星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

粘着性のある霊

2015-06-29 18:29:19 | 天国
今日の星椎水精先生のコラムは、とても興味深いものでした。

特に「粘着性のある霊」というのが、一般的には知られていない霊の本当の姿の一つを、とてもわかりやすい表現で説明しておられるように思いました。

私も霊媒体質のため、外に出かけ人ごみに行くと、わんさかと他家の先祖霊やその辺の浮遊霊などの「お土産」を付けて帰ってきてしまうのですが、憑依されているのを自分では何となくわかっていても、自分の力ではどうすることもできません。

水晶を身に着けていても、私の様な体質(霊媒体質)の場合は防ぎきれないものもあります。

私の場合は、他家の先祖霊たちなので、特に右半身に痛みが表れます。

その痛みを冷静に感じると、体の中に入り込んでくるようで、自力で取り外すことは容易ではありません。

本当に、べト~っとした嫌な感じのもの(霊)に取り憑かれている印象を受けます。

これを星椎水精先生に取っていただくのですが、ほんの一瞬ではずしていただき(除霊)、そのあとはウソのように体が軽くなります。

一瞬で霊を成仏させる力を持つ、星椎水精先生ならではの事です。

このような体験をよくするため、本日の星椎水精先生のコメントはとてもよく理解できたのですが、このようなことを説明できる霊能者はいるのかなと、ふいに思いました。

よくテレビで、心霊スポットにタレントが出かけ、体調が悪くなったら同行している霊能者が「除霊」を行うシーンがありますよね。

よくあるのは、なんかブツブツ言いながら憑依されている人の背中をトントンと叩く除霊をする霊能者ですが、あのような事で、一体どういう効果があるのか、甚だ疑問です。

ちょっとした憑依霊であれば、誰でも除霊できるのであのようなカンジでも払えているのかもしれませんが、今日のコラムにあった「粘着性のある霊」では、まず歯が立たないでしょう。

つまり、霊能者では「本当の除霊」すら完璧に出来ないという事です。

星椎水精先生のコメントの

「神々に依頼しても、そのような粘着性のある霊を上から吸い上げることは不可能である。」

という事を、全く理解できていない霊能者や一般人がとても多いように思います。

ここが成仏と同じく、とても重要なポイントだと思います。


なにはともあれ、一番重要なのは「本物の先祖の成仏である星椎水精先生の浄霊」という一言に尽きます。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

水子供養

2015-06-25 19:52:19 | 水子供養
本日の星椎水精先生のコラムに水子供養の事が書かれてありましたが、この「水子」が容易に出来てしまう事も、困った問題の一つですよね。

困ったというか、毎日毎日堕胎などで水子が出来ていることを考えると、「かわいそうな魂」と言った方がしっくりくるかもしれません。

中絶を行う人も多い現代では、水子が多くて当たり前ですが、我々の古い先祖さんにも、多くの水子さんが存在しているようです。

我が家も、家系図や仏壇の過去帳を見ても、0歳、1歳などで亡くなっている子も多く、これ以外にも過去帳に載っていないだけで、当時の栄養状況や病気の事を考えると、相当な数の水子がいると思われます。

中絶ではなく、流産などで出来てしまった水子も、残念ながら成仏してないのが現実です。(自然流産の場合も、同じ様に浄霊が必要です。)

私自身も、親戚に水子がいて、水子の魂が成長していたという経験があります。

何故わかったかというと、星椎水精先生に浄霊していただいたあとに、「生きていたらこれぐらいの年齢」という人の顔が脳裏にハッキリと浮かんだため、「あぁ、水子が成長していたんだな」と理解できたのです。

水子がいた親戚の家は凄い荒れている家ではなく、いたって普通の家でしたが、それでも成仏していなかったのです。

大抵の水子が「成仏出来ていない事」をわかるのは、やはり星椎水精先生の浄霊を理解できる我々「光の当たった末裔」だけでしょう。

世間では成仏が簡単に出来ると錯覚している人がほとんどで、また間違った供養(ミルクをあげるなど)を信じてしている人も多くいるようですからね。


水子といえども、星椎水精先生の浄霊という本当のお葬式をしてあげないと、絶対に成仏など出来ないという事実を、一人でも多くの人に理解して頂きたいのが本音です。

また、不本意ながら水子を作ってしまった人も、巷の水子供養で供養した気になるのではなく、浄霊していただくことで次に送り出してあげるという「親としての役目」を果たしてあげて欲しいと思います。

以前、姫路さんが、

「(水子を作って)反省はしても、後悔してはいけない。大切な事は浄霊(成仏)をして、前に進む事だよ。」

ということをおっしゃっておられました。

皆さん、やっぱりひどい事をしてしまったなと後悔する人が多いようですが、後悔して過去にとらわれるのではなく、出来てしまったものにはちゃんとした対応(浄霊)をしてあげて、前に進むことこそ大事なんだという事ですよね!

皆さん、なんで後悔して前に進みにくいかといえば、肝心の水子が成仏できなくて悲しんで、母親にすがっているわけですから、当然と言えば当然でしょう。

ましてや、水子と言えども「軽んじれない」という事ですから。

彼らを放置する事で、子宮の病気や、不妊等に繋がりきれないと言う事を以外にも皆さんはわかっていないと思います。

如何に出来てしまった水子を、「本物の浄霊(星椎水精先生による)」で成仏させてあげる事が大事で尊いことか、よくわかりますよね!

繰り返しになりますが、普通の水子供養で満足していたり、または水子もろくに大事に考えないような人たちは、今後は婦人病など様々な不幸に見舞われることでしょう。

もう少し、水子の声に耳を傾けて欲しものです!



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント (1)

沖縄

2015-06-24 20:25:20 | 先祖供養
昨日は、沖縄戦から70年の節目の慰霊祭が行われたそうで、ニュースなどで目にされた方も多いかと思います。

沖縄戦の事はあまり詳しくは存じないのですが、資料によれば、

【第二次大戦末期、沖縄本島およびその周辺で行われた日米の激戦で、昭和20年(1945)4月の米軍上陸から約3か月にわたる軍民混在の激しい地上戦のなか、集団自決強制、日本軍による住民虐殺なども起こり、県民約10万人が犠牲となった】

という激しい戦闘の事なんだそうですね。

多くの市民や兵隊が犠牲になり、何度もドラマなどで取り上げられていた記憶がありますが、当時の方たちの事を思うと、とても胸が苦しくなります。

先日の慰霊祭も、手を合わせている人たちの顔を見ると、なんとも悲痛な面持ちで、重苦しい空気に包まれていたように思います。

この「悲しい」とか「重苦しい」というのは、この犠牲者たちが成仏していない何よりの証拠です。

「悲しい」「涙が出る」なんていうのは、成仏していない彼らの気持ち以外の何物でもありません!

戦後70年を迎えるのに、未だに成仏していないわけです。

如何に成仏が簡単ではないかがよくわかるのですが、残念なことに成仏しているかどうかもわからない人が大勢いるわけです。

犠牲になった人たちを一人でも多く救って差し上げたいのですが、残念ながら星椎水精先生に浄霊をお願いしてくる末裔は、未だにごく僅かです。


「慰霊祭」や「鎮魂」ではなく、必要なのは「浄霊」です!

一人でも多くの末裔がそのことに気づき、星椎水精先生に浄霊を依頼してほしいものです。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

次回の浄霊

2015-06-22 18:11:38 | お知らせ
次回の浄霊の日程が決まりましたので、ご連絡いたします。

次回の浄霊は


 7月21日(火) 11:00~

です。

連休を挟みますので、申し込みの締め切りは7月16日(木)となります。


浄霊をお申し込みの方は、お早目にご連絡ください。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

出産

2015-06-19 20:48:46 | 天国
毎日のように芸能人の話がワイドショーなどで取り上げられていますが、本日も○○と言う芸能人が女児を出産したというニュースがありました。

普段であれば特に気にもしないニュースなのですが、目を引かれたのは「女児出産」という言葉でした。

つまり、「また女の子だ…」という、その家が絶家に導かれている事に対する反応でした。

以前から何度も同じような事を書いていますが、最近は本当に女の子が多いというか、女の子ばかりじゃありませんか?

ゆえに、男の子が少なくなっているのじゃないかと思います。

「男の子が生まれない」=「その家を継ぐ者がいない」=『絶家』ですからね。

そのことを危惧している人は(絶家を意識している人達)、現代は少ないのではないでしょうか?

子供が大きくなって、いよいよというときになってようやく、事の重大さに気がつく様です。


最近ではなんでもかんでも活動という字をつけ、「婚活」やら「終活」やら、「妊活」なんて言うものまであるそうですね。

子供が出来ない事も、女児しか生まれない女系家族も、すべては意味があるそうです。

その意味があることに気が付かず、いくら自分たちの欲のために行動しても、良い結果に結びつくはずがありません。

先祖の浄霊が出来ていない、つまり先祖が成仏していない家では、言い換えれば土壌が悪いわけですから、レベルの高い良い魂がやってくるはずがありません。

すなわち、家が栄えるはずがないということになります。

我々から見ればとってもシンプルなんですが、目に見えないこと(特に先祖霊)に気が付かない人達にとっては、「なぜなのか???」という、いつまでも答えが出ない頭を悩ませ続ける問題になることでしょう。

先祖のサインに気づき、星椎水精先生の浄霊という正しい対処をすれば、きっと良い方向に行くんですけどね!

こうしてみると、星椎水精先生の浄霊(ご供養)に辿り着く事は、つくづく狭き門なんだなと思います。

だからこそ、辿り着けた末裔の人達には、なにがなんでも頑張って頂きたいものです!

「継続は力なり」ですね




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント