私は所謂「家の子」と言う括りに入るのだろう、「将来は能楽師」と育てられ仕事は選べなかった。 もっとも他にやれることなど無かったのだから、それはそれでよかったのだが、正直嫌々やっていた時もあった。この道が好きになったきっかけは、自分なりの仕事の仕方がわかった時だ。 「やらされる」から「やる」に自分でスイッチを探し押した時から、能の世界が面白くなった。 ちょっと振り返ると、随分自由に舞台活動をし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



第100回粟谷能の会事前講座は生憎の風雨の中、沢山の方にお越しいただきまして有難うございました。 どうにか終了出来まして、ほっとしております。 本番当日まであと12日となりました。チケットはまだ少しございますので、お申込をお待ちしております。 ***チケットお問い合わせ*** 粟谷明生事務所  akio@awaya-noh.com 03-3411-1402 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



29年1月29日の喜多流特別公演の『望月』の演能レポートを投稿しました。ご覧いただきたくご紹介いたします。 写真 『望月』 シテ 粟谷明生 撮影 新宮夕海 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )