ハマりアニメ「ヘボット」

最近ハマってるアニメがこの「ヘボット」!
日曜朝7時、いわゆるスーパーヒーロータイムの前にやってるアニメ。
比較的子供向け枠のアニメ。

作品の舞台、「ネジが島」では人間とボキャボット(ロボット的な物)と
よく分からない生き物が共存してて、ネジに込められた単語を組み合わせる
「ボキャバトル」が流行していた。
そんな中でネジが大好きな「ネジが島」の王子、ネジルが
相棒ヘボットとボキャバトルで勝つべく日々奮戦…
するでもなくネジを貪欲に集めたり、ダラダラしたり、
トラブルを解決したりするギャグアニメ。

1・コロコロ層直撃のギャグとハイテンション芸
コロコロでコミカライズもされているように
対象年齢層は小学校くらい。男子が好きなしょーもな下ネタに加えて
よく分からないギャグを10秒に1度はブッ込んでくるハイテンション芸は
ツッコミ不在のボボボーボ・ボーボボと言う世間の評判通り、
見る人の精神力を削っていく

2・激烈なパロディ
銀魂やらニャル子さんやらのパロディを武器にしていくアニメにも
勝るとも劣らないエグいパロディの数々!
ベタな有名作に留まらずマイナー作品や
声優共通ネタなんかもバンバンブッ込んできて
大きなお友達もバカアニメとして楽しめる作り。

おそらくもっとも強烈なレトロゲーム回のキャプ。








分かりやすいパロディ元ブログとかまとめとか。

パロディはアラサーどころかアラフォー向けじゃねーか!w
対象年齢どこだよ!w

3・隠されたシリアス
次元ネジを襲うネジキール卿と守らんとするヴィーテ姫。
駆けつける英雄、ネ人造人間マンドライバー。



対峙するマンドライバーとネジキール卿は
「お互い大切な物を失った」「俺とお前は同じだ…」「まさか!?」
意味深なセリフを交わした後の交錯。
破れたマンドライバーは希望トキトキネジを姫に託すと
姫はその力で時を駆けて離脱する。

…こんなシリアスな展開が1話のアバン(冒頭数分)に唐突に流されては
ヘボットが「多分すっげー先に話流しちゃったヘボ!!」
と言って本編が始まるw

このハイテンションギャグアニメは遠い未来、
過酷な戦闘へと繋がるのが明示されてる物語なのだ!





ネジル達を特異点として、時空の改変、
大きな何かを回避する為にネジル達に介入する姫。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )