海の見えるレストランでパスタを食べる会(愛称:海パスタの会)

みんなでレストランを作ることを目標に、「千葉市の海岸沿いをおしゃれで楽しく憩える空間にしようという街づくりの会です

記事のタイトルを入力してください(必須)

2011-03-20 01:19:54 | イベント予定
 余震が続き、検見川の浜の入り口が閉鎖されています。

 メンバーのみなさんの会社やおうちも被害がでています。

 イベントはすべてがある程度、落ち着いてからということになりました。

 また、4月には被災者応援のチャリティレースをしようという提案がありました。

 ということで、4月の予定はまだ確定ではありません。
 
 鴻池のチベット行も延期になったので写真展はいつも通り第4土日に行おうかと思っています。

 停電・余震が続きます。

 お気をつけて。

 
コメント

3月の写真展は4月に延期します。

2011-03-19 01:22:40 | イベント予定
 昨日MLにてメンバーに相談したところ、3月21日の定例会は延期、26・27日の写真展は延期することになりました。

 検見川の浜のすぐ横の磯部地区でもたくさん被害がでています。
右上の更新情報の中の3月13・14・16日の情報をご覧ください。
http://www.mmjp.or.jp/isobe-com/


稲毛海浜公園の液状化の様子。 
http://mihama.ifdef.jp/inage/tumeato/index.html

浦安もこんなです。
http://photozou.jp/photo/show/245054/71313915(まるごとごみ拾いの事務局長が12日パトロールして撮ってくださった写真です)

毎日の余震・停電に耐えましょう。
コメント

お知らせ

2011-03-17 03:03:18 | イベント予定
震災のため、検見川の浜の入り口が閉鎖されています。

ガソリン・電気も使用自粛です。

3月21日の定例会・26・27日の写真展について、開催するかどうか今週中に決定します。

コメント

今後の予定の提案

2011-03-04 05:02:29 | イベント予定
シーサイドプロジェクトのメンバーのみなさんへ。


3月の末は「千葉の海辺の公園の草花」の写真展ではいかがでしょうか?
野草にすると限られ、どれだけ出品していただけるか心配なので。
ご意見ください。

3月1日に美浜公園緑地事務所にお礼に伺った折に、「除去してほしい草があれば写真をください」とお願いしてきました。散歩の途中に抜いて公園の樹木を守れますから。
今は生物多様性の時代なので公園内は区域ごとに手入れの仕方を変えるように考えているとのことでし
た。

公園の清掃や手入れのボランティアについてはビーチクリーンの時にグループわけをしてはどうかとご提案が岩下さんから出ています。

次回の予定を勝手に書いてみました。
毎月月末にイベントを予定しておりますが、4月は鴻池はチベット旅行に行く予定で23日は留守になりますので1週間早めてみました。
予告をしておくと桜の写真が集まるかと思います。
桜は写真家のOさんの案です。


潮干狩りは5月の中ごろが午前に汐がひくので15日にしてみました。
「マテガイほり」体験です。
マテガイが万が一いないときはどうしましょう?
潮干狩りの状況や水辺の生物の写真を撮れれば月末に写真展を開催できるかと思い予定してみました。

磯辺のTさんからは「感動!植物」写真展の案をいただいています。
今から撮りためておきたいところです。

7月はやっぱり「フラダンス」

これらはすべて案です。
にこにこ千葉さま、「風プロ」は5月何日になりますか?
親子サッカーさま、ビーチサッカーはいかがでしょう?
夢と遊びの学校さま、ビーチファイトやサイクリング企画は?


などなど、

その他、ご意見をお願いします。
コメント

「千葉の海岸から見える富士山の写真展(2月27日)」

2011-03-04 01:47:58 | イベント報告
 おかげさまで良い天気だった。
2月でもみんな海が好きです。

  


護岸工事はまもなく終わるとのこと。
テトラポットをはずして、ウインドの人たちが岸に寄せられても安全な護岸にするための工事。
工事の方も写真展を見に来てくださった。


ダックのIさんが「今回の工事の人は仕事がよくて、瓦礫をきれいに撤去してくれたので、怪我しない。前は次々と怪我人が出た」と言った。彼が署名を集めてこぎつけた改良工事です。


今日も浜には赤帽さん




昨日ホンミノス貝をもらって、バジルソースでSさんが炒めてきました。


教えられたとおり、1分間レンジにいれて口があいたらスライスして。


ついに「海パスタ」完成!!!  (中華ではありません)



全部ここで青帽Aさんが拾ってきてくれた貝
   
Aさんが作ってきてくれた資料の上に載せてみました。
上の長いのがマテガイ。採り方を書いてあります。クリック拡大してみてください。
真ん中のかたつむりのような貝はアサリなどに乗って酸を出して穴をあけ、中身を吸い尽くす貝です。

 穴をあけられた貝(エゾタマキ)

左の上がその貝の卵です。浜で見つけたら、除去してください。アサリが壊滅的な被害を受けています。


とうわけで、5月は潮干狩りはいかがでしょう!
下の写真に登場する青帽さんは「待て待てマテガイ採り」の名人だそうです。


花の美術館前で撮ったという写真

写真ネタは尽きません。
話題も尽きません。

メンバーのYさんからは次なる作戦の提案があった。(うまくいきますように・・・)





 
コメント