「能は難しい、敷居が高い!」と思われていませんか? 確かに能は難しく敷居は高いかもしれません。 しかし、難しいからこそチャレンジして、高い敷居を思い切って飛び越えてみてはどうでしょうか? 能の本当の面白いゾーンが発見出来るかもしれません。 自分の意思で、体験してみる! 能を知る一番の近道です。 能は自ら演じることで、その面白さを感じることが出来るのです。 普段、出さない大きな声を出して、 普 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



第100回・粟谷能の会にて、能『伯母捨』の地謡を謡った演能レポートです。 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



先日の「第100回・粟谷能の会」で披きました『石橋』の演能レポートを粟谷能の会ホームページに投稿しました。 こちらからどうぞ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



「第100回・粟谷能の会」は、昨日無事盛会に終えることが出来ました。これも偏に、ご来場いただきました皆様のお陰と厚くお礼申し上げます。 2時間20分の『伯母捨』の地謡と自身の半能『石橋』と、濃密な一日でしたが、100回目への思いを込めての充実した時を過ごすことが出来たことに、今ほっと一息ついています。 撮影 新宮夕海 撮影 成田幸雄 粟谷能の会は一年に一度になり、また第101回は . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



老女物の秘曲『姨捨(おばすて)』は喜多流と金剛流は『伯母捨』と書く。もちろん内容は同じだ。 能『伯母捨』では、老婆を山に捨てる可哀想な話は狂言方のアイ語で紹介されるだけである。能『伯母捨』をご覧になる時、姨捨伝説をもとにした深沢七郎の小説「楢山節考」をもし想像される、と能舞台では想定外の世界が繰り広げられるので、予め驚かないように、と演模者側として前置きをしておきたい。 では、能『伯母捨』はな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )