創造性の開発 新規商品を企画しよう

新規商品企画の成功学
求むる所第一義
随時随所楽しまざるなし

旧友に講演会を依頼

2018-11-21 04:28:21 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 私は修士1年の時、研究室のあった建物が半年、全共闘の活動支援の過激派グループに占拠されました。大学に行くと、集会所でお茶を飲むだけになりました。私はしたいことをまだ分からない甘ちゃんでしたが、指導教官は全共闘や職員組合との会議が多く多忙のため、相談できず、本を読み自習していました。

 私は毎日大学に行き、野球部時代の同級生とキャッチボールをたくさんしました。暇があり、英会話を勉強しようと思いました。通学経路にあった津田塾英会話学校に入学、1週間に確か3回、6時から8時頃まで、英会話を練習しました。最初、教室一杯の受講生がいましたが、すぐ半分ほどになりました。

 ソフトボールチームを主宰する日立の高卒の若者、境次夫さんと同じクラスになりました。彼は積極的な人でした。彼が主催する喫茶店の集まりに誘われ参加。皆さんが自己紹介したのか、ソフトチームの参加者が少ない時、レフトを私に頼んだそうです。後に中央大学の夜学法学部を卒業し、独立しました。

 当時は1年ほどのお付き合いでした。15年ほど後でしょうか、出張時に新幹線で彼の記事を夕刊紙で読みました。悪徳商法対策の個人事務所を立ち上げ、有名人になっていました。流石だ、素晴らしいと思いました。でも、マルチ商法に私は興味なし、連絡しませんでした。

 私は定年退職し、高校の非常勤だけになり、色々な仕事のプロを高校にお呼びし、講演会をして頂き、それをビデオに収め、ITCと後のOTA研の生徒さんと専門指導員の相棒と一緒にコンテンツを制作し、サイトに掲載していました。

 大学1年生の春にマルチ商法やインチキ宗教団体に勧誘され、道を誤る若者が多いとニュースを読みました。ネットで堺さんの連絡先を調べ、電話をしました。名前を名乗ると、彼は私を覚えていました。足が速い、レフトフライを全部とってくれた、バックホームの肩に驚いたと。私はすっかり忘れていました。

 即、彼は了承。悪徳商法に狙われる高校生・大学生の講演会をしてくれました。悪徳商法被害者対策委員会会長として、半世紀近く活動をしてきた話でした。その間、ずっとソフトのピッチャーもし、千試合以上投げるのが目標、もうすぐ達成できると言っていました。もう達成されたはずです。彼は多くの困った人を助けました。

 講演会の前と後に、色々話し、彼の故郷は私の祖父が住んでいた笠岡の隣町だと分かりました。母方は有名な家の子孫でした。彼は頭が良く、私の祖先も覚えていました。私も彼の祖先の話を聞いたのですが、名前も国名をすぐ忘れます。

 私は子供の時から名前を覚えるのが苦手です。友人には必ずあだ名をつけて覚えます。加齢で酷くなりましたが、彼の名前は私と同じ、忘れません。

 今日はここまでにします。

コメント

駄洒落で嫌味を表す

2018-11-19 04:10:33 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 もう時効ですから、担当の先生や関係した先生の顔写真のプレゼン資料もリンクします。全学を目指し、先生と生徒さんが参加できる情報クラブを目指しましたが、参加した生徒さんは少ない上に、各人がそれぞれ珍しい趣味を持っていました。

 そこで、仕事や勉強や趣味のエーテルを目指し、オン・ザ・エーテル研究クラブ、約してOTA研と命名しました。さらに自主的な活動を重視し、情報クラブ活動を変身。日付は2013年12月26日、2014年度の契約を目指していた時でした。

 新年度の契約は不明で毎年、年末と正月は大変でした。年初の理事会にクラブ活動の申請をしました。理事会が承認しても、年度初めの生徒会でも承認が必要でした。生徒会は2階から目薬。理事長を経由し、理事会が承認し、当時の教頭、今の校長が教職員の会議に提案し、担当の先生が決まります。生徒募集は教頭の腹積もり。

 担当顧問の先生は情報教科と雑用と勧誘と運動部顧問が多忙でした。毎年、数人の候補の先生と面談しました。校長にパワハラされ、先生は実績が欲しいだけ、会員指導に自信がなく、私が話すと2度と来ませんでした。相棒はアホに優しいので、会員の好きなように新しい活動をしてくれました。でも、その会員の所属は何故か他のクラブ。表向きは他のクラブの実績になっていました。

 情報クラブに来る生徒さんは自宅クラブのオタクたち。校長に嫌味を兼ね、名前をオタケン、OTA研クラブと名称変更しました。冗談を言わないと、学校と付き合えません。でも、この名前に会員は大喜びしました。当時の理事長はくそ真面目な方。不満そう。でも私は構わず、無視。話をしなくなりました。

 面談に来る先生は相棒以外、当時の教頭の、今の校長だけになり、教頭を校長にする会の会長を私は広言。随時随所、オグシオにも言いました。彼を主役に、出前バドミントン講習会を数回開催し、OTA研クラブの会員がビデオ撮影し、コンテンツをネットにアップしました。素晴らしい出来でした。

 このビデオコンテンツはクラブのサーバーにありました。今、何処にあるか知りません。オグシオやイケシオ登場のビデオも、今の校長が颯爽と、初心者を指導したビデオもありました。彼はバドを教えると人が変わります。学校は人の動かし方を知りません。日本の不調の真因を見た気がします。

 有名人のビデオの管理は大変です。私も相棒も権利を放棄し、正解でした。2年で学校を首になり、良い判断でした。その名残がリンクしたプレゼンです。

 今日はここまでにします。

コメント

こうのとりが飛翔

2018-11-17 04:09:01 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 11月11日、早朝、こうのとり7号のカプセル回収に大成功とJAXAが発表しました。この成功は特に凄い、日本の基礎技術は凄いと改めて思いました。

 はやぶさ、あかつき、IKAROS、はやぶさ2号の要素技術に続き、今回は管理や制御技術の高さを示しました。今まで成功した高い技術力の応用をボケ老人の私は分からないと、最近、IKAROSの記事に掲載しました。

 こうのとりは宇宙ステーションへの貨物輸送の宇宙船です。宇宙大国の米国やロシアと連携し、互換器具を造り、共同実験するシステム技術力を示しました。こうのとりと回収カプセルは色々な応用にすぐ使えます。

 ISO国際標準がありますが、大国は何かと我が儘です。基本は自国の標準です。国際基準のメートル法に直すと半端な数字になり、小数点が付き、桁数が増えます。国際宇宙ステーションはアメリカとロシアの大型の宇宙船をつなげ、大きくなりました。結合が大変です。

 引退したスペースシャトルは有人宇宙船、大型ロケットを使いました。NASAは開発を中止し、新しいロケットを開発中です。民間企業としていますが開発に手間取り、今は貨物輸送も有人宇宙船もロシアに頼んでいます。ロシアも有人衛星の打ち上げに最近失敗し、打ち上げを中止し、問題を調査中です。

 国際宇宙ステーションへの貨物輸送は過去のこうのとりで成功しました。今回初めてカプセルの回収にも成功しました。改善は日本の十八番です。今後、改良が進み、安価になります。

 国際宇宙ステーションは古い技術です。維持にお金が掛かり過ぎ、後2年で終了ですが、物資輸送の良い手段がありません。アメリカもロシアも安価な方式を開発中ですが、遅れています。日本のロケットは小型で信頼性が高く、安価です。

 今回、ロケット打ち上げは4回延期しました。延期は大変です。貴重な経験でした。回収したカプセルのデータは非常に貴重です。温度変化、加速度変化、実験成果の輸送中の変化、などなど色々なデータがえられました。フライトディレクターはわくわくする、楽しんで調べると言いました。

 今後8号、9号のこうのとりが予定され、経費がかかりますが、今がチャンス。薬や半導体の結晶生成や画像通信方式やAIや医療ロボットなど、国家予算の研究はこうのとりありきで有機的に連携し、新しい研究開発をして欲しいと思います。宇宙空間は結晶生成に最適です。

 一国主義の嫌な時代、経済協力で国は存続できません。こうのとり開発を有機的に推進し、独自技術を開発すれば、他国から国際協力をお願いされます。研究開発が有機的になれば、競争ではなく共創で、日本の地位を向上できます。

 今日はここまでにします。

コメント

情報時代の課題をプレゼン

2018-11-15 04:09:26 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 前回の記事にリンクしたプレゼン資料は日本政策投資銀行の新人教育の講演会に使った資料を基にしました。量が多く、高校の総合の授業には難しく、今回リンクのプレゼン資料と2つに分け、それぞれを簡単な表現に変えました。情報の総合的な見方は高度な話を柔軟に説明できるプレゼン資料です。

 前回も今回もプレゼン資料の文章は各ページ4項目の短い箇条書きです。上司や部下がこのプレゼン資料を使う場合、各項目をメモのように利用でき、各人それぞれが経験を加えながら語れます。プレゼン資料の用語は全て口にすることが良いプレゼンです。用語が目だつために、文章を箇条書きに簡略化しています。

 自分が使う場合にもメリットがあります。聴衆の興味の在処を探りつつ、講演し、受けた話題に時間を割き、受けない冗談はすぐ変えます。政策投資銀行の新人講習会では下手な私の冗談に、とても良く反応してくれました。私は調子に乗り、ますます上手く話せました。頭の良い人は良い話を聞けることになります。

 高校の講義では私の冗談は受けませんでした。私はダジャレ好き、高校生は掛詞が瞬時に理解できません。なお、孫は小学生の時、ダジャレが得意でした。高校では私は調子が出ず、詰まらない話になりました。もっとも、東大の教授も、工学院の学長もいつもより調子が出ていませんでした。

 資料は行数と文字数を少なく、面白い絵を各ページに加えます。相棒の鈴木さんは画像編集ソフトが得意です。情報クラブで創った絵を多様に張り付けました。凝った絵に嫌味の意味がありました。私は画像編集が苦手です。論旨を抽象的に表現するか、人を書き現実の利用イメージを表現しました。絵を見れば、論旨が分かるプレゼン資料になります。高度にも抽象にも意味があります。

 今回の論旨をさらに短くすると、今は情報時代、仕事にも市民生活にも情報の常識が必要とまとめられます。スマホやカードやポイントなど、すでに若者の生活に溶け込みました。さらにキーワードだけにしてみます。研究開発や、会社の業務にもっとも大切な心得は以下の4項目で言い切れます。

・好奇心

・笑顔と駆け足

・計画と実行

・仲間に伝達

 如何でしょうか。このプレゼン資料は聴衆に興味を引かせるプレゼン資料の例のひとつです。大事なことは、高度なレベルを目指しながら、今の自分を見て、工夫し、日々成長を目指し、生きる事が大事だと思って頂けたら幸甚です。

 今日はここまでにします。

コメント

面白い情報を作る

2018-11-13 04:06:56 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。 

 繰り返しになりますが、受験生の親に評価されるため、高校は知名度合戦になり、ブランドを売り込んでいます。受験塾は昔から結果が求められていました。今は学校も競争になり、日本の教育全体が競争になっています。

 非常勤の高校も生徒さんの募集活動に力を入れていました。日本の教育界全体が企業化し、宣伝活動が盛んになっています。私達の情報クラブは宣伝に役立つコンテンツを制作しました。例えば、新聞切り抜き整理、卒業生のオリンピック選手のビデオコンテンツなどをつくりました。

 昔はテレビは普及しておらず、悪ガキは学園祭で先輩たちの出し物を参考にしていました。自然と伝統がありました。それでもプロデビューしたばかりの森山良子のステージやプロの将棋棋士を招いた将棋大会もありました。見ると楽しい、ラジオの公開放送もありました。子供も本物を目指していた時代でした。

 今は違います。テレビの真似事です。日ごろは楽しまないから、学園祭は遊びです。屋台の食べ物やコンテストなどで張り切る生徒さんや先生がほとんどでした。一方、情報クラブの生徒さんは夏休みから取り組み、秋口には面白いコンテンツを作成し展示しました。でも見学者は、理事長やクラブの保護者や教科書メーカーの社長だけ。保護者はこの学校に入学したのを喜んでいましたが。

 先生方の考え方と違っていたため、毎年情報クラブは会員募集に苦労しました。そこで、相棒に総合教科の授業を担当してもらいました。これが一番不味かったと思います。会員募集に効果はなく、学校にメリットがあるだけでした。理事長が総合教科に力を入れると言ったのに、総合の先生がいなかったからです。

 相棒を非常勤にしてモルモットになり、苦労させました。学校の非常勤をお願いせず、企業の広報に紹介すれば良かったと、坐骨神経痛になってから思いました。人材会社の2社の社長を知っていたからです。私は阿保でした。どうにかなると思い、教育界が昔とこれほど違うと思わず、当時の会社の指導経験から考えていました。入社試験で振るい落としていたのにです。

 プレゼン資料は面白い勉強になる、情報の多いコミュニケーション材料が良いと私は思います。相棒に凝ったプレゼン資料、即ち会社レベルのプレゼン資料、若い時に創造性を開発しようをお願いしました。このプレゼン資料は簡単そうですが、使う人には情報力が必要です。他の先生には役立ちませんでした。

 今日はここまでにします。

コメント (2)

勝負より楽しもう

2018-11-11 04:06:31 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 毎回、似た話と思う方は読まず、飛ばしてください。老いも若きも赤ちゃんも犬も、周囲のコミュニケーション能力で成長すると考えています。周囲との楽しいコミュニケーションが人をやる気にさせ、成長させたのを、私が見た事例を色々書いているつもりです。

 会社の管理職の時、同僚や上司の指導法に関心があり、上司のコミュニケーション能力が部下を成長させると思いました。各管理職がそれぞれ違うコミュニケーション手法でした。コミュニケーション能力が高い人が部下をやる気にさせ、成長させ、良い仕事をしたとまとめられます。

 学校の非常勤になり、授業やクラブ活動におけるコミュニケーション能力向上の施策を理事長に提案しました。しかし、校長は従わず、推進できず、私は皆さんに無視されました。それでも、当時の理事長と迷い込んだ生徒さんに賛同頂き、非常勤を10年楽しく続けられ、十分に楽しめました。

 偏差値が良くても社会生活は大変です。反抗的だった生徒さんが心配です。校内の友人関係に苦労し、情報クラブに来た人も社会でハラスメントに苦労しているでしょう。会社は学校以上に厳しいのが普通です。私は敗戦の年に生まれ、良い時におさらばしますが、今の人が哀れになります。

 情報をひとり占めするのが学校人の傾向であり、未熟な実績主義の故。文科省の号令だけでは、結果主義になり、学歴の良い人をポストに付け、好き嫌いで組織化します。校長は情報を独り占めし偏差値に拘り威張ります。もちろん仕事は人のつながりです。会社でも上司に可愛がられないといけませんが。

 長い物には巻かれろと、文科省の新教育方針の言いなりになり、未熟ゆえに失敗しても、担当の先生に錦の御旗があり、反省せず成長できません。学校は小さな社会です。先生は井の中の蛙です。先生同士のコミュニケーションが難しいとは考えません。そもそもしないのだから。

 もっとも、ブログ村にもebisu先生のような人もいます。彼は企業経験者、今は塾の先生です。自由に発想します。以前、dolce先生に大変にお世話になりました。残念ながら、ブログは無駄と諦めたか、更新していません。人はそれぞれです。私が知る限りの印象を言っています。随時随所楽しまざる無しと。

 今日はここまでにします。

コメント

ハラスメントは厳禁

2018-11-09 04:15:10 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 最後の2年間、自ら来た数名の生徒さんと、専門指導員と現校長の立ち合いの下、クラブ部室で私は面談するだけでした。不思議な話ですが事実です。ぼかしていますが、経過は過去のブログに書いてあり、かなり重複すると思います。勘弁してください。

 当時の校長が私とクラブ員とのメールを禁止しました。ストレスを感じた先生や非常勤が生徒さんと不祥事を起こし、そのようなルールになったようです。そのようにクラブの部屋に来た先生は言いました。若いストレスの多い人と65前後の老人を同じように考えてのこと、我慢してくださいと。

 こうして私が生徒さんと話すのは担当の先生などの同席が条件になりました。でも当時の理事長曰く、校長が私のノウハウを吸収しようと考えているからだろう、でした。私は創造性が大好きな性格。生徒さんや先生から話を聞いても、私がその時、思いついた理由は私が分かりません。理事長が私との面談を指示し、彼らは同意しても、現実は無視。そのトップが今は理事長ですから、辞めて正解、笑えます。もっとも、当時の担当の先生がやる気が無かったのかもしれません。

 生徒さんが私と仲良くなると、私に影響され、校長や担任をバカにすると心配していると理事長も思っていたようです。威張れなくなるのが困るのです。本質的に学校人は威張るのが好き、ハラスメント好きなのです。私は会社勤めの定年退職者です。差別やパワハラやセクハラは禁止され、有名なカーネギーの本で学びました。

 学校の古顔の先生が若手や生徒さんと接する様も見て、高圧的に扱っていると私も思いました。負けたり、反抗的になれば拳骨矯正。大人しい先生ほど働かされ、多忙すぎ、精神が痛みます。うるさ型はさっさと出張直帰し、さぼります。ネットに批判記事の多い、先生業界の一般的な特性になります。

 私が子供の時、先生と言われるほどの馬鹿でなしと父と叔父がよく自戒的に言っていました。自戒のない人を目の当たりに見た気がしました。人の世は馬鹿と阿保の絡み合いなのに、自分だけが頭が良く、アホな生徒をバカにし、大人しい先生や経験不足の先生をハラスメントすることになります。

 赤子や園児の成長は親や周囲の優しいコミュニケーションに依存すると信じています。論だけではありません。私は実例をたくさん見ました。年寄りがボケないために周囲のコミュニケーションが大事だと分かりました。10年間、療法士や介護士にたくさん事例を聞きました。中間の若年層や壮年層の話は話題になりません。ハラスメントが問題になります。でも、ハラスメントはコミュニケーション能力の不足で起きると私は思います。

 今日はここまでにします。

コメント

面白い情報を創る実践

2018-11-07 04:16:11 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 私が担当した工業科では、情報教科がありました。ブラインドタッチ入力とワープロを教えていました。これでは面白い授業ではありません。今の実務者にとって情報システムの基本の、要求機能条件の分析法やシナリオプランニングやブレーンストーミングが必要です。楽しく生徒さんにさせない理由が当初は不思議でした。

 学内の他のコースは情報教科とは全く関係なし、情報の常識など不要と判断していました。私は非常勤を止めるまで情報クラブ設立とその後の存続に注力しました。就職にも大学でも情報処理の知識が役立ち、情報リタラシーが将来文系にも役立つからです。それなのに、ほとんどの先生が興味が無いのも不思議でした。

 そのような状況で、私と相棒が非常勤を退職するまで、高校の情報クラブを推進しました。毎年、学校が方針を定めず、年度初めはぎくしゃくしました。迷い込んだ生徒さんは基本教科が不得意、またはとても個性的でした。各人の要求を私がヒアリングし、優しい相棒が専門指導員として指導し、運営しました。

 私達の退職後、情報クラブはどうなったか、コンタクトしていないので分かりません。当初の2年ほど、先生方に強く働きかけましたが、先生方は情報クラブに無関心でした。全く無駄でした。生徒さんの希望を聞けず、無関心の人と話すだけ、間接的な運営は到底無理と思っていたため、コンタクトしませんでした。

 ワードとエクセルのパソコン教室に戻ったか、活動停止になったか、何れにしろ、先生方は自分の担当教科を勉強し、偏差値をあげさせたら、高校生の生きる力になると思っています。そう校長が先生を管理しています。結局、先生を競争させ、先生を競争させたら生徒が競争主義になるのは必然です。

 専門指導員の鈴木さんは優しい人です。落第生を復活させられる人です。自分が落ちこぼれと思っているからです。1年生で参加した人が、3年生になると下級生を指導して学園祭の面白い出し物を創ってくれました。参加した生徒さんの成長の早さに毎年驚かされました。素晴らしいチームワークがあったからです。

 鈴木さんには高齢のご両親が居ます。数年前にボケ始め、介護が必須になり、今は引き取って面倒を見ています。到底、通勤時間の長い仕事ができない状況になりました。私は70歳になり、大病し、新しい情報の教育などを訴える根気はなくなり、阿保になりました。2人はまとめてほぼ自主的に首になりました。

 面白い情報を創りだす実践活動など受験戦争の激しい生徒さんに不要と自分を言い聞かさないと、ボケ老人も、ボケ老人を抱える介護者も楽しく生きられません。自分の明日も分からないのに、甲斐の無い非常勤講師に拘ってはいられません。今を楽しく生きることが高齢者は大変だからです。

 因果はめぐる、南無大師金剛遍照。今日はここまでにします。

コメント (2)

イメージを使い回す

2018-11-05 04:09:22 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 講演会などで部屋を暗くしてプレゼンすると聴衆は眠くなります。会社員でも寝てしまう人が増えます。いわんや、暗い部屋にしなくても、高校生や高校の先生はよく寝ます。プレゼン資料の各ページに絵があると聴衆に飽きさせない効果があり、必ずイメージ図などを使いました。

 パワポのテンプレートを使うと、全ページが同じイメージになりますが、手間がかからず、絵が無いよりは面白く見えます。主題に適したテンプレートサンプルを使うと効果があり、簡単です。パワポは良いサンプルを使える機能もあります。

 私が富士通やシャープで商品企画を担当した時、まだパワポはなく、手書きでプレゼン資料を作りました。紙に太いサインペンなどで書き、OHP用の透明シートにコピーし、OHP用カラーセロファンで貼り付け、カラー化しました。手間がかかりました。グラフや単純な絵のイメージが適していました。

 白黒のプレゼンで済ますなら、ワープロで印刷し、手書きしたポンチ絵を貼り付け、OHP用の透明シートにコピーしました。表題を大きく書き、文字部分は4項目の箇条書きをして、下か右側に絵を貼り付け、コピーすると綺麗に見え、上司も説明が楽になることが分かりました。話すべきメモが表示されているからです。

 学校の非常勤になった時、既にパワポが普及していました。パワポのテンプレートサンプルを使い作りました。それが前回リンクした資料です。各ページが同じ絵になりますが、作成者が一目で分かり、明確です。教育界はコピーライトを気にしていないと考えて、このように作りました。

 デジカメで撮影した写真を各ページに挿入するのは一番簡単です。この場合も、分かり易い短い説明文が適していると考えて、4項目の箇条書きを加えました。顔写真には被写体に肖像権があります。被写体の人に許可を頂く必要があります。絵を重ね、顔を隠すのは簡単ですが、コピーされ、修正し外せます。使いませんでした。

 私はパソコンが苦手ですが、相棒の鈴木さんがパソコンを得意にしています。彼は画像編集ソフトを使い、簡便な面白い絵を描くのが得意です。絵の解像度を悪くし、同じ絵を使いまわし、作業を効率化しました。

 豊かな人生を準備しようのプレゼン資料は彼が総合教科を担当した時に作成しました。見てください。論旨と絵と文章は私のアイデア、原案者でした。鈴木さんは作成者。コピーライトは五分五分と話していました。

 今日はここまでにします。

コメント

プレゼン資料は1日で

2018-11-03 04:02:54 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 高校の非常勤で10年近く勤め、夏休み明けからスポーツコースを中心に自己推薦試験の小論文指導をしました。得られた知見をまとめたプレゼン資料が10近くありました。参考になりそうな資料をセイナのお店のコンピュータサロンに掲載しました。

 資料は使わず、内容通りに指導し、生徒さんの合格確率は非常に高かったと言えます。バドミントン部の暗記だけ得意の2人が早稲田の教育学部に合格し、ハンカチ王子と同じクラス。勉強嫌いは、青山を目指し合格。他の部も志望通りにほとんど合格しました。

 このプレゼン形式を会社の業務、特に新規商品の企画業務に使いました。何度かこのブログでもそれぞれ説明した内容です。形式の良さを見て頂きたく、それらを7つまとめてリンクしました。

進学する目的を考えよう

理系進学の意味を考えよう

理系を受験しよう

教科総合を真面目に学ぼう

良い習慣を身に付けよう

専門技能を身に付けよう

受験問題のノートを作ろう

 プレゼン資料を1つ作るのでも、学校の先生は2週間ほどかかり、提出すれば許されるようです。もっとも、私が勤めた高校では出さなくても特段お咎めなしでした。

 一方、プレゼン資料など1日で作らなければ、シャープの企画担当課長になれませんでした。富士通で超特急を指示され、次第に短時間にできるようになりました。

 商品企画の時、資料を依頼されたら、メモを午前中に書き、午後に依頼者に見せ、方向を決めます。翌朝、原案を見せ、面談。修正箇所を指示頂きました。スピードこそ商品企画の条件です。資料は短く簡易がベストです。①から⑦まで簡易なプレゼン資料の例です。

 掲載日は違っていますが、上記プレゼン資料は1週間に仕上げました。1つではなく、掲載した7つか、それ以上でした。書かない日もあり、楽しみながら、書いた日は1日にふたつは書きました。相棒の鈴木さんがキャプションを書き、記事をコンピュータサロンに掲載しました。

 なお、②と③の英訳と中文訳は後日、私の市民バドミントンクラブの留学生と慈恵大生がしました。できた訳文を短くするのが大変でした。

 今日はここまでにします。

コメント

イカロスの神話も面白い

2018-11-01 04:14:40 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 まずイカロスの不思議の記事の後半部分を以下に貼り付けす。

『イカロスの言葉から微かな記憶が蘇ってきました。それはギリシャ神話です。鳥の羽をロウで張り合わせ、巨大な翼を作ったイカロスという若者。調子に乗り、太陽の近くまで飛び、ロウが溶け、墜落する話、です。無鉄砲だった私は「桂馬の高飛び歩の餌食」と言われ、「イカロスになるな」と教えられました。有名な絵画、「イカロスの墜落」(ピーテル・ブリューゲル(父)、 1557年頃)の絵は美術の教科書にあったのでしょう。覚えがあります。

 絵の謂れを調べました。ギリシャ神話はギリシャ時代よりはるかに昔の伝承をギリシャ時代やローマ時代の詩人や作家がまとめたもの。ダイダロスとイカロスの親子がミーノス王の怒りを買い、迷宮に閉じ込められました。彼らは翼をつくり、空を飛んで脱出した話が基でした。

 イカロスは父の警告を忘れ、高く飛びすぎ、太陽の熱でロウを溶かされ、墜落死と、オウィディウスの詩にも歌われています。彼の詩はギリシャ時代ではなく、今の時代の感性にあっているのかも。このまま続けるときりがありません。ここで止めます。

 まとめです。成功を目指した最新技術の宇宙帆船にイカロスと名前をつけた理由が私には分かりません。本当に不思議です。太陽に溶かされ、帆が溶け、失敗することを予定していたのか。それとも冗談か。あまり期待していないプロジェクトだったのか。だから挑戦に成功したのかもしれません。それなら納得できます。真実は何時も不思議だからです。』

 コピーは以上です。最後の段落は今もそのまま使いたいと思います。常に真実は藪の中、虚実同根だからです。神話は虚構のようで現実の出来事に近い話です。脱獄に失敗した有力者が居たのかもしれませんし、脱獄も運が良ければ成功します。脱獄に成功し、調子に乗って殺された若者がいたのかも。

 私はオリンピックやワールドカップの応援や放送が嫌いです。勝てば官軍、負ければ賊軍だからです。不倫話も同じ。一億火の玉、池に落ちた犬を打つ、の復活。個性個性と言う割に、随時随所楽しまざる無しがありません。今の教育は勝者になることを強いています。結局、凡人も上昇志向させられます。

 規制や補助金を上手く使い、革新的な挑戦を薦めますが、友人や他人と仲良くすることも望まれて、変人やできない人を苛めることになりかねない。せいぜい渋谷で騒ぐだけ。SNSが普及するほどその性向が強まるでしょう。老人の偏屈さも、一強政治も怖くないが、大衆の大衆迎合の行方がわかりません。

 ますますポピュリズムがはびこり、飛び出せと凡人や障害者も言われています。凡人や障害者は太陽を目指し、蝋が溶け墜落します。墜落する凡人が多数派になりました。特高が復活しなければ良いのですが。今の子が可哀想。随時随所楽しまざる無しと、楽しめば良いだけなのに、周囲やメディアが煩すぎます。

 南無大師金剛遍照。今日はここまでにします。

コメント

IKAROSとあかつき

2018-10-30 04:10:18 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 2010年5月、金星探査機あかつきと一緒に打ち上げられたイカロスの実験に成功。JAXAはIKAROSと表記しています。学生に先進技術に興味を持たせるため、イカロスの不思議を2011年の正月に掲載しました。IKAROSは今も宇宙を旅し、生きています。ウィキはイーカロス表記を使用していますが、私はイカロスを使います。

 あかつきの技術も凄かった。色々な箇所が故障したのに、代替え機能を使い、3年前に再挑戦。計画の金星円周軌道と違いましたが、見事、金星の楕円周回軌道への投入に成功。まだ金星を調査中。あかつきとIKAROSは凄い技術です。はやぶさ1号、最近のはやぶさ2号と、JAXAの挑戦は成功し続けています。

 IKAROSは宇宙帆船です。光エネルギーを集め回路を動かし、光子の力を利用し宇宙空間の旅をする漫画の世界の船です。一方、私は俗物です。苺やリンゴや梨や稲穂の被害に心が痛みます。こんなに凄い技術があるなら、台風に耐えられるビニールハウスを創れと言いたいし、大雨で崩れた太陽光発電が恨めしい。

 高度な宇宙産業の技術や部品技術の信頼性を実証しても、その先進技術を何時何処に適用し、市民生活に役立たせるか分からない、私は阿保な市民です。金メダル政策に注力し、日本の電子機器産業が破綻し、社会補償費が増えたとさえ思えます。

 『皆さんが学校で学んだイカロスはギリシャ神話の中の青年かも知れませんが、ニュースのイカロスは昨年5月、JAXAの種子島宇宙センターから打ち上げられた宇宙帆船。昨年11月に、金星上空約8万キロを通過し、通信圏外に出たため、今は制御できませんが、イカロスの実証実験は大成功でした。

 今後は人工惑星として太陽の周りを回り続け、気楽な挑戦が続いています。なおイカロスは、金星衛星を目指した探査機、あかつきと一緒に打ち上げられました。あかつきは姿勢制御に失敗しましたが、6年後に金星衛星に再挑戦します。

 イカロスの帆は僅か7.5ミクロンのポリイミドフィルム製。一辺が14メートルの巨大な正方形。皆さんの教室以上の大きさです。膜の重さは僅か、200g程度。膜は薄くて丈夫です。帆はどら焼きのように、小さくたたんでロケットに積みます。帆を破損せず、宇宙空間で広げます。部品は全て軽量が条件です。

 この帆が生む光子の力で航行します。光子の力は1円玉の重力程度、極わずかな力。水の表面張力以下です。帆には、薄膜太陽電池が貼り付けられています。その発電能力で通信機や帆を動作させ、ハヤブサのイオンエンジンを搭載すれば、燃料を使わない、惑星間旅行も可能になったと実証されました。』

 今日は前半だけの感想とコピーを貼り付けました。今日はここまでにします。

コメント

水晶探しの悲しい結末

2018-10-28 03:58:56 | コーチング・マネジメント
 おはようございます。
 
 韓非子や韓信の悲惨な結末。義経の最後。先駆者に訪れる悲惨な結末、古今東西を問わずたくさんあります。私と相棒と理事長も高校の組織改革に失敗し続けました。私は凡才なので、失敗を楽しめ、10年続けました。
 
 理事長は私が勤めた全期間、通算12年以上担当し、悪戦苦闘し続けました。凄い精神的なスタミナの方。改革挑戦が好きな方でした。自ら先生方を叱咤叱咤の繰り返し。私に文才がなく、経過を表現できません。悪しからず。
 
 挑戦は、成否にかかわらず、面白い、ダメな学校こそ最高に面白い。時随所楽しまざる無し。鬱になり易い、優しい先生も、ダメ出しされる自分を楽しめば、ダメな生徒さんが救われ、先生稼業を楽しめますが、自分を買いかぶり、挑戦を辛くします。
 
 以下にアルプスの水晶探しの後半部分を転記します。改行を挿入し、読みやすくしました。優しい先生方や私の相棒などの悲惨な物語のように今は思えます。
 
『バルマが英雄となり、劇的に幕を閉じた山頂征服物語でした。しかし、事実こそ残酷です。この物語の影にも、目を覆う人間模様がありました。国によらず、時によらず、成功物語の裏にはもうひとつの悲劇があるのかもしれません。
 
  功績に嫉妬した者が、バルマとパカールを対立させようとしました。そして、パカールは山頂には達していないと、悪意のある噂を流しました。パカールの釈明は通じませんでした。二人は喧嘩別れになりました。 こうしてバルマは人間嫌いになりました。

 さらにバルマに悲劇が訪れていました。彼は登頂成功後、下山しはじめて、最愛の娘の死を知りました。報奨金は受け取ったものの、全て盗まれてしまいました。彼は望みを失ったのか、狂ったように水晶や高山の金銀を求め、山に挑み続けました。

 後に彼は山中で消息を絶ち、行方不明になりました。水晶探しをしている人は価値ある鉱物の存在場所は誰にも明かしません。彼の姿は発見されませんでした。

 今、シャモニーの町は山を愛する人が世界中から集まっています。素敵な観光の町に変貌しました。モンブランの山頂からシャモニーの町に掛け、急峻な氷河が流れます。今でも、そこかしこにクレバスが口を開け、無用心な人を飲み込もうとしています。

 大自然に打ち勝ち、偉業を達成した二人に訪れたのは、賞賛の言葉でもなければ、愛情に恵まれた晩年でもありませんでした。挑戦し、成功した人に訪れた悲劇に、私は特別な思いを感じてしまいます。』

 私は凡才、悪ガキだから、楽しく生きられました。随時随所楽しまざる無し。今日はここまでにします。

コメント

アルプスの水晶探し

2018-10-26 04:18:45 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 相棒の鈴木さんが書いていたブログと、アルプスの水晶探しの伝記を参照し書いた文章の前半部分を『』の中に貼り付けます。私と理事長の悪戦苦闘に似ていると思えたバルマーとパカールの物語。先生方は私もどうせ野垂れ死ぬと思っていたでしょう。

 どっこい私はまだ生きています。愛犬の散歩があり、大師様に追い返され、後10年死ねません。まずその記事の前半部分です。相棒の写真とキャプションがコンピュータサロンの迷信の山の歴史にあります。ぜひクリックし、見てください。 

『フランスとイタリアの国境の山、モンブランは、フランス語の山のMonと、白のブランの合成語です。即ち、白い山が語源です。イタリア語も同様に白い山、Monte Biancoと言います。標高は4810.9m、西ヨーロッパで最高峰の山です。フランス側からのモンブラン観光はシャモニーが基点となります。イタリア側には観光の基点の町はありません。その理由はイタリア側が急峻すぎるからです。

 日本の山は参詣の対象であり、霊峰と言われる富士山のように大衆信仰の対象です。険しい山は修験者の練行の場でもありました。一方、アルプスは人から恐れられ、悪魔や地獄に落ちた人が住む世界と長い間信じられてきました。草木もまともに生えない高山ですし、山肌を覆う雪や氷河を見たら、神を信じる人たちには立ち入るべき世界には見えなかったのでしょう。

 このような悪魔が住む山に踏み入るのは、水晶取りを生業にする人だけでした。ジャック・バルマは有能な水晶取り。山登りにも慣れていました。彼が仲間とモンブラン登頂を試みたのは1786年6月9日でした。しかし、途中で道を失い、4000m地点で仲間たちに見捨てられてしまいました。それでも彼は山で一夜を明かし、何とか生還できました。山で一晩過ごし、下山できた事実が山を恐れる迷信を払拭するきっかけになりました。有力者が賞金を用意し、冒険者を広く募りました。

 高所の科学的実験に興味を持っていたミッシェル・ガブリエル・パカールとバルマが出会ったとき、バルマには病の娘がいました。バガールはバルマに報償金を譲る条件を提示し、彼をガイドとして誘いました。二人は1786年8月7日に登頂を目指し始めました。アイゼンやザイルなどの用具もなく、杖(写真参照)と毛布だけの軽装でした。寒さに耐え、翌日8日の18時23分、やっと山頂に立てました。これがアルピニズムの歴史の始まりです。バルマが最初のアルプス登山ガイドになりました。』

 今日はここまでにします。

コメント

情報の常識が必須

2018-10-24 03:56:13 | コーチング・マネジメント

 おはようございます。

 自然科学とコンピュータの後半部分を『』の中に貼り付けます。最近、宇宙誕生から138億年経過したとなり、数字を修正しました。そして、改行を増やし1段落100字程度にして、読みやすくしました。修正点は以上です。

『人類の文化文明の歴史は宇宙の歴史の138億年と比べ、たった数千年です。3000万分の1以下です。生物の歴史30億年と比較しても、文化文明の歴史はやはりおよそ1000万分の1。

 一方、生物の進化の歴史は私たちの遺伝子情報、即ちDNA情報の中に秘められています。DNA情報こそ、究極の個人情報です。DNA情報を解析すれば、新しい薬や治療法を開発でき、個人を簡単に識別できます。DNA情報の解析や研究に超大型コンピュータが役立ちます。

 DNA情報はたんぱく質の形で記憶されているため、たんぱく質の分解や合成の研究を、実験とコンピュータシミュレーションでしています。医学や薬学や化学の応用分野の成果は研究者の情報処理能力と数学の力で成果が決まる時代になりました。

 薬や治療法だけでなく、新しいビジネスの開発にもDNAや生物進化の勉強が将来必ず役立ちます。遺伝子情報、即ちDNA情報の中に、人の知恵の100億倍の知恵が詰まった進化の歴史の知恵が秘められていると私には思えます。

 進化の歴史の勉強は、会社や自分を磨く知恵さえ学べます。実際、その勉強は私の管理業務に役立ちました。文系を志望している人も生物進化の歴史を勉強しましょう。そして情報システムも勉強しましょう。

 会社を進化発展させるアイデアを発想でき、優秀なサラリーマンと認められます。物理化学生物と数学とコンピュータの勉強は楽しい会社人生を送る手助けをしてくれるでしょう。』

 この記事は生化学や薬学の領域が伸びると考え、コンピュータの利用が必要だと思って書きました。その通りですが、自然科学分野だけでなく、社会科学や人文科学の領域でもコンピュータ利用はどんどん進んでいます。AI利用は全領域で広がりました。

 私の同期の古文書の研究者はコンピュータを使い、襖の下張りに再利用した古文書の反古紙に書かれた文字を読み取り、古文書を復元する研究をしていました。今のAIや自然言語処理システムを使えていたら、もっと研究が捗ったと思います。

 この記事は理系志望の人向けでした。しかし今は、文系志望の高校生も情報教科を勉強し、大学では情報科学や情報リタラシーに興味を持ち、学んで欲しいと考えています。

 今は情報時代です。情報システムの基礎知識はあればあるほど、会社の仕事に有利です。今日はここまでにします。

コメント