気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

千代田区永田町 日枝神社 1

2018-10-20 | 東京
社殿、重厚な風格のある建築物です。

拝殿に向かって
左がメスの猿と子猿です。            右にいるのがオスの猿です。

おはよう、
今日(181012)は、中央区日本橋で用事を済ませ、帰りに「日枝神社」に立ち寄り、参拝してきました。「日枝神社」は小高い丘に上にあり、周りは超高層ビルに囲まれ、周辺界隈は、憩いの場として、日々参拝に訪れる方が多い(海外の観光客、ビジネスマンも多い)。やはり都会の中心地のビジネス界、政治の世界の環境の中に鎮座しています。
----------------------------------------------------------
社格     官幣大社・別表神社
社号     日枝神社
正式名称   日枝神社
        別称:日吉山王社、日吉山王大権現社、江戸山王大権現、麹町山王、山王社、山王さま
御祭神    大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、
        相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀る。
コメント   「山王祭」:
        例年6月に行われる日本三大祭のひとつで、1300年以上の歴史をもつこのお祭りは、神田祭と交互で毎年西暦偶数年に行われます。日枝神社を起点として、東京都心を300メートルの祭列行列が続き、迫力も満点です。
----------------------------------------------------------参拝日2018/10/12
日枝神社(ひえじんじゃ)は、
千代田区永田町二丁目にある神社です。江戸三大祭の一つ、山王祭が行われる。旧社格は准勅祭社(東京十社)、官幣大社。

日枝神社境内の案内板標

ご朱印帳を購入しました。(お猿さんの顔絵、後姿絵が多く描かれています)
表紙               裏表紙

ご朱印
ご朱印と、                          御由緒
(日枝神社の社紋(二葉葵))
日枝神社の表参道正門入口から入り、帰りに裏参道門から戻りました。
地下鉄銀座線・溜池山王駅で降り、表参道(男坂)正面へ
官幣大社 日枝神社」の名の石柱標と、     鳥居の脇に「日枝神社」の石柱標があります。

大石鳥居(山王鳥居と表参道山王男坂))
ちなみに日枝神社の鳥居は、山の形をした「山王鳥居」と言い、他の神社では見られない、日枝神社独特の鳥居です。

石段と奥に朱色塗りの「神門」が見える。社殿正面に一直線に通じる石段の参道です。

帰りに、地下鉄千代田線・赤坂駅側からの大石鳥居
南神門」を通り抜け、裏参道の石段を下りて地下鉄千代田線・赤坂駅方面へ

大石鳥居(裏参道側 大鳥居)
こちらは外堀通りに面した赤坂側の裏参道です。ちなみに、こちらの裏参道では「エスカレーター」で境内に上がる事も出来ます。

大鳥居に掲げられている格式高い「山王日枝神社」の名の扁額

これから「日枝神社」の様子を順不同でしてゆきます。
まず、「手水舎」で清める。

神門」、表参道側から神門を見る。神門の奥には、拝殿が見えます。

社殿側からの「神門:旧楼門」、


「神門」に掲げられている「皇城之鎮」の扁額

「神門」から「社殿」への回廊、藤棚

境内の社殿前の広場

社殿(拝殿+本殿)、重厚な風格のある建築物です。

石燈籠を含めて社殿の左側から、
仕事運・出世運アップのご利益があるという事なので、多くのビジネスマンの姿が!!!。

ご朱印を拝領した社務所(ご朱印専用:「御朱印」の板標が掲げられている)

少し気になる境内の様子
「神門」の観音開きの扉!!!にハートマーク発見、至るどころで目に着きます。日枝神社は、縁結びにご利益があるので、東京大神宮と同じく、神門に「ハートマーク」、正式には「猪の目(いのめ)」と呼ばれる形です。(出典元:ネット情報)

「神門」の正面には「随神像」が、
神門の表には「日枝神社」、裏(内側)には「皇城之鎮(こうじょうのちん)」の扁額が掲げられています。 また、表側の左右には随神像(ずいじんぞう)が、裏側の左右には神猿像(しんえんぞう)が奉安(ほうあん)されています。(出典元:ネット情報)

「神門」の通路側から、(随神像)

「神門」の社殿側には、「神猿像」が安置されています。

神猿像

社殿には、ほかの神社と大きく違うところが。よくみると、狛犬(こまいぬ)ではなく「猿」が置かれているんです!!!
社殿の拝殿前石段の両側に可愛い「神猿像(狛犬(猿)!!!)」が安置されています。本来、猿は山の守り神です。
さる」という音から「勝る(まさる)」・「魔が去る(まがさる)」とも考えられ「勝運の神」や「魔除けの神」として置かれています。音読みの「えん」という音から、猿が「縁(えん)」を運んで来てくれると考えられ、商売繁盛や縁結びを祈願する方も多いです。(出典元:ネット情報)
本殿に向かって
左がメスの猿と子猿です。            右にいるのがオスの猿です。

「神門」に掲げられている「日枝神社」の名の扁額

境内の様子
絵馬掛け絵馬奉納所(棚)と、   手水鉢!!!
祈願所(山王夢御殿)と、     宝物殿
御文庫(車祓所!!!)と、    山車庫
社務所と、            山王茶寮、日枝あかさか

以上
コメント;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 江東区深川 心行寺(深川七... | トップ | 南区磯部 石楯尾神社を参拝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京」カテゴリの最新記事