四街道シニアポップスオーケストラ

器楽合奏を楽しむシニアの集まりです(全日本シニアアンサンブル連盟・千葉県連盟)。練習の模様、演奏会予定などを届けます。

12月27日練習報告

2012-12-27 15:03:14 | 日記

2012年最後の練習です。寒波で寒い中、1名欠席だけで皆さん元気で熱心ですねー!。

恒例の青い山脈はちょっともたもたして、もっと歯切れよくとの指摘。続いて雪の降る街をの後、久しぶりに民謡メドレーを続けて演奏。例によって、ラ クカラチャと聖者の行進への繋ぎがうまくいかず、繰り返して練習、なんとか形になってきた。次に新曲、メモリー・オブ・アメリカン・ポップスを初見で演奏。60年代の懐かしい五つの曲が盛り込まれたメドレーで、雰囲気を掴むためにざっとサビの部分を練習、また部分的に編曲の見直しをしてから本格的に練習することとした。

休憩後、シャレード、ラ・クンパルシータ、碧空、すばる、川の流れのようにを練習して終了した。

連絡事項:(1)会計が徳山さんから会田さんに交代。

        (2)新年会が決定 日時:1月7日(月) 12時半~(公民館での練習後)

                  場所:びすとろビアンコ

次回は、新年1月7日(月)  (T.petter)

コメント

12月17日ボランティア演奏会

2012-12-17 18:25:01 | 日記

今日は下志津病院での8月に続く第2回目の慰問演奏会。11時からいつもの練習場の2階の会議室でリハーサル。テーマ曲の青い山脈に続いて、演奏予定の曲を続けて演奏。所要時間が予定より短いため、冒頭に青い山脈を入れ、アンコール用に最後のクリスマスメドレーにホワイトクリスマスを追加した。

演奏会場は前回と同じ第8病棟。聴衆は患者さんと職員合わせて40名ほど。13時半から患者の代表による歓迎の挨拶を受けて、S代表による当団の紹介そして指揮のN先生の挨拶で開始。予定の曲を次々に演奏し、2曲目ごとに指揮者から簡単な曲の紹介をして、最後のクリスマスメドレーまで終わったところで、時間に余裕があったのか、ホワイトクリスマスを演奏して終了した。

曲の終わりと次の始まりの間にあまり余裕がなかったので、出だしがやや揃わなかったところもあったが、1曲が終わるたびに暖かい拍手をいただいて、自己採点ではまあまあの出来栄えだった。最後に代表の患者さんから花束をいただき、お礼の言葉もいただいて、また次回、いつでも参りますと約束して終了した。

昼食を兼ねた反省会での裏話。当初、曲の合間のおしゃべりをCMがやる予定だったのをすっかり忘れてしまったため、急きょ指揮者がしゃべったとのこと。また、先生からは今日のような緊張感のある演奏を時々やらないと、ダラダラ練習しているだけでは上達しないよ、という指摘があり、機会をみつけて対外演奏を実施する必要がありますね。

次回の練習は今年最後で、12月27日(木)  (T.petter)

    

コメント

12月13日練習報告

2012-12-14 15:06:28 | 日記

恒例の青い山脈の練習の際、先生から、これを暗譜で演奏できるようにして欲しい。何曲かあればアンコールなどに何時でも対応できる。ボケの防止にもなるから、できれば10曲程度用意したい、との提案があった。なかなか難しいが、短くて易しい曲を選んで少しづつ挑戦しますかね。

今日も前回に続き、17日に向けた演奏曲を中心に練習。雪の降る街をは、テンポをゆっくり慌てずに。遠くへ行きたいは、音の出だしを揃える。ラ・クンパルシータは、音をはっきり強く。ふるさとは、リズム系を強く。クリスマスメドレーは、もろびとこぞりてときよしこの夜を続けることとし、全体にもっと楽しく、輪唱部分は相手をよく聞いて、きよしこの夜の歌は元気よく。 続いて、ラ クカラチャ、聖者の行進、碧空をざっと演奏して練習を終了。

新年会の日程について幹事から提案。恒例の練習後にランチで行うこととし、来年の最初の練習日の1月7日に決定。場所はいろいろと提案があったが、幹事が検討することとした。

次回は、12月17日(月)の慰問演奏会、11時から練習して、13時半から本番。 (T.petter)

コメント

12月10日練習報告

2012-12-11 11:00:53 | 日記

本日は、テーマ曲の青い山脈に続いて、17日のボランティア演奏の6曲、1.川は呼んでいる、2.雪の降る街を、3.遠くへ行きたい、4.ラ・クンパルシータ、5.ふるさと、6.きよしこの夜 を中心に練習。

青い山脈は、出だし、3拍子の頭にアクセントをつけること。川は呼んでいるは、3拍子のテンポを終わりまで崩さずに合わせること。遠くへ行きたいは、37小節目を力強く。ラ・クンパルシータは、歯切れよく前乗りに追って、四分・八分音符の音の長さを正確に。ふるさとは、メロディーとリズムを合わせるように。きよしこの夜は、単独で演奏する場合のスタートとエンドを決めて、歌を入れて練習。最後にラ クカラチャを練習して終了。

今日は、CM、ギター、ベース、サックス、フルート1名が休みで、音の厚みが出なかったと思うが、それなりに演奏できたのではないかな(個人的には、今日は音がほとんど出なくて迷惑をかけました)。

次回は12月13日(木)  (T.petter)

コメント

12月3日練習報告

2012-12-03 14:06:25 | 日記

いよいよ師走に入り、今年の練習もあと4回、そしてボランティア演奏を残すだけとなりました。先生はお元気そうですが、「体調の浮き沈みがあるので無理はせず、このクローバー以外は不義理をしても、このシニアは絶対休まないでやります」と、力強く有難い言葉をいただきました。これに応えて精一杯、頑張りましょう。

今日の練習は、テーマの青い山脈に続いて、シチリアーナ、遠くへ行きたい、君をのせて、雪の降る街を、月の砂漠、川は呼んでいる、休憩の後、聖者の行進、ラ クカラチャ、川の流れのように、碧空、愛の挨拶、ラ・クンパルシータ、新曲クリスマスメドレーの1曲目「もろびとこぞりて」で終了。久しぶりの雪の降る街をについては、雪の上を行進するように、付点音符の長さをしっかり意識するようにとの指摘あり。月の砂漠では、イントロをもっと静かに悲しく。聖者の行進は、出だしを強くしっかり、できれば全体にスイング感が欲しいとのこと。碧空とラ・クンパルシータはまだこれからである。最後のもろびとこぞりては、下志津病院の演奏に取り入れたいとのこと。

次回の練習は、12月10日(月) (T.petter)

コメント