気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

鎌倉ぐるり巡り のハイライト編

2017-12-04 | 鎌倉
おはよう、
今日(171204)は、過去(2015)、鎌倉を訪れた中で、思い出の写真を再します。長谷寺の紅葉ライトアップ(2016)の情報は、「自由・気ままなぶらり散歩&散策あるばむ」へ投稿しています。

鎌倉・長谷寺
山門と、     「長谷観音堂

鎌倉・光則寺」の
境内に鉢植えされていた「ウサギ苔
「ウサギ苔」の花の形は、ウサギの顔のように見えるところから、呼ばれている。(名づけられた)


以上
コメント;
コメント

鎌倉 御霊神社前の江ノ電踏切と紫陽花

2017-08-12 | 鎌倉
おはよう、
今日(170812)は、2015年に訪れた、鎌倉・御霊神社前の「江ノ電の踏切付近の紫陽花と江ノ電の新旧の電車」を入れてみました。
御霊神社の社殿(拝殿+本殿)は今回省略しました。

新型のカラフルな江ノ電・電車

旧型の懐かしい江ノ電・電車(小生は、旧型が非常に懐かしい)

踏み切り周辺の紫陽花(交通監視員が常時見ている。それだけ、観光客がこの時季は訪れる)

以上
コメント;
コメント

鎌倉 妙本寺

2017-08-10 | 鎌倉
おはよう、
今日(170810)は、2015年に訪れた(鎌倉三十三観音巡りの最中の一コマ)、鎌倉の神社・仏閣の一部を再します。(妙本寺)今日は猛暑で我が家の室内も33度を超えました。クーラーが一人頑張っています。
(昨今、用事が立て込んでおりぶらり日帰り散歩が中断しています)
妙本寺(みょうほんじ)」は、
鎌倉市大町にある、日蓮宗の本山(霊跡寺院)。山号は長興山。鎌倉駅に近い場所である。(徒歩5分程度)

参道を進むと、緑と「二天門」のコントラスが非常に映える。(彫刻が素晴らしかった:正面上の彫り物や柱の隅につく象鼻といわれる彫物)。)

広い境内の向うに堂々とした祖師堂がある。(本堂は、手前にある。)

以上
コメント;
コメント

鎌倉十橋(再投稿)

2017-07-08 | 鎌倉
早いもので、投稿してから1ヶ年が経ちます。時の進む感覚が速く感じられる。
おはよう、
今日(170708)は、2016年に投稿した「ぶらり散歩・神社仏閣巡り」の中で、足を運んだ史跡を再投稿します。今回は、「鎌倉十橋・鎌倉地域に散在する「橋」」を観て回った。鎌倉では「鎌倉十橋」と呼ばれ、皆さんから親しまれている。大方は、神社、寺院の傍に点在する。
鎌倉十橋」は、十個の橋を指し、あと1ケ所残っている(針磨橋(はりすりばし))。早い中に探し観たい。

投稿は、順不同である。
皆さん探観してはいかがでしょうか!!!
十王堂橋と、     逆川橋     
 
裁許橋と、     筋違橋
 
歌の橋と、     乱橋     
 
琵琶橋と、    勝の橋(現在は、この橋標の石柱のみ)
 
夷堂橋


以上
コメント;
コメント

鎌倉十井(再投稿)

2017-07-06 | 鎌倉
おはよう、
今日(170706)は、2016年に投稿した「ぶらり散歩・神社仏閣巡り」の中で、足を運んだ史跡を再投稿します。今回は、「鎌倉十井・鎌倉地域に散在する「井戸」」を観て回った。鎌倉では「鎌倉十井」と呼ばれ、皆さんから親しまれている。大方は、神社、寺院の傍に点在する。
鎌倉十井」は、十個の井戸を指すが、現在は、8ヶ所が観れる、2ヶ所は、民家の敷地内(扇ノ井)、崩落の危険(棟立ノ井(非公開))があり、観ることができない。

投稿は、順不同である。
皆さん探観してはいかがでしょうか!!!
瓶ノ井と、     六角ノ井
 
鉄ノ井
 
底脱ノ井と、     泉ノ井
 
銚子ノ井と、     甘露ノ井
 
星ノ井

以上
コメント;



コメント