覚書~2月のワンフェス

スッカリ記事にしそびでてましたが、
去る2/17は久々にワンフェスに行きました。

詳しくない方に説明するとコミケの模型版みたいな感じ?
素人が自分でフィギュアとかを作って売る。
暗黙の了解のコミケよりも厳しくて、
ワンフェスの作品はメーカーに申請だしたり許諾料払ったりしなきゃいけない。
模型が好きなのと、古いオモチャフリマなんかを併設してるので
散財がヤバそうだったので大分行かないようにしてた。
多分10年ぶりくらい。

欲しいのが1個くらいなら友人にお願いするのだけど、
今回は欲しいのがいくつかあったので重い腰を上げてみた。


中でも一番欲しかった1/48メタルフィギュア赤セイバーのネロ!


しかし最近イベントもゆるゆるしすぎてるので
ワンフェスもゆるゆる行ったらお目当ては結構逃してしまった。
売り切れで買い逃したのが痛い。
歴史ゲームのSAGAにローマで初めても良いくらい気になってたのに。

帰って自分で作るしかない!とか思ってたらリーズナブルで
良く出来のフィギュアを買えたので満足。

ディーラー「キルト&ルフのアトリエ」さん


ディーラーさんは許可とか必要そうなので
メーカー品を主に。

グッスマの気になる新企画チトセリウム

お目当ての一つ、サンダーボルトファンタジーブース

本物の偽殤不患さんが!(?)

あと凄かった1/1マシュ。

腰が細い


さいごに戦利品まとめ

ワンフェス戦利品。蟹工房さんの塗装治具。一番小さいので使用感を試す。
あとメガミデバイス胸部装甲と水着ネロと
サンダーボルトファンタジーの公式新グッズ。
そんなに買わなかった気がする

ネロリベンジで夏もまた行こう
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あけきりました

1月ももう半ばですが遅まきながら新年更新。
今年もよろしくお願いします

年賀状も友人のジャンルごとに分けて描くのが慣例なのですが、
犬がなかなか思いつかない上に疲れてるのが身が入らず
ようやく仕上げてポストにダンクしたら冬休みが終わってた。
来年はもっと簡略化したい。

まずはホームページ用。干支の大半は聖闘士星矢で賄えるのに
そうならない希少な年が犬。
ケルベロスとか猟犬座とかも考えたけどパッとしなかったので
悩んだ結果サムスピのガルフォードとパピィ。


2枚目。地元友人、デュエリスト仲間向けに遊戯王。

やっぱり犬は少ないがエジプト絡みでアヌビスが使えるので
罠カードから「アヌビスの祝い」
四角かったので神輿にしてついでにエンド・オブ・アヌビスも。


3枚目ゾイドでジークドーベル。

ゾイドはコマンドウルフなども含めて犬科が豊富。
疲れた割に1枚しか送ってない。


最後に一般向け。

普通に犬。
スコープドッグとかバウンドドックとかデカマスター、
思いついたけど沢山送らないだろう犬モチーフを色々書いた。
来年はこのテイストでいいかもしれん。
あとバウンドドックは犬じゃなかったw
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガンダムと霹靂~湾岸バトルの巻~

先日は湾岸方面を攻めてみた。
最終的な目的地は豊洲だが近いので併せて
台場の原寸大ユニコーンガンダムとガンダムベース東京を見に行く事にする。


BANDAI直営のガンプラショールームと言った風情。
おおよそ全てのシリーズのガンプラが並んでいて
懐かしいガンプラの在庫が凄いと言う噂でどうしても行きたかったのだ。



あとガンプラ工場講座みたいなのが
小スペースだがあって実感が湧くのが良い。



お目当ての初期νガンダム、Gアーマー(次点のGジェネ版だが)と
予定外の武者化する為のケンプファーをGET!おまけにユニコーンガンダムの頭をくれた




限定ガンプラの欲求抗いつつブラブラしてたらあっという間に暗くなる。
次の目的地へ行かねばと言う所で丁度ユニコーンの変身タイムで
上手く見れてラッキー。




19時にはプロジェクションマッピングもあるらしいがそちらは時間が足りず見送り
ガンダムカフェで一服。



今回の豊洲の目的は以前日記にも書いたサンダーボルトファンタジーの映画版
「ThunderboltFantasy 生死一劍 」を見に行く事だったのだ!
過去記事→●リンク

実は公開初日に行こうとしたが席が取れずにリベンジするのがこの日の目的。
人気に対して上映館も上映回数も少ないので相対的に激戦なのだ。
今回の主役の人形がお出迎え。





映画は本にもなった殺無生の過去話と、
1期が終わった後に殤不患がトラブルに巻き込まれるお話。
殺無生の話は「そりゃ0.1%の確率でも凛さんの関係者殺したくなるよね!」
と言うくらい無生さんが酷い目に合わされる話。
これで一皮剥けて更に強くなったとか、見えない部分では無生さんも外道とかあるんだろうが
やっぱり可哀相じゃのう。
武術会の話なのでバトルシーン山盛りで見応え満点だったし、
本ではなかったラストシーンが美しいので本筋知ってても見る価値があった。


殤さんの話は凛さんが1期の冒険譚を有る事無い事併せて弁士のように言いふらしていた所
殤さんを騙る偽殤不患にバッタリ会ってしまい話を聞いていく。
2部の前での総集編半分、2期キャラ顔出し半分のような。
ギャグ満載だし意外な謎も解けたり、2期への期待が高まって最高に楽しかった。

やっぱり人気に対して公開が少なすぎると判断してくれたので
上映期間延長や上映館増加もしてて年明けでもまだ見れそう。
もう一回見に行きたいかも~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コミケ92新刊出るよ!

告知が遅くなったけどコミケ出てるよ!

日も跨いでるので今日!w

初日の11(金)ポ53a 「ヘルズ商事」
昨年落としたコマンダーレイジの2巻が出ます!

B5/本文100P!
頒布価格¥1300です。

多い!厚い!話がちゃんと区切りがつく!
ツイッターで宣伝しててブログちゃんとできてないけど
辿ったりジャケ買いしてくださいw


カットこんな感じ。
お待ちしてます~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハマりアニメ「ヘボット」

最近ハマってるアニメがこの「ヘボット」!
日曜朝7時、いわゆるスーパーヒーロータイムの前にやってるアニメ。
比較的子供向け枠のアニメ。

作品の舞台、「ネジが島」では人間とボキャボット(ロボット的な物)と
よく分からない生き物が共存してて、ネジに込められた単語を組み合わせる
「ボキャバトル」が流行していた。
そんな中でネジが大好きな「ネジが島」の王子、ネジルが
相棒ヘボットとボキャバトルで勝つべく日々奮戦…
するでもなくネジを貪欲に集めたり、ダラダラしたり、
トラブルを解決したりするギャグアニメ。

1・コロコロ層直撃のギャグとハイテンション芸
コロコロでコミカライズもされているように
対象年齢層は小学校くらい。男子が好きなしょーもな下ネタに加えて
よく分からないギャグを10秒に1度はブッ込んでくるハイテンション芸は
ツッコミ不在のボボボーボ・ボーボボと言う世間の評判通り、
見る人の精神力を削っていく

2・激烈なパロディ
銀魂やらニャル子さんやらのパロディを武器にしていくアニメにも
勝るとも劣らないエグいパロディの数々!
ベタな有名作に留まらずマイナー作品や
声優共通ネタなんかもバンバンブッ込んできて
大きなお友達もバカアニメとして楽しめる作り。

おそらくもっとも強烈なレトロゲーム回のキャプ。








分かりやすいパロディ元ブログとかまとめとか。

パロディはアラサーどころかアラフォー向けじゃねーか!w
対象年齢どこだよ!w

3・隠されたシリアス
次元ネジを襲うネジキール卿と守らんとするヴィーテ姫。
駆けつける英雄、ネ人造人間マンドライバー。



対峙するマンドライバーとネジキール卿は
「お互い大切な物を失った」「俺とお前は同じだ…」「まさか!?」
意味深なセリフを交わした後の交錯。
破れたマンドライバーは希望トキトキネジを姫に託すと
姫はその力で時を駆けて離脱する。

…こんなシリアスな展開が1話のアバン(冒頭数分)に唐突に流されては
ヘボットが「多分すっげー先に話流しちゃったヘボ!!」
と言って本編が始まるw

このハイテンションギャグアニメは遠い未来、
過酷な戦闘へと繋がるのが明示されてる物語なのだ!





ネジル達を特異点として、時空の改変、
大きな何かを回避する為にネジル達に介入する姫。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ノアさんファイナル

時折出てくるメイド喫茶シャッツキステ。
品よくガッツリせず程よくオタクと言う
バランスの良いメイド喫茶なのだけど
そこで一番推してたノアさんが卒業したのでした。



卒業&誕生日を兼ねてノア絵

シャッツは一時期全員描いてたけど
ノアさんを描きたくて描いてたのを思い出す。
何度描いても似た顔似た構図になってしまうのだけど
いつも満面の笑みだからなかなかバリエーションが出ないのに気づくw

自分が通って5年くらい。
聞けば勤続8年とか。そりゃしょうがない。
ハロプロ仲間に
「良いメイド喫茶があるんですよ。
 テレビで見るようなガツガツしてない感じで」
と誘われ「またまた…」と思いつつ付き合ったらめちゃハマり。
初日に居たのもノアさんでした。

たぬき顔の天然キャラと何かをなぞるように。
いや単純にめっちゃツボなだけだったのかもしれないけどw
しばらくアイドル現場に行けない時期もあり、
個人的にはどこかでアイドル現場のテンションもありつつ通ってました。

寂しいね。
何年か前にベテランがパタパタッと卒業した時に
「ノアさんもいつか去る日が来る!」
と思ってキリキリ貯めてたポイントカードが
滑り込みで間に合って、ゴール特典のお菓子とお手紙を頂きました。

中身は内緒。
ポイントは口憚る額面なのでこちらも内緒(笑)


お誕生日があり卒業の最終出勤
卒業したけどタマに応援に来てくれるモモさんも駆けつけてくれる。
懐かしのノアさんのボケとモモさんのツッコミ。
ノアさん最近先輩ポジションだからなかなかいじられて
なかったしね。
一番通った時期の賑やかなひと時のようで
シンミリする間もなく閉店。

新しくしたい事も決まっているようなので
寂しいですが良い道が開けてるといいなぁ。

あと上げそびれてた
以前造形メイドさんが居た時に話題として作った ノアさんフィギュア。

元画像はオーナーのイラスト準拠で。
ノアさんは私服も絵の配色センスも奇抜で
すぐ赤い髪とか緑の服とかにするのに
着想を得た2Pカラーもセットでw

一つの時代が終わった気がする。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あっこぷ胸像フィギュア

北風インパクト、草野亜希子さん卒業に合わせて
卒業記念にフィギュアを作りました。

素材はファンド。
7月の誕生日に合わせようかと思ったが間に合わず
繰り延べになってたのを間に合わせました。

ショートだったのを長くしたり、
顔が似るよう造形したり、ピチTのボディラインと
シワやリボンの石膏像っぽい表現を意識したり。


髪の三角形の飾りは本物同様プラ板ペタペタ



未だにロングヘアの処理は悩む。


元の衣装はこんな感じ。
あっこぷは右2。


撮影に向かないので撮影後に瞳にグロス塗装。
元をシルバーの上から焦げ茶の半透明で塗ってるので
グロスを塗ると目の透明感が増して実物は良い感じ。

タマにしかできないフルスクラッチですが
愛と気合が乗ってよくできました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

草野亜希子ファイナル

去る2/7、今応援している地下アイドル
「北風インパクトChoque!」のリーダー
草野亜希子さんの卒業ライブが知る人ぞ知る有名ライブハウス、
鹿鳴館で行われました
フォト
X-JAPANにはじまりメジャーバンドも巣立った有名なやつ。


気合入ったファンがスタンドフラワーを出すのに
協力させてもらって絵をかきました。



卒業は任意だからハッピーじゃなくて
コングラッチュレーションらしいのだけど
文面が野暮ったくなるのと
フランクな言い回しならハッピーもありだと見かけたので強行。


メンバーやこの日来た色んなアイドルさんが
花の前で写真撮ってくれて役得w

ライブは撮影可能だったんだけど
見たい&いくつか撮ったのはブレブレだったので
他のファンやスタッフの広い物がほとんどw



行く前はしんみりしてたのだけど
あっこぷの「パフォーマンスで魅せる!」と言う趣旨の元、
MC無しのリリース順ぶっ通し9曲+アンコール3曲で
とても熱く楽しく汗だくのライブで、
「アイドルやり切った」と言うのを楽しく見送れた
実に良いライブでした。


最後にワンマンでやりそびれた会場の
ファンとの撮影をして終わり。

ファン主導で卒業記念シャツも作られたりしました




誕生日の時に間に合わなかったフィギュアを仕上げました。

ショートからロングに直したり、
表面処理してたら意外と手間取ったわぁ。


無事本人に届けられました。
体感で絵を描くヲタって潜在ヲタ500人に1人くらいのイメージなんだけど
フィギュア作るヲタって絵描き10人に1人もいないから
俺が推したら統計的に5000人キャパまでは行けるよね!
と言うよく分からない計算。


ちょうどNHKのねほりんぱほりんが2週跨ぎで地下アイドルの世界でしたが
エキセントリックな内容よりもスタッフの予告文章が詩的でした。

「人は生きがいと収入のはざまでどう働くのが幸せなのか。
 親でも恋人でもない人と紡ぐ愛の形とは…
 ケチャとチェキの間から生まれる、人生の物語です。」

ホールのように大きくないライブハウスで、
メジャーではないアイドルと入れ込んだオタク達だったけど
ステージと客席には人生でも稀にしか出会えない浪漫が溢れてた。
そんな日でした。


アイドルはやりきったと言うあっこぷはスッキリしたお顔でした。

ズバッと終わって後ろ髪引かれる間もない。
こんな締めも良いのかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名古屋戦記【カモフララストライブ】

大分空いちゃいましたが去る1/3は近年応援している二つのアイドルの一方、
CAMOUFLAGEの主要メンバーがガッツリ卒業する現体制のラストライブでした。

去る1/3は近年応援している二つのアイドルの一方、
CAMOUFLAGEの主要メンバーがガッツリ卒業する現体制のラストライブでした。


開催は本拠地の名古屋、今池ボトムラインなんだけど、
「これは見ない訳には行かない!」と思い、
遠出しないヲタクとして人生初の遠征に出かけてきました。

カモフラ4年の中で作ってきた全45曲を全てやる!と言う事で4時間以上のライブ。

カモフラは元々は正統派アイドルポップで、3周年を機にテクノ~クラブサウンドに切り替えて
二つの曲調があるのだけど、リリース順かと思いきや双方の顔を交互に見せる好セトリ。
沸きとノリとが上手く混じった理想のライブ。
曲調、客層が違うからかもだが天井の高いライブハウスであるボトムラインが
まるでコンサートホールに幻視するほど眩しい良いライブだった。

アンコールのラスト曲の最後のフレーズで音が止まりアカペラになる。
ニクい演出かと思ったが、後から社長のコメントを見たら
演出じゃなく本当にトラブルだったとか。そんな事ある!?ってくらい奇跡的。
最高のライブだっただけにメンバーの
「そう言うライブをもっと早くできれば良かった」と言う言葉が刺さる

カモフラはパフォーマンスも曲も十二分なのに
突きぬけきる事が出来ないままと言う印象で正直「惜しい」と言う気持ちだし
野暮を言えばまだまだ見たかったけど、
勿体無さも粋だと強がって、本ライブのサブタイトルのように
さようならじゃなくてありがとうを言おう。

残ったあずさちゃんやかまちょが新カモフラを見せてくれるまでゆっくり待ってる。




思えばカモフラは元PiGUのみきてぃが加入したから見に来たんだった。
みきてぃはラストライブ前からライブまで
「こんな終わり方で、結果も残せず申し訳ない」ってよく言っていたのだけど
最高に楽しかったからありがとうを言いたい。

持論だけどアイドルはファンの心に残した軌跡だと思っていて、
人数はさておきしっかり焼き付けてきたんじゃないかなぁ。
個人的には今までで一番応援したアイドルだったと思う。
強いて言えばもっと大きい舞台まで連れてっていけなかったのが逆に申し訳ない。

カモフラもだけどソロも良かったんだよ。
アルトの伸びがある声もいいし、曲も良いので埋もれて消えて行ってしまうのは惜しいなぁ。
我慢してたけど欲を言えばまた歌って欲しいな。


カモフラでのラスト絵は動物衣装で最近好きな曲ガッツリホルモン。


ドンドン似てきた気がするw
しんみりしたとは言えツイッターとかには普通に居るんだけどねw


後期のライブ動画→●リンク●
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドルヲタ終焉の星辰

※消化できず一度書いた時とは
時間が経っちゃってるので
過去形になってる部分があります。


お正月に休止するCAMOUFLAGEの
現体制ラストライブを見てきました。

新旧の良さを合わせた最高のライブでした。
みきてぃはこの後の活動も公表してないのでもしかしたら
アイドルラストかもと思って目に焼き付けてきました。
遅まきだけどこっちでも記事に残しておこうかな。


行くライブも減るし時間と予算は北風インパクトに回すか!
…と思ってたら北風インパクトの推しの
リーダーあっこぷこと草野亜希子さんが卒業だって!!


家庭環境+もともとは女優志望だった所を
落ち着くまでに1年も先述べにしてたと言われちゃ
泣き言も言ってられないよなぁ。
こちらも後程。

6月にはアイドルヲタの原点℃-uteも解散するし…
もうアイドルヲタする場所もなくなっちゃうなぁ。
と思ってたらメイド喫茶シャッツキステのノアさんも卒業発表される。



17年上半期で行ってたアイドルが全滅しそうなんだけど
そう言う星の巡りなのかなぁ。
もう一生分アイカツしたでしょ。みたいな。

あっちこっち行ってるようで
意外と惚れ込むまでは腰が重いので
次を見つけるかは分からないなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ