創造性の開発 新規商品を企画しよう

新規商品企画の成功学
求むる所第一義
随時随所楽しまざるなし

凡才自認の天才に習う

2018-12-15 04:01:47 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 清水弁護士は話術に長けた人、そして子供の時、模型作りが好きでした。戦艦大和や零戦の模型を作り、興味を覚え、本で調べ、蒸気機関車などのメカの動作原理に興味を持ちました。開成の中高で文系科目の成績が良かったようです。

 司法試験では小論や判決文の合理的な書き方と考え方が大事と考え、よく練習し、高度な複雑なシステムを分かり易く執筆できました。著書により文書能力がさらに高まり、専門的な物作りや工学書も読み、普通の工学系著者以上に分かり易く書けるのです。

 石山先生は4人兄弟姉妹の3番目。幼児の時に父親が亡くなり、医者になるしか道がなかったようです。戦中派です。家を守るのが当然。先生は特に数学が得意だったと担任した父が言いました。新制一期の東大医学部に合格。他人が嫌うテーマを選び、オンリーワンはナンバーワンと法医学に進学しました。

 先生は臨床と実践を重視。国家試験勉強中に息抜きに笛吹童子などチャンバラ映画に連れて行ってくれました。先生は解剖数が法医能力を決める、毎晩解剖している、と医局時代に言っていました。毎晩、鑑定書を書き、他人の鑑定書や意義申し立て書を読み、論文にまとめ、文書処理能力が抜群になりました。

 二人を見ると国語か数学に優れていれば、他の能力は歳とともに、他人や状況から学べると思います。幼児の時に親や兄弟とよく話し、年長から学んでいればコミュニケーション能力を身に付けられます。

 清水弁護士は抜群の人。学際を勉強する姿勢が特に凄い。何でも経験し実践する。私が依頼し、高校講師に2度来ました。面白い経験ができる、適任者は他にいるが、自分で良ければと2度来ました。

 1回目のまず1時間目、勉強法法、特にノートについて持論を披露。続いて2時間目に法的リスクと対応を責任者、私、相棒、有志にご教授。文責が私でない表記がリンク文にありますが、自由に使って大丈夫です。

 当時の校長、生活指導責任者、運動部顧問達はほとんど転寝状態。猫に小判。馬耳東風。理事長だけが大きな目、聞いていましたが、他はいるだけ。情報クラブの実績作りに、私がリンクの文にまとめました。ねつ造ですが、中身はお勧め。時効ですので正直に書きました。

 今日はここまでにします。

コメント

並外れたら凡人の天才

2018-12-13 04:19:25 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 清水弁護士は中学2年から私のバドクラブ会員です。数年前、個人事務所を開設し、多忙のため、有名人が来るイベント時にしか今は来ません。大手事務所勤務時代までよく来てくれました。

 彼は開成中学からバドミントン部。周囲と本人が凡人と言い、将来、一番の大物になると天才のクラス仲間から言われました。彼は今も子供顔。のほほんとした顔。昔から弁舌滑らか、話が面白い人。顔に性格が現れています。

 大雪と地震の影響で2回延期された試験。家の息子は記念受験のまぐれ合格。清水さんは中学試験勉強も塾に行かず、自力か親力か兄力か、合格圏外でも見事合格。清水さんと息子は飲みながら、大雪と地震のお蔭と言っています。

 大学入試も塾に行かず、文一から文二に変え、現役合格。大学4年の時、司法試験に一発合格。大手事務所に就職。数年前に都心に独立事務所を開設。ここまでなら普通に頭の良い人です。

 私が記事で紹介した、国一と司法試験に合格し、ドイツの大学で数学博士号を取り、教授になった天才が彼のお兄さん。兄の大学レポートを彼が代筆していました。大学受験の年にです。

 こうのとりのフライトコンダクターのバドミントン部元部長や、その他の天才を見ていたため、凡才を自認。司法試験に合格し、司法試験を目指していた同級生や後輩に合格法を無料で個人指導し、多数が合格しました。

 彼が零式艦上戦闘機の本を書いたと週刊誌にインタビューと記事があり、私は驚き、彼に書けた理由を聞きました。零戦や大和の模型作りが子供の時に好きなため、色々調べていたと言いました。

 零戦の強みと弱みを分かり易く書いてある本、よく売れました。続いて、零戦神話の虚像と真実を共著執筆。東京で地熱発電も発刊。こちらはビジネス系の理工系、驚きです。

  私が尊敬する天才法医学者、石山いく夫先生と似ているようです。先生は高校まで3人兄弟で一番成績が低かったと父が言いました。東大で博士になり、日本語能力が抜群になり、業績が伸びました。両方抜群になったのは成長の秘訣と証。優秀さの根幹。理系も文系も良い成績になるのは子供では大変です。このタイプは晩成です。

 両名は私のコミュニケーション能力重視の正さの証。今の頭の良さは人並み以上です。でも馬鹿と阿保こそ彼らの言葉を参考にすべきです。私はアホ、とても勉強になるからです。

 今日はここまでにします。

コメント

ボケ防止に役立てたい

2018-12-11 04:10:04 | コーチング・マネジメント
 おはようございます。
 柔軟に考えられる92歳の親しい女性がいます。彼女は何時もニコニコしていて、大事だった思い出の高価な品を欲しいと言う人にあげてしまいます。周囲に何時も感謝し、ありがたい有難いと言っています。若さを保てる秘訣は周囲に感謝し、ケチでない事だと思っています。
 父の従妹はボケました。彼女はとてもお金持ち。都心に広いお屋敷を親から相続した資産家でした。でもとてもがめついしっかり者でした。貯金の増えた通帳を見るのが楽しみの人と父母は言っていました。ケチだから今にボケるとも。
 彼女は70歳になり、ボケ始め、間もなく介護施設に入りました。お金をほとんど彼女は使えず、面倒を見た子供夫婦が使いました。でも到底使いきれない額でした。ケチはボケる、気前良ければボケにくい、と言う母の言葉を信じました。
 かつての上司、ひたすら堅物のお偉いさんが退任謝恩会の壇上で突然ボケました。祝いの会の礼を話す段で、急に話ができなくなりました。自分も分からなかったようです。働き者の女性店主の床屋さんは大事な愛犬が死に、私の今の歳の時、1年で酷い認知症。愛犬が死ぬまで元気で働いていたのに。
 お金が増えるのが好きな人は危険です。お金を使うのが怖いようです。人生の目的がお金になり固くなり、ため込みます。冷蔵庫にものをため込む戦争世代もいます。食べられなかったトラウマが、冷蔵庫を一杯にさせています。ゴミを捨てられない理由は色々ですが、高齢者のゴミ屋敷にも、もったいないから捨てられない人もいます。物が無いのが怖い人ですが、ケチと似ています。
 お金は必要最低限で良いと思い、何時も新事業に自薦で参加。多くは失敗。でも創造性の開発と整理整頓4Sだけは継続し、部下指導。バドミントン市民バドクラブを主宰し、会員の希望に基づき運営。今は無職。シチズンシップ教育が好きな会員をお手伝い。私もリハビリでき、楽しめて頭を使え、参加者に感謝。ですから認知症になり難いはずです。
 勝負はまだ先、下駄を履くまで分かりません。南無大師金剛遍照。今日はここまでにします。
コメント

老人閑居し不善をなす

2018-12-09 04:17:50 | コーチング・マネジメント

  おはようございます。

 久保田さんが新入部員へのアドバイスを書いたのは5年前の連休明け、新人の部活動が本格的に始まった時期でした。彼の言葉は大学の新人だけでなく、高校生にも高齢者にも若者にも役立ちそうです。そのまま、会社の新入教育に使えそうです。良い言葉と思い、また続きをコピーします。

『*誠実な人間でいてもらいたい

 *ルールを守る、人の話に耳を傾ける、本音で話す

 *時間の観念を身につける、考え・工夫する。苦手なことや嫌なことを先に片付ける

 *思ったことを話、つたえる、人への思いやりも忘れずに

 *プラス思考、少しでも前進する

 *いろいろな人を知り、友人をつくろう』

 追記として以下の文章もあります。間接的ですが、彼の人柄が伺いしれます。こちらもコピーします。

『先日の新入生歓迎会の会場で思いもよらぬ古希祝いをしていただき感激しました 当日自分の誕生日であったので両親にあらためて感謝をしようと思っていました はからずも、大勢のOB・部員に祝っていただき花束、ケーキ、「ハッピーバースデイ」の合唱までしていただき本当に感謝します 私のバドミントン人生は大学1年生からですので50数年も経ってしまったが多くの人に感謝するとともに次の77歳喜寿でもプレーができるよう努めたい』
 以上です。久保田さんは30年前と外見とプレイが変わりません。18歳からバドを始め、都庁に入り、当時、強かった実業団チームのシングルスプレイヤーになりました。60年近く、シングルス、喜寿でもダブルスの全国大会出場を目指しています。
 今年の大学歓迎会も出席。忘年会もでしょう。自腹を切って、余計に払っています。最近、自分の試合と監督業と委員会おまけに中学生のコーチでますます多忙。顔色と体調はますます元気です。
 人の性格は変わりません。75歳が気力体力を維持できます。73歳の私も昼寝ばかりしないで、多忙にしないといけません。私は小人、小人閑居して不善をなすだから。これが何時も子供に言っていた言葉です。
 今日はここまでにします。
コメント

先輩の言葉を味わう

2018-12-07 03:54:15 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 相棒が引用した久保田さんの記事は、『新入部員に望むこと!”進学させてくださった親にあらためて感謝しよう”』の表題があります。久保田さんの文章を『』の中にコピーしています。前回の記事の中に相棒の記事へのジャンプがあり、読んだ方に『』の中の文章は不要です。

 もう彼は75歳です。リンクの記事から当時70になった直後と分かります。彼は先月、自動車をひとりで運転し、ペアーと愛知に行き、年齢別バドミントン全国大会の70歳以上の部に出場しました。強いペアーと当たり、ベスト16止まりになり、その日の夜に車をまた運転し、深夜に柏の自宅に帰宅。翌朝、報告のためか、クラブに来て、怪我が怖いから今日は見学と言い、打たずに見ていました。

 来年、75歳以上に出場でき、優勝するチャンスです。でも千葉の予選会から出場することになる、今年と同じ70歳以上ならシード権があり、予選会は不要、全国大会にそのまま出場できる、何れが良いか迷っていると言いました。私以上の高齢なのに車を運転し愛知に行くだけでも凄い人です。半分感心、半分呆れました。喜寿までの出場を考えたら、75歳クラスの方が良いのでは、と私は答えました。

 ここまでは前置きです。長くなりますが、以下に久保田さんの文をそのまま貼り付けます。

『1 学業優先の学生生活。大学生・生活のリズムを早くつくろう

 2 学校、バドミントン部を愛して、自分のために最後まで部活を継続して欲しい
 (4年生まで部員)

 3 大学時代にしか出来ないことを思いっきりやって悔いを残さないように今から 考えて行動しよう

 4 社会で必要な事を部活でも身に付けて欲しい
たとえば、体力、コミュニケーション力、協調性、責任感、マナー

 5 学校だけでなく、今やっておかなければならないことをやろう
例えば、自動車免許、英語力、読書、文章力、パソコン、海外旅行、楽器、歌

 6 大学を卒業しての学士の資格だけでなく、専門、専門外の資格にも挑戦しよう
たとえば、教員免許、TOEIC、英検、漢検、情報処理、建築士、技術士』

 久保田さんの文章はまだ続いています。前回の記事のリンクをクリックすれば全文がすぐ見られます。先生も生徒さんも参考になるでしょう。

 今日はここまでにします。

コメント

随時随所楽しく活動

2018-12-05 04:02:07 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 私は市民クラブを42歳で始め、もう30年経ちました。今73歳です。娘は中1の12歳でバドを始め、息子は8歳、小学3年生で始め、二人は今も参加しています。設立直後、武蔵工大監督、都庁の部長さん、久保田さんが入会しました。その経緯は書きました。武蔵工大は新制大学になった1949年に始まりました。

 成城学園前に武蔵工大の付属高校があり、昔、試合し、良い勝負でした。成城の女子は制服がなく私服、男子は紺の背広。詰襟の武蔵工業高校を私達はムサ高と呼んでいました。2009年に武蔵工大と東横学園女子短大が合併。今は大学の偏差値は高く、成城大学以上でしょう。就職に有利な大学だからです。

 彼は数年前に都庁を定年退職。悠々自適の年金生活か、精力的なボランティア活動か分かりませんが、東京都市大学の男女両方のバドミントン部監督、関東の大学のバドミントン協会委員、娘がOBの中学バドミントン部コーチ、年齢別の全国大会出場などをしています。おまけにそれぞれの活動が凄い人です。

 10年ほど前、工業科の私の授業の中で金町浄水所の高度浄化システムを講義してくれました。都庁の水道局の定年後でした。授業で話した後、彼が関わった最新システムを見学する計画でした。参加者を募ったところ希望者はゼロ、工業科の学生が現場を見る気になりません。彼は学校に来なくなりました。

 大学のバド部に新入部員を迎えた彼の記事が大学の部活ホームページにありました。非常勤の高校にも役立つ話、非常勤の高校の理事長に紹介。もう来てくれない、代わりに彼にOKを頂き、相棒が記事をコピーし感想を加え、セイナのお店のホームページに掲載したと私が報告。5年前の5月でした。

 彼は大学の男子と女子の顧問をまだしています。自費で合宿に参加。飲み会費も援助。専門書を購入し部員に貸出サービス。私のバドクラブでも同様にしてくれています。彼はバドミントンが好きな人が好きなのです。だから30年も参加し、娘や息子や孫に雑誌や新聞記事のコピーやビデオを今もくれます。

 私の非常勤時代は、家のクラブにインターハイで優勝した卒業生も来てくれていました。卒業生を自分の大学の部員のように、今も色々な大会に応援に行っています。昔はたくさん応援する人がいました。

 先日の全日本総合の受付でNTTと全日本のコーチ二人と話せた、武下君は早々に敗退、残念だったと報告してくれました。強豪校時の顧問が校長になり、弱くなったのはあたり前田のクラッカー。成長は指導者次第。バドと勉強と仕事の指導の基本は同じ、でも技法と必要な能力が全く別です。生徒さん個人毎に違います。教育も人生も、随時随所楽しまざる無し、ですから。

 今日はここまでにします。

コメント (2)

見た実践例から考える

2018-12-03 04:25:32 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 ドルチェ先生は情熱をもって生徒さんを優しく指導しろ、生徒さんに音楽クラブを自主的に運営させ、成績もアップしたと言っていました。私は同じことを随時随所楽しまざる無しと言います。

 今の多くの学校の音楽部はコンクールで賞をとること、それでは良い演奏はできないし、伸びない。将来プロになれないと言っていました。先生は偉そうにせず、分からなければ誰にでも生徒さんにも聞けばよい、聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥、と言っていました。

 私も生徒さんや先生に、相手が質問を促したら、質問しよう、質問することが大事、批判はまず前向きに述べて批判しようと言いました。でも生徒さんは質問せず、私語ばかりでした。気に入らないとあげ足を取り、私をバカにしました。今のネットの批判そのものでした。建設的ではなく、社会でスポイルされるでしょう。

 ドルチェ先生のブログの記事、自ら手を汚さない人は本当のことがわからないに対する、相棒の感想、経験から得た言葉で話そうがありました。この掲載は2013年6月です。パソコンや情報処理の習得に大事なのは操作ではない、学ぶべきは考え方、思想。要求調査から始まる5W1Hが大事だとまとめられるでしょう。

 情報処理システムは日進月歩。システムにトラブルが起きれば難問です。部分機能を複数の会社が作っています。障害の切り分けが難しく、障害対応は解決の考え方だけを学べます。障害経験により次の障害解決の指針が得られ、次に障害が発生しても、周囲に納得させられる説明をして、購入先に連絡し対応してもらえます。

 参加者が同じ土俵で学び合うつもりになり、創造性を働かせ、ブレーンストーミングすれば、課題によらず、解決策を見つけられます。ドルチェ先生は教育の基本を、相棒は情報処理の障害対応の原則を述べています。まとめて短文4項目の先頭が目的語の体言止めにしてみました。

・経験者の言葉を条件にし考察

・本の理論より見た事例を重視

・泥をかぶった人の意見を優先

・論を言う時は参照論拠を明示

 今日はここまでにします。

コメント

情感豊かな先生に学ぶ

2018-12-01 04:10:14 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 私が高校の非常勤を始めた時、会社の若手指導経験に基づき生徒さんに教えました。小論文の書き方だけでした。実践不足でした。教育の実践論を書いている色々な先生のブログを毎日アクセスしました。今は投稿していない、演奏活動家、元小学校教師、ドルチェ先生のブログがとても参考になりました。

 先生のブログの大量の記事を読み、講演会をお願いしました。千葉の演奏会の都合に合わせ、学校まで来てくれました。理事長や現校長、そして私と相棒と、東大卒の新人の先生方、また生徒さんの有志に演奏会と講演会。演奏会は彼とコンピュータのアンサンブルでした。

 素晴らしい演奏でしたが、生徒さんは騒いでいるだけ。クラブ活動の責任者の先生は生徒が騒ぐのを笑って見ているだけでした。自分の城が危うくなることを心配していると私は思いました。情けない先生ですが、このタイプが多いのに現校長も手を焼いていました。生徒さんは関係なく、自分に惚れているのが先生の特性だと分かりました。

 ドルチェ先生のクラブ指導法とご自身の実践的な勉強法が勉強になりました。小学生や中学生相手の経験談の原理は、私の会社の実践経験と共通していると思いました。要するに義務教育と社員教育は基本の要求条件が同じで良いとです。

 以前、私がブログでリンクしたプレゼン資料は彼の受け売りです。私の過去の経験談を若干加えただけです。理事長や現校長がこのプレゼンを使い、父兄や外部の先生に講演会をし、他校の校長先生方が納得した、とても使いやすい資料だと感心し、お礼を言われました。それで毎年、新しい非常勤契約を数年できました。

 それまでは会社における企画業務の経験しかありませんでした。すなわち4項目の箇条書きと面接法、プレゼン法、そして創造性の開発をスポーツコースの生徒さんに講義していました。ドルチェ先生などのブログ村の先生の記事を参照し、私の若手先生の育成活動が始まったと言えます。

 ドルチェとは音楽表現の言葉、情感を込めて。私は随時随所楽しまざる無しの男。彼は楽しんで情感を込め教育していた先生。私は沢柳精神で学生や社会人を育成できると信じていた男。基本の考え方が似ていました。

 終戦直後の成城学園は設立者の澤柳先生のお考えだけの教育しかできなかった。蜃気楼だったと、悪ガキの喧嘩相手だった同級生と笑って話したことがあります。彼は定年まで同じ会社でサラリーマン。二人の息子は小学校から大学まで成城学園。他校の教諭。孫は成城学園に行きませんでした。今の彼は草野球とゴルフ三昧。

 南無大師金剛遍照。今日はここまでにします。 

コメント

悪徳商法を若い内に教育

2018-11-29 04:07:46 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 堺さんの講義を日本中の生徒さんに聞いて欲しいと思います。最近、有名大学のクラブの酷い活動ニュースがあります。三欲が強い人に付和雷同すると、一緒に退学。危ない宗教の勧誘も相変わらず盛ん。社会だけでなく学内にも危険はごろごろあります。

 親や先生に大切にされ、楽しく生活できてきた大学生は悪の免疫がありません。大学になると自己責任と自己選択が増えます。油断すると連休前にやる気が失せ、自分を見失い、将来を悲観します。寂しがり屋は特に危険です。儲け話が危ない、お金を簡単に得られる訳がありません。

 夢を叶えたい、幸せになりたいのは自然の欲求です。他人を餌食にして、儲けを企む人が必ずいます。大学1年の時から部活やクラブに参加、講義は必ず出席。小人閑居して不善をなす。不善対策は多忙に限ります。社会人になり、伴侶を得てもお金は大切、必須です。良い暮らしへの願望は強くなります。

 油断すれば、気が付かない内に犯罪を犯しています。騙されていると知らないで、友人を巻き込むと犯罪者。交通事故を起こしたら、相手を助け警察に電話。スマホ自転車はなお危険。一生を棒に振りかねない。勉学やスポーツに励む、思いやりを持った人も一瞬で犯罪者です。

 被害者はなかなか立ち直れませんが、励ます家族や先生が周囲にいれば大丈夫。でも加害者を助ける人はおらず、自力更生のみ。でも人の口に戸は立てられず、周囲はネグレクト。知人の失敗が嬉しい人が近づいて、危ない人と出会い、悪の道へ一直線になりかねない。

 堺さんが講師の講演会を学校が開催すると役立ちます。そう思い、記事を書きました。学校の教科授業以上に、人生に役立つ話。学校の講演会で私も聞きました。1時間で分りやすい、面白い、貴重な話をたくさん聞けました。

 真面目な人を危険な目に合わせないために、悪徳商法の悪知恵と落とし穴の事例を学校が教えると一生効果があります。免疫ができるからです。規則に縛られた温室環境は逆効果。悪人なおもて往生とぐ。

 南無阿弥陀仏。何妙法蓮華教。南無大師金剛遍照。私はいい加減な男、真面目に楽しめたら何でも良いのです。今日はここまでにします。

コメント

貸すならあげる

2018-11-27 04:06:39 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 堺さんの講演会の思い出から思ったことをしばらく続けます。

 悪い人は話しやすい人に近づいてきます。仕事で付き合うと、儲け話、自慢話を始めます。危ない人に被害を受けた人は若い人や管理職など、地位と歳によりません。針小棒大に自慢する人は危険です。自慢や叱責は能力不足の裏返し、能力不足と言われても、自分が自分を褒めましょう。

 自信家の友人が会社を辞め、投資を薦められました。4回ありました。手切れ金と思い、投資せず、お金をあげ、おさらば。全員失敗、事業は破綻。無事でした。数少ない成功者は自力で起業した人。一番危なかったのは、手を貸した件。アウトボクシングの手数が良かったと思い、冥途に行きます。

 人は自己中、相手を甘く見て、声をかけます。その言葉は願望です。言葉が美味しいほど危険です。聞き手の理解にも誤解があります。たくさん友人を作るのは良いことですが、言葉を信じてはいけません。お金はなお危険です。ただより高い物はない。父母の教えでした。それで私は何とか無事でした。

 騙された人が加害者や犯罪者になるのが一番怖いのです。自殺した同年代の優秀な慶応経済の先輩がいました。彼は自己破産。親は成城の大きな自宅を失いました。悪徳商法撲滅は堺さんの領域。阿保な私は人の言葉を鵜呑みにしないで、行動と実践を見て冷静に評価しています。良い人は騙されて、優秀過ぎる人は行き場を失うことも多いのです。

 困った友人が居て、頼まれてもお金を貸してはいけません。貸したい時はあげましょう。行いが良い人にです。過去に頼まれた人は5人いました。2人は断りました。返してくれたのは1人だけ、1人は消えました。1人は最近ですので、見ています。

 今日はここまでにします。

コメント

危ない人や話は遍在

2018-11-25 04:03:34 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 堺さんが高校の講演会で詳しく話した、高校生が被害を受けた実例を下記に示します。

・オンラインゲームの人気ソフトの被害の例

・アイドルは君だの悪質勧誘の例

・マルチ商法被害により命を絶った高校生の例

 以上の教訓は高校生だけに役立つわけではありません。誰もが心して聞くべき話でした。まとめ記事を書いた相棒、鈴木さんはとても良い人です。非常勤の高校でも契約書もなく、生徒さんに感情移入しすぎ、働きました。アホな生徒さんや先生が可愛かったようです。

 もっとも、鈴木さんは学生時代にも友人に50万円貸し、あわやマルチ商法をするところでした。彼はお金を返してもらえなかったのに、マルチ商法をしないで良かった、50万円取られたが、彼のお蔭で難を逃れられた、と感謝していました。リンク先の記事にも少し書かれています。

 最近、昔の人材派遣会社の同僚がすぐ返すから貸してくれと鈴木さんに言ったそう。私にも言ってきました。私は薄情者、断りました。鈴木さんは50万円貸しました。しかも相手は長年の友人、創価学会員、信じました。でも今は所在も分かりません。雲隠れの前に、友人たちから一儲け企らんだようです。

 人が良い人ほど相手に感情移入し、騙されます。鈴木さんが騙された金額は同じ、50万円。すぐ貸す額を、悪い奴は直観的に分かるのでしょう。その人は私に20万円と言いました。私は安く見られたようです。仕方ない。

 会社時代、上司の秘書が、奈良時代の上司の課長から今から出張と言われ、50万円近く貸していたそうです。時間なく、出張申請できず、立て替えたようです。友人の若い管理課長も人が良く、300万円近く、貸していました。借りた人はそのまま退職したようです。

 噂では、借りた人は周りの複数の人にお金を借り、被害者はもっといて、誰にも返さず退職したと聞きました。私には金を貸してくれと言わず、手を貸してくれと言いました。知らなかった私は違法行為をさせられそうでした。話が変と思い、管理部長に正直に報告し、危うく難を逃れられました。

 南無大師金剛遍照。今日はここまでにします。

コメント

悪徳商法撲滅話が面白い

2018-11-23 04:08:24 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 境さんは正義感が強く、マルチ商法の被害者のために戦いを始め、次第に色々な悪徳商法と戦うことになりました。国会の参考人として国会で証言し、一般の日刊紙にも詳しく経歴が書かれました。マルチ商法の専門家として大学の非常勤講師を長年勤め、今も法政大学の大学院の先生をしているようです。

 最近はおれおれ詐欺や、なりすまし詐欺の研究しているでしょうが、私が脊柱管狭窄症になりお付き合いできなくなり、ネットで彼の消息を知るだけになりました。彼の50年の膨大な経験と情報を1時間の講演で語るのは無理ですので、高校生に大切なポイントだけを講義してもらいました。要点を箇条書きします。

・悪い人は見た目では分らない

・電話による悪徳商法の手口が巧妙化

・アンケートの登録や会員登録で個人情報が流失

・プライバシーは守られていないと覚悟する

・インターネットに関連したトラブルが増加

・マルチ商法の被害者は加害者になる

・誰もが被害者になり、加害者になる

・狙われやすいのは若者、女性、高齢者

・被害者はまさか私がと一様に言う

・被害に遭った人は再び狙われる

 以上の通り、堺さんは被害者の心理や状況の実例を話してくれました。はたから見ると笑い話の大被害。現実に起きた講演会でした。相棒がその記事を書き、私が校正し掲載した記事の箇条書きを少し校正しています。

 

 被害者は「あんなに良い人だったのに」、「後から思うと、聞いている時に変だと感じた」と一様に言い、違和感があったそうです。

 

 違和感があろうとなかろうと、まず家族に電話し、繋がらなければ110番に電話する。他人を信じない、弁護士や銀行や役人を信じるなど臍で茶を沸かせます。本来、信じてはいけない人種なのに。学校の先生も塾の先生もですが。

 

 子や孫の不祥事や行いや栄誉はそれぞれの自己責任、自業自得、自分と無関係。大事な人の不味い状況を隠そうと思うから騙される。電話口が本人でも、スポイルします。いけません。私は自業自得と言い、子供を育てました。もちろん自分もです。

 私も2度、息子を語る人から、寝起きに電話がありました。経験だ、自己責任だ、自業自得だ、しっかり償えと言いました。すると相手の若者は無言で電話を切りました。騙された振りをし、警察に協力すべきでした。当時は多忙のため無理でしたが。

 悪徳業者の手口はますます高度、シナリオ化され、多人数化し、劇場化しました。誰もが騙されかねません。だから人生は自業自得、甘くない。南無大師金剛遍照

 今日はここまでにします。

コメント

旧友に講演会を依頼

2018-11-21 04:28:21 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 私は修士1年の時、研究室のあった建物が半年、全共闘の活動支援の過激派グループに占拠されました。大学に行くと、集会所でお茶を飲むだけになりました。私はしたいことをまだ分からない甘ちゃんでしたが、指導教官は全共闘や職員組合との会議が多く多忙のため、相談できず、本を読み自習していました。

 私は毎日大学に行き、野球部時代の同級生とキャッチボールをたくさんしました。暇があり、英会話を勉強しようと思いました。通学経路にあった津田塾英会話学校に入学、1週間に確か3回、6時から8時頃まで、英会話を練習しました。最初、教室一杯の受講生がいましたが、すぐ半分ほどになりました。

 ソフトボールチームを主宰する日立の高卒の若者、境次夫さんと同じクラスになりました。彼は積極的な人でした。彼が主催する喫茶店の集まりに誘われ参加。皆さんが自己紹介したのか、ソフトチームの参加者が少ない時、レフトを私に頼んだそうです。後に中央大学の夜学法学部を卒業し、独立しました。

 当時は1年ほどのお付き合いでした。15年ほど後でしょうか、出張時に新幹線で彼の記事を夕刊紙で読みました。悪徳商法対策の個人事務所を立ち上げ、有名人になっていました。流石だ、素晴らしいと思いました。でも、マルチ商法に私は興味なし、連絡しませんでした。

 私は定年退職し、高校の非常勤だけになり、色々な仕事のプロを高校にお呼びし、講演会をして頂き、それをビデオに収め、ITCと後のOTA研の生徒さんと専門指導員の相棒と一緒にコンテンツを制作し、サイトに掲載していました。

 大学1年生の春にマルチ商法やインチキ宗教団体に勧誘され、道を誤る若者が多いとニュースを読みました。ネットで堺さんの連絡先を調べ、電話をしました。名前を名乗ると、彼は私を覚えていました。足が速い、レフトフライを全部とってくれた、バックホームの肩に驚いたと。私はすっかり忘れていました。

 即、彼は了承。悪徳商法に狙われる高校生・大学生の講演会をしてくれました。悪徳商法被害者対策委員会会長として、半世紀近く活動をしてきた話でした。その間、ずっとソフトのピッチャーもし、千試合以上投げるのが目標、もうすぐ達成できると言っていました。もう達成されたはずです。彼は多くの困った人を助けました。

 講演会の前と後に、色々話し、彼の故郷は私の祖父が住んでいた笠岡の隣町だと分かりました。母方は有名な家の子孫でした。彼は頭が良く、私の祖先も覚えていました。私も彼の祖先の話を聞いたのですが、名前も国名をすぐ忘れます。

 私は子供の時から名前を覚えるのが苦手です。友人には必ずあだ名をつけて覚えます。加齢で酷くなりましたが、彼の名前は私と同じ、忘れません。

 今日はここまでにします。

コメント

駄洒落で嫌味を表す

2018-11-19 04:10:33 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 もう時効ですから、担当の先生や関係した先生の顔写真のプレゼン資料もリンクします。全学を目指し、先生と生徒さんが参加できる情報クラブを目指しましたが、参加した生徒さんは少ない上に、各人がそれぞれ珍しい趣味を持っていました。

 そこで、仕事や勉強や趣味のエーテルを目指し、オン・ザ・エーテル研究クラブ、約してOTA研と命名しました。さらに自主的な活動を重視し、情報クラブ活動を変身。日付は2013年12月26日、2014年度の契約を目指していた時でした。

 新年度の契約は不明で毎年、年末と正月は大変でした。年初の理事会にクラブ活動の申請をしました。理事会が承認しても、年度初めの生徒会でも承認が必要でした。生徒会は2階から目薬。理事長を経由し、理事会が承認し、当時の教頭、今の校長が教職員の会議に提案し、担当の先生が決まります。生徒募集は教頭の腹積もり。

 担当顧問の先生は情報教科と雑用と勧誘と運動部顧問が多忙でした。毎年、数人の候補の先生と面談しました。校長にパワハラされ、先生は実績が欲しいだけ、会員指導に自信がなく、私が話すと2度と来ませんでした。相棒はアホに優しいので、会員の好きなように新しい活動をしてくれました。でも、その会員の所属は何故か他のクラブ。表向きは他のクラブの実績になっていました。

 情報クラブに来る生徒さんは自宅クラブのオタクたち。校長に嫌味を兼ね、名前をオタケン、OTA研クラブと名称変更しました。冗談を言わないと、学校と付き合えません。でも、この名前に会員は大喜びしました。当時の理事長はくそ真面目な方。不満そう。でも私は構わず、無視。話をしなくなりました。

 面談に来る先生は相棒以外、当時の教頭の、今の校長だけになり、教頭を校長にする会の会長を私は広言。随時随所、オグシオにも言いました。彼を主役に、出前バドミントン講習会を数回開催し、OTA研クラブの会員がビデオ撮影し、コンテンツをネットにアップしました。素晴らしい出来でした。

 このビデオコンテンツはクラブのサーバーにありました。今、何処にあるか知りません。オグシオやイケシオ登場のビデオも、今の校長が颯爽と、初心者を指導したビデオもありました。彼はバドを教えると人が変わります。学校は人の動かし方を知りません。日本の不調の真因を見た気がします。

 有名人のビデオの管理は大変です。私も相棒も権利を放棄し、正解でした。2年で学校を首になり、良い判断でした。その名残がリンクしたプレゼンです。

 今日はここまでにします。

コメント

こうのとりが飛翔

2018-11-17 04:09:01 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 11月11日、早朝、こうのとり7号のカプセル回収に大成功とJAXAが発表しました。この成功は特に凄い、日本の基礎技術は凄いと改めて思いました。

 はやぶさ、あかつき、IKAROS、はやぶさ2号の要素技術に続き、今回は管理や制御技術の高さを示しました。今まで成功した高い技術力の応用をボケ老人の私は分からないと、最近、IKAROSの記事に掲載しました。

 こうのとりは宇宙ステーションへの貨物輸送の宇宙船です。宇宙大国の米国やロシアと連携し、互換器具を造り、共同実験するシステム技術力を示しました。こうのとりと回収カプセルは色々な応用にすぐ使えます。

 ISO国際標準がありますが、大国は何かと我が儘です。基本は自国の標準です。国際基準のメートル法に直すと半端な数字になり、小数点が付き、桁数が増えます。国際宇宙ステーションはアメリカとロシアの大型の宇宙船をつなげ、大きくなりました。結合が大変です。

 引退したスペースシャトルは有人宇宙船、大型ロケットを使いました。NASAは開発を中止し、新しいロケットを開発中です。民間企業としていますが開発に手間取り、今は貨物輸送も有人宇宙船もロシアに頼んでいます。ロシアも有人衛星の打ち上げに最近失敗し、打ち上げを中止し、問題を調査中です。

 国際宇宙ステーションへの貨物輸送は過去のこうのとりで成功しました。今回初めてカプセルの回収にも成功しました。改善は日本の十八番です。今後、改良が進み、安価になります。

 国際宇宙ステーションは古い技術です。維持にお金が掛かり過ぎ、後2年で終了ですが、物資輸送の良い手段がありません。アメリカもロシアも安価な方式を開発中ですが、遅れています。日本のロケットは小型で信頼性が高く、安価です。

 今回、ロケット打ち上げは4回延期しました。延期は大変です。貴重な経験でした。回収したカプセルのデータは非常に貴重です。温度変化、加速度変化、実験成果の輸送中の変化、などなど色々なデータがえられました。フライトディレクターはわくわくする、楽しんで調べると言いました。

 今後8号、9号のこうのとりが予定され、経費がかかりますが、今がチャンス。薬や半導体の結晶生成や画像通信方式やAIや医療ロボットなど、国家予算の研究はこうのとりありきで有機的に連携し、新しい研究開発をして欲しいと思います。宇宙空間は結晶生成に最適です。

 一国主義の嫌な時代、経済協力で国は存続できません。こうのとり開発を有機的に推進し、独自技術を開発すれば、他国から国際協力をお願いされます。研究開発が有機的になれば、競争ではなく共創で、日本の地位を向上できます。

 今日はここまでにします。

コメント