漫研つれづれ

漫研への思索が止まらないのでもうしばらく徒然と。

【漫画の基礎】
漫研を見たせいで自分のルーツにも想いを馳せてみる。
友人のお姉さんが同人作家で感化されて
小学生くらいの頃原稿用紙に初めて書いた4コマは酷かったけどw
以降ちゃんと描いた漫画は自分で漫研再建した後の漫画なのだけど
拙いなりにもちゃんと漫画になってたのは我ながら偉いなぁと思う。

最近新人作家と触れる事もあって漫画論を考えたりする中で
絵は道理だけど漫画は方法論だと思うのだけど、
更にマンガ読んで来た中で吸収していくタイプと
教本で知識として勉強するタイプが居る気がする。

自分で多分後者型かなぁ。
「やるぞ!」と挑んだ記憶はあまり無いのだけど鳥山明ヘタッピ漫画研究所とか、
ムービックの(?)マンガの描き方とか
ドラクエ4コママンガ劇場のハウトゥ編みたいのを
熟読してたからなのかなぁと思ったり。


【漫研の思い出】
あと当時の漫研を振り返る。
1年の時は再建の準備だけで2年の夏に初の部誌、オフセット同人で出すのだけど、
友達が行った別の高校の漫研がそこそこ以上に掛ける人が5人くらい居て
コピー誌を月刊で出してると言う珍しいレベルで栄えてた漫研だったので
そこに他校生なのに3ヶ月くらい参加してたのが
今の締め切り中毒のルーツだったような気がしなくも無い。


【漫研の盛衰論】
文化祭の時に描いたけど漫研は波があると言うのが持論。
自分の高校を自分の代から前5年、後5年くらい見て、
友人の学校も3校3年くらい漫研観察しての持論なのだけど
基本は1人まぁまぁ~結構描ける、2人なんとか形にする、
1人小説だけ、2人イラストだけみたいなのが平均値で、
衰退するとイラストだけ→廃部になって行き、
逆にあたり年が来ると全員同人行けるくらいのレベルになって行く気がする。
自分の後輩が漫画甲子園上位の時は10年に一度の当たり年だったと思う。


これを鑑みると多分漫研は個人の資質に拠り過ぎて
技術の伝達が出来ないからかなぁと言うのがひとつ。
描けるとは行っても高校生に教師の才能を求めるのも酷か。
次に漫研に何人くるかも運な上に、来た人がやる気あるかも運だから
個人の資質に帰結していくのかなとも思う。
顧問が監督を兼ねてるとか練習用ノートがあれば運頼りでもないのだろうけど
そんなの聞いた事ないしねw


まぁ前回の文化祭記事からの回顧日記でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

文化祭と漫研

先日は用事で地元に戻りがてら
ちょっと前に急に思い立って調べた
母校の文化祭に顔を出してきました。

目的は自分が学生時代に再建した漫画研究部が
まだ残ってるかどうかずっと気になってたのを確認に行く事です。
ウチの漫研は過去にプロが2人出てたり
漫画甲子園上位まで残ったり、世にも珍しい漫画強豪校なのだが(w
自分が入学するのと入れ違いに潰れたのを再建したいきさつがあり愛着があるのだ。


しかし直接の後輩(2つ下)が顔が効く後輩(更に2つ下)が在籍してた時に
行ったのが最後だからそれでも9年前?
その頃の在校生が数世代に一度レベルの実力粒ぞろいだったのと
その割に新人が少なかったので必ず下げ波が来る!
と言う持論から廃部になっててもおかしくないと踏んでたのです。

行ってみるとまず学校に名簿を書く所があるのだけど
他校生、保護者…卒業生の名簿に書くのか!w
なんだか照れくさいのうw


で結論からするとまだあったー!!
適度なうまさと適度な拙さと楽しい気だるさとで実に懐かしい。
現役部員も顧問の人も居なかったので詳しく聞けなかったのだけど
とりあえずずっと潰れてないらしいw

あとは元々発行してた年に一度文化祭で出す本、
自分がはじめた年2度くらい出すコピー誌に加えて
OBが描く本が増えててビックリした。
話し込みたかったけど、かと言ってJKと話し込むとおまわりさんが来るので
本気のラクガキと辛口のアンケートを書いて
学園漫画で使えるよう怒られない程度に校舎の資料写真を撮って帰りました。


当たり前だけど15年も絵描いてると高校時代よりは上手くなってるモンねw
来年は友達とか後輩連れてこうかなw
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )