四街道シニアポップスオーケストラ

器楽合奏を楽しむシニアの集まりです(全日本シニアアンサンブル連盟・千葉県連盟)。練習の模様、演奏会予定などを届けます。

11月22日練習日記

2018-11-22 16:26:50 | 日記

夕べから雨が降って、気温はあまり低下しませんでしたが、昼間も曇りで気温は上がらず寒い日となりました。今日は【小雪】(しょうせつ)、木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃ですが、ようやく北海道で遅い初雪が観測され、今年は暖冬になるという予報もあります。

今日は前回と同じ6曲をおさらい。
世界の民謡(環太平洋):ブンガワンソロ、アロハオエ、コンドルは飛んで行くTango 真珠採りペルシャの市場にてクリスマスメドレー 
世界の民謡は、それぞれテンポ・リズムが異なるので、繋ぎでは特に意識して、また、コンドルの終盤は非常にゆっくりになるので、指揮をよく見る必要がありますね。
真珠採りは軽快なメロディーに、速いフレーズの"おかず"がピッタリはまると気持ちがいいです。
ペルシャは途中でテンポの変化と転調が繰り返されるので、メリハリを付けることと強弱をきちんと分けることが大事。
クリスマスは6曲で構成されていて、それぞれ調も拍子も違うので、繋ぎでしっかりと意識しないといけませんね。

次回は12月3日(月)・委員会、@公民館。団費集金日。次回から訪問演奏の予定曲をおさらいするので、次の楽譜を用意すること。雪の降る街を、上を向いて歩こう、夏の思い出、きよしこの夜(メドレーの1曲)、エルチョクロ、虹の彼方に(歌入り)、クリスマスメドレー、宇宙戦艦ヤマト (T.petter)

今日の旅のつれづれは、鎌倉・建長寺の2点、さあ飛ぶぞ!(天狗)、にらめっこ(龍)
 

コメント

11月19日練習日記

2018-11-19 17:00:12 | 日記

夜明けに小雨が降って肌寒い日となり、練習会場に暖房を入れていただきました。

今日は前回と同じ5曲にクリスマスメドレーを追加しておさらい。
世界の民謡(環太平洋):ブンガワンソロ、アロハオエ、コンドルは飛んで行く―メロディーを音符一杯に歌って、軽やかに。
Tango 真珠採り―テンポを一定にキープして小粋に演奏したい。
ペルシャの市場にて―イントロはppからクレッシェンド、マーケットの情景を思い浮かべながら、メリハリを付けるのが大事ですね。
クリスマスメドレーは久しぶりで初めての団員もいるため、どうなるかなと思いましたが、まあまあうまくいきました。曲の繋ぎがもう少しスムースになればOKですね。

今年最後のボランティア演奏が決まりました。
12月17日(月)・14時~15時(予定)「らいふリハ」デイケアセンターにてクリスマスコンサート
午前中、定例の練習兼リハーサル後、現地集合。
演奏曲は以下の予定:雪の降る街を、上を向いて歩こう、夏の思い出、きよしこの夜(以上2曲は合唱)、エルチョクロ、虹の彼方に(歌入り)、クリスマスメドレー、宇宙戦艦ヤマト

次回の練習は、11月22日(木)・福祉  (T.petter)

今日の旅のつれづれは、鎌倉の紅葉2点、円覚寺および獅子舞谷
 

コメント

11月12日練習日記

2018-11-13 09:44:53 | 日記

今日は T.petterさんがお休みなのでY.Aが代筆します。


朝の内は小雨が降り肌寒いお天気でしたが、練習開始の頃には雨はすっかり上がり、晴れ時々曇りの陽気に変わりました。


練習曲は「ブンガワンソロ」「アロハオエ」「コンドルは飛んで行く」「ペルシャの市場」「Tango真珠採り」でした。最初の3曲「世界民謡めぐり」は我がシニアアンサンブルの最初の演奏会でやった曲なので、当時を懐かしく思い出し、楽しいものでしたが、新しく入団された方々にとっては大変だった事と思います。でも、ベテラン揃い(?)のメンバーなので直ぐにマスターして楽しい演奏が出来ると確信しています。練習予定曲だったクリスマスソングは、今日は時間が足りず練習から外れました。


それから話変わって、今日は最後に悲しい知らせが入りました。メンバーのひとりヴァイオリン担当のI氏の訃報です。彼は人一倍頑張り屋で病状がかなり惡化しながらも苦しみをこらえて練習に参加し、先月の定期演奏会での最後の演奏を立派にやり終えた後、責任を立派に果したかのように静かに旅立って行かれました。ご冥福を心からお祈りしたいと思います。


次の練習日は11月19日(月)、練習曲は前回お知らせの通りで、場所は公民館です。

Y.Aさんにはいつも助けていただいて、感謝しています。
ヴァイオリンのI氏の訃報には、つい先日の様子からは予想できなかったので本当に驚きました。 (T.petter)

 

コメント

音楽のつどい

2018-11-04 10:09:28 | 日記

11月3日(土)、天候の特異日で今年も爽やかに晴れた午後、第38回「音楽のつどい」が四街道市文化センターで開催され、当団も8回目の出演です。

13時に集合、リハーサル室で着替え・準備して音出しをしようとしたら、12:30~開演していて合唱の本番中のため、大きな音は出せないとのこと。出番の2時過ぎまで合唱を聴いたり、同時開催の市民文化祭の展示を見たりして、前半終了後の休憩中に簡単に音合わせをして、いよいよ本番です。
1曲目のエルチョクロのイントロがやや乱れたが、その後はリズムに乗って軽快に演奏、2曲目のマイアミビーチルンバでは歌姫T女史が美声を披露、最後の仮面舞踏会もワルツに乗って華やかに演奏して終了。
演奏後の反省では、管やドラムの音が思うように出なかったとのこと。事前の音出し・調整の時間が全くなかったことが原因だということで今後の課題ですね。

次回の練習は、11月12日(月)・委員会開催。[団費の集金]
練習曲は、世界の民謡3曲[ブンガワンソロ、アロハオエ、コンドルは飛んで行く]、ペルシャの市場にて、真珠採り、クリスマスメドレー(パート譜のない人は申し出ること)。  (T.petter)

コメント