藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住い)

アスベスト被害者の日々を記録。石綿健康管理手帳の取得協力の為のブログ。

天気晴朗なれど、奥様の声聞けず。

2017-12-08 14:20:11 | 日記・エッセイ・コラム

十時過ぎから快晴となって、寒さは少し和らいでいるが油断できないそうだ。 ところで、奥様の原因はアレルギーらしい。 詳しくは本人が話さないので判らない。 ただただ布団の中で、古文書を読みふけっている。 家の中は静まり返って不気味である。 さて本日は烏様が二時半まで一匹もおいでになっていない。 ただ遠くで、はしぶと烏のよく切れる「カアー、カアーカアー」の声だけが聞こえている。 はしばそ烏の声はまだ聞いていない。 なんとか写真を撮ってやろうと準備万端であるが、やって来ないことには写せない。 こっちの動きを感知しているのであろうかと思われる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« せっかくの晴れ間が一転にわ... | トップ | 予定変更 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事