能は夢幻能と現在能に分けられ、夢幻能は死者、亡霊が旅僧や旅人の夢の中に現れ、前世での執心を愚痴り救済を求める。 現在能はその時に生きていた人々が登場して物語る作りとなっている。 今週の日曜日、喜多流自主公演で勤める『蟻通』は現在能である。 能のお話には、愚痴り救済を求めることが意外と多く『蟻通』のシテ(老人の宮人)も然りだ。 夜の雨の中、傘をさして松明を振りながら登場すると、蟻通神社が真っ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



蟻通神社の由来は、能『蟻通』に直接は関係ないが、ちょっと面白いのでご紹介いたします。 昔ある帝が、若い人ばかりを大切にして40歳に達した者を殺してしまった。恐れた年寄り連中は遠国に隠れてしまい、都には然るべき人は居なくなってしまった。 帝の寵愛を受けていた中将某には70歳に近い両親が居たが、遠い所に住まわせては一日に一度会えないと悲しみ、こっそり家の中に土を掘って部屋を作り住まわせた。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



「女房と畳は新しい方が良い」 これは男性本位の封建時代の「ことわざ」で、今こんな事を大きな声で言ったら女性陣の反撃を喰らうから堂々と言わない方が良い、とは先輩の弁。 能(猿楽)も観阿弥と世阿弥の親子が活躍する以前から演じられていた古い作品もある。 観阿弥や世阿弥、それ以降の人たちが手がけた作品に、私は古風さを感じない。 それどころか現代にも通じる作品構成と演出だと、感心している。 能は世界に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



粟谷能の会ホームページに演能レポート『忠度』を更新いたしました。 能『忠度』前シテ 粟谷明生 能『忠度』後シテ 粟谷明生 こちらから 文責   粟谷明生 写真撮影 石田 裕 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能の世界で舞台上で着替えることを「物着(ものぎ)」と言う。 物着には『芦刈』『盛久』『小督』『花月』などの男の物着と『松風』『柏崎』『富士太鼓』『杜若』など女の物着があり、演出上大きな違いがあるが、さてお判りだろうか? 答えは、女の着替えに囃子方は囃してくれるが、男の着替えには道具を下に置いて囃してくれない。 男の物着は着替えても男は男だが、女の物着は女が男に変身する。 つまり好きな男や愛 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能『忠度』の公演、本日となりました。『忠度』の見どころ、聞きどころのご案内も今回で中締めとさせていただきます。 さて、平忠度は何が言いたかったのか? その答えは後場の後シテの一声のメッセージにすべてが込められています。 はじめて能楽堂にいらして、いきなり謡を聴かされても何を言っているのかなかなかお判りにならないと思うので、この部分だけ簡単に明生風に訳してみました。 私のこんな気持ち、とても恥 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能『忠度』の初演は平成7年3月5日「粟谷能の会」、それ以来なので20年以上も前の事を思い出しながら稽古して、明日喜多流自主公演で再演する。 私の師は友枝昭世師だが、何曲か父も絡んで教えてくれた曲がありその一つが『忠度』だ。 『忠度』は須磨での出来事である。 「〜また弓箭にたずさわりて〜 ここの正面への一足シカケは丁寧に大事にね! 歌を詠んで楽しんでいたのに、こんな戦さになってしまって! と強い . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



能『忠度』をご覧になるとき、須磨の浦の一本の若木の桜は、実際に舞台に立っている訳ではない。 「正面席中央の位置に桜がある」と聞こえて来る詞章からそれを想像する、それが能の演出方法であるから、観る側は是非そこを心得て鑑賞していただきたい。 その桜の下に旅僧が訪れ木陰で休んでいると老人が現れる。 桜に花を供え拝むので、不審に思い声をかけ問答するうちに老人は桜が忠度ゆかりの木である、と語り忠度の回向を . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



6/25(日)喜多流自主公演にて『忠度』を勤めます。 狂言『薩摩守』は出家が茶屋の代金を払わないで出ようとするので亭主が咎める、すると出家は無一文。 優しい亭主は、この先の渡しで困るだろう、と船頭が秀句(しゃれ、軽口)好きだから、船賃を請求されたら、 「薩摩守!」 と言い、 「その心は?」 と問われたら 「平家の公達、忠度」 と答えればいい、と教えます。 ところが「忠度」を忘れてしまった出家は . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



いよいよ今週末となりました喜多流特別公演です。 私の勤める、能『望月』は現在物と呼ばれるお芝居に近い判りやすい能です。初心者の方でもお楽しみいただける作品ですので大勢の皆様にご覧いただきたい、と思っております。 物語は、安田荘司友春の家臣、小澤刑部友房(シテ・粟谷明生)は主君が従兄弟の望月秋長(ワキ・殿田謙吉)に討たれたため、守山の宿・甲屋(かぶとや)の亭主として生きながらえていました。 あ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



「趣味は?」と尋ねられたら 「今は写真撮影とゴルフ。昔はスキーもサーフィンも登山もやったが、もう体力が無いのでお休み中・・・」 と、答える。 フェイスブックやブログの投稿なども、もしかしたら趣味の範囲内になるのかもしれない。 今日は趣味についてのお話し。 趣味は「好き」から始まる。きっかけはともあれ、好きだからやめられない。 「下手の横好き」などと揶揄されそうだが、そんなことはおかまいなしに . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



先日厳島神社神能で『猩々』を勤めた演能レポートです。 粟谷能の会ホームページに投稿しました。 アクセス、よろしくお願い申し上げます。 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



『融』のテーマは「月」です。前シテの一声の謡は「月もはや、出潮になりて・・・」と、はじまり後シテの最後には「月もはや、影傾きて」と「月もはや」が繰り返えされます。これは作者・世阿弥の「月」への深いこだわりではないでしょうか? 月の出入りは昔も今も変わらず永遠だが、人は生まれ滅する。 栄えてもいずれ衰え、遂に滅する。 源融は冥界から河原院に降りて来て、昔の雅を満喫していた頃が懐かしく偲び遊舞しま . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



『融』の後シテは、ありし日の融大臣として曲のテーマである「月」の下で昔を偲び舞います。舞は「早舞(はやまい)」と呼ばれる盤渉調(ばんしきちょう)の高音の音色で、やや早めのスピードある舞です。その舞をどのように優雅に舞うか、そして型の多いキリの仕舞所も見どころです。 今回の早舞(はやまい)は「クツロギ」の特別演出でいたします。 「クツロギ」とは文字通りお休みする、と言う意味です。舞の途中で橋がかり . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



昨日は粟谷能の会鑑賞講座でした。ゲストに脇方の森 常好氏をお招きしていろいろなお話が出来ました。特に、ワキ方からご覧になる『融』への思いなどのお話が面白く、ご来場いただきました皆様から「3月6日が楽しみです」とご感想をいただき、私たちスタッフ全員とても喜んでおります。 では、写真でご紹介します。 最初の30分は司会の金子あい氏と私で、お話させていただきました。 19時、森 常好氏が登場され . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ