粟谷明生の能楽教室『猩々』第2期の三日目が終わりました。一通り舞えるようになりましたので、最終日はより美しく、より切れのある舞を目指して指導したいと思っております。 「心」「技」「体」はスポーツ界でよく使う言葉ですが、舞台に立つ能役者にとってもこの三つは大事で、三者をバランスよく習得することが目標でもあります。 「心」は精神力、志であって心の強さです。「技」は文字通りスキル、技術で「体」は身体 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能は難しい、能は退屈だ!、と思われている方は多いと思います。 では、能はなぜ難しく、なぜ退屈なのか、そこを探ってみませんか? 能を知るにはご自身での体験が一番の近道です。やってみる!すると以外に簡単に答えを見つけられるかもしれません。 この度開設されました「能楽体験教室・広島編」は、日本が世界に誇れる伝統芸能の「能」を広島近郊にお住まいの方々にお気軽に体験して身近に感じていただける絶好のチャンス . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



毎年5月第3土曜日は仙台で「青葉能」があり地謡を勤めている。 終演後、東北大学能楽部の学生さんが会場の東北電力ホールの裏口から私が出てくるのを「出待ち」してくれるのが恒例となっている。昔は恥ずかしく照れていたが、最近は素直に喜んで笑顔も見せられるようになり記念撮影も恒例となっている。 今、野村克也・宮本慎也著の「師弟」を読んでいる。能の世界にも通じることが書かれていて、とても面白く忘れないよう . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能楽教室入門編・『猩々』第2期がはじまりました。今回は参加者が男性3名と少し寂しいですが、全員リピーターなので指導内容のレベルを上げてご上達を期待しています。 能は難しい、能は退屈だ、と思われている方が多いと思います。 ただ、能のどこが難しく、どこが退屈なのかをご存知ない方も多いのではないでしょうか? 能のなぜ?を知るには、まずご自身で体験していただき答えを見つけてしまうのが一番の近道 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



高知県立美術館能楽堂は可動式舞台として平成5年に完成しました。 見所から全景 揚げ幕を鏡の間から 脇正面裏からは舞台が見えます 舞台はこのレールの上を滑り移動します。 7月24日(日)高知県能楽鑑賞会能で能『小鍛冶』白頭を勤めます。 広島蝋燭薪能の会場となりました、アステールプラザ能舞台も可動式能舞台です。 文責 粟谷明生 撮影 粟谷明生 . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



5月9日月曜日の喜多流、広島蝋燭薪能は、雨天が予想されますので、JMSアステールプラザ中ホール能舞台で公演することになりました。 お問い合わせは広島護国神社082-221-5590へお願い申し上げます。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



こちらからご覧下さい。 デジブック 『28年 厳島神社神能』 スマホの方は下記よりアクセス下さい。(但し、PC画面にてご覧になることをお薦めします) こちらかも 作者 粟谷明生 撮影 粟谷明生 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



粟谷明生の能楽教室入門編『猩々』第2期生を募集しています。 能『猩々』を通して、謡いの発声、舞の動きを学ぶ初心者用のコースです。 実際に能面を付けてみることも出来る、楽しい団体レッスンです。 日時 :5月10日 17日 24日 6月7日 いずれも火曜日の19:00〜90分 場所 :東京五反田駅より徒歩4分 池田山能舞台 受講料:¥30000 学割¥18000  お申し込みをお待ちし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



平成28年4月24日の読売新聞・朝刊の「著者来店」に記載されました。 4月5日に塩崎記者と一時間ほどお話させていただきましたことが、うまくまとめられています。 記事全体を投稿することは出来ませんので、ご購入、よろしくお願い申し上げます。 文責 粟谷明生 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



先日厳島神社神能で『猩々』を勤めた演能レポートです。 粟谷能の会ホームページに投稿しました。 アクセス、よろしくお願い申し上げます。 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ