気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

町田 野津田薬師堂を参拝

2018-09-21 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180919)は、天候も良く、「薬師池公園」をぶらり散策しながら、公園内に鎮座する「野津田薬師堂」を参拝してきました。
----------------------------------------------------------
山号      普光山
寺院号     福王寺
正式名称    普光山 福王寺    別当寺は華嚴院
        福王寺 薬師堂    (通称:野津田薬師堂)
本尊      木造薬師如来坐像   (薬師瑠璃光如来
                   又の名を「医王如来」と呼ばれることがあるように、特に眼の病にあらたかなご利益が有る
札所本尊    薬師如来       武相寅歳薬師如来霊場 札所十八番
宗派      高野山真言宗
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/19
補足
----------------------------------------------------------
山号      幸山
寺院号     華巌院
正式名称    幸山 華巌院     (普光山華厳院明王寺)
本尊      不動明王
札所本尊
宗派      高野山真言宗
-----------------------------------------------------------次回参拝予定
福王寺薬師堂」は、町田市野津田町にある寺院。通称は「野津田薬師堂」で、薬師池公園内の北西にある。

薬師池から急な登り坂の参道を行くと赤色の幟旗「秘仏薬師如来」が目に入る。

急な石階段の先に本堂が見える(いちょうの大木が正面に)

本堂周辺の様子

銀杏の大木を中心に眺める

手水舎(作法手順が書かれている案内板標)

本堂
本堂に施された細かい木彫りの彫刻と、参道脇に生え伸びるイチョウの大木が見事。天蓋のように枝葉を広げるこの立派なイチョウの木は、町田市名木百選にも選ばれている。(出典元:ネット情報)

本堂内の様子(ぼやけていますが)、本堂内の拝観は4月上旬から5月上旬の1ヶ月だそうです。(ご朱印も拝領できるそうです)
中央にお祀りされている御本尊は、薬師如来です。お薬師の右には日光菩薩が、左には月光菩薩が脇佛として祀られています。

本堂内に掲げられている「瑠璃光殿」の金文字の扁額

本堂の左右のからの拝向、立派な彫刻が観られる

銀杏の大木(樹齢不詳の大銀杏の巨木)

11

絵馬祈りの収納場所(絵馬掛け)

石像が並んでいます。

14

境内の石階段を上った先には、境内社(小さな稲荷社)

背中に乗っているのはお釈迦さま!!!の銅像(小さな子供)

白色の像の像(東南アジア系)

以上
コメント;
コメント

町田 矢部、阿弥陀堂

2018-09-19 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180919)は、「箭幹八幡宮(やがらはちまんぐう) 」へ行って来ました、その帰り道に「阿弥陀堂」の看板があり、参拝してきました。(境川の両国橋の近くです)
---------------------------------------------------------
山号
寺院号
正式名称     阿弥陀堂
本尊       阿弥陀如来
札所本尊
宗派
---------------------------------------------------------参拝日2018/09/19
「阿弥陀堂」は、町田市矢部町にあるお堂である。阿弥陀如来を本尊として祀られている。

一般の民家に隣接するように「お堂」が鎮座していました。びっくり(注意して見ないと通り過ごします)

一礼して撤退しました。
(少し調べて又訪れたい:あまり情報がないです)

以上
コメント;
コメント

箱根塔の沢 火伏観音を参拝

2018-04-21 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180415)は、箱根塔の沢で昼食;「鯛ごはん茶漬け」を食べるために「箱根登山・塔ノ沢駅」で下車し、急な坂道を下り、「鯛ごはん懐石料理 瓔珞」に行きました。「塔の沢駅」は、無人駅です。そのホームに面したところに幟旗が目立つ「深澤銭洗弁財天」があり、隣に「火伏観音」の赤色の幟旗がさらに目立ちます。時間もあり、2つとも参拝しました。
**********************************************************
山号
寺院号
正式名称     火伏観音
本尊
札所本尊
宗派
コメント;深沢銭洗弁財天の隣にあり「」を守ってくれると信仰をあつめている。
**********************************************************参拝日2018/04/15
火伏観音」は、
塔の沢駅ホーム目の前の観音さまです。ひっそりとしたエリアで、聞こえるのは、沢の音と木々を吹き抜ける風の音のみ。まるで時間が止まったような不思議な空間です。(約20分に1本電車の音のみ)

箱根登山・塔ノ沢駅のホームに接している「火伏観音」を参拝してきました。「火伏観音」は、「深澤銭洗弁財天」と併設されています。どちらの境内かは不明です。
参道と、     赤い幟旗が目立ちます。

本堂(観音堂)への石段の参道

本堂

拝殿を拡大

上行菩薩

境内の様子
火伏観音さま

「!!!大権現」

以上
コメント;


コメント

箱根湯本 箱根観音福寿院を参拝

2018-04-16 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180414)は、箱根湯本温泉郷へ1泊旅行をしてきました。ぶらり散策の中、「箱根観音」の看板を発見、立ち寄って、参拝してきました。小さな本堂に観音様が安置されていました。場所は、「福寿院」の境内です。福寿院の本堂は、現代風の建物で、100数段の急な石段を登ったところにあります。「観音様」はその石段の中腹にあります。
**********************************************************
山号     大慈悲山
寺院号    福寿院
正式名称   大慈悲山福寿院     (通称:箱根観音福寿院
本尊     開運出世慈母観世音菩薩
札所本尊
宗派     禅宗の一つ曹洞宗
コメント;親切丁寧な対応です。(来山された方には、お寺の説明と住職手作りの薬草茶(ハーブティー)にておもてなししています。)
**********************************************************参拝日2018/04/14
この地は「観音沢」と呼ばれ、」「祈りの場所」として多くの方の信仰を集めています。
住職の奥さんが丁寧なおもてなし(堂内の説明など)をして頂きました。(薬草茶を頂きました)

ご朱印

山門(民家の門のようです!!!、木戸!!!)、山号、寺院号の名の板標
山門に掲げられている「入信門」の名の扁額

本堂正面

本堂に掲げられている「!!!」の名の扁額

本堂内
色彩豊ら、鮮やかな飾りが目立つ、本堂内を華やかに明るく照らす「光明消災燈」は台湾の姉妹寺院より贈られた、日本で唯一の「願い事を奉納する台湾式の燈籠」で多くの方々の願いが灯されています。

2

本堂正面には三国伝来秘仏である「開運出世慈母観世音菩薩」様が祀られています。

本堂の右側には、日本では珍しい「媽祖観音菩薩」、この菩薩様は「台湾」より伝来である。
陸・海・空の安全や不老長寿、商売繁盛の御利益があると伝えられています。媽祖菩薩の上に掲げられている扁額「聖徳来傳」は、李登輝元総統の書になるそうで、除幕式には台湾の関係者も数多く参列されたそうです。

左右には「順風耳」と「千里眼」がお祀られています。

3

箱根観音(跨ぎ撫で観音様)

本堂

本堂内

跨ぎ撫で観音様

2

境内の様子
本堂右側の「大理白光菩薩」、六道能化子育延命地蔵大菩薩の御分身。

石階段の途中にある「観音立ち像」、「清滝浄行観世音菩薩

その他
「福寿院」に向かう「滝通り」にあるパン屋さん(箱根ベーカリ

「箱根観音」に近隣する蕎麦屋さん(箱根暁庵

以上
コメント;

コメント

座間 宗仲寺を参拝

2018-03-31 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180329)は、相模原エリアが桜満開の情報が入り、「新磯エリアをぶらり散歩・散策」に出掛けて来ました。途中「宗仲寺」を参拝。一部花弁が落ち始めているが楽しむことがまだまだできる。
---------------------------------------------------------
神奈川県座間市入谷地区にあり、浄土宗寺院の宗仲寺は、来迎山 峯月院と号す。
ここは、以前2018年2月7日訪れた寺院である。
---------------------------------------------------------参拝2018/03/29

本堂と観音堂脇の「枝垂れ桜」

2

「枝垂れ桜」を見上げてみました。

4

5

門構え(裏山門)、山号、寺院号の名を掲げている扁額の石柱標

山門

8

境内
緑に囲まれた鐘楼堂

10

山門を通り抜けると小さな池がある。池に映し出される本堂が見事。

本堂

本堂外観(厳かな雰囲気のある本堂である。)

拝殿

相模七福神 「寿老人」石像
五角形面に蓮の陽刻を施し、平らな表面の一角に水が流れる溝が彫られた珍しい「手水鉢」。

「寿老人」は「福徳施与の神様」。元は中国、宋の元祐年間の人で、星辰信仰に由来する南極星の人格化とも言われる。長頭の老人で杖をつき、杖の頭に巻物をつけ、鹿を連れ、うちわを持つ姿で描かれる場合が多いですが、描く人、彫刻を彫る人によって違う。このお寺の「寿老人」は「鹿」を撫でているのが特徴的である。

銀杏の大木

六地蔵と石仏像(少し気になる石仏)

社務所、本堂の裏側に行くと川沿いに桜並木がみられる。公園風の芝生の広場がある。

2

3

水仙、チューリップが植栽されている。

2

以上
コメント;







コメント