冬龍門の日記

スキーティーチングスクール冬龍門の日記

秋の気配

2010-08-31 21:26:52 | Weblog
昨晩、木曽から戻りました。
暑い暑いと云いながらも、木曽の開田高原はススキが咲き乱れてほぼ満開、確実に秋が訪れていますので、冬の到来が待ち遠しいような思いです。

コメント

珍しいウドの花

2010-08-29 20:49:49 | Weblog
木曽開田高原でも日中は30℃を超えますが、朝夕は肌寒いくらいで、木陰では午後の一服を楽しみたいような気分でした。
夜は掛布団を掛けて寝るようです。
写真はウドが花を咲いた後に、実をつけて間もなく収穫時になりそうです。
コメント

拡がる蕎麦の花

2010-08-29 07:27:38 | Weblog
開田高原の朝6:00過ぎ家の軒下の気温15℃と、半袖では鳥肌が立つようです。
ここにいると下界の猛暑がウソのようです。
開田高原特産の蕎麦のはなで、10月には新蕎麦祭りが始まります。
コメント

季節外れの紫陽花

2010-08-29 07:17:10 | Weblog
昨日から木曽御岳山の麓にある開田高原に来ました。
日中は30℃になりますが、家のなかはひんやりするほどで、静かにしてうると肌寒いくらいです。
散る間際の鮮やかな紫陽花です。
コメント

夏の花も終盤

2010-08-27 19:12:44 | Weblog
今日も日中は厳しい暑さでしたが、この暑い中太陽に向かって咲き誇っている夏の花も、そろそろ終盤となって来ました。
夏が暑いと冬は大雪になると昔から言われていますので、来るシーズンも順調な降雪となるよう期待しましょう。
コメント

絶好調のセミ-2

2010-08-26 23:21:31 | Weblog
ニュースによると2004年に記録的な猛暑となりましたが、今夏はそれに匹敵するような暑さのようです。
とんでもないこの暑さもセミにとっては絶好調の夏、夜が明けた途端から日没まで、鳴くことこれ程セミの鳴き声がうるさいと思ったのも久し振りです。
そろそろ、もうちょっと静かさも欲しいと思うこの頃です。
アブラセミも日陰にとまって鳴いています。
コメント

絶好調のセミ-1

2010-08-26 23:12:08 | Weblog
木々のあるところセミの抜け殻だらけで、木々の根元の土もセミの幼虫が出て来た穴が、あちこちに空いています。
コメント

猛暑にようやく慣れて来た?

2010-08-25 21:45:10 | Weblog
先週末に真冬のNZのキャンプから帰国して、いきなり猛暑に突入して身体も心もついて行きませんでしたが、今週はようやくこの暑さに慣れてきたかなと思っています。
そこで、今日は午前中のそれほど気温が上がらないうちと思って9:30過ぎにジョギングに出ましたが、行きは良い良い帰りは苦しいと云った状態となって、思うように走れませんでした。
20代・30代のうちは暑くとも体力があり走れましたが、流石にこの年齢になると気力だけでは暑い最中を走りきることは出来ませんね。
明日からは今まで通りに、夕方の陽が傾いてから走ることにしました。
連日の猛暑、皆さんもくれぐれも体調にはご留意下さい。
コメント

実り始めた稲穂

2010-08-23 21:52:43 | Weblog
21日(土)にNZキャンプから帰国しましたが、都合十数時間に亘って飛行機の座席に座って来ましたので、当日は昼過ぎに自宅に戻り夕方に体をほぐすために、約5㎞のランニングを行いました。
当日は疲れを感じませんでしたが、翌22日(日)は朝から体も重く感じて、気持も意欲がありませんでしたので、ゆっくりと休養をとりました。
今日23日(月)は、昨日十分な休養をとった成果か暑さにも慣れて来て、体も軽くなったようです。
N今月初めNZキャンプに出発するころは、稲穂が出始めたところでしたが、凡そ3週間を経過して戻ったところ、自宅前の稲穂も頭を垂れ初めていましたので、間もなく黄金色の稲穂となって、収穫を待つばかりです。
NZの真冬の白銀の世界とは、大違いです。
コメント

2010年NZキャンプ全日程終了

2010-08-21 16:48:08 | Weblog
今夏のNZキャンプは大きな成果を挙げて、全日程を終了しました。
写真は、20日(金)帰りクライストチャーチのシンボルの教会をバックに記念撮影。
21日(土)に関西空港経由羽田着で、帰国しました。
コメント