投稿がお留守になっておりました。 すいません。 投稿する時間がなかった訳でもなく、 投稿するネタが切れた訳でもないのですが・・・・ ただ、なんとなくサボッて、しまいました。 粟谷能の会ホームページ、リフォーム案のご意見は100名を期待していましたが、 これは私の期待し過ぎのようでした。 なんとメールして下さったのは只今2名のみ、トホホ・・・・・ あ!コメントして下さった方が2名いらしたので . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



昨日から酒田(山形県酒田市)に来ています。 12:15発のANAに搭乗して庄内空港着は13:00、いつもの行動です。 離陸すると綺麗な雲海が見られましたが、 水平飛行に移ると雲一つない景色が拡がってきました。 残雪の奥羽山脈です。 稽古は16時半からなので、いつもそれまでの時間つぶしが楽しみのひとつでもあります。 昨日は久しぶりに本間家本邸におじゃましました。 ここの長屋門は立派です . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



そろそろ「粟谷能の会ホームページ」を改装しては? というご意見がありました。 そこで、皆様のご意見やご提案をお聞かせ頂き、 よりよいホームページに作り直したいと思います。 100名様のご意見をお聞きしたいと思いますので、 どうぞ皆様どしどしご意見をメールして下さいませんでしょうか、お願いします。 お待ち申し上げております。 粟谷能の会ホームページはこちら ご意見は下記のアドレスまで、または . . . 本文を読む

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



昨日の『昭君』の初稽古は、絶句はしなかったが・・・・3,4個所間違えてしまった。 しかし、あの多量な謡が覚えられたことが、実感出来て嬉しかった。これ本音。 さて、これからは、頭に入れ込んだ謡を、練って、練って、練り直し、練りまくり 自分の身体に染みこませる作業が待っている。 これまた時間がかかる作業ですが・・・・これが演じるにあたって楽しい時間でもある。 昨日はいつものように、金子敬一郎さんが . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



寒い、あんなに暑かった日曜日がうそのようだ。 投稿することがないので、自分の広告 今日は、これから目黒の能楽堂で、息子の謡の稽古をして はじめて能『昭君』の稽古をします。 何カ所つまるのだろうか、と不安 兎に角、シテの謡いが多いのです。 それに聞き慣れていないせいか・・・・ あまり上演されない曲なので、私には遠い曲です。 この曲、よ~く読みこんでみると、あまり型付けがうまくない 江戸期の型付 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



夏になったのか!と思うぐらいの暑さの中 5月の自主公演は行われました。 自主公演初の地頭を能『船橋』で勤めました。 まあ、粗相もなく、皆さん私に合わせて謡ってくれたので、気持ちよく謡えました。 申合でお囃子方がいらして下さったので、幾分緊張しないですみました。 やはり、遠い曲は申合をした方が、いい、気が楽ですね。 これから『昭君』モードに入ります 6月の自主公演にも、皆様いらして下さい。 お願 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能『船橋』の曲名にもなっている船橋。 船橋がどんなものか、御存知ですか? 「いいえ、見たことない!」と、素直にお答えのあなた、 あなたにお答えします。 船橋とは~~ 橋がない川を渡る工夫として、 舟を何艘も並べてその上に板を敷いて対岸に渡した橋の代わり、インスタント橋です。 いまは見られませんが、どうしても見たい! という方は~~~こちらからどうぞ 見られますよ、 これ見て、日曜日の自主 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



新「粟谷能の会通信」新設のお知らせ 粟谷能の会メール会員を対象に公演などの情報をメールでご案内して参りました「粟谷能の会通信」を、この度、粟谷能の会のホームページでご覧頂けるようにいたしました。 平成23年6月号から、月毎の更新を目標に、粟谷家に関わる演能情報、鑑賞の手引き、見どころなどをご案内いたします。 お試し版として、創刊号を公開しましたので、ご意見やご要望などございましたら、お気軽に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



中国新聞に「広島蝋燭薪能」が記載されましたので、ご覧下さい。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



広島護国神社社務所の改装工事のため、一時中断していました広島薪能は この度、護国神社と中国新聞のご協力を得まして「広島蝋燭薪能」と名称を変えて 再スタートを切りました。 お天気にも恵まれ、五月晴れのもと、 能『楊貴妃』長島 茂、能『小鍛冶』粟谷能夫 狂言『仏師』古川道郎の番組で ご来場者は540名、皆様ご協力有難うございました。 今回は新しい企画が沢山ありました。 まず、蝋燭薪能と命名し企画か . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



本日は広島蝋燭能です、 お天気の心配も無く、公演予定通りです。 地元の皆様、まだB席ならばありますので、ご来場お待ちしております。 東日本震災義援の「ろうそく献灯」があります・ ¥500から、ご来場の皆様よろしくお願い申し上げます。 広島蝋燭能はこちら . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



青葉能に行って来ました。 会場は、ほぼ満席。 震災の影響もありながら、たくさんのお客様にご来場いただき、また河北新報の一力社長様の公演継続の心意気に 感謝しています。皆様、有難うございました。 さて、これは電力ホールの楽屋風景です、 あれ~~楽屋に時計がない! どこの部屋にも時計がない、 そりゃ~今時、携帯電話や腕時計を持っているから、不要なのかもしれないが・・・ やはり楽屋には大きな時計が必 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



今日は仙台の「青葉能」に東北新幹線を利用して行ってきます。 大地震からはじめての東北の地です。 終演後、東北大学の謡曲部の学生さんと逢うのも楽しみです。 今回、大震災にもめげずに、河北新報社が予定通りの公演に踏み切って下さって、 出演者のひとりとして、演ずる者として、たいへん嬉しく感謝しています。 仕方がないのですが・・・・あの 自粛、自粛、歌舞音曲禁止、禁止と連呼されていたときに 「青葉 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



5月12日の読売新聞の朝刊に「顔・山崎有一郎さん97」が記載されました。 山崎先生は、今月の21日で満98歳、数えでは99歳です。 来月18,19日の二日間、白寿のお祝いが横浜能楽堂で催され 『翁』や琉球舞踊が上演されるようですので、 詳細は横浜能楽堂(045-263-3050)までお問い合わせ下さい。 山崎先生とは、昨年NHKテレビ・芸能花舞台「粟谷菊生の舞台」の録画の時に、 ご一緒に出演さ . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



次回の粟谷能の会は10月9日(日)13時開演 私は『天鼓』能夫は『井筒』を予定しています。 大勢の皆様にご来場頂くための、企画・プランを必死で考えています。 従来通りのチケット販売、宣伝ではもう通用しなくなって来た!と感じています。 さて、なにをどうしたらよいのか? なにを変えべきなのか? 手帳に書き連ねています。 事前に詞章の配布、配信 開演前に能について10分ほどお話をして下さる案内人 . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ