気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

台東区千束 吉原弁財天本宮(吉原観音)、吉原神社(奥宮)

2018-11-17 | 東京
おはよう、
今日(181111)は、吉原神社を参拝し、その後関連史跡、神社を参拝してきました。浅草、入谷界隈は、昔の下町情緒がまだ残っている街です。又訪れたいエリアのひとつです。(意外と狭いエリアに神社、寺院、史跡、等が保存されています。) 台東区のバスが走っている(マイクロバス):北めぐりんバス です。活用すると便利です。
---------------------------------------------------------
旧社格      -
社号       吉原弁財天
正式名称     吉原神社(奥宮)吉原弁財天(本宮) (吉原観音)
御祭神 弁財天
コメント     新吉原花園池(弁天池)跡にある。
---------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
吉原弁財天」は、
台東区千束にある神社で、現在は吉原神社に合祀されています。元々その地には葦という稲のような植物が生い茂っていて、葦原(よしわら)と呼ばれていました。そこから転じて「吉原」になったと伝えられています。
吉原観音像」は、
台東区千束、台東病院のすぐ近く、NTT吉原の西南隅に吉原弁財天の祠がある、手前の築山には大きく美しい観音像が立っている。ここは、関東大震災では遊女をはじめ多くの人々が池に逃れ、500人近くが溺死する悲劇が起こりました。この観音さまは溺死した人々の供養のために大正15年(1926)に造立されたものです。
(出典元:ネット情報)

ご朱印(未拝受です。)
ご朱印は吉原神社で頂けるそうです、又は千束稲荷神社の兼務社であることから不在も多く、その場合は千束稲荷へお願いすれば受けられるとのこと。)
境外の様子(道路に面しています)
吉原神社(奥宮)の外観、鳥居はない。(吉原弁財天 (吉原観音)
赤い幟旗が目立ちます。

2

吉原弁財天、鳥居や「吉原弁財天」の石碑もあります。
ここにある鳥居が「吉原弁財天」の鳥居です。弁天祠が収まる小屋の壁に天女の壁画が描かれています。
若い人たちが修復した白壁に、美しい天女を描いている。

弁天祠(吉原弁財天の本宮)、壁の絵はとても賑やかです。
(2012年に、東京芸大や武蔵野美大、多摩美大の学生、卒業生らによって壁画や彫刻も制作されたそうです。)

祭壇には裸弁天など二体の弁天像と仏像一体が安置されているそうです。

2

弁天祠の前には、小さな池があります、池畔にも観音様が立っています。
花園池(弁天池):昔は広大な池だった名残をとどめる小さな池があり、鯉や金魚も放たれている。やはり弁天さまには水辺と多少の華やかさが似合う。

こじんまりした敷地に観音像があります。正式名称は「大震火災殃死者追悼記念碑」。
吉原観音立像

2

境内の様々な光景
吉原に関連する資料が展示されています。

2

境内の様子
何故、こんなに石仏、観音像、地蔵像が安置されているのでしょうか!!!
千手観音

この観音様の周囲には、ほかにも数多くの石碑、石仏、地蔵像が安置されています。
「花吉原名残碑」

菩薩菩薩

阿弥陀如来                   薬師如来

4

この地域の周辺の様子
「北めぐりんバス」が巡回しています。

生活道路の至るどころに「!!!お稲荷さま、大明神さま」などが多く鎮座しています。

以上
コメント;




コメント

台東区千束 吉原神社を参拝

2018-11-17 | 東京
おはよう、
今日(181111)は、台東区三ノ輪、入谷エリアをぶらり散策して来ました。「鷲神社」を参拝後、近くに「吉原神社」があることを聞き、参拝してきました。(昔、吉原遊郭のあった場所です。)
----------------------------------------------------------
旧社格     旧無格社     
社号      吉原神社
正式名称    吉原神社
御祭神     稲荷社の五社: 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
        吉原弁財天:  市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)
コメント    新吉原遊郭の四隅に祀られていた開運稲荷大神、九郎助稲荷大神、榎本稲荷大神、明石稲荷大神と、
        往昔よりの玄徳稲荷社を合祀して、吉原神社を創建した。
----------------------------------------------------------参拝日2011/11/11
吉原神社は、
かつて吉原遊郭にお祀りされていた五つの稲荷神社と遊郭に隣接する吉原弁財天を合祀した神社です。五つの稲荷神社とは玄徳(よしとく)稲荷社、明石(あかし)稲荷社、開運(かいうん)稲荷社、榎本(えのもと)稲荷社、九郎助(くろすけ)稲荷社の五社と吉原弁財天。

ご朱印(拝受しました。)

門構えの門柱標(山門)、「吉原神社」の社号標、奥には鳥居が見えます。

狛犬
「東大寺南大門型」、「招魂系」などと呼ばれる独特の風貌。中国獅子の流れをくむ意匠だそうです。

手水舎                     吉原地区の今昔物語の板標

社殿の外観

拝殿正面

拝殿に掲げられている「吉原神社」の名の扁額


境内社
お穴さまの小さな祠(社)、蛇の穴!!!
地中の神様で神社の土地をお守りしています。

江戸消防!!!                 「あうんの鬼」、「阿吽」

参拝後、吉原神社の奥宮に向かう途中、びっくり「東京スカイツリー」が見えます。電柱、電線が気になります。
(町の細道から眺めるのも趣があって心地よいです。)

以上
コメント;
コメント

台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 3

2018-11-16 | 東京
➡➡➡  「台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 2」から続く
社務所内に飾られていた豪華な熊手(許可を得て撮影しました)

おはよう、
今日(181111)は、今月(11月)は、酉の市です。(1日:一之酉、13日:二之酉、25日:三之酉)、0時~24時
都内へ出掛けたついでに「鷲神社」周辺を散策して来ました。二の酉を迎える準備で、境内は混雑していました。(熊手の販売の露天商の方がテント、祭壇飾り、及び神社の飾り付けなど) 
浅草酉の市は、隣り合う鷲神社と酉の寺長国寺が同時に開催するため、神様と仏様のご利益があるとして「神と仏の酉の市」といわれ、ことに「三の酉」に当たる11月25日は日曜日、ひときわ賑わうそうです。
まずは、参拝し、境内を散策しました。
見事な豪華な熊手です。(この写真は、鷲神社の社務所内に掲げられているものです)

酉の市の発祥の地は、「大鷲神社」の隣にある「長國寺」だそうです。以前は別々に祭りを行っていたが、昨今は一緒に実行されているそうです。境内は非常に混んでおり、本殿内の拝観はできなかった(丁度、江戸巡り散歩、散策の団体が数グループでガイド付きで回っていました。)
長國寺」は次回参拝したいと思います。御朱印は、客殿の玄関ロビー脇で頂けます。ロビーには大熊手が飾ってあるそうです。
-----------------------------------------------------------
山号      鷲在山(じゅざいさん)
寺院号     長國寺
正式名称    鷲在山 長國寺
本尊      十界曼荼羅
        本門八品上行所伝本因下種(ほんもんはっぽん じょうぎょうしょでん ほんにんげしゅ)の
        南無妙法蓮華経
札所本尊
宗派      法華宗本門流の寺院      
コメント    浅草酉の市の発祥の寺。浅草「酉の市」の本尊です。七曜(しちよう)の冠を戴き、宝剣をかざして鷲の背に立つ姿から
        「鷲大明神」とか、「おとりさま」と呼ばれ、開運招福の守り本尊として親しまれています。
-----------------------------------------------------------参拝日!!!!/!!/!!
長国寺(ちょうこくじ)は、
台東区千束にある、法華宗本門流の寺院。山号は鷲在山(じゅざいさん)、大本山鷲山寺末。長國寺とも書く。浅草酉の市の発祥の寺。浅草鷲在山長国寺では、鷲妙見大菩薩が開運招福の守り本尊として親しまれて浅草「酉の市」の本尊として江戸の昔より広く信仰されてきました。(出典元:ネット情報)

酉の市(二之酉)の準備のため、山門、本堂など、部分的に眺める程度でした。(長國寺と鷲神社の境が分らない)
長國寺の本堂(正面に車が止まっており、斜め前から)
「浅草酉の市発祥酉ノ寺」、「開運鷲妙見尊(おとりさま)鷲在山長國寺」の板標が拝殿前に掲げられています。(趣があります)

本堂に掲げられている寺院号の「長國寺」の名の扁額

少し角度を変えて撮りました


以上
コメント;
コメント

台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 2

2018-11-16 | 東京
➡➡➡  「台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 1」から続く
社務所内に飾られていた豪華な熊手(許可を得て撮影しました)

おはよう、
----------------------------------------------------------
旧社格    村社
社号     鷲神社(おおとりじんじゃと読む)、
        その由来は鷲(ワシ)が大きな鳥なので、「おおとりじんじゃ」と呼ばれるようになったとも言われています。
正式名称   鷲神社             (別称:おとりさま、浅草鷲神社)         
御祭神    天日鷲命(アメノヒワシノミコト)、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
コメント   11月酉の日(酉の市)、「浅草酉の市起源発祥」
       鷲神社は、江戸時代鷲大明神社と称されていたが、明治時代に鷲神社と改称された。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
見事な熊手の飾り物です。

まだ準備中であったが、あまりにも豪華な熊手であり、まとめてみました。(露天商のテント、境内一面熊手で覆われてしまいます。)
熊手販売店は数十軒でしょうか!!!(三之酉は、どうなるのでしょうか!!!)

2

3

4

5

6

7

どのお店も熊手がびっしり並び華やかで、あまりにもたくさんありすぎて、何を選べばいいのか悩みますね!!!

9

10

➡➡➡  「台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 3」へ続く
以上
コメント;

コメント

台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 1

2018-11-16 | 東京
社務所内に飾られていた豪華な熊手(許可を得て撮影しました)

おはよう、
今日(181111)は、今月(11月)は、酉の市です。(1日:一之酉、13日:二之酉、25日:三之酉)、0時~24時
都内へ出掛けたついでに「鷲神社」周辺を散策して来ました。二の酉を迎える準備で、境内は混雑していました。(熊手の販売の露天商の方がテント、祭壇飾り、及び神社の飾り付けなど) 
浅草酉の市は、隣り合う鷲神社と酉の寺長國寺が同時に開催するため、神様と仏様のご利益があるとして「神と仏の酉の市」といわれ、ことに「三の酉」に当たる11月25日は日曜日、ひときわ賑わうそうです。
まずは、参拝し、境内を散策しました。
----------------------------------------------------------
旧社格    村社
社号     鷲神社(おおとりじんじゃと読む)、
        その由来は鷲(ワシ)が大きな鳥なので、
        「おおとりじんじゃ」と呼ばれるようになったとも言われています。
正式名称   鷲神社             (別称:おとりさま、浅草鷲神社)         
御祭神    天日鷲命(アメノヒワシノミコト)、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
コメント   11月酉の日(酉の市)、「浅草酉の市起源発祥」
       鷲神社は、江戸時代鷲大明神社と称されていたが、明治時代に鷲神社と改称された。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
鷲神社(おおとりじんじゃ)は、
台東区千束3丁目にある神社である。浅草田圃の鎮守。「おとりさま」の通称でも呼ばれ、11月の例祭は「酉の市(とりのいち)」として広く知られる。浅草・鷲(おおとり)神社・約150の露店で色とりどりの縁起熊手が売られる・福をかっこむ熊手を飾り、商売繁盛や家内安全を願う年の瀬を感じさせる。(出典元:ネット情報)

ご朱印(拝受しました)
(昔は田圃地であった)
表参道口(国際通り、道路沿いから撮影)、叉木(門!!!)

左側に縁起のよい大熊手を観ることができる(写真では小さいが)

正面入り口(国際通りに面して参道があり、豪華な社頭。)

拡大(「浅草酉乃市御本社」の文字が掲げられた叉木。)

鷲神社の御由緒の石碑              大きな朱色の明神鳥居

社号碑の石柱標と長い参道(今回は両サイドに露天商の販売店が所狭しと並ぶ)
                        朱色の大鳥居に掲げられている「鷲宮」の名の扁額。

参道の様子(いくつもの鳥居を潜る)       石造りの二之鳥居(小鳥居)。

叉木、多くの句碑、文学碑があります。
「開運鷲大明神・名社鷲神社」、「酉乃市起源発祥乃神社」の名の板標が目立ちます。

社殿正面(多くの柵が出来上がっています。)、中央が社殿です。
朱色の柱で、神明造りの拝殿となっている。

拝殿正面には大きな面(なでおかめ)が置いてあります。拝殿正面の賽銭箱に鎮座するのは、巨大な「おかめ」!縁起物の熊手に付き物の「おかめ」です。


上の2つの写真は、今回取れなかったのでDLしました(出典元:ネット情報)

「開運」の名の扁額が掲げられています。

社務所内に掲げられていた熊手(2種類)


渡殿、及び神楽殿、(社殿の左手には、神楽殿・渡殿・社務所が一体となっています。(隠れていますが))

左上を見上げると立派な建物「瑞鷲渡殿」があります。

裏参道口の出入口、叉木(門)

➡➡➡  「台東区千束 鷲神社(酉の市 総本社)を参拝 2」へ続く
以上
コメント;


コメント