星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

正しい先祖供養

2015-08-27 20:48:57 | 先祖供養
先祖供養で検索すると、たくさんの先祖供養の仕方を紹介しているものが出てきて驚きました。

霊能者らしき人が紹介しているものから、知ったかぶりの素人の人のものまで多種多様にあり、皆さん「自分のやり方こそが正しいのだ!」と言わんばかりでした。

そんな中で気になったのが、「先祖が子孫に祟る」というものでした。

「先祖供養をしないと、先祖が祟って子孫を不幸に貶めるというのは嘘だ」

と言っている人がいました。

それは、『自分が先祖だった場合、親として子供や孫を苦しめるわけがない』という理屈からでした。

だから、先祖が祟る、子孫をいじめる、なんていることはあり得ないんだと言っておられました。


おそらく、多くの一般人がご先祖に関してこのような認識を持っていることでしょう。

「先祖が苦しめるはずがない。」「先祖は、末裔の幸せを願っているのだ。」と。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?

「親が子供を苦しめるはずがない」というのは、普通に考えるとそう思うでしょう。

ですが、現実社会では一体どうなっているのでしょうか??

親が子を殺す、または子供が親を殺すなんていう事件は至る所で起こっています。

親子間の暴力や、親が子供を売ったり、自分が働かず子供から搾り取るなんていうものまで、普通に考えて「あり得ない」「起こってはならないこと」が、日常茶飯事で起こっています。

生きている人間でも、これらのあり得ないことが起こっているのに、先祖だからあり得ないというのは、とても自分に都合のよい考え方以外のなにものでもないのではないでしょうか。

「霊は、生きていた時と同じ考え、同じ行動をとる」ということを知らない人間の戯言でもあると言えます。

このような人が死んだ場合、初めて「あれっ、思っていた世界と違う」事を知るのでしょうが、それではもう遅すぎます。

「先祖が苦しんでいるという真実の姿」を知らないのに、「正しい先祖供養」というのは、まったくもっておかしな話だと思います。


世間の先祖供養の認識を総合すると、やはり皆さん「死んだら成仏していて当然」という事が前提にあるようです。

だから、「思い出してあげること」や「お墓参りをすること」が供養だと思っているのではないでしょうか。

まさか先祖が成仏できずに苦しんでいるとは、夢にも思っていないから、「苦しめるはずがない」という思い込みにつながるのでしょう。

「ものを知らない」といえばそれまでですが、悪いのは、間違っている持論を「これが正しいんだ!」と流布することです。

私としては、間違った持論を信じている人は、無理に真実を知る必要はないのかもしれないなと思っています。

それよりも、先祖の真実の姿を理解できる柔軟性のある頭を持ち、また優しい心、霊感を持った「光の当たった末裔」が一人でも多く星椎水精先生の浄霊に辿り着き、ご自分の先祖さんを救ってあげる事が、何より大事な事だと考えます。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント (2)

悲惨な事件 2

2015-08-26 20:08:53 | 因果応報
カルマとか因縁などというのは、霊と同じで目には見えません。

だから、目に見える事しか理解できない無神論者は、絶対にこれらの事件の原因究明など、永遠に出来るはずがないのです。

彼ら(現代の人々のほとんど)は目に見える狭い範囲の材料でしか物事を判断できないため、感情的なことを言うのが関の山でしょうから・・・。

同じく、「因果応報」「輪廻転生」を口にする仏教徒でも、このような解説は出来ていないし、しているのを聞いたことがありません。

それはつまり、彼らも「前世」とか「因果応報」「輪廻転生」の言葉は知っているけれども、その本質というのをまるで理解していないと言う事でしょう。

この事は当然、霊能者にも当てはまると思います。


現代で起きている事件が悲惨なものであればあるほど、今世の「因果応報」を考えると、「過去でそれだけのことをしてきた」と言えるのではないでしょか。

さらに、厳しい言い方ですが、加害者の家族、被害者の遺族も不幸に巻き込まれているわけですが、それも過去で何かしら当事者たちに関わっていたからこそ今世での事件で巻き込まれているようです。

このようなところにも「因果応報」が存在しているようなので、正に目からウロコですよね!

「因果応報」がわからないため、加害者の動機が理解出来ないのは当然な事となります。

そのように考えると、本当に奥が深い世界だと思います。

事件を起こす方も、カルマの解消はできたとしても、今世はもう普通の人のように生きることが出来ず、苦しまなければならないでしょう。

それは被害者の方にも言える事ですが、以前姫路さんがおっしゃってられましたが、

「もし仮にどちらかが星椎水精先生の浄霊に辿り着いていて、先祖の浄霊を頑張っていれば、殺すまでは絶対に行かなかったはず」

・・・だそうです。

つまり、カルマの解消が絶対に行われなければいけなかったとしても、末裔が苦しみ続けるような未来には決してならないように浄霊された先祖さんが、何らかの形で末裔を守るだろうという事です。

ですから、被害者も加害者も彼らは苦しんでいる先祖を助けていないのですから、「先祖の何の加護」もないのは当然なのです。

今後も、これらのような理解しがたい事件等が頻繁に起こるでしょうが、先祖の守りがなく逆に霊障がある分、より悲惨な事件として広がっていく可能性があります。

いつ、どこで自分自身や身内が、このような事件に巻き込まれるかわからない時代です。

より、星椎水精先生の浄霊をしている人とそうでない人の差が、わかりやすい形で表れてくる世の中になるでしょうね。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

悲惨な事件 1

2015-08-25 17:52:48 | 因果応報
テレビを見ているといろんなニュースが飛び込んできますが、本当に毎日毎日、いろんな事件が起こっているんだなと思います。

つい最近も、幼い子供が殺害されて容疑者が逮捕されていました。

嘆き悲しむ遺族や友人たちの事を考えれば、「なぜこんな罪もない子供を殺害したのか、許せない!」と思って当然で、動機をはっきり説明してもらいたいと思っている人も大勢いるでしょう。

私も、星椎水精先生の浄霊を知るまでは、多くの人と同じ考えを持っていました。

「何の罪もない人を殺したのだから、それ相応の罰を加害者にも与えてほしい。」「被害者や遺族の事を考えれば、加害者にも同じ苦しみを味わってほしい。」と…。

でも、それは間違いだったんですよね。

つまり、今この瞬間の出来事だけを見れば、「なぜこんな酷いことを…」と思うかもしれませんが、そうなるべき理由がちゃんと存在しているんだという事です。

彼らは「過去(前世)で自分が相手に対してしたことが、時を超えて今世でやり返されている」という、星椎水精先生がおっしゃっている〝因果応報”という「カルマの解消」が行われているだけの事なのです。

その証拠に、加害者を問い詰めても、覚えていないとか、動機がハッキリせず、とても殺人まで至るものではなかったりと、多くの人に疑問だけを残す形で終わっています。

実の所、彼らの「肉体」が覚えていないだけで、彼らの本体である「魂」はハッキリと過去世の出来事などを知っているのです。

ですから、「罪がない」かどうかは、彼らの魂が一番よく知っているはずなのです。





星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

台北・九份

2015-08-21 20:14:41 | 海外の現状
先日の星椎水精先生のコラム「台湾2」に書かれておりましたが、台湾の北部には、九份(ジウ フェン)という有名な観光地があります。

ここは、ジブリのアニメ「千と千尋の神隠し」のモデルとなったところで有名です。

夜の明かりが灯った風景を見ると、まるでアニメそっくりな風景が広がっているそうです。(「九份」で画像の検索をすると、たくさん出てくますよ♪)


今回、台湾に行って感じたことは、観光客も多く、優しくてアツイ人たちが多いなと思ったのですが、やはり本当の浄化が出来ていないため、暗く重いところも多々ありました。

ガイドさんが言うには、「台湾の人は70歳を過ぎると、腰や足腰が悪い人ばかりだ」とのことでした。

これは別に台湾の人に限ったことではないと思いましたが、結局「霊障」や「先祖が浮かばれていない」という事がまだ理解できていないため、このような表現(症状)になるんだろうなと思いました。

関節痛は、霊障の最たるものですからね!

本物の先祖供養、先祖の浄化が出来れば、もっともっと綺麗になって、明るく発展した場所へと変貌するだろうに、とも思いました。



さて日本に帰ってきてから、近所のコンビニに行きました。

すると、20代の汚い格好をしたヤンママ風の母親が二人、大きな声で店内でしゃべっていて、さらに小さな子供を走らせて喜んで眺めていました。

「ここ、店の中だけど、何を考えているんだ!?(恕)」と思いましたが、自分たちが非常識だという事すら理解できない様子でした。

常識がなく人の迷惑を考えない、自分は客だから何をしていいといった自分本位な人間がとても増えていますが、そんな日本人を見ると、本当に情けなくなります。

この様な事でも、レベルが台湾の人よりも劣っていると言わざるをえません。

昔の日本人は、社会や人に迷惑をかけないことや、他人に気を遣うということを当たり前のようにしていた様に思います。少なくとも私の祖父や、両親、そして私自身もそういう教育を受けてきました。

今回旅行で見た台湾の人たちも、同じように他人に気を遣い、人に対して優しく、他人に迷惑をかけないようにしていました。

それに比べて、上記の親子はいかがなものでしょうか?

「先進国」と言われている日本ですが、技術のレベルは上がっても、昔から見ると自分本位で自分勝手なレベルの低い人が本当に増えているようです。

物質的なものはレベルが上がっていますが、それに反比例するように、人の魂や躾け等のレベルはどんどん落ちて行っていると強く感じました。


このまま行けば、そのような非常識な人間が今後も増えていくのでしょうが、その要因の一つに、浮かばれていない多くの先祖霊の影響も間違いなくあると思います。

ですから、心のある人たちが一人でも多く星椎水精先生の浄霊に辿り着いて、先祖を助け、自分自身をも高めていってもらいたいなと、つくづく思いました。




台湾・九扮



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

次回の浄霊

2015-08-19 20:35:57 | お知らせ
次回の星椎水精先生の浄霊の日程が決まりましたので、お知らせいたします。


次の浄霊日は

 9月1日(火) 11:00~

です。


申し込み締め切りは8月28日(金)になりますので、お早目にお申し込みください。
コメント