気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録

神社・仏閣、史跡などぶらり散歩・旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)

ご朱印帳 Ver.3.1

2016-12-31 | 日記
----------------------------------------------------------
➡  追加
Ver3.1   2016-12-19   参拝 西新井大師                参拝日2016-12-18
Ver3.0   2016-12-14   参拝、拝観した神社・寺院のご朱印を追加
       渋谷区 明治神宮                           参拝日2016-12-9
       世田谷区 九品佛浄眞寺 九品阿弥陀如来           参拝日2016-12-9
       北鎌倉 東慶寺 水月観音菩薩                  参拝日2016-12-1
       北鎌倉 浄智寺 本尊 雲華殿 三仏殿             参拝日2016-12-1 
Ver2.0   2016-10-18、19 参拝した神社・寺院のご朱印を追加
       奥日光 日光山中禅寺(立木観音)                参拝日2016-10-18
       喜多方 新宮熊野神社長床                     参拝日2016-10-19
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------
秋の花の代表である、「曼珠沙華」が色々な所々で満開を迎える。
「曼珠沙華=彼岸花」    場所:座間かにが沢公園     撮影日2016-9-17

----------------------------------------------------------
 ➡ 再投稿
観音さま巡り、神社・仏閣参拝‥、進めてきた。そのとき購入した「ご朱印帳」を整理しました。昨今振り返るとまたその時の様子を思い出す。

1 本来分けるべきか一緒でも良いのか!!!
  私は、神社朱印帳と寺院朱印帳を分けるのが良いと思う。神社用、仏閣用、地域別等自分で工夫してはいかがでしょうか!!!
  今は、札所巡りは、単独、その他は神社・仏閣一緒です。いろいろな使い方がある。
  神社仏閣で嫌がるところもあるので、(ご朱印を頂く前に確認要)
2 宗派によって朱印帳を分けるという習慣はない。
  四国八十八箇所も西国三十三箇所も宗派が入り乱れていますが、1つの朱印帳。
  鎌倉三十三観音、江戸三十三観音でも宗派は入り乱れている。特に注意を受けたことはない。
3 分けなければならない根拠はない。

ご朱印帳」:
複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を「朱印帳(しゅいんちょう)」、御朱印帳(ごしゅいんちょう)、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職、氏子などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれることが多く、その墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。なお、寺社名や本尊を墨書せずに、寺社名や本尊の入った印章(スタンプ)を押すいわゆる「版木押し」であったり、事前にあらかじめ「書き置き」した別紙、または墨書や版木押しを複写した別紙(印刷したもの)を渡されるもしくは貼り付けられる寺社もあるが、これらは納経帳が現れ始めた江戸時代から存在するものである。
朱印」:
御朱印」は、本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印でした。それがいつの頃からか(一説には江戸時代後期)納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになった。これがやがて神社にも広がり、今では多くの寺社で頂けるようになった。朱印(しゅいん)は、主に神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として「御朱印(ごしゅいん)」とも呼ばれる。
御朱印集めの始まりは、「お遍路さん」で有名な四国八十八カ所霊場巡りなどの霊場巡礼にある。霊場巡礼とは、あらかじめ決められている札所(お寺)を順番に巡り、その全てを巡り終えると願いがかなうという参拝の仕方です。(出典元:ネット情報)

ぶらり日帰り散歩・散策で、神社・仏閣の参拝、拝観共通のご朱印帳として使っている」 鎌倉・長谷寺で購入(蛇腹式のもの)数種類あり


平泉・関山中尊寺 塔頭(お堂)関山中尊寺・金色堂 ご朱印帳」を購入(折り本;蛇腹式のもの)
関山中尊寺の境内には、塔頭(お堂)が十数個ある。特に、中尊寺金色堂で販売しているご朱印帳は、特別なもの。両開き(2ページ)の大きさのご朱印である。(関山中尊寺で頂くご朱印と、東北地方の神社・仏閣で頂くご朱印のご朱印帳として使用している)
ご朱印帳の表紙裏表紙と、     ご朱印帳カバー     

ご朱印帳に記載されているご朱印と、     印形に附す説明


江戸三十三観音 ご朱印帖」 札所一番 浅草寺で購入(折り本;蛇腹式のもの)数種類あり
因みに、江戸三十三観音巡りは、残すところは満願報告のみ。(長野 信州善光寺への満願報告のみとなった。)


鎌倉三十三観音 ご朱印帳」 札所一番 杉本寺で購入(4穴紐綴じ式のもの) 数種類あり
因みに、鎌倉三十三観音は、結願し、「長野 信州善光寺」への満願報告も済んでいる。



主な神社・仏閣でご朱印を頂いたもの(順不同)
神社編



--------------------------------------------------------
東京・渋谷区 明治神宮」 参拝
明治神宮(めいじじんぐう)は、東京都渋谷区にある神社。明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。初詣では例年日本一の参拝者数を誇る。正式な表記は「宮」の「」の中間の線が入らない「明治神宫」。現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う「神楽殿」、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」・「宝物殿」、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」・「武道場至誠館」などがある。
福島・喜多方 新宮熊野神社」 参拝
新宮熊野神社(しんぐうくまのじんじゃ)は、福島県喜多方市にある神社。「新宮」と称しているが、本宮・新宮・那智の熊野三山を祀っている。旧社格は県社。国の重要文化財に指定されている熊野神社長床(くまのじんじゃながとこ)と呼ばれている拝殿がある。現在は、長床のほか、熊野三社本殿、文殊堂、観音堂が残されている。また、長床前にある大イチョウは高さ30m・根本周り8.1mで樹齢は600年といわれ、喜多方市天然記念物に指定されている。
山形・上杉神社」 参拝
上杉神社(うえすぎじんじゃ)は、山形県米沢市にある神社。松が岬公園(米沢城址)に位置し、上杉謙信を祀る。旧社格は別格官幣社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
鎌倉・鶴岡八幡宮」 参拝
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)は、神奈川県鎌倉市にある神社。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。別称として「鎌倉八幡宮」とも呼ばれる。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では知名度が高く、近年では「三大八幡宮の一社」に入る。

仏閣編





---------------------------------------------------------
足立区 西新井大師(總持寺) 」 参拝、 本尊:十一面観世音菩薩、弘法大師
總持寺(そうじじ)は、東京都足立区西新井にある、真言宗豊山派の寺である。西新井大師(にしあらいだいし)の通称で広く知られる。山号を五智山と称し、寺名は詳しくは五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)と称する。古くから「関東の高野山」とも呼ばれていた。
世田谷区 九品佛浄眞寺」 参拝、 本尊:阿弥陀如来
浄真寺(じょうしんじ)は、東京都世田谷区ある、浄土宗の寺である。山号は「九品山」。「九品仏」(くほんぶつ)とは、一義的には、後述のとおり同寺に安置されている「9体の阿弥陀如来像」のことである。
北鎌倉 東慶寺」 参拝、本尊:釈迦如来
東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。。「水月観音菩薩坐像」は、神奈川県指定文化財(彫刻〈有形文化財〉の指定。「木造彩色 水月観音坐像」で、水月堂に安置する。 日本での一般的な仏像とは異なり岩にもたれてくつろいだ姿勢をとる。
北鎌倉 浄智寺」 参拝、本尊:曇華殿(三世仏(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来))
浄智寺(じょうちじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院。臨済宗円覚寺派に属する。鎌倉五山第四位。山号を金宝山(きんぽうざん)と称する。三世仏は、それぞれ過去・現在・未来を象徴する。境内は「浄智寺境内」として国の史跡に指定されている。
奥日光 日光山中禅寺」 参拝、本尊:十一面千手観音菩薩(通称:立木観音、国重文)
中禅寺(ちゅうぜんじ)は栃木県日光市の中禅寺湖畔・歌ヶ浜にある天台宗の寺院である。世界遺産に登録された日光山輪王寺の別院であり、坂東三十三観音霊場の第十八番に位置付けられている。特別御開帳期間であった。平成28年7月31日より、秘仏「吉祥天像」を初公開していた。吉祥天様の「吉祥」とは「幸福」を表しており、災いを除いて幸福をもたらす仏様で、左手にお持ちの宝珠の形をした御札です。「財守」「美守」は、そのまま「財」と「美」を授けていただく御守です。
松島・瑞巌寺」 参拝、本尊:聖観世音菩薩
瑞巌寺(ずいがんじ)は、宮城県宮城郡松島町の「日本三景・松島」にある臨済宗妙心寺派の寺院である。松島青龍山瑞巌円福禅寺(しょうとうせいりゅうざん ずいがんえんぷくぜんじ)。伊達政宗の菩提寺である瑞巌寺。
鎌倉・長谷寺」 参拝、本尊:阿弥陀如来坐像、鎌倉六阿弥陀
長谷寺(はせでら)は、神奈川県鎌倉市にある浄土宗系統の単立寺院。山号を海光山、院号を慈照院と称し、「長谷観音」と通称されている。本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂。鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地。花の寺:紫陽花が有名。 
北鎌倉・円覚寺」 参拝、本尊:宝冠釈迦如来坐像、瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)と号する。臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位。山門、仏殿、方丈などが並ぶ典型的な宗の禅寺様式。その他、円覚寺境内には現在、19の塔頭がある。帰源院、雲頂庵、黄梅院、臥龍庵、済蔭庵、寿徳庵、昌清院、正続院、正伝庵、松嶺院、蔵六庵、続燈庵、伝宗庵、如意庵、白雲庵、「仏日庵」、冨陽庵、龍隠庵 桂昌庵。
鎌倉・覚園寺」 参拝、本尊:薬師三尊、薬師如来坐像
覚園寺(かくおんじ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある真言宗泉涌寺派の仏教寺院である。山号を鷲峰山(じゅぶせん)と称する。
鎌倉・高徳院」 参拝、本尊:阿弥陀如来像、「鎌倉大仏」、「長谷の大仏」、大異山高徳院清浄泉寺(しょうじょうせんじ)と号する。高さ11.31mの大仏は鎌倉で唯一の国宝。

不動尊編

--------------------------------------------------------
福島・中野不動尊」 参拝、「日本三不動の一つ」である。厄除(やくよけ)・眼守(がんしゅ)・三ヶ月(みかづき)の三不動明王が祀られて、願いが真剣であれば願うことはどんなことでも叶えられる。

史跡、城跡編

--------------------------------------------------------
福島・鶴ヶ城:会津若松城」 登閣記念、「日本100名城の一つ
若松城(わかまつじょう)は、福島県会津若松市追手町にあった「日本の城」である。地元では鶴ヶ城(つるがじょう)と言うが、同名の城が他にあるため、地元以外では「会津若松城」と呼ばれることが多い。文献では旧称である黒川城(くろかわじょう)、または単に会津城とされることもある。国の史跡としては、「若松城跡(わかまつじょうあと)」の名称で指定されている。


以上
コメント;
コメント

2016(38ヶ所) 戴いたご朱印 Ver.3.1

2016-12-31 | 日記
----------------------------------------------------------
➡ Ver.3.1 2016-12-24 東淵野辺・龍像寺のご朱印を頂戴しました。 2016-12-24
➡ Ver.3.0 2016-12-19 西新井大師のご朱印を頂戴しました。     2016-12-18
➡ Ver.2.0 2016-12-15 4つのご朱印を追加
  北鎌倉・浄智寺、東慶寺                      2016-12-1
  世田谷区・九品佛浄眞寺                      2016-12-9
  渋谷区・明治神宮                           2016-12-9
----------------------------------------------------------
おはよう、
あることから、神社・仏閣の参拝、拝観巡りを開始しました。その中で「鎌倉三十三観音」、「江戸三十三観音」、「津久井四十三観音」については個別に整理しました、その他・一括括りとして、ご朱印を頂いたものについて整理しました。地域別に整理アップします。
ご朱印」:
「御朱印」は、本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印でした。それがいつの頃からか(一説には江戸時代後期)納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになった。これがやがて神社にも広がり、今では多くの寺社で頂けるようになった。朱印(しゅいん)は、主に神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として「御朱印(ごしゅいん)」とも呼ばれる。
御朱印集めの始まりは、「お遍路さん」で有名な四国八十八カ所霊場巡りなどの霊場巡礼にある。霊場巡礼とは、あらかじめ決められている札所(お寺)を順番に巡り、その全てを巡り終えると願いがかなうという参拝の仕方です。(出典元:ネット情報)

日本地方区分を8ブロックに分けました。
1.北海道

2.東北
岩手平泉・中尊寺讃衡蔵(一字金輪佛頂尊) 特別御開帳でご朱印を拝観後頂いた。と、     岩手平泉・毛越寺

岩手平泉・中尊寺大日堂と、     岩手平泉・中尊寺讃衡蔵と、     岩手平泉・中尊寺峯薬師堂(願成就院)と、     岩手平泉・中尊寺白山神社

岩手平泉・中尊寺金色堂と、     岩手平泉・中尊寺本堂と、     岩手平泉・中尊寺経蔵

栃木日光・中禅寺と、     福島喜多方・新宮熊野神社長床

宮城松島・圓通院と、     宮城松島・瑞巌寺と、     福島・慈徳寺(種まきしだれ桜)

福島西会津・大山祇神社と、     福島会津美里・伊佐須美神社と、     福島・若松城(鶴ヶ城;登閣記念)

会津三ころり観音(福島・弘安寺、福島・妙法寺、福島・恵隆寺)
会津六詣で巡り (福島・伊佐須美神社、福島・大山祇神社、福島・圓蔵寺、福島・弘安寺、福島・妙法寺、福島・恵隆寺)
福島会津若松・弘安寺と、     福島会津若松・妙法寺と、     福島会津若松・恵隆寺と、     福島西会津・圓蔵寺


3.関東
中央区・東淵野辺 龍像寺と、     世田谷区・九品佛浄眞寺と、     渋谷区・明治神宮と、     足立区・西新井大師

原町田・町田天満宮と、     原町田・宗保院と、     北鎌倉・浄智寺と、     北鎌倉・東慶寺

千代田区九段北・靖国神社と、     相模原中央区・亀ヶ池八幡宮と、     相模原中央区・氷川神社と、     葛飾区柴又・帝釈天(題経寺)

浅草・浅草神社と、     相模原緑区・普門寺と、     鎌倉・妙高院(ご朱印帳に記載頂く)と、     巣鴨・高岩寺(とげぬき地蔵)と、     


4.中部

5.近畿

6.中国

7.四国

8.九州
以上
コメント;
コメント

2015(17ヶ所) 戴いたご朱印

2016-12-31 | 日記
おはよう、
あることから、神社・仏閣の参拝、拝観巡りを開始しました。その中で「鎌倉三十三観音」、「江戸三十三観音」、「津久井四十三観音」については個別に整理しました、その他・一括括りとして、ご朱印を頂いたものについて整理しました。地域別に整理アップします。
ご朱印」:
「御朱印」は、本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印でした。それがいつの頃からか(一説には江戸時代後期)納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになった。これがやがて神社にも広がり、今では多くの寺社で頂けるようになった。朱印(しゅいん)は、主に神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として「御朱印(ごしゅいん)」とも呼ばれる。
御朱印集めの始まりは、「お遍路さん」で有名な四国八十八カ所霊場巡りなどの霊場巡礼にある。霊場巡礼とは、あらかじめ決められている札所(お寺)を順番に巡り、その全てを巡り終えると願いがかなうという参拝の仕方です。(出典元:ネット情報)


日本地方区分を8ブロックに分けました。
1.北海道

2.東北
山形米沢・上杉神社と、     福島飯坂・天王寺と、    福島飯坂・医王寺と、     福島飯坂・中野不動尊(大正寺)  


3.関東
台東区・上野東照宮と、     鎌倉・鎌倉宮(大塔宮)と、     鎌倉・安国論寺と、     台東区・湯島天満宮(湯島天神)   

墨田区・白鬚神社と、     鎌倉・鶴岡八幡宮と、     鎌倉・高徳院(鎌倉大仏)と、     山梨・冨士山小御嶽神社

相模原緑区・梅宗寺と、     北鎌倉・円覚寺と、     鎌倉・長谷寺と、     鎌倉・覚園寺


4.中部
長野・信州善光寺


5.近畿

6.中国

7.四国

8.九州

以上
コメント;
コメント

中央区・東淵野辺 淵源山・龍像寺 PartⅡ

2016-12-26 | 仏閣 相模原
おはよう、
今日(161224)は、「境川サイクリングロード」を「ぶらり日帰り散策」をしてきました。途中、「龍像寺」に立ち寄りました。前回(9月30日)は都合悪く、「ご朱印」を頂戴していなかったので、再参拝、拝観をしました。今回、お寺の方に、観音様を拝観できることを教えて頂きました。観音堂の正面観音開き扉に「2つの覗き窓」があり、覗くと堂内がライト点灯し、観ることができるとのこと。
----------------------------------------------------------
再参拝、拝観日2016-12-24
JR渕野辺駅と古淵駅の、ほぼ中間にある閑静な曹洞宗の古刹である。
----------------------------------------------------------
ご朱印
(聖観世音菩薩と書かれている)
龍像寺」の山門、本堂正面と、     山門拡大、扁額(淵源山)    

新旧の山門、旧山門(裏木戸)は通り抜け厳禁。

石燈籠、香堂、本堂、扁額(龍像寺


旧山門付近からの本堂外観の眺め

観音堂


観音様の石像が安置されている。と、     南無大慈観世音菩薩像と、     観音堂に行く少し上り坂のコンクリートの階段あり

寺務所内に「韋駄天」像が安置されている。、またお寺の方に色々なお話を頂きました。(京都清水寺住職が来られ、講話開催、自筆の色紙を頂いたこと、韋駄天の逸話など)

ライトアップにより様々な表情がうかがえる。


鐘楼


境内には、色々な石仏像が観られる


六地蔵

身代わり地蔵(延命地蔵!!!)

観音様の石像!!!

「龍像寺」の近くに「木曽西かわせみ公園」がある。公園の脇の小川には落葉で覆われていた。水は流れて、「カワセミ「が棲みつく環境!!!」 「カワセミ」は、町田市の鳥、昔の境川が流れていた。

以上
コメント;



コメント

中央区・東淵野辺 淵源山・龍像寺

2016-12-26 | 仏閣 相模原
-----------------------------------------------------------
➡  再投稿
   今回再参拝し、ご朱印を頂戴してきました。            参拝日2016-12-24
   詳細内容は、「中央区・東淵野辺 淵源山・龍像寺 PartⅡ」を閲覧願ます。
-----------------------------------------------------------
境川サイクリングロード」をぶらり散歩してきました。古淵駅方面へ境川の「境橋」を南南西方向に上る、「龍像寺坂」の石柱を発見、気になりその先の「龍像寺」を訪問しました。広大な敷地であり、威厳を放っている寺院である(美しくかなり裕福なお寺に見える。🚻も茶室風な建物)。JR横浜線・淵野辺駅から徒歩約13分位の場所にある。

龍像寺」は、
JR横浜線古淵駅より北西へ700m、境川沿いにある曹洞宗の寺院である。かつて境川に住みついていた「大蛇」を淵辺義博が退治したところ、大蛇の体が「頭」、「胴」、「尾」の3つに切り落とされて飛散。このため、大蛇の怨霊を鎮めようと、頭が切り落とされた場所に「龍頭寺」、胴が落ちた場所に「龍像寺」、尾が落ちた場所に「龍尾寺」がそれぞれ建立された。
龍像寺坂」は、
龍像寺(りゅうぞうじ)の山門につづいているのでこの名が付いた。また昔は「おお坂」とも呼ばれていた。
----------------------------------------------------------
山号     淵源山                         参拝日2016-09-30
寺院号    龍像寺
正式名称  淵源山 龍像寺
本尊     釈迦如来
宗派     曹洞宗
ご本山    永平寺(福井県)、總持寺(神奈川県)
札所本尊  聖観世音菩薩
        武相卯歳観音霊場四十八ヶ所 第四十八番札所
----------------------------------------------------------
「龍像寺」への案内、宗派標、山号標、寺院号標の石柱

龍像寺」の案内板

「龍像寺坂」の表札の石柱

淵源山 龍像禅寺」の山号標・寺院号標の石柱

駐車場側から眺めた山門、本堂


本堂側から眺めた山門(裏)

山門(壮大な門構え)と、     山門を通しての本堂


山門に掲げられた「淵源山」の扁額

本堂正面

砂利を敷き詰めた境内には、庭園風の植栽と石灯篭・岩が配置されている。

本堂に掲げられた「龍像寺」の扁額

本堂の扉に彫られている彫刻物

多宝塔、石橙

鐘楼

本堂の外観

境内の様子 客殿、手水舎、鐘楼、境内の池(水は入っていない)

山手に六角堂の観音堂

観音堂の周りには、お釈迦様の一生を彫った石版があり、十大弟子像も祀られていた。

観音堂を囲む石像


観音さまの石造観音像(七観音像が安置されていた。)





観音像(南無大慈観世音菩薩像)

六地蔵尊(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道で、衆生を救済するという。)

庚申供養塔

身代わり地蔵尊

和みの石像

以上
コメント;
コメント