29年1月29日の喜多流特別公演の『望月』の演能レポートを投稿しました。ご覧いただきたくご紹介いたします。 写真 『望月』 シテ 粟谷明生 撮影 新宮夕海 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



明日、東京新聞に第100回粟谷能の会の記事が記載されます。 ご購入、ご高覧のほど、よろしくお願い申し上げます。 いよいよ三日後に「喜多流特別公演」(1月29日)『望月』が迫って来ました。 『望月』は劇的な仇討ち物語で明解で判りやすく、どなたでも楽しめる作品です。 私たち演じ手は 「能としての様式美を崩さず品位を保ちながらも、戯曲の面白さを伝えることに充分気を置くこと!」 と、先人より教えられ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



「粟谷明生の能楽教室入門編」の『田村』コースは、3回目が終わり、次回2月7日が最終回となります。皆様に修了証をお渡しするのを楽しみにしています。 さて話は飛ぶが、ラーメンを注文する時のこと。 「こってり味とあっさり味がありますが、どちらにしますか?」 に 「こってり!」 と昔はオーダーしていた。 こってりの方が味わいが深い、と思っていたから。 この歳でこってりは身体にどう . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



いよいよ今週末となりました喜多流特別公演です。 私の勤める、能『望月』は現在物と呼ばれるお芝居に近い判りやすい能です。初心者の方でもお楽しみいただける作品ですので大勢の皆様にご覧いただきたい、と思っております。 物語は、安田荘司友春の家臣、小澤刑部友房(シテ・粟谷明生)は主君が従兄弟の望月秋長(ワキ・殿田謙吉)に討たれたため、守山の宿・甲屋(かぶとや)の亭主として生きながらえていました。 あ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



好きな女性の顔に、共通点があるのを知った。 それは、口角が上がっていること。 某舞台人が 「オーデションは、顔立云々より、まず口角が上がってる者じゃないと通らない!」と教えて下さった。 口角が下がっている者は、どんな演技をしても魅力的に見えない、が理由らしい。 女性には、口角云々と言いながら、ふと己の顔を鏡に写すと、「こりゃいかん、上がってないじゃないか!」と猛反省。 能面に「ベシミ」と言 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



5日の初稽古は1月29日(日)の喜多流特別公演で勤める『望月』と、9日の新春特別企画「能楽鑑賞&体験教室」の仕舞の稽古からスタートした。 『望月』の被キは平成12年。 もう17年も前のこと。 写真の子方の息子・尚生と、今は亡き太鼓の金春国和氏を見ると、目頭が熱くなるのは、老いたせいだろうか。 61歳の今、44歳の若さ溢れる動きはもう出来ないだろう。 が、物語を進行させる科白だけの謡を大事に謡い . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



初夢は元旦の夜と正月二日の夜の二説があるが、今年はどちらも「ゴルフ」と「能」の夢を見た。 ゴルフの話をしよう。 最近ゴルフにハマっている。 昔は「同伴者のお邪魔にならない程度でプレイ出来ればいい」と思っていたが、最近は「やるなら、よいスコアを出したい!」と欲が出て来た。 子供の遠足の前夜同様に、ラウンド前夜はもう楽しみでワクワクしてしまい、寝付けない時もあるほど。 このワクワク度は期待と興奮が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



本年も粟谷能の会・粟谷明生をご贔屓いただきまして有難うございました。 厚くお礼申し上げます。 来年は下記のような演能を予定しております。 本年同様のお力添えを賜りたく、よろしくお願い申し上げます。 *** 29年度 粟谷明生演能予定 *** 1月29日(日) 喜多流特別公演 『望月』 喜多能楽堂 3月5日(日)  粟谷能の会 半能『石橋』 国立能楽堂 4月18日(火 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



平成28年12月24日、クリスマスイブとは無縁の行動です。 大阪からの帰京、途中で京都に寄り道して帰りました。 来年1月8日(日)は喜多流自主公演で『賀茂』シテ・出雲康雅氏の地頭を勤めます。 新年早々、おめでたい曲目を謡わせていただきますので『賀茂』ゆかりの地を謡蹟めぐりして来ました。 写真探訪でご紹介します。 上賀茂神社の大きな鳥居 本殿への入り口右手に謡蹟保存会の駒札が立てられてま . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



「伝統文化・伝統芸能」への関心・興味は日本人ならば心のどこかに必ず潜在しているのではないだろうか。 そしてそれは、あるひょんなことから芽生えることがある。 もちろん、それを確認出来るのは自分自身。 どう周りが動こうと、のぞき見することは出来ない。 子どもの頃から通い慣れた能楽堂や稽古場。 今は当たり前のように思う空間も、はじめて入ったときは驚きの感動があった。 来年4月21日に銀座の新しい観 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ