気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

日光 日光東照宮(神厩舎(三猿))

2018-06-07 | 神社 東北
有名な三猿の彫刻、少し重量感がなくなった。

おはよう、
今日(180515)は、福島帰省の途中、日光・日光東照宮を参拝、拝観しました。「日光東照宮」の「真新しい陽明門」を拝観するためです。まず車を「日光東照宮大駐車場」に停め、「世界遺産 日光の社寺(二荒山神橋、日光山輪王寺、日光東照宮、二荒山神社)」を巡りました。
日光山輪王寺」を後にして、「日光東照宮」へ

下の写真は、「三猿」をまとめました。
三猿(さんざる、さんえん)とは、
3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠している意匠である。「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の3つの秘密を示しているとされる。「論語」に「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)という一節がある。一説に、こうした「不見・不聞・不言」の教えが!!!。三猿のモチーフは、庚申塔にも多く三猿が彫り込まれている。
(出典元:ネット情報)

三猿」の修理完成記念色紙(写真に撮りました)

神厩舎」の周りのお猿さんの彫刻像の説明が掲示されています。(8種類) 人間の正しい生き方を猿になぞらえて描いている、とも言われています。奥が深いですね!!!。

では、「神厩舎」を中心に境内を、
陽明門を背景に記念写真を撮っています。(だんだん多くの見学者が訪れて来ました)

陽明門」を中央に、

神厩舎
神厩舎(しんきゅうしゃ)とは、神様に仕える神馬のための厩舎です。三猿は、この神厩舎に取り付けられている彫刻です。なぜ厩舎に三猿なのかというと、馬の病気を猿が治す、と言われているからだそうです。

正面(5種類)と右側面(3種類)

右側面の彫刻像が観忘れる場合が多いです。(要注意)

三猿」を拡大

b

神厩舎」の側面の彫刻像を拡大(1)

写真付きの説明紹介(写真を撮りました)(1)。

2

神厩舎」の側面の彫刻像を拡大(2)

写真付きの説明紹介(写真を撮りました)(2)。

2

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 日光東照宮(国宝 陽明門)

2018-06-06 | 神社 東北
陽明門

おはよう、
今日(180515)は、福島帰省の途中、日光・日光東照宮を参拝、拝観しました。「日光東照宮」の「真新しい陽明門」を拝観するためです。まず車を「日光東照宮大駐車場」に停め、「世界遺産 日光の社寺(二荒山神橋、日光山輪王寺、日光東照宮、二荒山神社)」を巡りました。
日光山輪王寺」を後にして、「日光東照宮」へ

下の写真は、「陽明門」をまとめました。
2013年(平成25年)7月から修復工事(平成の大修理/再建)行われていましたが、2017年(平成29年)3月、無事に工事が終了しました。
表門を通り抜け、神厩舎(三猿)を抜け、「銅鳥居」を抜けると「豪華春蘭な陽明門」へ。


「銅鳥居」
豪華春蘭
陽明門」の正面、石階段

2

3

「陽明門」に掲げられている「東照大権現」の名の扁額

絢爛豪華な威容を回復されています。

2

3

魔除の逆柱

随身像」;随身像を建ててある門を随身門と呼ぶそうです。明智光秀像!!!
俗に「矢大神」「左大神」と呼ばれています。
右大臣の随身像と、               左大臣の随身像

天井に龍の絵画
これらの龍は別名を持っており、昇り龍は別名で「八方睨みの龍」降龍は別名で「四方睨みの龍」と呼称されています。
降龍画と、                   昇龍画

白塗りの獅子の彫刻像

陽明門」をしたから見上げた眺め(1角)

境内からの「陽明門」の眺め

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 二荒山神社を参拝

2018-05-29 | 神社 東北
おはよう、
今日(180515)は、福島帰省の途中、日光東照宮周辺をめぐり参拝、拝観しました。「日光東照宮」の「真新しい陽明門」を拝観するためです。まず車を日光東照宮大駐車場に停め、「世界遺産 日光の社寺(二荒山神橋、日光山輪王寺、日光東照宮、二荒山神社)」を巡りました。
日光東照宮」を後にして、「二荒山神社」へ
-------------------------------------------------------------
社格     式内社(名神大)論社、下野国一宮、 旧国幣中社、別表神社
神体     日光三山(神体山)     
社号     二荒山神社
正式名称   二荒山神社    (通称:日光二荒山神社) 
御祭神    二荒山大神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の総称)    
コメント   3エリアに分散されている、本社( 日光の社寺最奥に鎮座)、中宮祠(中禅寺湖畔に鎮座)、
       奥宮(男体山山頂に鎮座)
       日光三山は男体山(なんたいさん:古名を「二荒山(ふたらさん)」)・女峯山(にょほうさん)・
       太郎山からなり、二荒山神社ではそれぞれに神をあてて祀っている。
       境内は、華厳の滝・いろは坂・日光連山が含まれ日光国立公園の中枢をなし、伊勢の神宮に次ぐ広大な神域を有します。
-------------------------------------------------------------参拝日2018/05/15
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、
日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。正式名称は「二荒山神社」であるが、宇都宮市の二荒山神社(宇都宮二荒山神社)との区別のために地名を付して「日光二荒山神社」と称される。古くは「日光三社権現」と称された。ユネスコの世界遺産に「日光の社寺」の構成資産の1つとして登録されている。(出典元:ネット情報)

日光二荒山神社」の案内板標

上神道」(かみしんみち)、生気の通り道(龍道)です。
新緑に覆われた、長い石灯籠が並んでいる参道(東照宮から二荒山神社に続く参道)
杉の並木道で、清々しい気を感じられる道です!


上神道」(かみしんみち)からの参道
「楼門」と、     「二荒山神社」の名の社号標の石柱標


「魔除け大黒」 楼門を通り抜けると、右側に鎮座しています。

裏門の「銅鳥居!!!」

「下神道」(しもしんみち)からの参道
こちら側が表門、社号標、鳥居、神門が見えます。「下野国一宮 二荒山神社」の名の石柱標

「神門」

「大鳥居」、 大鳥居に掲げられている「二荒山神社」の名の扁額

「縁結びのご神木(願い杉)」(杉楢一緒に(好きなら一緒に))

「手水舎」

「社殿」(拝殿(中に入ることができます。)+本殿)

「社務所」

社務所の入口前にある「さざれ石」

「神楽殿」
狛犬
良縁結び

狛犬

「神楽殿」の中に安置されている大黒天さま

二荒山神社の神職(宮司)の装束姿の神事に遭遇
神職(しんしょく)とは、神道、神社において神に奉仕し祭儀や社務を行う者のことです。

下神道」(しもしんみち)からの参道
新緑に覆われた、杉並木の参道(二荒山神社から東照宮に続く参道)
杉の並木道で、清々しい気を感じられる道です!
「日光輪王寺 旧宝物館!!!」

駐車場に戻る「下神道」参道からの五重塔(見事な五重塔の外観、景観)

二荒山神社参拝後の帰り参道から日光東照宮の正面を通り抜ける。(駐車場へ)

以上
コメント;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 日光東照宮 奥宮(徳川家康公の霊廟)

2018-05-26 | 神社 東北
おはよう、
今日(180515)は、福島帰省の途中、日光東照宮周辺をめぐり参拝、拝観しました。「日光東照宮」の「真新しい陽明門」を拝観するためです。まず車を日光東照宮大駐車場に停め、「世界遺産 日光の社寺(二荒山神橋、日光山輪王寺、日光東照宮、二荒山神社)」を巡りました。
「日光山輪王寺」を後にして、「日光東照宮」へ
-------------------------------------------------------------
社格     別格官幣社
社号     東照宮
正式名称   東照宮 奥宮
御祭神    徳川家康公
コメント   日光東照宮の本殿の裏には、奥宮(奥社)が存在し、そこには、徳川家康公のお墓があります。
       日光の深い森の中をすすむ石畳や石段も神聖な雰囲気が漂います。近代的なものが一切ない空間なので古き時代に
       タイムスリップしたかの様な感覚になります。
-------------------------------------------------------------参拝日2018/05/15
日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、
日本の関東地方北部、日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多い。
奥宮(奥社)
こちらが日光東照宮の徳川家康が埋葬されているの墓の上に建てられた宝塔です。拝殿なども含めて奥宮あるいは奥社と呼ばれており日光東照宮の中でも標高の最も高い位置になります。久能山東照宮は、今も徳川氏祖廟として尊ばれています。
奥宮への入口にあたる東回廊にある入口で、この入口の上に「眠り猫」の彫刻があることで有名な場所です。入口の奥に「坂下門」があり、ここから奥宮への石段を登り始めます。よく「日光は江戸の鬼門に当たる」あるいは「江戸の鬼門に寛永寺が建立されその延長線上には日光がある」と云われます。(出典元:ネット情報)

「東廻廊」
入り口の門に彫られた「眠り猫

眠猫」の彫刻と、     天井の絵画


「坂下門」
この門を潜り石段を約二百段登ると奥宮、家康公の御墓所がある。
入口正面

石階段からの眺め

参道 約207段の静寂な石畳と石階段
一段毎に一枚石を用いられています。
鳥居に掲げられている徳川家康の神号「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」の名の扁額

奥宮への途中の石階段から

「奥宮」
拝殿 

拝殿全景


狛犬

徳川家康公の霊廟 敷地
「唐門」、こちらが鋳抜門(いぬきもん)と御宝塔です。石造りの玉垣の中心に御宝塔があります。


「奥宮、御宝塔(御墓所)」、呼び方はいろいろ、「奥宮御宝塔」
正面から
何故か御宝塔の前に「鶴と亀」の彫刻像!!!

反対側から

四方からの眺め

「叶杉(ご神木)「」
これは叶杉(かのうすぎ)です。説明文には「諸々の願い事をこの杉のほこらに向かって唱えると願い事が叶うと伝えられている」とありました。


参道に咲く野草

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 二荒山神橋

2018-05-24 | 神社 東北
神橋」の全景

おはよう、
今日(180515)は、福島帰省の途中、日光東照宮周辺を参拝、拝観しました。「日光東照宮」の「真新しい陽明門」を拝観するためです。まず車を日光東照宮大駐車場に停め、「世界遺産 日光の社寺(二荒山神橋、日光山輪王寺、日光東照宮、二荒山神社)」を巡りました。

神橋」は、
二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋です。。
山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては我国唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の1つに数えられています。
(出典元:ネット情報)
--------------------------------------------------------------
社格
社号     日光 二荒山(ふたらさん)神社
正式名称   日光 二荒山神社 神橋  (橋姫神社)
御祭神    橋姫神
コメント   いくつかの拝観エリアがあります。
       橋の守り神「橋姫神」、一枚岩、杉丸太渡り、なで石、鳥居、新緑に映える朱塗りの二荒山神社神橋
       神橋のご朱印があるそうです。
--------------------------------------------------------------拝観日2018/05/15
二荒山神橋」の石柱標

正面の鳥居(少し時間が早く門が開いていなかった、受付所からの眺め、日光橋からの眺め)、次回は渡橋をしたい。

2

聖地日光の表玄関を飾るにふさわしい朱塗に映える美しい「神橋

2

3

4

日光物産商会(日光食堂本店)金谷ホテルベーカリー 神橋店(神橋の隣)

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加