無は、イメージは重要だ。
 消費税増税の再延長は、なんの為に行う?そりゃー、その間に増税できる体力を日本経済につけさせて、景気が好循環に入ったところで、バブル経済のように際限なく膨らまないように、一定のブレーキとして、増税を行う。その準備期間として、再延長するのである。

 当たり前だが、日本経済が健全で、担税力がなければ増税なんぞやってしまえばデフレ圧力が更に深刻化する。

 まず、2年半の時期延長だが、時間が足らないだろう。そして、その間に機動的な財政出動が必要で、景気対策を打たねばならない。既に消費税8%に上げて、デフレ圧力が増す中で、その負のインパクトを打ち破り、3年以上継続する事が確実な、奇跡の経済政策。

 …できるかもしれんけどなぁ…。でも、少なくともこれまでの安倍政権を見ていれば、ほぼ望み薄。なら、増税は予定通り行わねば、もう10%に上げれるタイミングなんて、ないと思う。勿論、現段階でも十分に悪影響であろう。でも、これが1年、2年と遅れていくたびに、増税したタイミングでのダメージは増していくであろう。

 思えば、8%アップはなんて馬鹿な事をしたんだろうと思う。アベノミクスはあれで終了であった。選挙前の公約を、有権者を余裕で裏切った瞬間であった。

 しかし、本当に消費税の話は業が深い。小澤一郎が始めた、福祉目的税化はえげつない。

【自民】小泉進次郎氏、「消費税増税延期するけど社会保障充実策もやる そんなおいしい話に若い人は騙されない」
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1464693770/-100

 この通り、消費税を上げなければ社会保障を人質に取るってのはダメであろう。
 元々、福祉目的税にできる程の規模ではなかった消費税に、その規模の徴税力を与えてしまえば、こうなってしまうのである。

 現在の安倍内閣の経済政策は、最悪だとは言わないが褒められたものではない。
 俺が、もしこの安倍内閣を再評価する時がくるとすれば…。憲法改正を果たしたのち、平然と消費税を5%に戻したりしたら…だと思う。

 現在の安倍政権は、憲法改正の為、議席の「圧倒的多数」を取得する為の無難すぎる政権運営になっているように見える。
 今の、他の議員におもねってばかりの「国民を顧みない政治」で、本当に「圧倒的多数」を維持できるだろうか…。

 俺は、安倍政権が国民を舐めている、まあ一番は野党を舐めているんだけど。としか思えないのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※また!これからも応援よろしくお願いします!

みんな「夫婦」で病んでいる

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞の古すぎる手法

2016-05-30 22:34:15 | Weblog
 お。本当だった。

【朝日】(社説)米大統領の広島訪問 核なき世界への転換点に
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12380370.html?_requesturl=articles/DA3S12380370.html

 えーっと。この部分の事だな。

アジアでは原爆は日本の侵略に対する「当然の報い」と考える人が多い。オバマ氏の広島訪問にも「日本の加害責任を覆い隠すものだ」といった批判が韓国や中国で相次いだ。
 戦禍を被った国々と真摯(しんし)に向き合い、戦地での慰霊といった交流の努力を重ねる。日本がアジアの人々の心からの信頼を得るには、その道しかない。

 出たわ。そして久しぶりにこの、有名なフレーズを思い出したわ。

〈櫻井よし子「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」〉
http://blog.livedoor.jp/togyo2009/archives/52107321.html



 小泉総理の靖国参拝問題について論じる中国人に対し述べた櫻井よしこ氏の台詞である。ちなみに、小泉総理の靖国参拝は、2001年の8月13日。
 で、当時「メディアは中韓の事をアジアアジアとミスリードしやがって!」という機運が高まり、ネットで誰かがぼそっと呟いた事が切っ掛けになって、「特定アジア」という言葉が産まれ、その言葉はネットの発達と共に育ってきた。

 ここ最近では、とうとう「アジアでは…」とかいうミスリードをかます恥ずかしいメディアが駆逐できていたのに。

 今更か朝日新聞。
 原爆を当然の報いとかいうバカは、特定アジアに他ならないのではないか。俺は少なくとも、中韓以外の人でそんな事を書き込む奴を見たことがないように思う。

 そこまで断言するのであれば、朝日新聞は根拠となるデータを示すべきであろう。
 しかも社説?!社説でそんなアホな事を主張するのか朝日新聞。世界で2番めに売れてる新聞なのにか。

 「安倍はいい事を言っても叩く。それが朝日の社是だ」と言ってはばからない、「いい朝鮮人も悪い朝鮮人も殺せ」とヘイトスピーチするネトウヨと変わらんレベルの元主筆で故人の若宮啓文。慰安婦問題を韓国人と共に作り上げた植村隆、南京虐殺や百人斬り競争を作り上げた本多勝一。日本でも有数の嘘つきの産地、朝日新聞。

 とはいえ、流石全社統一見解である社説でやっちゃうあたり凄いなこりゃ。
 嘘つきだって宣伝しているようにしか見えないよ。最近の朝日はそんなことやらないだろうに。

 なぜ、今そんな事やってんの?先祖返り?
 あ。そーか。そ~書いたら喜んでくれるような人しか、実はとってくれてない?

 じゃあ、なんでまだ、世界売上第2位につけてるの朝日。そんなに売れてるように、見えないんだけどなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※また!これからも応援よろしくお願いします!

ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢志摩サミット・雑感

2016-05-29 23:56:37 | 政治(安倍政権)
 俺が寝込んでいる間に伊勢志摩サミットがあった。
 この事は日本にとってものすごく大きなイベントではあったので、今後のエントリの繋がりも考えて、エントリしておこうと思う。

 

 多分、伊勢の観光スポットについての海外PR系の話もあっただろうが、今回はオバマ大統領の広島での「核なき世界の実現宣言」が成功裏に終わった事を寿ぎたいと思う。
 米国がどういう反応だったのかはまた、今後米国の記事もチェックしていくが、日本側も、真珠湾訪問の話も出ておらず、また米国側も原爆投下についての謝罪もなかった。これはいい事だっただろう。
 当然、本筋は米中韓の反日トライアングルの一角が崩れた事というのが、最大の出来事だったわけだけど。

 表向きである「核なき世界の実現宣言」に、大東亜戦争の事後処理の話、すなわち、米国の原爆投下への謝罪と、日本の真珠湾攻撃への謝罪という、「国際外交の相互主義」に関わる事を行うと、この綺麗事が興ざめになってしまうところだった。これでいいのだ。
 オバマも、今後30年間で100兆円規模の核兵器開発費をかける中で、よくもこれをやれたものだと思った。

 さて。もう1つ。世界経済の危機を喧伝し、消費税増税の延期についてお墨付きを得ようと言うハラの方。これが安倍総理最大の目的で、わざわざ訪欧して根回しすらしているのだけど。
 どうやらそれが逆効果になってしまったようで、これは失敗である。

安倍首相「リーマン危機前夜」に世界が失笑。伊勢志摩で日本が失ったもの=斎藤満
http://www.mag2.com/p/money/13492

 俺はいつも、「日本を世界が失笑w」という記事は完全に疑ってかかるのだが。これは多分ホント。もしかして初めてじゃないか?動画も含めた、様々なこの関連の記事が、安倍総理が今回恥を晒すハメになった事を証明しているように見える。

 とりあえず、サミット直前まで「増税はいつも通りに」が、安倍政権の口癖のようなものだった。それを考えれば、党内ガバナンスは大したものである。

 そこへ、消費税増税を延期したいが為の、今回の恥ずかしい日本の世界経済への責任転嫁。実際は、日本経済がうまくいっておらず、円安容認や消費税増税回避への容認お墨付きが欲しかったのだけど。ドイツのメルケル首相に一蹴されてしまう。

 

 

 

 きっとサミット終了後、総理は激怒しているだろう。この筋書きを書いた財務官僚に。
 ただ。俺はこれでも良かったと思うのである。
 日本政府に必要だったのはきっかけ。それ以降、日本は消費税増税に及び腰になる流れになる。G7で恥を晒すハメとなろうとも。これは必要な事だった。まあ成果でもなんでもなく、失敗だったわけだけど。

 そんなわけで。俺は今後、消費税増税の延期議論がどうなっていくのかの推移を追っていきたいと思っている。
 とりあえず、延期は確定である。また、8%未満への減税もない。

 問題はその後、どう議論されるかだ。もっと進んで増税中止、凍結されるのか。(これが一番マシな選択)

 一番いいのは、増税中止や凍結になった上に、財政出動が行われる事なんだけど。(これが多分。最高だけど。無理臭いなぁ…)

 はたまた議論が進まず、延期のみで、さらに財政出動という形となるか。(最悪の形)

 恐らくこの3択。さてさて。日本の政治は、どう動くのかな。

 来週から、また追っかけていく。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※また!これからも応援よろしくお願いします!

崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法

コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

復活

2016-05-29 22:11:02 | Weblog
 えー。ちょっと死ぬんじゃないかというレベルで自宅で寝込んでました。
 パソコンの前にも座れないレベル。

 咳は残ってますが、昨日ようやく峠を越えて、今朝、起きて午前中を過ごした辺りで、「ああ。治るんだこれ」とようやく安堵できました。

 明日からきちんとまた、通常更新していきたいと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※また!これからも応援よろしくお願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

全国紙一フェアな産経新聞(ただし関西版)

2016-05-26 13:47:31 | 政治(安倍政権)
 実は3日前から調子が悪くて。昨日はとうとう10年ぶりぐらいの39度台であった。
 流石に、ブログ更新もままならなかった。今日、これからアップするエントリは、もっと新鮮なうちにアップしたかったが、まあ仕方があるまい。

 昨日のネタだが、ご容赦願いたい。

 ちなみに、今の体温は38度台である。結局熱をおして仕事をしてて悪化したようなもんなので、これを書き終わったらさっさとベットに戻る所存だ。

 さて。昨日、産経の朝刊では、1面ではなかったものの、ヘイトスピーチ法案が成立した事についての詳報が、かなりのスペースで記載されていた。
 ついでに、ヘイトスピーチ法成立によって発生する弊害の紹介なんかも、コラムニストに書かせたりしていて、要するにヘイトスピーチ法成立特集の様相であった。

 そんな中、この記事があった。

【産経】尼崎朝鮮学校の賃料たった年260万円 市、28万円から値上げも標準の10分の1
http://www.sankei.com/west/news/160525/wst1605250024-n1.html

市は「いきなり標準賃料の支払いを求めると学校経営が成り立たないため、協議の結果、今回の金額に落ち着いた」としている。
※経営が成り立たないからとか、なぜそこを日本が負担せなあかんの。…アホなん?

 いつも思うが、この手の記事は産経は産経でも、必ず産経West。つまり産経新聞関西版である。東京版にこの記事が載らない事に大きな不満を覚える。

 産経でも、まだそうなんだなぁ。産経のサイトでも、速報にこの記事は出ない。俺は関西版紙面を購入してるので検索してヒットさせる事ができるし、ランキングからならトップページでも表示されているものの…。
 東京の人とか、ランキングトップの方の記事がいっつも関西版とか、不満にならないのだろうか。なーんか、東京方面は、へんな圧力を感じるよね。

 年間2600万円もの賃料が要求できる市営の土地を、北朝鮮系の朝鮮学校にこれまで年額28万円で貸していたのは驚きだが、値上げして260万も、正規価格の10分の1である。しかもこれが、10年維持される。なにそれ

 はっきり言おう。これ、日本人相手なら、絶対にやってもらえない。国籍による、日本人差別だ。

 まごうことなき在日特権である。

 在日朝鮮人・在日韓国人(以下、在日)が叩かれる最大の要因がここにある。在日は、常に「在日特権は存在しない」と繰り返す。
 どんなに、他の外国人と比較して優位な点があろうとも。特別永住資格があっても、明らかに生活保護受給者に偏りがあろうとも、大学入試センター試験で韓国語優遇があろうとも。これらは特権ではないと言い張っているのだ。

 つまり、彼らは日本における貴族のような、既得権益民族であり、一般日本人よりも優位で、それが「当然」なのだ。それが失われる事を「差別」と叫ぶ。
 そして、こーゆー本来の在日特権の存在を極力匂わせず、自分達が被害者で、日本人のありもしない罪をでっち上げ、悪者にしよう、悪者にしようと努力する。故に嫌われるのである。当然だ。だって産経ですら、上の尼崎の記事、関西版にしか出てないんだもの。おおっぴらにするべきなんだよ。全国版にだせや産経
 ちなみに、この記事、産経の全国版にすら出てないのだから、朝日、変態は勿論の事、読売新聞にすら出ていない。
 俺は、こーゆーマスコミの「隠蔽しようと努力する様」も、在日特権の1つだと思っている。

 しっかし産経(関西版)も人が悪いわー。
 ヘイトスピーチ法案成立の特集紙面の一部に、ヘイトされるに足る在日の情報をも掲載しているわけだよ。両論併記じゃないけど、そんなニュアンス。

 報道ってのは、中立であるべきなんだよね?
 この場合、リアルタイムにあった在日特権の発覚と、ヘイトスピーチ法案成立は、双方報道するのが、俺はフェアじゃないかと思うんだけどさ。

 この中で、一番フェアな報道してるのって、どこだろうね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

50歳なのに35歳に見える女65歳に見える女

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘイトスピーチ法案成立

2016-05-24 21:19:16 | 政治(安倍政権)
めんどくさいもんが通ってしまった。まあ最早既定路線だったけどな。

【読売】ヘイトスピーチ対策法が成立…議員立法
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160524-OYT1T50057.html?from=ycont_latest

「(他国出身者を)地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」などと定義。「国民は、他国出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない」

 さて。しばき隊や有田芳生周辺は狂喜乱舞である。
 ウチでも、3月に法案が自公から提出されてからこっち、これについては追っかけていたので、まあまあな路線で落ち着いたと思う。

 ただし、今後の付帯決議で、定義を広げる方針との事だ。アイヌとか、そーゆーのが明確に含まれる話になるようだ。

 つーかね、望むところなんだけど。

 俺が在特会を肯定しているというのはご存知の通り。
 アレの存在意義とは、「在特会級の酷いデモは韓国国内では珍しくないのに、日本でそれをなんでやってはいけないの?」というとこからスタートしている事である。
 在特会を通じて知った事から、韓国内でのヘイトスピーチをも知ることができるというのが、当初の大きな存在意義だったのだ。
 そして、これはもう役目としては終了している。
 これに加え、思わぬ副産物が発生した。それは、しばき隊の出現だ。
 今まで、ノイジーマイノリティのクセに、闇に潜んでサイレントマジョリティのフリをしてた連中が、表出したのである。対在特として。

 そいつらは思った通り、狂った連中であった。これが、どんどん一般人が見えるところにまでやってきて…。
 覚えてるか?しばき隊なんて、テレビのニュースで、すっごい「正義の味方」的なキメポーズで紹介されてたんだぜ?今となってはお笑い種だが。もはやテレビもアレを正義の味方的によー紹介せーへんもんな。笑うわ。


▲これ、テレビで紹介されてたんだぜ?「かっこいいですね~」とかコメンテーターに言われてて

 ヘイトスピーチをピーチクパーチク言ってる奴は胡散臭い。
 それが明らかになったのだ。俺は、今度こそ、在特会の役割は完全に終わったように思う。もう十分だ。

 最近の在特会は、確かに聞くに堪えないヘイトスピーカーであろう。しばき隊と同じ土俵でやっているのだから当然。俺としては、正直ちょっと嫌な気持ちであった。
 日本人は正当な理由により、特定日本人や韓国人が嫌いなのだ。それは、ヘイトスピーチで表現する必要はない。

 叩くには、正当な弁論で十分である。むしろ確かにヘイトスピーチ的ノイズが酷く、それらは正当な主張までをも巻き込んでいるように思う。
 個人的には、それらが切り分けられればいいと考えている。

 それに、今回のヘイトスピーチについての機運が高まったおかげで、在日米軍に特に理由なく「ぶっ殺す」「日本から出てけ」とか言ってるカスも、ヘイトスピーカーであるという新しい藪蛇も出現した。


▲基地境界線を超え、逮捕された時の「くるさりんど(沖縄弁でぶっ殺す)山城」

 ウチのブログの内容的にはヘイトスピーチの定義には当たらないし、前も主張したが、むしろいい法案かもしれない。まあ、後々発生するであろう面倒事を考えれば、ない方が圧倒的に平和な法案なんだけどな。

 これでよく喜べるな有田「ただし小さな一歩です。これを確かな一歩に」みたいな事を、有田はツイートしていたが、もし、ヘイトスピーチが本当に全廃されたならば。その時有田は思い知ると思うんだよね。

 ヘイトスピーチに規制されない正当な主張だけの方が、むしろ自分達を追い詰める結果になるという事に。


 ただ…。今、有田芳生とかが喜んでる姿を見るのだけはな…。精神衛生上、嫌な気分である。そう思わないか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

女がわからなくても「モテる男」、男を理解できなくても「愛される女」 (単行本)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

舛添辞任、カウントダウン

2016-05-21 14:51:15 | 政治(安倍政権)
 まさかここまで酷いとは…。さすがの俺もビックリだよ。

 何がって、舛添関連の金銭疑惑である。
 俺は、金銭がらみの政治家への追求については、あまり積極的ではない。政治家はほぼ全員、叩けばなんらかの埃が出るし、テクニカルな使い方をされるだけだからである。

 つまり、何かマスコミが気に入らない事があれば、それを利用して政治家を叩き潰す為に存在していると思っているのである。金銭疑惑ってのは。
 が、舛添のはちょっと酷すぎるわ…。元々、ドケチとされる彼が、エスティマ2台買って、一台は別荘用とか、その他もろもろ、生活資金の大半を政治資金で賄っている感。
 報道の内容も、合法・非合法入り混じってて、ホント色んな意味でマスコミも酷い。

【東京都】 舛添知事 「公私混同、改める。生まれ変わったつもりで頑張りたい」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1463807544/-100

 前からウチでは主張していたが。舛添の政治生命消滅はマスコミの既定路線である。
 同じ事を、マスコミは麻生政権の時にやっているけど。あの時と今回の最大の違いは、いざ、ターゲットを潰そうとして本気で動いてみたら、犯罪クラスの馬鹿げた行動が山程出てきたというところである。
 一方、麻生氏の場合、めぼしいものが何も出てこなかったからこそ、漢字の読みとか、カップラーメンの値段がわからないとか、ホッケの煮付けとか、口が曲がってるとか、世襲議員とか、娘の誕生日にステーキをごちそうするとか、どーでもいい事で叩くしかなかったのである。
 あれで潰せるんだから、日本国民ってのはホントチョロイよね。

 舛添に問題があった事は、各方面のあらゆる人々がご存知であった事だ。だからこそ、今これほどの情報量で噴出させる事ができている。
 逆に言えば、これほどの所業を、しかもバレバレであるにも関わらず、舛添は放置されていたと言えるのだ。如何に彼が、マスコミにとってこれまで特別扱いであったかがわかろうもの。

 そして今、特別扱いが解除され、さらに攻撃対象としてロックオンされてしまったのだ。これまで見た「良きメ」の巻き戻しを、現在集中的に喰らっているのである。呪詛返しを見ているようだ。

 で、これでますますマスコミは力をつけるわけだよ。政治家は、今回の件でマスコミに対する恐怖を抱いたであろう。そして、合法な所業すらも、マスコミが叩けば舛添の二の舞いになってしまうという心境も、植え付ける事ができた。明日は我が身なのだ。

 無論、これにはプラスの側面もある。マスコミの言う、所謂「社会の木鐸」効果である。
 政党助成金の政治団体への寄付なんてものは、適法ではあるものの、不適切であると言われればその通りだ。政党助成金の相応の理由なき寄付なんて許さず、国庫への返納を行うべきであろう。

 しかし、これは明確に負の側面が大きい。まるでこれでは、マスコミによる恐怖支配だよ。
 舛添は、腐った性根なんかを差っ引いて考えれば、業務的には有能な男なので、他の候補に比べりゃ、最悪だがマシだとも思ったんだよね。
 それがこの体たらくかよ。本当に、前回の都知事選は選択肢がなかったんだな東京都民。同情を禁じ得ないわ。誰を選んでても最悪。

 全ては、当時自民党が候補者を建てれなかった事に起因する。
 急な猪瀬元都知事の辞任で、東京都という世界最大のメガロシティに特亜利権者を据えるという、国益を超絶的に失する失敗である。

 今回は違う。もう舛添は辞任するしか道はない。既に各方面は選挙候補者のピックアップを行っているであろう。

 今回の舛添辞任は意義がある。

舛添知事辞めたら…選挙費用46億円 途中辞任なら割り増し費用発生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000027-dal-ent

 だから、こんな報道してんじゃねーっての。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

相棒はドM刑事 2 事件はいつもアブノーマル (集英社文庫)

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の民進党、ロゴ決定

2016-05-19 23:21:23 | 政治(安倍政権)
【産経】民進党が新ロゴ決定 「肉まん」のあの会社のマークに似ている!?
http://www.sankei.com/politics/news/160519/plt1605190007-n1.html

 民進党の新ロゴが決まった。
 俺の個人的感傷ではあるが、民進党は敵である。故に、ロゴが決まったら、みんなにクサされるがいいとか思っていたのだけど…。

 なんだ。いいロゴじゃねぇか。く、くやしいっ。

 

党名の頭文字の「M」を図案化し、2人の人物が手を携えて未来へ進む姿をイメージした。

 との事なんだけど。その2名の進む「明るい未来」ってのは右側にあると想像できるのだが…。手を引かれている人がサムライブルー。そして、手を引いている人が、赤い人なのであった。

 まさに民進党にふさわしいロゴと言えるであろう。
 これほど、彼らにマッチしたロゴはない。

 ロゴに記載されて初めて気がついたのだが、民進党は英語名で「The Democratic Party」(民主的な党)というのだそう。
 前身たる民主党は、「Democratic Party of Japan」(日本民主党)である。
 日本が外れたな。そして、合流した維新の党は、民主党に埋もれたか。そんな印象を持った、党の英語名であった。
 ちなみに、台湾の民進党は、「Democratic Progressive Party」(民主的で進歩的な党)で、間にプログレッシブが挟まる。念のため。

 以前、民主党は日没をイメージしたロゴだった。実際、民主党のロゴの下側の太陽は、水面に写って揺らめいている日輪だったからな。

 

 しかし、これは日の出のイメージとごまかす事もまた、可能であった。

 民主党はもう自身の本質である「日没党」を隠さなくなったのではないか。物議を醸しそうな、いわくありげなロゴマークの連続である。そう思われたくない、誤解だっつーのなら、そーゆー誤解を生まないものを選択すりゃいいのに。

 ところで、冒頭紹介の記事で、唯一この民進党ロゴの問題点として上げられていた、井村屋のロゴに似ているという話だが…。

 

 まあ、確かに2名が寄り添っている点では似てるかもしれんが。井村屋は「仲の良い親子、家族との絆」をテーマにしたロゴなので、コンセプトは似ても似つかない。井村屋に了承すらとっているそうなので、言わば「些細な問題点も潰しときましたよ」アピールであろう。

 なら、俺が入れたツッコミ所である「赤い人に誘われ、輝かしい未来へ」というロゴはツッコミに値しないというわけなんだな。

 うん。やっぱ文句のつけようがないわ民進党。すばらしい!すばらしいロゴだと思うよムスカ大佐!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

GDPを1500兆円にする方法

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

自分の言葉で主張するべ

2016-05-18 23:27:25 | 特定亜細亜
 ウチの最初期のブログのコンセプトが、なんだったか一言一句完全には思い出せないんだけど。

「ネットで見つけた情報を、もっともらしく自分の言葉で転載するブログです」

 だったと思う。
 ブロガーを始めたのは、俺が主張したいからであった。ブログのネタとして、新聞記事とかを漁るのも、自分の言葉で主張したいから、その下敷きの知識を得るためだった。

 シンシアリーさんとこのブログは、いいブログだと思う。何百というエントリを読ませて頂いてなお、未だに腑に落ちるというか、気付きが得られるブログなのである。

 今回も、そんなエントリだった。

【シンシアリー】「韓国人は『私が』とは言おうとしない」
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12161616400.html

いつも「~から聞いたが」とか、「偉い人の意見だが~」と、いつも「自分」は逃げ、まるで他の人の意見であるかのように話しますよね。(略)
韓国人は、対話においても自分の意見を述べる時に「もしこれが相手の意見と違っていたらどうしよう」と恐れ、それを予防する前置き話法が発達している。

 本日のエントリの枕詞で、ウチのブログの初期のコンセプトを紹介したが。主張というものは、俺は「自分の言葉」だと思うのである。
 俺は、ぶっちゃけ韓国人が嫌いである。それは、職場の韓国人もそうだ。彼らが何かを主張する時、俺には彼らに「自分」というものが感じられず、いらだちを覚えるのだ。

 いつだったか、俺がネタにした、会社の韓国人社員の話も紹介してみよう。

【拙】陰謀論と漏れた年金問題
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/f2852ae40cf4bd9fe7bc04e608a75fc8

このニュース、俺は某社での会議中に、ものっそい嬉しそうな顔をした、その時隣に座ってた韓国人協力会社の社員に、その韓国人のスマホに映しだされた記事を見せられて知ったのが第一報だったのだけど。(略)
 それが、自分の携帯で検索したものを俺に見せた、一番最初の記事が、この漏れた年金問題である。で、見上げて彼を見ると。ニヤニヤしながら明確に俺の反応を待ってる

 他にもいくつか、彼について紹介はした事があるが。とにかく主張しない人だった。そして、主張しても、それがすんごく遠回しだと感じていた。そらそうだよ。上記の引用のように、彼は自分の言葉で語らない。人の感想に自分の主張が乗るのを待つのである。

 俺は、ネットで叩かれてるファビョってる韓国人と、実際に出会う韓国人とのギャップを感じていたのだが。今回のシンシアリー氏の主張は実に腑に落ちる韓国人像であった。

 そして、もう1つ、得難い示唆を得たように思う。
 「…から聞いたんだが」とか、「偉い人の意見だが」という、自分のものではない言葉で話をしようとする奴は、胡散臭いという事だ。カテゴリーとして覚えておこう。
 翻って自分も、特に自分はブロガーで、主張する立場なのだから、極力やはり、自分の言葉で主張していかねばならないと。意識してやっていこうと思ったのであった。

 んー。だからなんだろうかなぁ。
 俺は、やっぱり2chまとめサイトのやりようは、好きになれないんだよな。
 自分の言葉で語れよと。昔から思っていたし、何回かエントリでも紹介しているのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

ニンジンでトロイア戦争に勝つ方法 上: 世界を変えた20の野菜の歴史

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

最近の舛添叩きが気に入らない2

2016-05-17 23:16:10 | 政治(安倍政権)
 やはり、どう見ても今の舛添叩きは気持ち悪い。

既出情報を総動員して舛添都知事を執拗に叩く日本メディア――江藤貴紀「ニュースな事情」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160516-00094435-hbolz-soci

 以前、俺は今の舛添叩きが気に入らんというエントリをアップした事がある。

【拙】最近の舛添叩きが気に入らない
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/a53170c92606afbb4b5f183b1252ac73

 この時、俺は最近の舛添叩きが気に入らない理由として

・都民の保育園建設要請を蹴って、その一等地に韓国人学校を建てる事を決定したニュースがひたすら無視されている。

・舛添の「無駄遣い」叩きは、ある程度政治家であれば誰でも「叩けば出てくる埃」。

 この2つを挙げた。
 冒頭の記事は、この俺の自説を強化するものではないかと、タイトルを読んだ時に思ったので、紹介する事にした。さて。どんな事が書かれているのだろうか。

いちおうの契機は、湯河原にある別荘へ公用車で知事が通っている旨の『週刊文春』による報道だ。

 このバッシングの契機が、湯河原の件になっている。やはり、都民の保育園建設を蹴って韓国人学校を建設した「事件」は、なかった事にされているのだ。

 そして、ここから先は、俺も感じていた違和感だったのだが、既報のニュースを立て続けに時系列で舛添バッシングとして叩きつけ、執拗に繰り返すマスコミのキャンペーンが紹介されている。

既に報じられていたことをいまさらながらに再点火し、「関係者証言」で一斉に袋叩きにし、印象操作とも言えるような映像を流す。これらの事象をまとめると、野々村竜太郎元議員を執拗にネタにし、ベッキーを完膚なきまでに叩きのめしたものと同根のものを感じる。

 この辺りは同感だ。問題は、なぜ、舛添はこんな目にあってるのだろうって事だ。
 こーゆー政治寄りのブログじゃなくて、もっと普通の人らの言葉を、今結構聞く機会があったりするのだけど。舛添については、みんな一様に「舛添は税金をなんだと思ってるんだ!」的な話をしているような気がするのである。
 マスコミが喋っている通りの事を喋っているように、俺には見えるのだ。…ストレスを感じながらも黙っているわけだけど。

 これも、俺は何回か主張しているのだけど。マスコミは小さな嘘を沢山暴露して、大きな嘘を覆い隠すのである。今回の「大きな嘘」は、当然韓国人学校問題。それを、沢山の「税金の無駄遣いネタ」で覆い隠しているのである。

 お金の問題については、別に舛添だけの問題ではないし、正直瑣末な事なのである。まあ、いささか舛添の節税ネタはやり過ぎの感があるけどな。
 政治家なんて、叩けば誰だって埃の1つや2つ、出るのである。舛添みたいな状況に、マスコミであれば誰でも追い込めてしまう。

 やはり、マスコミは日本最大の権力であろう。

 マスコミの舛添バッシングについては、不用意に政治家を貶めて政治不信を煽ろうとしているような気がしている。今、一般国民に政治不信を植え付けると、一番ダメージを受けるのは、政権与党である自民党・公明党だろう。

 もう、民進党に代弁してもらう事を、諦めたかのような。

 マスコミは、小さな嘘に埋もれさせる事で韓国人学校事件をニュースの海に埋没させ、殆どの政治家を追い込んで政治生命を断つ事ができるという事実を証明し、政治不信を増大させて、マスコミの敵である自民党の弱体化を図る。

 意図しているのかどうかはわからないが。
 舛添叩きは全て、マスコミに都合がいいように見える。

 まあ、それでも、舛添を外す方向性について、俺はマスコミと利害が一致しているので、このままでいいと思うのだけどな。

 前回と同じオチ…。
 でも、やっぱ俺はマスコミが政治家の300倍ぐらい嫌いなのであった。

P.S.
 ちなみに。江藤貴紀の記事には、このような一節がある。

舛添が「溺れた犬」にようになる前に、先陣を切って真相に切り込んだ報道をすべきだったろう。いまやっているのは、「おぼれた犬を叩く」ような弱いものいじめにすぎないのではないか?

 「溺れた犬は棒で叩け」

 韓国の諺である。日本には、こんな諺は存在しない。なんでこんな場面でこの諺を使うんだろう…?韓国関係ないやん。
 なんかね。小さな既報でもって舛添を叩いてるくせに、韓国人学校の既報については不自然なまでに触れないんだよね。なんだろうか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとランキングが落ちてきました!応援よろしくお願いします!

デブを捨てに

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加