海の見えるレストランでパスタを食べる会(愛称:海パスタの会)

みんなでレストランを作ることを目標に、「千葉市の海岸沿いをおしゃれで楽しく憩える空間にしようという街づくりの会です

2012年6月2・3日(土・日)「検見川の浜の自然展」

2012-06-13 01:33:50 | イベント報告

5月26日「はおさかなさばき教室」で、6月10日は「野外料理フェスタ」参加で、スタジオ検見川の浜を3週連続開館できないことになるので、急きょ6月2・3日にイベントを組んだ。

こういうとき、いつも写真を撮りためておられるO氏のお力をお借りできるのはありがたい。

今回もホットな写真をたくさんもってきてくださった。

 幕張海岸のハマボウフウ。下は立ち入り禁止の看板のなくなった幕張海岸の突堤。

 (おまけ)先日の金環日食。

 今(6月2日ごろ)検見川の浜に咲いている「シャリンバイ」とその後につく実。

 上は稲毛海岸にある「ツルナ」沖縄では浜ホウレンソウとよびます。食べられます。下は検見川の浜の「オカヒジキ」食べられます。

 

 上は検見川の浜の「コウボウシバ」。下は「コウボウシバ」の花・・稲毛の浜でみられます。

 上はヨットハーバーの入り口のひさし下のイワツバメ。下は高洲図書館前のセブンイレブンの壁の「ツバメ」。イワツバメの巣は入り口がわかりにくい。

 樹木の名前の看板があります。探してみてください。下は海浜大通り沿いのハマヒルガオ

 豊砂海岸のハマヒルガオ。下も。2年前はもっと砂がありました。

  検見川の浜の貝も展示。「あ」行「か」行と貝がケースに入っています。

   大盛況。

6月3日は貝の名前調べで子供たちが列をなしたとのこと。

検見川の浜は埋め立てに使われた土に混じった化石の貝と生きた貝の両方が拾えるところで、種類がとても多いです。

 

コメント

お魚さばき方教室(2012年5月26日 船橋漁港にて)

2012-06-06 04:48:32 | イベント報告

良い天気でした。

お魚さばき方教室は船橋漁港のダイサンって会社の構内で行われました。

先生はとなりに昨年まであった三井ガーデンホテルの総料理長だった斉藤シェフ。  

参加者は20名。毎月第三土曜日に開かれていますが、今日は「夢鯨」と「海パスタ」主催で特別開催。

最初はひれをはさみでカット。( 怪我しないように) 新聞紙を広げて、うろこを取る。 水で洗って拭く。 (なるほど)

腹は2ミリくらい皮だけを切って、ハラワタに包丁をいれないように。 (これで血だらけにならずに済む。なるほど)

 頭は45度に切る。 (なるほど。そういえば魚やさんはこうしてるな。)

と、頭と一緒にハラワタがきれいにとれる。

次に三枚おろし。 我ながらうまい!(と思う) ハラワタ アラ 骨についてる中落ちがおいしいそうです。

料理 パスタソースを作ってます。だしはあらかじめ、アラでとってありました。

 カルパッチョ2種類。(和風と洋風) スズキのパスタ。 

 

ダイサンの社長から「江戸前」って本来は江戸川から三番瀬までに獲れた魚を言う。今は東京湾で獲れた魚のことを言ってるけど。とかのお話をうかがう。

 この船で木更津沖でとってきたスズキでした。船のオーナーは10年ほど前におうちに伺ったことのある「大野組合長」でした。

 漁港見学に出発。 この屋形船。今は使ってるのかな? これはプロの使うあさりとりの道具。2センチの大きさの穴でこれ以下は落ちる。

  昔、ららぽーとの裏から観光船が神奈川に向けて出てました。ここかな?

 船橋にもマリーナが?  密漁を取り締まる監視艇。

そのあと、「三番瀬」見学。船橋海浜公園の中にあります。潮干狩りのシーズンで大変な賑わい。http://www.park-funabashi.or.jp/bay/bshio.htm

   これだけの人が毎日持って帰ってもあるというのだから、毎朝、あさりを撒いてるはず。

この日、売店がいっぱい出てました。検見川の浜にはこういうのがいいのかなと参考になりましたが、写真を撮るの忘れてました。http://www.park-funabashi.or.jp/bay/brest.htm

 

最後に大発見!この日インターネットテレビをさとちゃんが撮ってくださってました。

http://www.youtube.com/watch?v=JgSrQ37XYPg

 やったね。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント