マンガマン

毎週漫画を読むマンガマン!

★ジャンプ
なんだかんだ言って読む
「トリコ」
今一番の注目作。
ただ主人公をチーム分けしたのは失敗じゃないか?
集団は描きづらいんだけどさ。
ところでトリコはたけしキャラのリボーン企画的要素を含めてるのかな?
トリコ-ボンチュー
サニー-マミー
ゼブラは馬場? するとココは誰だ?
かなりBL臭を出してるハズなのに女子がまったく食いついてないw
うおっ!もうカップリングが4つも出来やがった!!

「バクマン」
ジャンプアンケ至上主義にメスを入れたのはいいが
わざわざ新妻エイジの所行ってるのに
子供の頃のラクガキってのはどうか
ただ発見フラグ立てに行っただけじゃん。
デスノ最終回付近で見え隠れした大場のアラが早くも出た感じ。

「ネウロ」
先週だけどシックスが本格的に戦闘に。
金属使いって所でジェニュインで切れた
五行の「木火土金水」になったのかな
一人ボスラッシュはチト安易だけどイレブンの打開策は楽しみ

「サイレン」
個人的には結構注目。
未来を微調整してく話になるのか
このまま上手く行くとサイレン世界が無くなる?
また研究し直さないと。
正直宣誓の儀にアゲハ達がいないのは盲点だったわ

「アクスレオピス」
終わっちゃった(鉄男)
パレって言えばみんな納得する漫画


★スピリッツ
ヤンサンと合併してマンガぢからが落ちた。
土竜の唄とバンビーノしか見てねー
ちょっと目を離した隙にプンプンが面白くなってた

★ヤンサン増刊
スピリッツに行けなかったマンガの消化試合雑誌だが
こっちのが面白い。
イージスとさくらんぼシンドロームがちゃんと終わったのには好感。
イージスは綺麗にしすぎたかなーと思ったけど
両作者の大急ぎで風呂敷を綺麗に畳む力は凄いw

ところで新作がケータイコミックで
「JESUS 砂塵航路」って
楽しみなのか不安なのか分からない。
結局ジーザスに帰結するのか。
ファンも喜ぶけど楽しいのばかりでいいのかね?
読みきりでやった妖怪ハンターみたいな話の「レリックス」やればいいのに

★イブニング
おせん復活
テレビ批判なのはあてつけか。
おせんの既刊を読み返したがやっぱり面白い。

★マガジン
ゴッ輝が相変わらずいい。
5年くらいずっと面白いとかマンガぢから高ぇー
エアギアは先行かないなー
綺麗なカイジはあまり趣味じゃない

★サンデー
ぎゃんぶるっ!が結構いい
結界師進まねー

★ヤンジャン
嘘喰い、ハチワン、GANTZとやはり打点高い。
変にマフィアとか出ないと夜王も嫌いじゃない

★モーニング
神の雫がようやく使途
どうでもいい人情話多すぎね?
かぶく者毎週見たいよ

★チャンピオン
ジャンRも終わっちゃったし
バキとギャンブルフィッシュしか見てない
星矢はなんか途中で脱落してしまった
満喫で読もうかしら
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

【℃】【立体】リアルせんとくんマイマイ完成


℃-uteの萩原舞女史の福顔が
せんとくんに似てると言う理由で生まれたキャラ、
リアルせんとくんをスクラッチしました

前述のように素材はポリパテで形出し、
エポパテで外側を造ってます。

速いかなと思いやってますが
素材の差がある所で欠けたりするので
あまり良くないのかもしれません。
塗装はシタデルカラーで筆塗り。



正面
布が折りたたまれたようなデザインが面倒くさかった。
一応女の子なので袈裟を一周多くしたよ。


背面
背面資料がなさすぎる。


足の指って初めて作った気がする。
マイマイは好きだがせんとくんはそこまで好きじゃない事に後から気付き
苦労の割には達成感が少なかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

最近読んだ小説

小説が読みたくてしょうがないのだが、
すぐ読んでしまうので勿体無くてなかなか買えないのだ。
先日もブックオフで悩みに悩んで一冊買ったのだが、
買ったら半額セールだったので悩んだのを全部買ったw
そんな小説買った本の感想

ぼっけぇ、きょうてぇ
著・岩井志麻子

「すごく怖い」と言う意味の岡山弁のタイトル
「黒い家」のレビュー探してたら、よく並んで紹介されてて気になって読む
ジャンルとしてはホラーかな
明治あたりの貧困や世相の人間の怖さとオカルトが半々の短編集
なかなか読ませるが希望する怖さとはちょっと違ったが
表題作はなかなか良かった


オルファクトグラム上下巻
著・井上夢人

昔読んだのだがあまりに面白く読み返したくなって
で、読み返したがあまりに面白い
前も感想書いたと思うが
あまりに面白いのでまた書こう。

あらすじ
連続殺人犯に姉を殺され自分も瀕死の重症を負った主人公は
目が覚めた時に常人の数百万倍、犬並の嗅覚と
匂いを視覚で見る体質に変わっていた
この力で仇の殺人犯や失踪した友人を探そうと奔走する

斬新な設定はもちろん
「匂いを見る」描写が巧みで自分も
主人公の誰とも共有できない視界を共有してるかのような気持ちになる

また特異な能力に目覚めていくオカルト、SF的怖さ
犯人の視点で凶行を見るサスペンス的怖さ
犯人を追うミステリー的ワクワク感を兼ね備えている
勢いある終盤と美しいラストは是非読んで欲しい


メドゥサ、鏡をごらん
著・井上夢人

こちらは初見。
自分をコンクリ漬けにして死んだ作家。
その奇怪な自殺と消えた遺作を追い
作家の娘と、その婚約者が手記を手がかりに追っていく。

…と書くと単なるミステリーのようだが非常に奇怪な構成。
どこを話してもネタバレになってしまうので
言いたくても言えない気持ちは
まるで作中の恐怖に怯える人のようだ。

ミステリーかサスペンスかSFかオカルトか
とりあえずすげー怖い!すげー面白い!

賛否両論ある作品だろうが
モヤモヤした夢人イズムとしては正解なのだろうと思う。
いや、面白い。


総じてゆっくり読むつもりが
ぼっけぇ1日半、オルファクトグラム半日、メドゥサ帰り道で読み終わってしまった
もったいない
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )