四街道シニアポップスオーケストラ(YSPO)[2018.07改称・旧称:「クローバー」四街道シニアアンサンブル]

器楽合奏を楽しむシニアの集まりです(全日本シニアアンサンブル連盟・千葉県連盟)。練習の模様、演奏会予定などを届けます。

11月28日練習報告

2013-11-29 12:23:34 | 日記

2週間ぶりの練習ですが、本当に久しぶりの感じ。月曜日の練習が無くなったせいかな。

しかし、1名の欠席と1名の遅刻のみで練習開始。 12月14日の演奏会(クリスマスコンサート)の予定曲がほぼきまったので、それを中心に、まず「青い山脈」から始めて、主な指摘は、「ラ・クンパルシータ」については、『テンポの真上で音を鳴らす』。 「雨降りお月」については、『強弱をきちんと付けて』。 「おもちゃのチャチャチャ」については、『休みをしっかり取る、おかずをきちんと演奏する』。 「クリスマスメドレー」については、『出だしはファンファーレのように。次の曲のテンポの変化に注意して。各自でもっと練習して』。 「花は咲く」については、『各自で譜面をよく読んで』。 以下、「月の沙漠」「遠くへ行きたい」「雪の降る街を」をおさらいして終了。

12月14日は、練習場所でお世話になっているセンターの主催で、子供と母親を対象としたクリスマスコンサートということで、10時半から約1時間という要請がきている。 このため子供向けと母親向けの2部構成で曲目を選定し、時間に余裕があれば楽器紹介を入れる予定。 なお服装はクリスマスらしい明るい色を各自選び、赤い帽子を何人かでかぶる。

次回は、12月5日(木)  (T.petter)

今日の花は「ネメシア」

コメント

11月14日練習報告

2013-11-14 14:37:23 | 日記

一気に12月の気温に下がってしまいましたが、体調を崩さないように注意しましょう。

練習前の委員会の報告から、 (1)音楽のつどいで舞台でリハーサルをした件について、音楽協会からきつく注意されたが、S代表からも控室では狭くて練習ができないと反論し、今後両者で検討することとした。 (2)電子ピアノ購入について、公民館が3月まで使えず、福祉センターもキーボードである。また、Wさんが木曜日は11時過ぎになるため、別にピアニストを補充するにしてもピアノを用意する必要がある。このため、団の備品として購入することとした(15万円程度、CMのOさんが見積もりを取る)。 (3)12月14日の演奏会について、対象は児童と保護者、時間は30分以上、曲は童謡・唱歌、クリスマスソング、ポピュラーとし、時間が余る場合は楽器紹介を入れる。 (4)パート募集について、特に必要な楽器を強調し、その他のパートは相談することとする。管楽器は基本的に2管編成とする。キーボードもOK。 (5)忘年会or新年会について、幾つか日程案がでたが、さらに調整する。 (6)次の練習日の前に練習曲を知りたいとのことで、各団員のメール(PC・携帯)を登録して、通知することとした。

今日は12月14日を想定した曲について練習。 まず「青い山脈」は大きな音でということで、やや速いテンポになったが、これでOKとのこと。 「雨降りお月」についは、いつもの通り『譜面通りに』。 「おもちゃのチャチャチャ」については、『タンゴのリズムで軽快に、スタッカートをしっかりと』。 「クリスマスメドレー」については、構成する6曲の出来にまだバラツキがあり、それらの繋ぎの部分ができていない。 「愛の挨拶」については、久しぶりに取り上げたため、特に数か所の ritの部分が揃わない。 最後に「君をのせて」と「すばる」をおさらいして終了。

秋のプロムナードコンサートのアンケートの結果が、M夫妻の精力的な作業によりまとまった。 回収数は182枚で、回収率は極めて高いとのこと。 回答者の構成は、女性がやや多く、年齢は70代が半分以上、住まいは四街道市内に続いて千葉市。 コンサートを知ったのは、当団からの案内状に次いで、団員・知人の紹介と続く。 入団希望が8名あり、3名が入団(1名はその後残念ながら保留)。 記述式の感想を沢山いただき、とても嬉しいですね。 多くは「良かった」「楽しかった」「素晴らしい」等の肯定的な評価で、励みになります。 また、幾つか要望・注文もいただき、貴重なご意見として今後の活動に生かしたいと思います。 アンケートを寄せていただいた皆様に改めて感謝いたします。

今後の予定は、年内最後の演奏会に向けて、11月28日、12月5日、12日の練習、そして14日(土)の演奏会。 (T.petter)

今日の花は、河川敷の「小紫」

コメント

「音楽のつどい」に出演

2013-11-10 16:11:53 | 日記

11月10日(日)、四街道市の「第33回音楽のつどい」に出演、昨年に続いて2回目で、「ドナウ川のさざなみ」と「ラ・クンパルシータ」を演奏した。

しかし、今日はハプニング続出。 まず、指揮者のN先生の都合が悪くなり、急きょ、代表のSさんが振ることとなり、午前中の手伝いの合間に、スコアを見ながら演奏曲のテープを聴いて指揮のにわか勉強。 昼食休憩後の最初の出番に備えて12時前に全員集合したが、突然の発熱も含めて8名の不参加となった。 控室で着替えて、昼休みを利用して舞台でリハーサル、2曲を一通りさらった後、「ドナウ川のさざなみ」のワルツの入り及び「ラ・クンパルシータ」のClの抜けた部分の補完の確認を行った。 控室に戻ると、供用しているハーモニカのグループが音出しのため中に入れず。 各自、舞台裏等で時間待ちをして、5分前に下手に集合。 午後開始前に挨拶予定の教育長が欠席のため、13時に舞台に入場、指揮のSさんの登場に合わせて全員起立して挨拶し、演奏を開始した。 が、ここで又ハプニング。譜面台はホールの備品を使用していたが、締め付けがシッカリしていないものがあったため、「ドナウ川のさざなみ」の開始直後にFlとVn1名の譜面が落下。 また、「ラ・クンパルシータ」の開始の際も、指揮者が不慣れの為か、一部、譜面やアンプの調整が終わらないうちに始まったため、最初の数小節は幾つかのパートが抜けてしまった。

これらのハプニングにも関わらず、演奏自体は無事終了し、特に2曲ともエンディングは非常にうまくいったと思われる。 このため、ホール定員の3~4割程度と少ない聴衆であったが、各曲の終了時には盛大な拍手をいただいた。 また、器楽演奏は希少なため人気が高いようだ。 終了後は、時間的に昼食を摂れなかった人もいて、三々五々解散となった。

次回の練習は、11月14日(木)・[委員会開催]  (T.petter)

 

 

コメント (2)

11月7日練習報告

2013-11-07 15:52:00 | 日記

ちょっと肌寒い雨の午前中となったが、10日に向けて最後の練習。 チェロのWさんが米国出張帰りでしばらく振りに参加。 PfのWさんも久しぶりに参加。 新加入の4名を加えて団員は現在、総勢27名で、この木曜日の練習場は手狭になってきた。

今日は「青い山脈」に続いて、雨にちなんで「雨降りお月」を練習、『各パート、自分のイメージで勝手に演奏しないで、譜面通りに』。 「碧空」について、『スタッカートとスラーをきちんと表現して』。 「メモリーオブアメリカンポップス」については、『特に(恋の片道切符)がリズムに乗れていない』ということで、先生から難しい部分のフレーズが繰り返し説明され、集中して練習した。 最後に10日の演奏曲2曲を練習。 「ラ・クンパルシータ」については、『イントロのクレッシェンドの始めをもっと小さく。 全体の強弱およびスタッカートとスラーをしっかり分かるように』。 「ドナウ川のさざなみ」については、ほぼ出来ているが、『エンディングはもっと強く』。

10日の「音楽のつどい」の演奏について、集合時間、控室等の確認があり、当日は4名ほど欠席で、特に貴重なパートのFlの1名とClが抜けるため、Clの一部を他のパートが補完することとなった。

次回の練習は、11月14日(木) [委員会開催]  (T.petter)

今日の花は、近所の公園の色とりどりのランタナ

 

コメント

成田公民館まつりに参加して(11月2日)

2013-11-03 09:11:05 | 日記

 Tpetterさんの代筆です。

今日は成田中央公民館まつりに出演の成田シニア「青空」の応援で、四街道シニア「クローバー」が友情出演することになり、なんと総数40名近いメンバーで演奏を行ってきました。「カラオケ」「詩吟」などに次いでの私達の出番でしたがそれまでに観客が非常に少ないのでちょっと気抜けした思いでした。ところが、私達の演奏が始まるとなんと見る見るうちに空席がふさがっていくのに驚き、また嬉しくなりました。曲目は、「すばる」「月の砂漠」「カミニート」「サントワマミー」の4曲、指揮はN先生のご都合がつかず、団員のTさんが行いましたが、成田、四街道の合同演奏でメンバーの数が多いこともあって迫力のあるいい演奏が出来、観客からも大きな声援を受けることが出来ました。終了後は近くのイオンに立ち寄り簡単な打ち上げをして解散となりました。午後からは小雨の降りだすパッとしないお天気でしたが、私達の心の中は秋晴れの素晴らしい一日でした。(Y・A)

コメント (3)