四街道シニアポップスオーケストラ

器楽合奏を楽しむシニアの集まりです(全日本シニアアンサンブル連盟・千葉県連盟)。練習の模様、演奏会予定などを届けます。

6月25日練習報告

2012-06-29 10:10:05 | 日記

6月25日の練習曲目     青い山脈、 君をのせて、 カミニート、  サンライズサンセット、マイアミビーチルンバ、  すばる、  シチリアーナ、 愛の挨拶、  ふるさと 

アンサンブルだよりの7月号が配布されました。 S代表、毎月ありがとうございます。    24年度のスケジュールが載っていて、予定も立てやすくありがたかったです。それから、バイオリンのベテランだったBさんが、高崎に転居されてから届いたお便りが載せられていました。改めて、大切な人がいなくなったなって、感じています。寂しいです。  でもでも、やっと帰ってきてくれました。バイオリンのEさん! まだ、全快ではないそうですが、お元気そうでホッとしました。さすが、シニアです。いろいろあります。  

来週は、もう7月です。 次回は7月2日(月) 公民館です。お間違えのないように。 

                                                      (Tetsuko)

コメント

6月14日練習報告

2012-06-14 17:23:57 | 日記

爽やかな朝でした。今日の練習曲は、四街道のテーマ曲になるやも、の、青い山脈から始まり、遠くへ行きたい、 サントワマミー、 シャレード、 マイアミビーチルンバ、  カミニート、  サンライズサンセット、  ふるさと でした。    ピアノの登場が少し遅かったので、コンマスが、ピアノでの挨拶をバイオリンでしてくださいました。コンマスのチャンチャンチャーンは、 ちょっと早いチャンチャンチャーンです。

新登場のマイアミビーチルンバは、のりのよい曲で、みんなのびのび演奏されているように感じました。先生の手書きの楽譜を読みにくい人たちは、パソコンで、自分用に作りなおしていました。 先生が「こうしてみんながちゃんとパソコンで作成してくれるなら、どんどん編曲しますよ。」っておっしゃっていました。この言葉を皆さん!忘れないでいてください。そして、これをやりたいというのがあれば、どんどん先生に迫りましょう。  先生は大きなオケを持っていて、他にもたくさん関わりがおありのようですので、こちらから、強く迫っていかない事には、シニアに情熱を持って頂けないでしょう。  私たちがやる気をみせて、魅力的に引っ張っていかない事には、成長はないかも。 先生について行くのではなく、引っ張っていく位の意気込みで!  

千葉の定演のちらしが配られました。  7月23日です。近づいたら改めてお知らせします。

                                                                 (Tetsuko)

コメント (1)

6月11日  練習報告

2012-06-11 19:11:50 | 日記

6月11日  練習曲目   青い山脈、  民謡めぐり、  カミニート、  川は呼んでる、  君をのせて、  シチリアーナ

青い山脈は、我が団体のテーマ曲にしたいと先生がおっしゃっています。 確かに、元気で楽しく演奏できますが、今や、若い人たちがまったく知らない曲になっているのが気になります。 みなさんはどんなご意見でしょうか?

今日は新しい楽譜が届きました。先生の手書きです。 吹奏楽でよく演奏される、マイアミビーチルンバ。これは、四街道のメンバーにぴったりではないでしょうか。達者な吹奏者がたくさんいらっしゃる。先生も演奏に加わって下さったら最高。 歌も入れるかな? 今後の四街道のカラーの指針になるかも。 シニアがどこも同じ事をする必要はないのだから。

練習の前に、役員会が30分ですがありました。 オープニング演奏会を、当座の目標としても、その前に、人前で演奏する機会を作りたいという事で、近くの病院とか、介護施設にあたってもらう事になりました。今、予定されているのが、秋の公民館まつり、音楽のつどい(この2つは、去年すでに出場しました)、 生涯学習大学のような所の卒業式での演奏(これは面白そう)などです。やはり、同じ練習するのでも、近い時期に目標をおかないといけないとコンマスの言葉がありました。              (Tetsuko)

追伸:  次回の練習は、6月14日 (木) 10:00   会場は、福祉会館ですから、お間違えのないように!!!

コメント (5)

6月4日 練習報告

2012-06-05 10:07:18 | 日記

練習曲目   青い山脈、  川は呼んでる,  君をのせて、  世界民謡(ブンガワンソロ、 アロハオエ、 コンドル) 川の流れのように、   シチリアーナ

先日の第九の演奏会の後ですが、先生もS代表もなにくわぬ顔で来て下さいました。  お疲れさまでした。 心地よいお疲れでしょう。 yseからは、Iさんが裏方のお手伝いに出てくださいました。ありがとうございました。

さて、練習ですが、コンマスとサックスのCさんが欠席でした。  それくらい物ともしないと言いたい所ですが、バイオリンパートは、やはり、大変でした。 いつも、バイオリンの為に時間を割いてしまって、申し訳なく思っていますが、できないものは仕方ないとあきらめるしかありません。  キーボードがいてくれればなって、逃げ道ばかり頭に浮かびます。 愛のあいさつは、練習曲目に入っていましたが、コンマスがいないとうまくできないと、よくお解かりの先生の配慮で、時間がないから今日はできませんと。 愛のあいさつの演奏をしたかった他のパートの演奏者には申し訳ありませんでした。  最初、夜のプラットホームも、ホワイトボードに書いてあったので、Iさんにこっそり消してもらいました。 へへへ、勝手なことばかりですみません。  こんな事をしながら、一方で新しい楽譜が欲しいと騒いでるのですから困ってしまいますね。

まとまりのない練習報告になってしまいました。  ところで、今、こすもすのブログを見たら、第九の鑑賞報告を書いて下さってる方がおられました。びっくり。  以前にもこの方の感想文を読んだ事がありますが、音楽鑑賞とは、こういう風な事なのかと、感動したことがあります。それに引き換え、 私の記事はいったい!恥ずかしさで顔を赤くしています。 もう2度と音楽会の感想は書きません。             (tetsuko)

6月11日は、9:30から役員会でーす!!!

コメント

四街道文化会館 第九 演奏会に行ってきました。

2012-06-05 08:52:13 | 日記

この文章は、演奏会当日書いたものです。

爽やかな朝。  今日は我らが指揮者成島先生の本拠地 四街道交響楽団の演奏会です。私も精一杯のオシャレをして出かけました。  1時半開場にもかかわらず、早くから行列ができていました。会場はほぼ満席。900名以上の観客でしょうか。  さすが、50回という歴史は大きい。まして、今日の演目は大工ではなく、第九。  季節はずれ? 私が以前耳にした事だけれど、昔、年の瀬に金策に苦しむ音楽家たちが、苦肉の策として、大勢の人を集めることができるという目的で師走には第九を演奏するようになったとまことしやかな話し。そうであれば、季節はずれというのは的はずれですね。 お祝いの記事を書きながら、これは失礼だったでしょうか。知っている事はすべて披露しないとおれないもので。

第1部 フィデリオの序曲。これはまた偶然にも、この朝、クラシッククラブとかいうテレビ番組で、この歌劇「フィデリ」の序曲をやっていました。 まるで、予習をしたかのようでしたが、同じ曲なのかどうかすらもわからないままです。

始まりました。私の目は当然、バイオリンにくぎ付け、んん、それから先生の後ろ姿にも。ちらっと客席に目を向ける演出はにくいです。  やはり盛り上がりは、第4楽章のコーラス隊とソリストたちが加わってから。めくるめく音楽の世界。 ア~ ソリストさん!前に来て姿を見せてください!と、歌っている間、願っていました。 特に、ソプラノの女性は小柄な方なので、残念でした。 でも、終わってその事をお話ししたら、客席の場所が悪かったらしい。なにしろまん前のかじりつきで聴いていたものですから。後ろの席の方たちには、バランスが良かったみたいです。  オーケストラを聴く時には、前の方に座るのは、全体がわからないからよくないと言われますが、私は、近くで演奏者の動きを感じるのが好きです。 本当の音楽愛好家ではないのかも知れません。

終了後、市原から来てくださったコスモスのクラシック好きの方4人ほどにお会いしました。ひとしきり、お茶してお話しをして帰りました。とても気持ちのよい一日でした。

                (tetsuko)

コメント (1)

四街道文化会館 第九 演奏会

2012-06-02 20:04:50 | 日記

やっとパソコンでチラシを入れるやり方がわかりました。明日の演奏会のお知らせを今さらですが、他のシニアにお願いして載せてもらっているのにお膝元が無しというのはお恥ずかしい。遅ればせながらよろしくお願いします。みんなで、応援に出かけましょう。(Tetsuko)

コメント