気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

2019年 おめでとうございます。今年も宜しく、

2019-01-04 | 日記
数分の間にも富士山の景観が見事に演出されています。


2019年 おめでとうございます。
昨年同様、今年も良いお年で、健康に送れることをお祈り申し上げます。
今年も、様々な事柄を備忘録として投稿させて頂きます。
以上(ヨシダ)
コメント

特集 神社巡りダイジェスト版(東京23区)v18L1231

2018-12-30 | 日記
おはよう、
今日(181230)は、
2018年に各地の神社・仏閣巡りをして来ました。その巡礼、2018ダイジェスト版として在庫整理まとめました。詳細内容は、個別のブログを参照願います。順次追加します。(出典元:ネット情報)
----------------------------------------------------------
             「東京23区 編」、「神社 編
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
             「北区
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
  「王子 装束稲荷神社
装束稲荷神社は、北区王子にある神社です。安藤広重の浮世絵にも描かれた装束榎ゆかりの地です。
大晦日の晩は、関東(東国三十三ヶ国)の稲荷神社の総元締めである王子稲荷神社に、使いの狐が挨拶に行く日。そのために狐たちは榎の下で衣装を整えたそうです。その付近に建てられたのがこの神社。この伝承を今に伝える行事が、大晦日の「狐の行列」。除夜の鐘に送られるように王子稲荷神社までの700メートルほどを練り歩きます。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
境内の様子
全体                      朱色の鳥居、参道

社殿                      拝殿に掲げられている「装束稲荷」の名の扁額

----------------------------------------------------------
  「王子 王子稲荷神社
王子稲荷神社(おうじいなりじんじゃ)は、北区岸町にある神社である。東国三十三国稲荷総司との伝承を持ち、落語「王子の狐」でも有名です。大晦日から正月にかけて行われる「王子・狐の行列」や初午祭凧市の祭事には氏子地域外からも多くの参詣者を集まる。
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/28
ご朱印

神門(神門は平日は閉じられている。)      裏門の鳥居

社殿外観                    外拝殿(奥に内拝殿があります。)

元々の「王子稲荷」である、本宮社殿

本宮社殿の脇には稲荷社らしく鳥居が連なり、その先に亀山稲荷神社・嬉野森稲荷神社・北村稲荷神社の「三社殿」。

願掛け石」のお石社殿

拝殿内部                    「おもかる石

狐穴跡」のお穴社殿

狐穴跡」                   狐のお石祠

---------------------------------------------------------
              「江東区
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
 「森下 深川神明宮
深川神明宮は、
江東区森下にある神社です。深川の地を初めて開いた深川八郎右衛門が創建した「深川発祥の神社」、神明さまのご祭神(おまつりしている神さま)は天照大御神さま、伊勢神宮の内宮の神さまです。天照大御神さまをお祀りした神社を「神明さま」と云う。
---------------------------------------------------------参拝日2018/12/22
深川神明宮には、深川七福神のひとつ「寿老神」が祀られています。

ご朱印と、       社号名の石柱標

鳥居と参道、参道の両側には立派なお神輿の神輿庫が並んでいます。扉には神輿の絵画が描かれています。

門構えの門柱と注連縄と、社殿外観、       拝殿正面


---------------------------------------------------------
 「常盤 芭蕉稲荷神社
芭蕉稲荷神社は、
江東区常盤にある稲荷神社です。
---------------------------------------------------------参拝日2018/12/22
俳聖として知られる松尾芭蕉は、ここに居を構えていました。(芭蕉庵跡)、「古池や蛙飛びこむ水の音」等の名吟の数々を残し、まだここより全国の旅に出て有名な「奥の細道」等の紀行文を著した。

ご朱印(ご朱印の代わり!!!に参拝記念スタンプで運用されている。参拝客が多くなり、運用開始されたそうです。
芭蕉稲荷神社は、無人で御朱印対応はないものの、鳥居をくぐった右手に「スタンプボックス」と書かれた赤い郵便受箱が設置されている。開けるとスタンプとインク台が用意されており、参拝者自身が押印できる。初穂料の定めはないので、気持ちを賽銭箱へ。

芭蕉坐像(座っている像は珍しい)、隅田川を眺めています。ここから「奥の細道」へ旅立った。(出立地)
出発地は、千住だそうです。


目の先は隅田川、清州橋が見えます。

朱色の鳥居と社殿(「芭蕉稲荷大明神」の幟旗が目立つ)

社殿の脇には「史跡 芭蕉庵跡の石碑」が見えます。

狭小な境内には「史蹟芭蕉庵跡」と記された碑や、ふる池や・・・の句碑が置かれている。台風による高潮が襲った後、芭蕉庵にあったとされる石蛙が発見されました。その石蛙をご神体とし地元の方々によって、このお稲荷さんが建立されたそうです。小さな境内を見回すと沢山の石蛙があります。

史跡 芭蕉庵跡の石碑

---------------------------------------------------------
 「常盤 正木稲荷神社
正木稲荷神社は、
江東区常盤にある稲荷神社です。
---------------------------------------------------------参拝日2018/12/22

神社の外観                   拝殿正面

---------------------------------------------------------
 「清澄 深川稲荷神社
深川稲荷神社は、
江東区清澄にある稲荷神社です。以前は、旧町名の西大工町にちなんで俗に「西大稲荷」と呼ばれていました。
---------------------------------------------------------参拝日2018/12/22
深川七福神のひとつ「布袋尊」が祀られています。

社号名の石柱標と、布袋尊の看板が見えます。

社殿の外観

一の鳥居と社殿                 二の鳥居からの拝殿正面

布袋尊像

---------------------------------------------------------
              「台東区
---------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
 「千束 浅草鷲神社(おおとりさま)、(酉の市)
鷲神社(おおとりじんじゃ)は、
台東区千束にある神社です。「おとりさま」の通称でも呼ばれ、11月の例祭は「酉の市(とりのいち)」として広く知られる。浅草にある鷲神社(おおとりじんじゃ)は、酉の市発祥として人気です。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
メモ帳:大鳥神社、大鷲神社、鷲神社は、「おおとり」を社名とする神社。日本武尊の白鳥伝説と関わり、酉の市で有名なところが多い。大阪府の大鳥大社が本社であるとされている。
ちなみに「なでおかめ」の云われは、1)おでこをなでれば賢くなる 2)目をなでれば先見の明が効く 3)鼻をなでれば金運がつく 4)向かって右の頬をなでれば恋愛成就、左だと健康になる 5)口をなでれば災いを防ぐ 6)顎から時計回りになでると物事が丸く収まる。などなどです。※なでる場所は、1ヶ所だけでなく全部なでても大丈夫だそうです。

シンボル:なでおかめ

シンボル:熊手

ご朱印

表参道口(正面)、叉木 朱色が目立つ参詣で入口付近の様子

入口正面( 浅草酉乃市総本社、 開運鷲神社 が掲げられている)

長い参道、叉木                 社殿(酉の市の露天商の熊手販売準備で混雑していました。)

拝殿に掲げられている「開運」の名の扁額     渡殿、神楽殿、社務所など一体の建物です。

酉の市の縁起物(熊手)の販売店の飾り棚の準備作業中で、混雑していました。
表参道口側                   裏参道口側

3

4

----------------------------------------------------------
  「千束 長國寺
長国寺(ちょうこくじ)は、
台東区千束にある、法華宗本門流の寺院。山号は鷲在山(じゅざいさん)、大本山鷲山寺末。長國寺とも書く。浅草酉の市の発祥の寺。七曜の冠を戴き、宝剣をかざして鷲の背に立つ姿から「鷲大明神」、「おとりさま」と呼ばれ、開運招福の守り本尊として親しまれている。とりわけ、応現の日にちなんで開催されてきた浅草「酉の市」の本尊として、江戸時代から広く振興されている。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
この時季は、酉の市の準備作業で境内が露天商関連で一杯です。次回また訪れたいです。
本堂                      拝殿に掲げられている「長國寺」の名の扁額

----------------------------------------------------------
  「千束 吉原神社
吉原神社は、
台東区千束に鎮座する神社です。吉原遊郭とともに歩んできた神社です。吉原の出入口というのは非常に限られており、その出入口・大門付近に玄徳(よしとく)稲荷。そして、敷地の四隅を囲むように榎本・九郎助・明石・開運という4つの稲荷社があった。+弁財天が拝殿に掲げられている提灯に名が書かれています。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
ご朱印

門構えの門柱

社殿                      拝殿に掲げられている「吉原神社」の名の扁額

お穴さまお社

このエリアから東京スカイツリーが見えます。
-----------------------------------------------------------
  「千束 吉原弁財天(本宮)、吉原神社(奥宮)
吉原弁財天(本宮)は、
台東区千束にある吉原神社(奥宮)です。
-----------------------------------------------------------参拝日2018/11/11
境内の外観

吉原観音

吉原弁財天(本宮)
鳥居と参道                   社殿

弁財天さま                   

大日如来坐像!!!、弁財天と一緒に祀られているのは非常に珍しい。

以上
コメント;
コメント

特集 東京(江戸)五色不動尊巡り v18L1204

2018-12-20 | 日記
おはよう、
今日(181204)は、神社、仏閣巡りの中で、「五色不動尊」を拝観できた。未だ拝観できない不動尊もあるが、途中ながらします。(残りはひとつ、江戸川区平井、であるが5ヶ所は参拝出来ました)
----------------------------------------------------------
五色不動尊は、
五色不動(ごしきふどう)は、五行思想の五色(白・黒・赤・青・黄)の色にまつわる名称や伝説を持つ不動尊を指し示す総称。
東京(江戸)のものが有名であるが、厳密には四神や五色に関連する同様の伝説は各所に存在し、それが不動尊と関連付けられたものを五色不動と称されることがある。
東京の五色不動は、目黒不動目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の5種6個所の不動尊の総称。五眼不動、あるいは単に五不動とも呼ばれる。
場所:●印は、拝観参拝できた寺院です。
●目黒不動 - 瀧泉寺(東京都目黒区下目黒)
●目白不動 - 金乗院(東京都豊島区高田)
      江戸時代は現在の文京区関口江戸川公園付近にあった新義真言宗新長谷寺の本尊
●目赤不動 - 南谷寺(東京都文京区本駒込)
●目青不動 - 教学院(東京都世田谷区太子堂) 本来の寺名は平井の目黄と同じ最勝寺
●目黄不動 - 永久寺(東京都台東区三ノ輪)
〇目黄不動 - 最勝寺(東京都江戸川区平井)
(出典元:ネット情報)
残すところ1つです。(目黄不動が2つあるが「永久寺」を参拝。)
----------------------------------------------------------
五色不動は、天台宗や真言宗の寺院にある、密教という点で共通しているが、不動明王に限らず明王は元来密教の仏像である。
江戸五色不動」(「府内五色不動」とも呼ばれる)
巡った順に、します。(順不同)
--------------------------------参拝・拝観日2018-11-11(不動尊)
目黄不動尊
--------------------------------
ご朱印

門柱構えの山門(コンクリート造り)       

不動堂                     拝殿には「目黄不動尊」の名の扁額

不動明王

阿弥陀如来(永久寺の本尊)

--------------------------------参拝・拝観日2018-09-28(不動尊)
目赤不動尊
--------------------------------
ご朱印             「江戸五色不動尊」の名の石柱標、南谷寺の六地蔵菩薩も安置されています。

不動堂」の外観                「拝殿」正面

拝殿に掲げられて「目赤不動尊」の名の扁額    「不動明王

南谷寺の「本堂」

--------------------------------参拝・拝観日2017-04-04(不動尊)、2016-09-11(江戸三十三観音)
目黒不動尊
--------------------------------
ご朱印

山門

大本堂:不動堂(不動明王が祀られている)


観音堂

--------------------------------参拝・拝観日2017-03-30(不動尊)
目青不動尊
--------------------------------
ご朱印

不動堂(本堂は、別にある)


--------------------------------参拝・拝観日2016-05-03(江戸三十三観音と不動尊)
目白不動尊
--------------------------------
(江戸三十三観音霊場巡りの時である、目白不動明王のご朱印を頂戴に行く予定)
ご朱印

山門

目白不動堂」           不動堂に掲げられている「目白不動堂」の名の扁額

本堂                      扁額

以上
コメント;
コメント

特集 寺院・仏閣巡り(東京・相模原以外)ダイジェスト版 v18 L1210

2018-12-12 | 日記
おはよう、
今日(181212)は、寺院・仏閣巡りの中で、相模原地域以外、及び東京23区(神社、寺院)以外の参拝、拝観記録を備忘録として、アルバム風にまとめ、2018ダイジェスト版として順次します。詳細内容は、個別のブログを参照願います。
----------------------------------------------------------
             「東京23区以外 編
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
             「寺院・仏閣編
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
  「山梨忍野 東圓寺
東圓寺は、山梨県南都留郡忍野村にある天台宗の寺院です。、
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/20
ご朱印

参道、冠木門、山門               本堂

堂内の全景

堂内の天井絵(鳳凰、方位絵)

方位(南北東西方位、十二支)

鳳凰を中心に、

2

----------------------------------------------------------
  「町田矢部 阿弥陀堂
「町田矢部 やがら八幡宮」の近くにあります。詳しくは不明、ただし 箭幹やがら八幡宮本殿内には、観音様(観世音菩薩)、阿弥陀如来が安置されていますので、その関係!!!
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/19(鎮座されている場所確認)
民家に隣接されて鎮座しているお堂


----------------------------------------------------------
  「町田 野津田薬師堂
福王寺薬師堂」は、町田市野津田町にある寺院。通称は「野津田薬師堂」で、薬師池公園内の北西にある。
山寺院号は、普光山福王寺で別当寺は華嚴院、福王寺薬師堂(通称:野津田薬師堂)、複雑な結びつきです。本尊は、薬師瑠璃光如来です。
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/11
石階段の先に本堂が見えると、 赤色の幟旗が目立つ(秘仏薬師如来)

本堂                      本堂の内部


----------------------------------------------------------
  「福島 文知摺観音 普門院 通称:文知摺観音」
別当寺:曹洞宗 文知摺山 普門院、
御本尊 聖観世音菩薩
文知摺観音堂を中心に信夫文知摺公園がある。この「文知摺」という名であるが、この信夫地方に古来あった染色法であり、紋様のある石に絹をあてがい、その上から忍草の葉や茎を擦りつけて染色したものという。これにちなんで名付けられたのが文知摺石(別名:鏡石)です。
文知摺(もちずり)は、
福島市に古代より伝わる染色技法である。文字摺(もぢずり・もじずり)と表記されることもあります。
----------------------------------------------------------参拝日2018/05/16
ご朱印

入口付近
門構えには「文知摺観音 普門院」の名の寺院名の門柱標、現代版の山門の構え(ガードフェンスの扉)社務所前には橋(普門橋)が架けられています。(真新しい)

金剛碑が見える                 松尾芭蕉の銅像
境内には多くの碑がある。文知摺観音には、松尾芭蕉や沢庵和尚も訪れ、松尾芭蕉が「早苗とる 手もとや昔 しのぶずり」の句を遺しています。

観音堂 全景
信達三十三観音霊場 第二番札所
奥の細道三十三観音霊場 第二十九番札所
信夫文知摺(しのぶもちずり)、奥の細道 芭蕉ゆかりの地です。


多宝塔                     三十三観音堂(兼経蔵)
多宝塔は関東以北には少なく、東北にはこの一塔のみです。安洞院和尚が、西国三十三観音霊場を擬えて三十三観音像を安置したお堂


----------------------------------------------------------
  「箱根 火伏観音
火伏観音は、
深澤銭洗弁財天・、
箱根登山鉄道の塔ノ沢駅に隣接している神社で、その境内に鎮座していいます!!!。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/15
門柱                      石階段の参道

お堂                      拝殿の拡大

----------------------------------------------------------
  「箱根 箱根観音福寿院
箱根観音 福寿院 (はこねかんのん ふくじゅいん)は、
足柄下郡箱根町湯本茶屋にある寺院です。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/14
ご朱印

山門(門)

三国伝来秘仏である「開運出世慈母観世音菩薩」  媽祖菩薩
光明消災燈(こおみょうしょうさいとう)は、広く東南アジアに普及されているおみあかりで、信者に無限の光明と幸福をもたらす曼陀羅風のものです。

箱根観音堂                   箱根観音木造像(跨(また)ぎなで観音)


----------------------------------------------------------
  「八王子 福傳寺
福傳寺は、
八王子市明神町にある寺院である。真言宗智山派寺院の福傳寺は、安榮山明王院と号す。ご本尊:不動明王。弘法大師像は、真言宗寺院ではほどんとある。
多摩八十八ヶ所霊場 第七十七番札所、武相卯歳観音霊場四十八ヶ所 第十五番札所。
----------------------------------------------------------参拝日2018/03/07
ご朱印
未拝領
山門(門構え)                 本堂

本堂に掲げられている「福傳寺」の扁額

----------------------------------------------------------
  「八王子 大義寺
大義寺は、八王子市元横山町にある寺院である。真言宗智山派寺院の大義寺は、龍華山と号す。ご本尊:薬師如来。
多摩八十八ヶ所霊場 第七十六番札所
----------------------------------------------------------参拝日2018/03/07
ご朱印
未拝領
山門(門構え)と本堂の外観(石柱の山門を通して本堂が見える。とても立派な本堂である。)

以下の写真はネット情報をDLしました(出典元:ネット情報)。(今回は参拝できず山門前の道路から写真を撮りました。)
本堂                      

薬師如来坐像


----------------------------------------------------------
  「座間 宗仲寺
座間市入谷地区にある宗仲寺。来光山峯月院と号す。約400年ほどの歴史があるといわれている寺。家康は、鷹狩りで当寺に立ち寄った際は上人と歓談したと伝わり、山門右手に家康公お手植えの大銀杏の木がある。
----------------------------------------------------------参拝日2018/02/07
ご朱印と、         本堂内に鎮座する阿弥陀如来坐像

山門と、                    本堂

本堂大天井水墨画、「蒼龍」の水墨画、畳40枚分。巨大で素晴らしい。

扁額「耕心堂」を掲げた水子観音堂

「相模七福神」の一つ「寿老人石像」がある。「鹿と寿老人」は、珍しい。

寺院のパンフレットからコピー
阿弥陀如来坐像

本堂と、                    本堂の天井に掲げられている龍の水墨画

----------------------------------------------------------
  「座間 星谷寺
座間市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は妙法山。院号は持宝院。本尊は聖観音で坂東三十三箇所第八番札所。「星の谷観音」とも称される。
----------------------------------------------------------参拝日2018/02/07
ご朱印

入口付近の広場と仁王尊と、 銅鐘の梵鐘(鐘楼堂)、撞座一つの梵鐘

観音堂の外観と、                観音堂本堂と拝殿

以上
コメント; 
コメント

特集 神社巡り(東京・相模原以外)ダイジェスト版 v18 L1210

2018-12-11 | 日記
おはよう、
今日(181211)は、神社巡りの中で、相模原地域以外、及び東京23区(神社、寺院)以外の参拝、拝観記録を備忘録として、アルバム風にまとめ、2018ダイジェスト版として順次します。詳細内容は、個別のブログを参照願います。
----------------------------------------------------------
             「東京23区以外 編
----------------------------------------------------------
             「神社 編
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
  「山梨忍野 忍野八海浅間神社
忍野八海浅間神社は、
山梨県南都留郡忍野村忍草にある神社です。一般に忍野八海の浅間神社と呼ばれるこの神社は、世界文化遺産“富士五湖”の一つ、山中湖の北側に鎮座している。
----------------------------------------------------------参拝日2018/11/20
史蹟(社歌)の石碑

大鳥居                     社殿

----------------------------------------------------------
  「町田矢部 箭幹やがら八幡宮
箭幹八幡宮」は、町田市矢部町にある神社である。
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/19
木造の鳥居、随神門、社殿が眺められる      随身門

石階段の先には社殿(拝殿+本殿)

境内には、子育て獅子              拝殿前からの随身門の眺め

----------------------------------------------------------
  「町田 町田天満宮
町田天満宮(まちだてんまんぐう)は、
町田市原町田にある神社です。町田三天神のうちのひとつ(他に菅原神社・南大谷天神社)で、町田駅から徒歩圏ということもあり、市内では参拝客が多い神社のひとつです。
----------------------------------------------------------参拝日2018/09/11
JR横浜線跨線橋、町田参宮橋からつながり、見下ろす位置にあり、石敷きの参道、社殿正面(両脇には数体の狛犬、撫で牛、石燈籠)が観られる。

----------------------------------------------------------
日光 「世界遺産」の石碑
日光の社寺」、日光の社寺に含まれるのは、二荒山神社、日光東照宮、輪王寺の2社1寺に属する、103棟の建築物と周辺の景観遺跡です。
----------------------------------------------------------拝観日2018/05/15

----------------------------------------------------------
  「日光 日光東照宮
日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、
日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在です。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多いです。
「徳川家康」を祀った神社です。繊細な彫刻に色鮮やかな彩色が施された、豪華絢爛な社殿群が特徴的です。
----------------------------------------------------------参拝日2018/05/15
ご朱印

新緑に覆われた内外参道と「東照宮」の社号名の石柱標と、石鳥居と、五重塔

表門(仁王門)

本社の正門「唐門」です。胡粉(ごふん)と呼ばれる、貝殻から作る白い顔料で全体が塗られ、さらに金箔も施されています。奥が本社(拝殿と本殿)。本殿は、見学はできますが撮影は禁止されているので、ご注意を。

----------------------------------------------------------
  「日光 日光東照宮 陽明門
門全体が色彩豊かな彫刻で覆われており、まるで芸術品のよう。一日中見ていても飽きないことから、「日暮御門」とも呼ばれています。
----------------------------------------------------------拝観日2018/05/15
表門(仁王門)と通り抜け、境内に入り、銅鳥居(鳥居と陽明門が同時に入り眺めることができます)

陽明門の全景(記念写真の場所からの眺め)


----------------------------------------------------------
  「日光 日光東照宮 三猿
日光東照宮は、動物をモチーフにした彫刻が多くあるのも特徴です。
----------------------------------------------------------拝観日2018/05/15
「三猿修理完成記念色紙」の記念写真が飾られています。

神厩舎の全景と、お猿さんの姿の紹介

真新しい「三猿」、
見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な三猿の彫刻。
昔から猿が馬を守るといわれていることから作られたそうです。

三猿の紹介写真を撮りました。(イメージのみ)
神厩舎には全部で8枚の猿の彫刻があり、これらは人間の一生を風刺しているのだそうです。


----------------------------------------------------------
  「日光 日光東照宮 奥宮(徳川家康公の霊廟)」
----------------------------------------------------------拝観日2018/05/15
東廻廊の奥社参道入り口にある、「眠り猫」。(坂下門入口手前)眠り猫の裏面には、「雀たち」の木彫像があります。

坂下門

石階段を通り、奥宮参道、正面          奥宮の外観

唐門                      「奥宮御宝塔」(御墓所)(家康公の霊廟(墓所))

----------------------------------------------------------
  「日光 日光山輪王寺
輪王寺(りんのうじ)は、
日光市にある寺院で、天台宗の門跡寺院である。東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称される。近世まではこれらを総称して「日光山」と呼ばれていた。現在、「日光山」は輪王寺の山号とされている。また、「輪王寺」は日光山中にある寺院群の総称です。輪王寺の境内は東照宮、二荒山神社の境内とともに「日光山内」として国の史跡に指定され、「日光の社寺」として世界遺産に登録されている。
----------------------------------------------------------参拝日2018/05/15
山門
「日光山輪王寺」の山号、寺院号の名の石柱標

本堂、(三仏堂)
日光三山の本地仏をまつるお堂「三仏堂」は日光山最大の規模を誇る木造建造物で、千手観音(男体山)・阿弥陀如来(女峰山)・馬頭観音(太郎山)三体の仏像がまつられています。三仏堂(本堂)前庭にある金剛桜。現在、期間限定で天空回廊から修理の様子を見学ができます。

「日光山輪王寺」の境内で三仏堂から少し離れている。 正面に、「仁王門」と、「日光府大猷院」の石柱標
「大猷院」とは徳川三代将軍「家光公」の廟所(びょうしょ)(廟所=墓所)です。

「輪王寺常行堂」

----------------------------------------------------------
  「日光 二荒山神社
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、
日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
----------------------------------------------------------参拝2018/05/15
こちらが正門です。(下神道側)
「下野国一乃宮 二荒山神社」の社号名の石柱標  銅鳥居と、        正門の神門

社殿(拝殿正面)

東門(上神道側) 長い参道と石燈籠        楼門と、「二荒山神社」の社号名の石柱標(東照宮からの上神道の参道)

銅鳥居

----------------------------------------------------------
  「日光 二荒山神橋
参道の日光山内への入り口には、
大谷川(だいやがわ)に架かる神橋(しんきょう)がある。この神橋は「日本三奇橋」の1つに数えられる。
----------------------------------------------------------拝観日2018/05/15
「二荒山神橋」の橋の名の石柱標          

神橋の様々な眺め、
日光東照宮への登り口にある橋で、渡橋料金が300円掛ります。(短い橋なのに)
早朝でまだ開いていなかったので周辺から写真を撮るのみです。(渡っていません)

----------------------------------------------------------
  「箱根 弥八神社
弥八神社は、
神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢にある神社です。
国道1号 千歳橋を渡ると、目の前に「七福神の宝船」の石碑と社号(弥八神社境内入口!!!)の門柱が見えます。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/15
参道入口と、                  弥八神社の境内入口の石柱標

恵比須天の石像                 大黒天の石像

門柱、鳥居、お祠                お祠

お祠の内部

----------------------------------------------------------
  「箱根 塔ノ沢・七福神
塔ノ沢七福神は、
神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢にある七福神です。
国道1号 千歳橋を渡ると、目の前に「七福神の宝船」の石碑と社号(弥八神社境内入口!!!)の門柱が見えます。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/15
門柱

七福神の宝船

----------------------------------------------------------
  「箱根 深澤銭洗弁財天
深澤銭洗弁財天は、
箱根登山鉄道の塔ノ沢駅に隣接している神社です。銭洗弁天というと鎌倉の宇賀福神社が有名ですが、この神社も多くの方の信仰を集めています。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/15
鳥居(門構え)                 社殿

中宮、奥宮への鳥居、参道

石洞窟の中の奥宮                奥宮拝殿の拡大

         
----------------------------------------------------------
  「箱根 玉簾神社
玉簾神社(たまだれじんじゃ)は、
神奈川県箱根町の「ホテル 天成園」敷地の庭園の中にある神社です。
玉簾(たまだれ)の滝と飛烟(ひえん)の滝との間に鎮座する神社です。芦ノ湖の守り神の九頭竜明神を祀る箱根神社唯一の分社であり、縁結びのご利益があると、近年特に有名になってきました。
----------------------------------------------------------参拝日2018/04/14
ご朱印


入口の燈籠、鳥居、石階段の参道(急な数十段の階段)

社殿

飛翔の滝                    玉簾の滝


----------------------------------------------------------
  「八王子 子安神社
子安神社は、
八王子市明神町に鎮座する神社。八王子市最古の歴史を持つ神社である。
子安神社では折々の祭事や季節に応じて、限定御朱印が多数用意されている(多くは、朱印帳への記帳と書き置きの2つ)子安神社と金刀比羅神社の2社の御朱印。珍しいと思ったのが、神社名または俳句の御朱印二種類が用意されている。
----------------------------------------------------------参拝日2018/03/07
ご朱印(社務所兼参集所(葵記念館)内のロビーで待つ)

大きな鳥居

社殿                      社殿に掲げられている「子安神社」の扁額

重厚で威厳が感じられる御神輿が展示されている。(社務所兼参集所(葵記念館)内のロビーで展示されていた現役の神輿)

----------------------------------------------------------
  「八王子 金刀比羅神社
子安神社の境内に鎮座する。
----------------------------------------------------------参拝日2018/03/07
ご朱印

鳥居と、     奥に「神門」が見える

社殿                      社殿に掲げられている「大黒神」の扁額

----------------------------------------------------------
  「八王子 片倉住吉神社
片倉住吉神社は、
八王子市片倉町にある神社である。
----------------------------------------------------------参拝日2018/03/07
鳥居(片倉城址公園に隣接する参道)

社殿

初めて観る「算額」 (詳細は、ネットで検索)
神社には、嘉永四年(1851年)川幡元右衛門泰吉および、その門人が「数学の実力がつきますように」という祈願された算額が奉納されている。

----------------------------------------------------------
  「原町田 母智丘神社
母智丘神社は、
町田市原町田にある神社。母智丘神社は、日向国の北諸県郡庄内(宮崎県西都城北方5㎞)の石峯山上に鎮座する母智丘大神を感得して自宅内に奉斎した。原町田七福神の弁財天が鎮座している。
----------------------------------------------------------参拝日2018/02/20
ご朱印と、

小さな鳥と社名の板標と原町田七福神・弁財天の幟旗と、 鳥居を抜けて住宅の中の参道を抜けると社殿が見える

社殿                      拝殿

天皇陛下御即位三十年の幟旗が掲げられている。

裏門でしょうか、裏門から眺めた本殿

----------------------------------------------------------
  「座間 鈴鹿明神社
座間市に鎮座する神社。
戦前の近代社格制度(旧社格)においては郷社に列しており、現在では神奈川県神社庁による献幣使参向神社(同県神社庁指定神社)となっている。
----------------------------------------------------------参拝日2018/02/07
ご朱印

大鳥居と、                   長い直線の参道と灯鐘

重厚な社殿(拝殿と向拝)

以上
コメント; 
コメント