クソゲーとOL充

結構前だけどとある壮絶なクソゲーを味わいたくなるが
実機でやる程の根性でもないので動画でもないかなーと探す。

そのゲームはダークシード。
プレステ、サターンに移植されてる洋ゲーのアドベンチャー。
パケ絵からメインビジュアルまで故ギーガー先生によるホラーアドベンチャーで
アメリカの片田舎に宇宙の脅威が迫ると言うホラー好きなら垂涎の設定だが
壮絶な難易度(と言うか理不尽さ)で家庭版には
説明書の後半に完全攻略チャートが付いてる有様。

まぁそんなこんなで動画を探すとあった!
普段は実況そんな好きな訳でもなくあまり見ないのだけど
この主のOLさんがまた良い!

おそらくホラー好きだから始めたんだと思うのだが
声が良く喋りが滑らかでちょっと生真面目でちょっとダメな人で
タマにオタな所がチラリと見えて、極めつけはクソゲー向きw
普通見逃す詰まりポイントを攻略無しでもちょいちょい見つけるのは痺れる!


とりあえず1のいちばん最初の動画へリンク
【ニコニコ動画】ダークシードをOLが呟きつつプレイ Part.1

ダークシード1動画リスト



しかも続編があるがそちらもやってる!w
ダークシード2の一番最初の動画へリンク
【ニコニコ動画】ダークシード2をOLが呟きつつプレイ Part.1

ダークシード2動画リスト

でも残念ながら次のソフトの途中で途切れて以来もうやってないらしい。
悲しい。
最近のモスト萌え案件どした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ごきげんスキップ展

ツノガアルで好きだった月玉子ののこさんと
お友達maayaさんの二人展、ごきげんスキップ展を見て来ました。

場所は吉祥寺のmomo curryさん。
前も展示してたのに行けなくて初来店なのだけど
木で作られたアットホームな感じの店内に
展示されたり吊るされたりした絵の数々や
絵本の展示があってホッコリする。

こんな感じの展示




お二人とも女性作家らしい温かみとかわいらしさに溢れた作風で満喫できました。
アクティブさもポジティブさも敵わないなぁと痛感。
明日(24日)までなので良ければどうぞ。

http://momocurry.com/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モンスターメーカー続報!

昨年の夏頃急に燃え出したモンスターメーカー熱。

ひとつ!
今回特に思い入れができたミリエーヌの当時モノのガレージキットが欲しく
なんとか入手したのが完成した!

正面はトップなので背面



元絵、大きさ比較画像と合わせて。
このキット中期以降のキャラの再現度は良いのだけど
初期に出たキャラは造形が甘くて
顔の凹凸がキツい、ウィンクが凹モールドだけ(これは好みか)
角の受け口が同心円じゃない、ティアラの宝石が中央に無いとか
困ったチャンだったので地味に改修しつつ、
他の締切しつつしてたら結構掛かってしまった。

こんな感じ

元絵にできるだけ近くを意識したので
金属色も使わず最低限のNMMの基礎だけ踏まえて水彩画っぽく。
マントとかは普段のミニチュアより大きいので
少し湿らせた上にカラーを乗せる水彩画的な塗り方で
グラデーションをランダムにする実験などしてます。
剣は毎回デザインが違う&元絵がすごい配色なので調整しましたw
満足!

チチーナ、サーラあたりはあるのでまた作りたい。


ふたつ!
燃えた時に買ったゲームボーイ版1をクリアー!

序盤が終わるくらいまでは自力で行ってたのですが
難易度が高すぎて攻略サイト引きっぴきw
それでも終盤は意味が分からないくらいの難易度で
素じゃ無理だろうと思いましたw

以下グチ。
・シナリオクリアでレベルが上がるので通常戦闘がお金稼ぎだけで意味がない
・なのに下手したら1歩で1回戦闘になるような高エンカウント
・TRPGを意識したランダムぶりで攻撃が1/3くらいで外れたり、
 攻撃力高い戦士系でも10~200くらいのダメージの振り幅があり過ぎて戦闘プランが立たない
・アイテム、魔法の持てる量が有限なので回復が追いつかない
 →戦闘は1体だけ出た時だけ袋叩きにして複数出たら逃げるのが定石になる。
・迷路がカード上になってめくって行くのは楽しいが逃げるとカードは伏せられ一歩後退させられる
 →また一歩歩くとエンカウント
・像、釣り紐とからしいオブジェが100%害の罠と攻略フラグの場合があるので総当たり
・そんなダンジョンで一方通行罠、落とし穴連発
・終盤では階段同士が繋がっておらず階段を上ったら次の上り階段の真上に飛ばされるなど。


そんな!ダンジョンを!なんとか!クリア!した!
これを幼少期に素でクリアした人とか…いるんだろうなぁw


まだまだ熱は冷めないのでミリエーヌを九月姫先生に見せたり(コミケに来る)
再販版のカードゲームを買ったりしたいと思う!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )