SDガンダムとんとん相撲

ヨドバシカメラマルチメディアホビー館が主催するイベントが
SDガンダムとんとん相撲!

SDガンダムのプラモで大きさ重量などレギュレーションを決めた中で
とんとん相撲をすると言う画期的なイベント!
まず丁寧に作った模型でガシガシ戦うのもプラモ狂四郎かと思う熱さで
今までのガンプラがもはや対戦ホビーと化しているのだ!

ウォーハンマーでは美しいペイント勢、
ゲーム主力で色はザックリのバトル勢と共存できているのだが、
ガンプラは模型誌での美しい作品ばかりが持て囃され技術偏重主義への懸念が叫ばれる中で、
ガンプラでも対戦を重視したバトル勢が生まれると言う新しさ!

先日3周年を迎えて、同時に定期開催が最後だと言うので
昨年夏からSDガンダム熱が燃えてる自分も仕上げもエントリーも滑り込みで初参加!


作った力士「ν大成道」で参加! って重り全然入らねーよ!!


前日まで色塗りしていて重りをレギュレーション100gまで入れようとしたら
鉛に対してスペース全然足りなくて入らねーよ!


時節柄外出もしづらく更に雨の中でも70人を超える参加者で賑わう会場。

競技自体は一回戦で敗退でしたが対戦相手は最後ベスト5に残った強豪だったので
「初心者あるあるの後退しての自爆もしないで、実力者相手に粘れてえらい」と
友人に言われたので良しとします。
ガンプラの競技ホビー化、定期コンペ化してる熱いイベントでした。また不定期でもやりますように!


以下作った力士「ν大成道」


ショックガンダムのSGνガンダムにHGの足を移植してます。


内部機構が多くて重りを詰めきれなかったので旧キットにすべしと言う先人の教えの正しさを痛感。


手はビルダーズハンド。挟み込んだだけで可動が生きてるのでメイジンポーズができます


ν大成道はシタデルサフからのシタデルカラー筆塗り。
ショックガンダム系列は塗装が厄介なABSなので試金石でもありました。
結果は割れも無く、よく触る胸、腰の角が色落ちしたけどサフは残る程度。
雨でトップコート出来なかったのでもっと丈夫にできそう。塗面も筆塗りだけどいいでしょ


ν大成道は昔ホームだった今は亡き模型屋「大成堂」で
自分が子供の頃から展示されてたνガンダム+Gコマンダー改造パーツのオリジナル配色の作品が
憧れだったのを勝手にオマージュしています。


大成堂も今は無く作者さんに仁義も切れないままなのが悔やまれる。
当時はゼータプラスとかもいて特殊部隊感がカッコ良かった
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久々ゲームセンターのミカド

高校時代の旧友タニくん。
1~2年会うくらいなのだけど今年は年明け早々会おうとお誘いが。

「何かハマッてる物あればそれを」と言うリクエストを受けたが
ウォーハンマーは10年以上やってるし、アイドルとかドンドン手仕舞いしてるし
「ハマってる事はこの俺に残っているのか…」と虚無な気持ちになっていたが
先日ドキュメント番組を再放送で見たゲームセンターミカドにしよう!と閃き決定。

ゲームセンターミカドとは高田馬場にある知る人ぞ知るゲームセンターで
2~30年前の自分が学生だった頃のゲームばかりあるのだ。
弟が好きだったり、闘神伝2アーケードがあった時に何度か行ったけど久々。


タニくんはモンスターランドを1コインでバリバリ進めるくらい上手い。


お店の攻略メモを見つつ最終面まで行ったが時間が足りずラスボスで無念の敗退。


写真撮り忘れたけど当時一番はまってたヴァンパイアハンターやったり
タニくんはセイヴァーからの新キャラのバレッタ推しなので
ヴァンパイアセイヴァー3本先取戦やったり。
セイヴァーは使ってるフェリシア弱くなってるんだよな。
しかし負け勝ち勝ちで買った!

後は普段合流出来ない男性陣グループから1人合流したりして
お茶したりメシ食ったりして終わった。

ついでにきっかけになったドキュメント72時間のエンディング。
なんかサビがしんみりして耳に残るのよね。

松崎ナオ - 川べりの家 (Official Music Video)

監督 撮影 編集 石谷岳寛 作詞 作曲 松崎ナオ NHK総合 ドキュメント72時間 テーマソング 松崎ナオ HP https://www.m...

YouTube

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

例年、年賀状と年明けイラストで
ヒーヒー言って非生産的な年末年始を過ごすので
がんばって年内に収めました。

ヘルズ商事社訓では「寝るまで今日」と行うのがあるので
実際には1/1の昼前くらいまでやってたのだけど。
「もういい年だよ!!」
原稿もだけど無茶して!

プリンタのノズルが詰まってて
明け方から洗浄とかしてた。しんどい。

と言う訳で(?)新年イラスト。
ヘボットのネズミのエトボット「ハッカネズミ」と
合体したヘボットのコスプレの愛子です。難解!
毎年干支のモチーフパロディ絵も20年くらいしてたら
ネタが尽きてきたのだけど、
ヘボットがあれば12年は戦える!
ヘルズ商事顧客はまぁヘボット履修してるでしょうし。

昨年は原稿でヒーヒー言ってて
結果非生産的になってたので
マンガも模型もイラストも幅広くやっていきたい。

本年もご愛子の程、何卒よろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

行く年来る年

後で修正しますが
同人にウォーハンマーに
もしかしたら懐かしいアニメとかで
検索してくれた方もいるかもしれませんが
今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コミティアとりかや本

続いて24日、色々あったけど朝はコミティアに行く。
創作(オリジナル)だけの同人誌のイベント。
友人ここあ女史に頼まれもののメガドライブミニを届けるので
サークルチケットを貰って朝から。
早々に新刊との受け渡しを済ませる。

もう一つの目的が「りかや本!」
2ちゃんねるモーニング娘。(狼)板の
お絵かきスレッド「イラストモーニング」有志で
毎年夏に出しているハロプロ同人誌「イラモ本」があるのだが
その発起人で編集長が「りかや」氏。
飲み会の最中に同人誌30周年だと言うと
漫画仲間が「じゃあ記念本出そう!」と言い出し
実際に依頼があってあれよあれよと執筆。
リリースされるのがコミティアだったのだ。

りかや本




ベテランばっかで壮観。


コミティアでのサークル。

色々用事でハシゴしつつ夜は打ち上げ。
漫画を肴に感想だのワイワイ。




いざ書くと難しいな。

創作の2次創作って凄い上に、
ベテランが10人以上集まって過去作を穴が空くほど見直すってのが
お祝いになるじゃないのかね。

気になるりかや本は自家通販とCOMIC ZINで依託するらしいよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

試作ドラゴン会

デカいフィギュア付きのボードゲームで発表と共に話題になったMAXFACTORY×ARCLIGHTの『ドラゴンギアス(Dragon Gyas)』。

そんなマックスファクトリーさんがリリース前のテストショットを
一部に頒布してたので「ドラゴンを組んで塗る回 in Arrows」に参加したよ!




ウォーハンマーぽいランナー。
造形はかなりキレてて合いも良好
国産らしからぬモールドの深さで他の方のを見ると
造形に結構依存するシタデルコントラストもスイスイ。


組んでみると筋肉の境目とかに接着面が来るので
サクサク組んでも綺麗にしあがある。

バリを取りながらでも素組で小一時間くらい。

既にカッコイイ!

そこから半日くらい根詰めて完成!


シタデルカラー筆塗り。
国内では余り見ないエッジの立った造形なので
ドライブラシをはじめウォーハンマーのミニチュアペイント塗りでもサクサク。
ロードス島ぽいクラシックなレッドドラゴンをイメージしてみた。


お店の照明で撮ったらホビージャパンっぽい画面になった!
この造形だと主人公側はロボだけどそちらも楽しみ!
キックスターターがあるらしいよ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宝塚「GOD OF STARS-食聖-」

チケットを譲って頂き宝塚星組「GOD OF STARS-食聖-」を見てきた。

Thunderbolt Fantasyではチケが取れずライビュで、
いつか生で見たいと思ってたらトップ紅ゆずるさんと、
娘役の綺咲愛里さんダブルで卒業で、ラスト演目だったのでとても嬉しい。
内容は後述するとして生の舞台は物凄く良かった。


はじめてなので劇伴が生オーケストラなよすげーとか舞台物理的に奥行き広い!とか
盆回りとかせり上がりとかギミック多っ!てなった。
1200人くらいの東京厚生年金会館(故)くらいのキャパなのに
結構な席はハロより安いし大丈夫!?と言うか
UFA(ハロプロの事務所)いい加減にしろ!
と言う理不尽な憤りが湧くw


そしてメイン楽曲がすごい良かったなぁと思ってたら作曲ヒャダインだった!
チケットをくれた友人も元ハロヲタなんだけど
アイドルと宝塚は親和性がある…!?


あらすじと内容の感想
天才料理人ホン・シンシン(紅と星かな)は腕は立つが傲慢で、
扱いかねたオーナーにスキャンダルをでっちあげられ失墜する。
自分が潰そうとしてた屋台街に流れ着き、
看板娘とぶつかり合いながら惹かれていき改心と、
逆転して名誉挽回すると言う香港映画と少年系料理マンガ的な親しみやすい筋。



しかし記憶がないホンの正体は天界から飛び出した
西遊記の紅孩児だったのだ!(公式にあるからいいよね)

A・紅さんのラスト演目に字面から紅孩児を選ぶ。分かる
B・人間界に来た紅孩児の改心とロマンス。分かる。
C・傲慢な料理人の改心とロマンス。分かる。

A+B+C?何食ったらこんな本書けるの?

一見尺が足りなさそうな荒唐無稽さなのに
表面張力のようなギリギリの所で満載の賑やかさに昇華してるし、
最後の最後の数分のエピローグでハッピーエンドにまとめる手腕がすげえ。

他の方の意見で納得したけど現代モノもいいけど
ファンタジー衣装も殺陣も見たいもんね。
引き算しない強さ。
そして魅力的なキャラには物語の収束力があると言う学びがある。

舞台に本にと遠回りになったけど役者の部分。
初の生での観劇は違うなぁ。
ふわっとした感想になるけどトップの紅さんは存在感が違う!
声が通る!ビジュアルが強くてふざけて可笑しく見せ場はカッコ良い。

綺咲さんは可愛く実はめちゃ強そう。遠くからでも目がデカイ!
端的に言って最高でした。

レビューは「Éclair Brillant(エクレール ブリアン)」
まだ2回目しか見てないけど、本来の王道なつくりなのかな。
ボレロやマシュケナダなんかもあって品が良い。



演目的にはThunderbolt Fantasyの時の秀星☆煌紅は
単純に曲が好みなのと見取りや寸劇仕立てもあって好みだったけど
正統派なのも技術を感じで面白かった。

見たかったトップさんが卒業しちゃったけど
先達の宝塚友人が沼に引きずり込もうと色々教えてくれるので
次みたい演目が運良くチケット取れたらまた行きたいなぁ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コミケでした

大慌てで入稿したとは言え、本も出来上がり、
特に作る物もないので無事寝て、無事起きて現地に到着!
大きめの誤があったりもするけれど私は元気です。


今回新しい南館に配属されたと思ったら
空調が効きすぎて寒い!
おなかが弱いので常備してたカイロを夏コミで使う有様。

お隣のウィッチキルさんと並んで。

定番のドレッドフリート海マットが痺れる!
※ゲームズワークショップから出た海戦ゲーム。海のマットが好評だった。
一時期値崩れしたので同人作家がこぞって買った。


今回はそろそろ4冊揃ってきて目立つようになったからか
ウィッチキルさんの相乗効果もあって
割と例年になく売れた気がする。


その後は売り切れて悲しかったThunderbolt Fantasy映画の前売りムビチケが
再販するってニュースが聴きつけてたんだけど数少ない扱いの
豊洲ユナイテッドシネマが近かったので買いに行って確保したり、


原稿作業中は我慢してたお台場のガンダムベース東京(※ガンプラショールーム)
で限定で売ってるプラモを買いに行ったりして満足したけど力尽きた。


おわり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コミケ96出るよ。

寝て起きての1日目(金)25a「ヘルズ商事」です。


まずは爆散40Kコマンダーレイジの3巻!


合間にだしたHowtoの話を経由した
本編が続く話です!

B5/本文36P!
頒布価格¥500です。

3巻では謎の転校生「路鳩義理満(ろばとぎりまん)」から世界の危機を救う使命を与えられる。
そこに現れるかつてのライバル、湯上慶雄の豹変の知らせから巻き起こる事件とは。

ギャグを多めにあの頃のホビー漫画らしさく熱い物語が進んで行く待望の第三巻!








イラストモーニングの合同誌!



イラストモーニング ~青春Beatは16~
夏コミ 8月10日(土)西 こー24a「こたつ工房」B5/116P/1000円総勢18名によるハロプロ漫画&イラストの合同誌!
8月11日(日)西 へー11a「まのすた」でも頒布します



健康的なゆかにゃ卒業後のマンガです。



お色気もあるよ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トランスフォーマーLG-50 シックスショット

少し前だが買い物しに出てたら一年半くらい前の製品の
トランスフォーマーレジェンズのシックスショットが何故か入荷してた。

欲しいけど優先順位で繰延になってたのが量販店割引だったのと、
ポイントが溜まってたのでほぼ等価交換できるのと、
現物を見た訴求力に勝てずゲットしてきた。
とりあえずガチャガチャ遊ぼう。



ジェット機。


バトルカー。何がバトルかはよく分からないけど
横のフックが世紀末っぽい


狼。


サブマリン


と言う名の旧レーザーガン。


バトルタンク


そしてロボット。



当時のアニメのG1はリアル幼児だったので覚えてないのだけど
作中の隠し玉、第7形態のウィングウルフ。



当時買って貰えなかったノスタルジーと今の技術の融合…!
トランスフォーマーは危険だからあまり手を出さないようしてるが良い買い物だった。

加えて前から究極の可動フィギュアと言うのを探してるのだけど
「ポロリせず、手持ち武器は無いか最小限で枕元に置いておきたいヤツ」と言う条件なのだが
シックスショットはかなり究極に近い物だったので何よりだった!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ