気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

山梨南都留 東圓寺を参拝 2

2018-11-30 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
➡➡➡ 「山梨南都留 東圓寺を参拝 1」から続く
---------------------------------------------------------
山号      忍草山
寺院号     大日院東円寺
正式名称    忍草山大日院 東円寺
本尊      阿弥陀三尊像
札所本尊    聖観世音菩薩像
宗派      天台宗
寺紋      菊の紋(ご朱印の印判を観て下さい)
コメント    富士山修行の道場として創建された東円寺は、比叡山延暦寺の末寺です。
        天井には鳳凰が描かれている。
        江戸時代、山梨側から富士山に登る際、東円寺が発行する入山手形をもらってから入山していたという。
        富士巡礼の拠点となった古社名刹。
---------------------------------------------------------参拝日2018/11/20
南都留郡(みなみつるぐん)は、山梨県の郡。
山梨県忍野村にある天台宗寺院で、山号を「忍草山」としす。
忍野八海(特に湧池)は、
修行僧の禊禊(みそぎ)の池として大切に守られてきました。富士講に擬(なぞ)えて、忍野八海は誕生しました。湧池を中心に、北斗七星の形に配した七つの池と、北斗七星には欠かせない北極星を一番霊場の出口池として、富士講に擬えながらも独自の形態を持っています。忍野八海は、当時、富士根元八海と呼ばれていました。
忍野八海は富士山北東、忍野村忍草にある八つの池(出口池、お釜池、底抜池、 銚子池、湧池、鏡池、菖蒲池)の総称です。(出典元:ネット情報)

本堂内の天井絵画が非常に珍しいものであります。(鳳凰、方位が描かれています。)

正面右から

正面左から

東西南北の方位
天井をぐるりと見て回りました。

2

3

4

5

以上
コメント;





コメント

山梨南都留 東圓寺を参拝 1

2018-11-29 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(181120)は、久しぶりに、富士山を撮りに出掛けて来ました。(中央道では、雲に隠れ、心配しましたが河口湖で30分くらい瞬間であるが富士山が顔を出しました。(安心)道志みちが通行止めのため、忍野八海、山中湖、箱根を廻ってきました。
山梨南都留、忍野にあり「忍野八海」が直ぐそばにある「東圓寺」を参拝してきました。意外と由緒ある寺院に驚きました。
---------------------------------------------------------
山号      忍草山
寺院号     大日院東円寺
正式名称    忍草山大日院 東円寺
本尊      阿弥陀三尊像
札所本尊    聖観世音菩薩像
宗派      天台宗
寺紋      菊の紋(ご朱印の印判を観て下さい)
コメント    富士山修行の道場として創建された東円寺は、比叡山延暦寺の末寺です。
        天井には鳳凰が描かれている。
        江戸時代、山梨側から富士山に登る際、東円寺が発行する入山手形をもらってから入山していたという。
        富士巡礼の拠点となった古社名刹。
---------------------------------------------------------参拝日2018/11/20
南都留郡(みなみつるぐん)は、山梨県の郡。
山梨県忍野村にある天台宗寺院で、山号を「忍草山」としす。
忍野八海(特に湧池)は、
修行僧の禊禊(みそぎ)の池として大切に守られてきました。富士講に擬(なぞ)えて、忍野八海は誕生しました。湧池を中心に、北斗七星の形に配した七つの池と、北斗七星には欠かせない北極星を一番霊場の出口池として、富士講に擬えながらも独自の形態を持っています。忍野八海は、当時、富士根元八海と呼ばれていました。
忍野八海は富士山北東、忍野村忍草にある八つの池(出口池、お釜池、底抜池、 銚子池、湧池、鏡池、菖蒲池)の総称です。
(出典元:ネット情報)

ご朱印(拝受しました。2種類)、数種類のご朱印があるそうです。
補足;ご朱印を頂きに伺ったとき、住職から、天井絵(鳳凰、方位が描かれている)を観にきましたかと言われた(違いますと答えた、何も分かっていませんでした)、昨今TV紹介があり、多くの参拝者が訪れているとのこと。住職の好意で、堂内を案内して頂きました。(合掌)
(聖観音像)(不動尊像)
富士山講

冠木門

参道と石階段、山門が見えます。(参道の両側の燈籠も見事) 東園寺の桜も見事だそうです。

山門(鐘楼門)
山門から本堂が見えます。

手水舎(水が出る龍も頭のみ、珍しいですが)

狛犬

本堂前広場(境内)からの眺め
客殿と本堂                   本堂

本堂

本堂正面、拝殿には「忍草山」の名の扁額


本堂周辺(燈籠が多く見られる)

本堂内部、彫刻品が飾られています。



本堂内部正面

阿弥陀如来像(三尊像)

!!!                     聖観世音菩薩像

鈴原不動明王尊

中央の不動明王

正面向かって左側の不動明王

正面向かって右側の不動明王

聖観世音菩薩像

鐘楼

➡➡➡ 「山梨南都留 東圓寺を参拝 2」へ続く
以上
コメント;
コメント

町田 野津田薬師堂を参拝

2018-09-21 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180919)は、天候も良く、「薬師池公園」をぶらり散策しながら、公園内に鎮座する「野津田薬師堂」を参拝してきました。
----------------------------------------------------------
山号      普光山
寺院号     福王寺
正式名称    普光山 福王寺    別当寺は華嚴院
        福王寺 薬師堂    (通称:野津田薬師堂)
本尊      木造薬師如来坐像   (薬師瑠璃光如来
                   又の名を「医王如来」と呼ばれることがあるように、特に眼の病にあらたかなご利益が有る
札所本尊    薬師如来       武相寅歳薬師如来霊場 札所十八番
宗派      高野山真言宗
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/19
補足
----------------------------------------------------------
山号      幸山
寺院号     華巌院
正式名称    幸山 華巌院     (普光山華厳院明王寺)
本尊      不動明王
札所本尊
宗派      高野山真言宗
-----------------------------------------------------------次回参拝予定
福王寺薬師堂」は、町田市野津田町にある寺院。通称は「野津田薬師堂」で、薬師池公園内の北西にある。

薬師池から急な登り坂の参道を行くと赤色の幟旗「秘仏薬師如来」が目に入る。

急な石階段の先に本堂が見える(いちょうの大木が正面に)

本堂周辺の様子

銀杏の大木を中心に眺める

手水舎(作法手順が書かれている案内板標)

本堂
本堂に施された細かい木彫りの彫刻と、参道脇に生え伸びるイチョウの大木が見事。天蓋のように枝葉を広げるこの立派なイチョウの木は、町田市名木百選にも選ばれている。(出典元:ネット情報)

本堂内の様子(ぼやけていますが)、本堂内の拝観は4月上旬から5月上旬の1ヶ月だそうです。(ご朱印も拝領できるそうです)
中央にお祀りされている御本尊は、薬師如来です。お薬師の右には日光菩薩が、左には月光菩薩が脇佛として祀られています。

本堂内に掲げられている「瑠璃光殿」の金文字の扁額

本堂の左右のからの拝向、立派な彫刻が観られる

銀杏の大木(樹齢不詳の大銀杏の巨木)

11

絵馬祈りの収納場所(絵馬掛け)

石像が並んでいます。

14

境内の石階段を上った先には、境内社(小さな稲荷社)

背中に乗っているのはお釈迦さま!!!の銅像(小さな子供)

白色の像の像(東南アジア系)

以上
コメント;
コメント

町田 矢部、阿弥陀堂

2018-09-19 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180919)は、「箭幹八幡宮(やがらはちまんぐう) 」へ行って来ました、その帰り道に「阿弥陀堂」の看板があり、参拝してきました。(境川の両国橋の近くです)
---------------------------------------------------------
山号
寺院号
正式名称     阿弥陀堂
本尊       阿弥陀如来
札所本尊
宗派
---------------------------------------------------------参拝日2018/09/19
「阿弥陀堂」は、町田市矢部町にあるお堂である。阿弥陀如来を本尊として祀られている。

一般の民家に隣接するように「お堂」が鎮座していました。びっくり(注意して見ないと通り過ごします)

一礼して撤退しました。
(少し調べて又訪れたい:あまり情報がないです)

以上
コメント;
コメント

箱根塔の沢 火伏観音を参拝

2018-04-21 | 仏閣 関東・甲信越(甲斐、信濃、越後)
おはよう、
今日(180415)は、箱根塔の沢で昼食;「鯛ごはん茶漬け」を食べるために「箱根登山・塔ノ沢駅」で下車し、急な坂道を下り、「鯛ごはん懐石料理 瓔珞」に行きました。「塔の沢駅」は、無人駅です。そのホームに面したところに幟旗が目立つ「深澤銭洗弁財天」があり、隣に「火伏観音」の赤色の幟旗がさらに目立ちます。時間もあり、2つとも参拝しました。
**********************************************************
山号
寺院号
正式名称     火伏観音
本尊
札所本尊
宗派
コメント;深沢銭洗弁財天の隣にあり「」を守ってくれると信仰をあつめている。
**********************************************************参拝日2018/04/15
火伏観音」は、
塔の沢駅ホーム目の前の観音さまです。ひっそりとしたエリアで、聞こえるのは、沢の音と木々を吹き抜ける風の音のみ。まるで時間が止まったような不思議な空間です。(約20分に1本電車の音のみ)

箱根登山・塔ノ沢駅のホームに接している「火伏観音」を参拝してきました。「火伏観音」は、「深澤銭洗弁財天」と併設されています。どちらの境内かは不明です。
参道と、     赤い幟旗が目立ちます。

本堂(観音堂)への石段の参道

本堂

拝殿を拡大

上行菩薩

境内の様子
火伏観音さま

「!!!大権現」

以上
コメント;


コメント