ついこの間、年賀状を投函し、 またお返事を書いていた~ のに~~もう1月も終わりだ 明後日は2月じゃないの 月日の経つのは早いね~ (かなりオヤジ臭い言葉でスイマセン) ということは~~ あっ! という間に3月の粟谷能の会が来ちゃうよ~~ 3月粟谷能の会の「邯鄲」傘之出の稽古も数回を重ねた 先日、初演の自分のビデオを見たら 随分、若々しく動いている、いや動けるね~~~ 今回あのように軽々と . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



お弟子様から足拍子について質問をうけた 「先生、六拍子の時、いくつ目を強く踏むんですか? 菊生先生は二つ目が強くといわれましたが・・・ 七つ拍子の時は三つ目と七つ目が強くですよね?」 「そうですよ」 確かにその通り、間違いではない が~~~ 明生風に付け加えれば~~ 「足拍子を強・弱の二つだけで表現するのは、少し~ 大まか過ぎないかな? 例えば~ 力を入れ過ぎず、音もさほど大きくならないも . . . 本文を読む

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



木曜日は酒田新年会を楽しみにしていたが 北陸、東北直撃の大寒波で飛行機欠航になり 出席出来なかった。 羽田空港に11時から3時過ぎまでいると~~ もう、一日がいやになってしまい、 なんかいいことでも~~と 思い秘密の寿司屋で寿司三昧と決めた。 ひとりで板前さんと話しながら、 お酒を戴いて良い気分。 そろそろお暇かな~~と 思っていたら、 「あれ~~アッ君!」といわれ それから飲み過ぎた . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



昨日から二日間広島菊生会の会員の稽古をしてきたが、 予定では今日19時半のANAで広島空港から 羽田にピュ~~と飛んで帰るつもりだった が~~ 夕方4時にちょっとイヤな予感がして 広島空港に電話してみると 「午前11時から広島空港視界不良の為 羽田からの便は1便も到着しておりません~~~」 とのお返事 おいおい、広島空港へのアクセスは市内からバスしかない そのバスは片道50分かかる もし空 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



「超・居酒屋入門」太田和彦著 新潮文庫¥541(税別)を、 いま面白く読んでいる。 書店でふと目にとまったこの本。 太田和彦氏が居酒屋を紹介しているテレビ番組が好きで 再放送も含め、再三見ているが、きっとそのうちこの取材を まとめて、一冊の本が出るだろうな~~~と思っていたが まさにその通り . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



我が家の斜向かいに、マンションが建つらしく、 古屋の解体作業が始まり、 朝からド~~ン・ド~~~~ン、グオー~~グラッと 我が家は揺れている。 「あ~~~うるさいな~~」 なんて思っていたら、今度はお隣さんが解体するというので 右と左から~~ ドン、ド~~~ン、グラッ!だ 「こりゃたまらんな~~」と愚痴ると 「あなた!あなたはね、出かければいいかもしれないですが、 私は一日よ、大変なのよ!」 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



20年度、体験教室の初日を迎える。 体験される方々も緊張するだろうが、 実は~~ 私も少し緊張気味 中野駅で皆様と集合して稽古場に向かうが、 あの待ち合わせまでの時間と 「あの~粟谷先生ですよね?」と尋ねられる瞬間 あれ! ゾクゾクすますよね 勿論、いい意味ですよ。 で~~~ 今日は初歩の初歩からご説明するのだが~~ 実は、お二人、経験者がおられるので~~ でもそんなの関係なく こちらの . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



昨年暮れに行って参りました、謡蹟めぐり「『鵜飼』ゆかりの地」を 粟谷能の会ホームページの写真探訪でご覧頂けるようになりましたので。 ちょっとアクセスして頂けたら~~~ 嬉しいです。 ついに7月の「清盛塚」「忠度の墓」「一ノ谷合戦での名将たちの墓」など 兵庫県の謡蹟めぐりは~~~~ 私のデスクトップの片隅に置きっぱなし~~ 最後の方が記憶になく、未完成のままです、 トホホ。 来週1月20日(日) . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



以前、カセットテープやビデオは劣化するので、デジタル化しておいた方がいい! と指摘されて、山のようにあった能関係のカセットをMDにコピーし 私の能のビデオはDVDにダビングした。 その作業に膨大な時間が費やされたことは~~ お判り頂けることだろう。 2倍速・4倍速などの倍速録音、録画はしないため、 演能時間そのままがコピー時間となる で~~ 先日、父の謡いを聞くのにMDを取り出し聞いていたら . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



粟谷能の会ホームページがリニューアルして チケットや書籍、粟谷明生仕舞集もここで お求めになれるようになったのだが~~ 私もまた、お申込になられる方々も、 未だ少し戸惑うような、不慣れな感じがあるようだが~~ なんでも馴れですよね? 夫婦も馴れ、 ? モトイ! ショップからの折角申込んだのに~返答がない! などということがありましたら、 その時は akio@awaya-noh.com ま . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



今年はいろいろなことに挑戦、挑んでみよう! と初詣(日枝神社)で誓った。 もちろん家内安全、商売繁盛、芸能上達、健康第一といろいろと 並べてはいるのですが~~~ 昨年は父の代行に一年があっという間に過ぎ、 父の本「粟谷菊生能語り」の出版に時間を費やした。 本も順調に売れているみたいだし、問題なし! 今年は、新たなこと、今までなら遠慮したり、避けていたものにも ぶつかってみよう!と思っている。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



20年初会は無事盛会に終わりました。 『翁』は山本東次郎先生の三番三が最高 山本家は拍子を踏むときに、足を上げたところで間をとるので、 むずかしいのです。 足腰が強靱じゃないと出来ないんです。 揉みの段、鈴の段も身体からあふれ出る、土の香りを感じることが出来て 農耕の儀式を彷彿させて下さいました。 『氷室』遠い曲(あまり頻繁に上演されない)なので、 私としては地謡が心配でしたが、どうにか間 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



平成20年、初謡は今日の自主公演『氷室』の申合でした。 人間の喉は~~ いや我々能楽師は、適度なお休み・休息は身体や喉にはいいが、 お休み中があまりに長いと~~ 喉が閉じてしまい、謡いづらくなることもある。 朝起きたら一回謡ってみる! そして、申合や本番を迎える! といいのだが~~ それがなかなか、出来そうで出来ない、 でも明日はやろうと思う。 一回謡ってから、楽屋入りしよう! ところで粟 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



良い能か、そうでないのか 上手い役者なのか、大根なのか 見極め、聞き分けるのは~~ 観客の眼力、聴力など鑑賞力だと思います 近年、能楽関連の雑誌などの批評・感想と言われるものは 上演された能がどうであったかを知る上で、 ひとつの参考意見としては、評価されてもいいかもしれません しかし 実際の楽屋内での反応や評価との距離にあまりに開きがあるのも これまた事実です どちらが正しいというのではな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



先日、タテ37センチ ヨコ27センチ 厚さ3,5センチの 大きな本をお弟子様から頂戴した。 その本は「能」とだけ書かれていて 写真 金子桂三  解説 増田正造  毎日新聞社発行となっていた。 気になるお値段は~~~ 定価¥35000と書かれている。 で~~ 沢山、記載されている写真をパラパラとめくって見ていると、 被写体の先生方のほとんど鬼籍に入られている方ばかりか~~~ む? . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ