いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

舟を編む

2013-04-14 18:12:16 | 映画(ハ行)
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(まじめ)光也を抜擢する。
馬締は、名前通り、真面目な性格で、「右」という言葉を即座に説明出来るくらいの日本語のオタク。
馬締と国語学者で監修の松本を筆頭に、玄武書店の新しい辞書「大渡海」の編纂が始まった。
二人が目指したのは、様々な世代が実際に会話で使う言葉を編んだ生きた日本語の辞書だった。

【スタッフ&キャスト】
監督:石井裕也
出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、池脇千鶴、鶴見辰吾、八千草薫、小林薫、加藤剛


なんか、いい感じの作品。

人付き合いの苦手な馬締(松田龍平)が、新しい辞書「大渡海」の編纂に携わる。

しかし、辞書を作るのに、10年以上もかかるんだねぇ。

大変な仕事。

その中で馬締が香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれして、告白する場面なんかは、微笑ましい。

原作は、2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんさんの小説。

未読だけど、なかなか本も面白そう。

やっぱり映像では、伝えきれないところもあるだろうしねぇ。

オダギリジョーさんの西岡も、チャラいけど、根は真面目なキャラが、うまく表現されてた。

中心は馬締だけど、その周辺の人たちの絡みも、なかなかしっかりとしていていい感じ。

松田龍平さんも、なんか表情に乏しい役柄が多いのかなぁ。

「まほろば」とか「探偵はBARにいる」なんかも、キャラとしては違うけど、無表情な感じだし。

逆に表現としては、難しそうだけど。

宮崎あおいさんは、安定感というか、やっぱりいいなぁ。

あの電話は元カレ?馬締のどこが良かった?

ただ、全体として淡々としているせいもあるんだろうけど、テンポが緩く感じた。

まぁ、それもこの作品の1つの味かもしれないけど・・・

なかなか、いい作品でした。


【関連ブログ】
舟を編む(Akira's VOICE)
舟を編む(あーうぃ だにぇっと)
映画レビュー「舟を編む」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
舟を編む(勝手に映画評)
舟を編む~言葉の光と影(佐藤秀の徒然幻視録)
舟を編む ★★★★(パピとママ映画のblog)
舟を編む(悠雅的生活)
『舟を編む』(ラムの大通り)
言葉の海を渡るひとたち。~「舟を編む」~(ペパーミントの魔術師)
【舟を編む】繋がりを編む人(映画@見取り八段)
映画 舟を編む(こみち)
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
映画『舟を編む』(頑張る!独身女!!)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (30)

ヒッチコック/HITCHCOCK

2013-04-09 07:44:14 | 映画(ハ行)
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。
妻のアルマは、その陰惨なテーマに眉をひそめるが、夫が語るテーマに興味を抱く。
しかし映画会社のパラマウントは、出資はできないと突っぱねたため、ヒッチコックは自己資金で製作することに。
キャスティングが順調に進む中、新たな問題が。
脚本をチェックした映倫が、バスルームの殺人シーンにNGを出したのだった。

【スタッフ&キャスト】
監督:サーシャ・ガヴァシ
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・ビール、ダニー・ヒューストン、ジェームズ・ダーシー、トニ・コレット


サスペンスの帝王と呼ばれたアルフレッド・ヒッチコック。

その代表作ともいえる「サイコ」の製作場面を描く作品。

ヒッチコックといえば、横顔のシルエットが有名。

アンソニーホプキンスが、その雰囲気にピッタリで、ニヤニヤしてしまう。

これまでにない作品を作ろうと、連続殺人犯のエド・ゲインにのめりこんでしまうヒッチコック。

バスルームでの主演女優ジャネット・リー(スカーレット・ヨハンソン)に対する演出(?)は、鬼気迫る。

その理由が、また・・・

この作品では、妻のアルマ(ヘレン・ミレン)との愛憎劇も楽しめる。

妻が友人のウィット(ダニー・ヒューストン)と共同で脚本を書くのを浮気と疑うヒッチコック。

ヒッチコックが、主演のブロンド女優と浮気していると非難するアルマ。

それでも、家を担保にしたお金で作る「サイコ」の製作には協力して取り組む。

なかなか、面白い作品でした。

それにしても、スカヨハはいいなぁ。

本筋とは、あんまり関係ないけど^^;


【関連ブログ】
映画レビュー「ヒッチコック」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ヒッチコック/アンソニー・ホプキンス(カノンな日々)
『ヒッチコック』(こねたみっくす)
ヒッチコック~本人がサイコぽい(佐藤秀の徒然幻視録)
劇場鑑賞「ヒッチコック」(日々“是”精進!)
ヒッチコック(★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
ヒッチコック/Hitchcock(我想一個人映画美的女人blog)
「ヒッチコック」☆愛あればこそ(ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヒッチコック(あーうぃ だにぇっと)
『ヒッチコック』 2013年3月14日 スペースFS汐留(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
映画:「ヒッチコック」♪。(☆みぃみの日々徒然日記☆)
「ヒッチコック」みた。(たいむのひとりごと)
映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?!(日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」(映画の話でコーヒーブレイク)
ヒッチコック(ハリウッド映画 LOVE)
ヒッチコック / Hitchcock(勝手に映画評)
映画『ヒッチコック』★ヒッチコック夫妻の描写が素晴らしい☆(**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!?(Healing & Holistic 映画生活)
ヒッチコック(Memoirs_of_dai)
[映画『ヒッチコック』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
ヒッチコック(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント (1)   トラックバック (29)

プラチナデータ

2013-03-23 19:47:34 | 映画(ハ行)
予告編が面白そうだったので・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。
神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA捜査システムを開発していた。
このDNA捜査システムの開発者・蓼科早樹と兄が殺されるという事件が起こり、残されたDNAを解析した所、犯人は神楽龍平だという結果が出る。
「調べたいことがある」と言い残して神楽は逃亡。
浅間は彼を追うことになる…。

【スタッフ&キャスト】
監督:大友啓史
出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人


う~~ん、プロットは面白いんだけどなぁ・・・

国民のすべてのDNAを採取、管理して、犯罪捜査に利用しようとしている政府。

その中心的な存在が神楽(二宮和也)。

その開発者の蓼科早樹(水原希子)が殺害され、残されたDNAから神楽が犯人と特定され・・・

東野圭吾さんの原作を映画化。

近未来にも、あり得ない話ではない。

でも、DNAからどこまで親戚関係までつながるのかなぁ・・・

何親等とかまで、わかる?

ま、それはそれとして・・・

どうも、音楽とか二宮くんの演技が過剰演出だったような感じで、なんか作品としての重々しさが薄れてしまったような。

本筋とは、あまり関係のないアクションシーンも長く感じたなぁ。

2時間を超える長さなんだから、もっとミステリーとしての深いところを描いたほうが良かったような。

最後の謎の解明の描き方が、あっさりしすぎてる。

たぶん小説だと、もっと面白く感じるんじゃなかろうか。

作り方によっては、もっと納得感の強い作品になったような気がするが・・・


【関連ブログ】
プラチナデータ(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)()
プラチナデータ(勝手に映画評)
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司(カノンな日々)
プラチナデータ~天才てんこ盛り(佐藤秀の徒然幻視録)
「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。(シネマ親父の“日々是妄言”)
プラチナデータ(新・映画鑑賞★日記・・・)
映画「プラチナデータ」感想(タナウツネット雑記ブログ)
プラチナデータ ★★★(パピとママ映画のblog)
劇場鑑賞「プラチナデータ」(日々“是”精進!)
映画『プラチナデータ』★二宮くんのファンはお待ちかねでしょう。(**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
プラチナデータ(とりあえず、コメントです)
プラチナデータ : 浅いよねぇ、懐が。(こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
「プラチナデータ」 クールさが立つ(はらやんの映画徒然草)
プラチナデータ (2012) 134分(極私的映画論+α)
プラチナデータ(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
映画『プラチナデータ』観てきたよ(よくばりアンテナ)
プラチナデータ(単館系)
【プラチナデータ】DNAは人間の全てを語るのか(映画@見取り八段)
プラチナデータ(to Heart)
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;)(労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
映画「プラチナデータ」を観ました!!(2013-06)(馬球1964)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (24)

フライト/FLIGHT

2013-03-04 06:01:05 | 映画(ハ行)
予告編が、なかなか面白そうだったので・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
パイロットのウィトカーは、睡眠不足と飲酒の状態が抜けないままアトランタ行きの旅客機に乗り込む。
激しい乱気流での離陸になったが、そんな状態でも彼の操縦テクニックは抜群で、機体は安定する。
ところがしばらくするとアクシデントが発生し、機体は制御不能となり急降下。
ウィトカーはそのテクニックで緊急着陸に成功し、わずかな死者を出しただけで多くの乗客の命を救った。
“奇跡の着陸”と一躍ヒーローとなったウィトカーだが、事故後に行われた検査の結果、ウィトカーの血液からアルコールが検出される。

【スタッフ&キャスト】
監督:ロバート・ゼメキス
出演:デンゼル・ワシントン、ケリー・ライリー、ドン・チードル、ジョン・グッドマン、メリッサ・レオ


う~~ん、なんかイメージが違ったなぁ・・・

ウィトカー(デンゼル・ワシントン)が機長を務める航空機が機体トラブルで墜落。

操縦テクニックで、死者を最低限に抑えたけど、事故後の血液検査でアルコールとドラッグが検出され・・・

ヒーローか犯罪者かって。

ウィトカーが操縦していなければ、乗員乗客全員が死亡していた可能性が高いのに、罪に問われるって、どうなの?

もちろん、ウィトカーが不良パイロットでは、あるんだろうけど。

命を救った功績は大きいんじゃなかろうか。

それに、あれだけのアルコール中毒なら、その前に会社が解雇なりしてそうな気もするけど^^;

コカインって、二日酔いをスキッとさせるのかな?って、試すわけにはいかないけど^^;

展開とか、結末は、わからないでもないけど、なんかあんまり後味はすっきりしない感じ。

アメリカって、アルコールに対する罪意識(?)が強いよねぇ。
(日本が、なさすぎるのかもしれないけど)

もちろん、アルコール中毒までいっちゃうと、いろいろトラブルも起こすんだろうけど。

ウィトカーを応援したい気持ちはあるものの、薬物までやっちゃう不良ぶりで、なかなかそうもいかない。

なんか、もやもやした感じで終わった作品でした。


【関連ブログ】
フライト(Akira's VOICE)
[映画『フライト』を観た(寸評)](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
フライト(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
フライト / Flight(勝手に映画評)
フライト/デンゼル・ワシントン(カノンな日々)
【映画】フライト(★紅茶屋ロンド★)
フライト(心のままに映画の風景)
『フライト』(こねたみっくす)
フライト~こんな酷い航空会社あっていいの?(佐藤秀の徒然幻視録)
パイロット物語かと思いきや・・・。『フライト』(水曜日のシネマ日記)
フライト(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
フライト ★★★(パピとママ映画のblog)
劇場鑑賞「フライト」(日々“是”精進!)
『フライト』(ラムの大通り)
『フライト』 2013年2月18日 よみうりホール(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
フライト(食はすべての源なり。)
フライト(とりあえず、コメントです)
フライト(風情♪の不安多事な冒険 Part.5)
フライト(あーうぃ だにぇっと)
フライト(ハリウッド映画 LOVE)
映画:フライト Flight しまった演出で最後までよどみなくみせる、真実をめぐる人間ドラマ。(日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (29)

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い/FIRE WITH FIRE

2013-02-12 19:38:35 | 映画(ハ行)
ブルース・ウィリスが好きだし・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
カリフォルニアの消防士ジェレミーはある晩、偶然に殺人事件を目撃してしまう。
犯人は白人至上主義のギャングのボス、ヘイガンだ。
証人保護プログラムを受け入れ、まったくの別人として生きることにしたジェレミーだが、数ヶ月後ニューオリンズで暮らす彼を、ヘイガンに雇われた殺し屋が襲う。
裁判が始まる前に消すためだ。
恋人が負傷し、ヘイガンから殺人予告を突きつけられたジェレミーは、愛するものを救うために反撃に出る。

【スタッフ&キャスト】
監督:デヴィッド・バレット
出演:ジョシュ・デュアメル、ブルース・ウィリス、ロザリオ・ドーソン、ヴィンセント・ドノフリオ


まぁ、普通だったかな。

殺人事件の目撃者となった消防士のジェレミー(ジョシュ・デュアメル)に、証人保護プログラムが適用されるけど。

犯人のギャングのボスから見つけられて、恋人を撃たれ、友人たちも危険にさらされる。

そこで、反撃に出て行くんだけど・・・

ストーリーとしては、なかなか面白いんだけど、これはっていう見所は少なかったかも。

テンポも悪くないし、ギャングの残虐さも伝わってきた。

最後のファイヤーの場面も、なかなかだったしね。

でも、ブルース・ウィリスの出番が少なくて・・・

ギャングに相棒を殺されて、ギャングを有罪にするためにも、ジェレミーに証言してもらいたい刑事。

ジェレミーの逆襲を心配しながら見守っている感じで、自分自身の出番は、ほとんどない。

なんか、ゲスト出演っていう印象www

ジェレミーとの直接の接触も最初だけだし、もうちょっと絡みがあると嬉しかったかも。

絶賛というほどでもないけど、普通には楽しめる作品でしょう。

意外と観てる人も、少ないみたいwww

【関連ブログ】
ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い/ジョシュ・デュアメル(カノンな日々)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (2)

ホビット 思いがけない冒険/THE HOBBIT:AN UNEXPECIED JOURNEY

2012-12-28 07:17:17 | 映画(ハ行)
予告編から、超大作の雰囲気が・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
甥のフロドが旅に出ることになる60年前、若きビルボ・バギンズは袋小路屋敷で平和に暮らしていた。
しかしある日、魔法使いのガンダルフがビルボの前に現れて、彼の生活は一変する。
突然やって来た13人のドワーフたち。
それを率いるのはドワーフの王トーリンで、彼の目的はかつてスマウグという竜によって奪われてしまったドワーフの王国エレボールの奪還だった。
こうしてビルボとガンダルフ、ドワーフたちによる冒険の旅が始まる。

【スタッフ&キャスト】
監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、ケン・スコット、グラハム・マクタビッシュ、ウィリアム・キルシャー、ジェームズ・ネスビット、スティーブン・ハンター、ロブ・カジンスキー、エイダン・ターナー


三部作の1作目ということだけど、「ロード・オブ・ザ・リング」の前の物語。

映画らしい映画で、その壮大さは楽しめました。

ゴブリンやらオークやらエルフやら、名前の聞いたことのあるモンスター(?)が、たくさん登場。

「ロード・オブ・ザ・リング」は原作本は読んだけど、実は映画は、まともに観てなかったりして^^;

故郷を追われたドワーフたちが、故郷を取り戻すための冒険の旅に出る。

そこに、なぜかビルボ・バギンズが、お供(?)に。

しかし、この一団は、敵の多いこと。

いくとこいくとこ襲われてww

一応、エルフは味方のようだけど、一緒に戦うわけでもなく・・・

密かに助けてくれたりはしたけど^^

アドベンチャー気分は楽しめたけど、三部作の最初ということで、メインに入る前段のところで終了。

次は、いよいよドラゴンとの対決?

今回出てきた敵も、まだ諦めてないだろうし。

剣だけで、戦えるんだろうか^^;


【関連ブログ】
ホビット 思いがけない冒険(Akira's VOICE)
[映画『ホビット 思いがけない冒険』を観た(短信)](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
ホビット 思いがけない冒険(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
ピーター・ジャクソン監督『ホビット 思いがけない冒険』HFR 3Dと通常3Dを1日で(映画雑記・COLOR of CINEMA)
ホビット 思いがけない冒険(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『ホビット 思いがけない冒険』(試写会)(・*・ etoile ・*・)
ホビット 思いがけない冒険 IMAX-3D/イアン・マッケラン(カノンな日々)
ホビット 思いがけない冒険(心のままに映画の風景)
『ホビット 思いがけない冒険』(こねたみっくす)
ホビット 思いがけない冒険(佐藤秀の徒然幻視録)
ホビット 思いがけない冒険 3D(そーれりぽーと)
映画「ホビット 思いがけない冒険(3D版)」感想(タナウツネット雑記ブログ)
ホビット 思いがけない冒険日本語吹替版3D(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ホビット 思いがけない冒険 ★★★★★(パピとママ映画のblog)
劇場鑑賞「ホビット 思いがけない冒険」(日々“是”精進!)
ホビット 思いがけない冒険(悠雅的生活)
ホビット 思いがけない冒険・・・・・評価額1650円(ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ホビット 思いがけない冒険」Rオブ・ザ・リング 0 再び3部作(ノルウェー暮らし・イン・原宿)
映画「ホビット 思いがけない冒険」(FREE TIME)
「ホビット 思いがけない冒険」 善なる者の象徴(はらやんの映画徒然草)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (26)

プロメテウス/PROMETHEUS

2012-09-05 07:21:51 | 映画(ハ行)
そんなには、期待していなかったけど・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
「人類はどこから来たのか?」人類が長年にわたって追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。
2089年、地球上の古代遺跡からその答えを導き出す重大なヒントを発見した科学者チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んである惑星へと向かう。
2093年、惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにすることに。
人類誕生の真実を知ろうと調査に没頭する中、思いもよらない事態が起きる。

【スタッフ&キャスト】
監督: リドリー・スコット
出演: ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース

やっぱり、私には、合わなかったかな^^;

いきなり宇宙船の中で、冬眠(?)から起き出す船員たち。

人類の起源を探るため、もしくは創造主に会うため、に地球から飛び立ったプロメテウス号。

もっと、前段での経緯とか、説明とかがあるのかと思ったら、いきなり星について、探検。

探検シーンが、暗い中で、同じような場所ばかりで、寝不足の私は、ついうとうとしてしまい^^;

映像的には、きれいに仕上がっていましたね。

空中に浮かぶ宇宙の航路とか、洞窟(?)の中のシーンとか。

科学者でリーダーのエリザベス・ショーには、ノオミ・ラパス。

ドラゴン・タトゥー以来、よく出てきますね。

今回も、好演でしたけど。

自分で、自分を手術する(?)場面なんていうのは、凄絶でした^^;

アンドロイドのデイヴィッドに、マイケル・ファスベンダー。

首だけになって、しゃべる姿(?)は・・・

シャーリーズ・セロンのスタイルは、あいかわらずいいねぇ^^

映像と俳優さんの演技は、良かったけど、ストーリー的には、どうなのかな?

もっと、この旅の背景やら、メンバーの説明があれば、もうちょっと入り込めたかもしれないけど。

そして、最後には、あれが出てきて・・・ふ~~ん。


【関連ブログ】
プロメテウス3D 評価★★★★(パピとママ映画のblog)
プロメテウス(悠雅的生活)
プロメテウス(Akira's VOICE)
プロメテウス(3D字幕) / PROMETHEUS(我想一個人映画美的女人blog)
プロメテウス 3D字幕版(新・映画鑑賞★日記・・・)
プロメテウス 3D(そーれりぽーと)
『プロメテウス』(ラムの大通り)
プロメテウス(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
プロメテウス 3D(そーれりぽーと)
プロメテウス(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
[映画『プロメテウス』を先々々公開で観た(短信)](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
『プロメテウス』(こねたみっくす)
劇場鑑賞「プロメテウス」(日々“是”精進!)
映画「プロメテウス」感想(タナウツネット雑記ブログ)
プロメテウス3D(佐藤秀の徒然幻視録)
映画レビュー「プロメテウス」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
リドリー・スコット監督『プロメテウス』(Prometheus)(映画雑記・COLOR of CINEMA)
「プロメテウス」 エピソードゼロ(はらやんの映画徒然草)
プロメテウス (3D) / Prometheus(勝手に映画評)
『プロメテウス(2D字幕版)』(京の昼寝~♪)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント (2)   トラックバック (19)

ヘルタースケルター

2012-07-29 12:03:31 | 映画(ハ行)
これも、2週間前に鑑賞・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
完璧なスタイルと美貌を持った人気ナンバー1モデルのりりこ。
実は彼女の美貌は全身整形で作られたものだった。
副作用に苦しみ整形を繰り返す彼女は、日本中から愛されながらも、後輩のこずえに人気ナンバー1の地位を奪われるのではないかと恐れ、精神的に不安定になっていた。
自分に心酔するマネージャーの羽田美知子とその恋人を利用し、こずえを陥れようと企むりりこ。
そんなりりこを通じて美容整形業界の闇を暴こうとする男がいた…。

【スタッフ&キャスト】
監督: 蜷川実花
出演: 沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、新井浩文、鈴木杏、寺島進、哀川翔、窪塚洋介

沢尻エリカは、嫌いだけど、他に観たい作品がなかったし、話題作でもあるし、期待はせずに観に行きました。

写真家でもある蜷川実花監督だけあって、映像はきれい。

「さくらん」と同じで、赤を基調とした色遣いは、監督独特なものかも。

映画としては、どうも私には、合わない感じ。

りりこは、全身美容整形で、誰もがあこがれるスタイルと美貌を手に入れ、ナンバー1モデルに。

でも、その副作用に苦しみ、さらにライバル登場で、危機感を・・・

スターとしての孤独感、トップから滑り落ちることへの恐怖。

それをまぎらわすためには、手段を選ばない。

その精神的不安定さは、現実の沢尻エリカに通じる感じも。

それが、りりこと沢尻エリカをかぶらせてしまい、沢尻エリカが好きになれない私は、ひいてしまう・・・

脇は、マネージャーの寺島しのぶさん、事務所社長の桃井かおりさん、整形外科医の原田美枝子さんなど。

なかなかの名俳優が固め、それぞれの持ち味を出していた気もするが。

整形外科医を追及する検事役の大森南朋さんも、いい役者なんだけど。

決めゼリフ的な言葉が、なぜか浮いていた・・・

脚本の問題か?

そのメイクや衣装なんかは、女子には、興味あるところか(私は、まったく興味がないが)。

もし、りりこが、沢尻エリカでなくて、別の女優さんだったら、どうだったんだろう。

ちょっと、興味あるところ・・・

なんか、同じようなイメージの繰り返しで、途中睡魔が・・・

と思ったら、通路をはさんだ隣のおじさんのイビキの音がwww


【関連ブログ】
ヘルタースケルター(2012)(銅版画制作の日々)
永久不滅を求めるのならば・・・。『ヘルタースケルター』(水曜日のシネマ日記)
ふたたび『ヘルタースケルター』(悠雅的生活)
ヘルタースケルター(Akira's VOICE)
ヘルタースケルター(悠雅的生活)
『ヘルタースケルター』(ラムの大通り)
ヘルタースケルター(LOVE Cinemas 調布)
映画レビュー「ヘルタースケルター」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『ヘルタースケルター』(京の昼寝~♪)
ヘルタースケルター/沢尻エリカ(カノンな日々)
[映画『ヘルタースケルター』を観た(超短信)](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
ヘルタースケルター(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ヘルタースケルター(佐藤秀の徒然幻視録)
「ヘルタースケルター」全身整形で頂点に立った先にみたトップからの転落と死ぬまで続く後遺症の苦しみ(オールマイティにコメンテート)
現代の白雪姫と魔女 『へルタースケルター』(映画部族 a tribe called movie)
「永遠に美しく」笑え。~「ヘルタースケルター」~(ペパーミントの魔術師)
へルタースケルター・・・・・評価額1350円(ノラネコの呑んで観るシネマ)
一人の女の子の落ちかた。~『ヘルタースケルター』(真紅のthinkingdays)
ヘルタースケルター [日本映画☆☆](ダイターンクラッシュ!!)
映画:「ヘルタースケルター」♪。(☆みぃみの日々徒然日記☆)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (17)

ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS

2012-05-20 17:36:49 | 映画(ハ行)
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。
カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先から受け継いだ広大な原野を所有しており、それを売却し巨額の富を得るか自然を守るかの決断に迫られていた。
そんな中、妻がボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。
さらに妻には恋人がいて、離婚を考えていた事が発覚する。
そればかりか娘が妻の浮気を知っていたと告白、マットは動揺する…。

【スタッフ&キャスト】
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ジョージ・クルーニー、シェイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー

大きな盛り上がりというのは、そんなに感じなかったけど、ハワイアンが流れる全体的な雰囲気は、悪くない。

テーマは、尊厳死だったり、不倫だったり、まともに取り組むと、かなり重い。

それを、ハワイの風景と、流れるハワイアンが、和らげているような気がする。

今回のジョージ・クルーニーは、仕事にかまけて、家族を省みなかった、どちらかというとダメ夫、ダメパパ。

妻の事故をきっかけに、やり直そうとするけど、妻が不倫していたことがわかり・・・

それに、先祖から受け継いだ土地の売却問題が絡んできて。

ジョージ・クルーニーは、なかなかの好演。

妻の不倫がわかって、おたおたするところや、不倫相手との対決、尊厳死を望む妻との会話。

そして、ちょっと問題児の長女アレックスを演じたシェイリーン・ウッドリーも、なかなか良かった。

アレックスの友人シドも、ちょっとしたアクセントで、いい感じ。

でも、どこまで、一緒にいるのかね^^;

マット・キング(ジョージ・クルーニー)の最後の決断は、恨みによるものだとすると、ちょっと寂しい気もするけど・・・

妻と夫、父親と娘、そういう家族の関係、そして土地をめぐる一族の関係。

そういったものを、ハワイという雰囲気の中で描いています。

重いテーマでありながら、なんとなくさわやか(?)な後味の作品でした。


【関連ブログ】
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』(水曜日のシネマ日記)
ファミリー・ツリー/The Descendants(LOVE Cinemas 調布)
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS(我想一個人映画美的女人blog)
『ファミリー・ツリー』(ラムの大通り)
「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン(ノルウェー暮らし・イン・原宿)
『ファミリー・ツリー』(こねたみっくす)
劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」(日々“是”精進!)
映画レビュー「ファミリー・ツリー」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ファミリー・ツリー(佐藤秀の徒然幻視録)
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。(日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ファミリー・ツリー」みた。(たいむのひとりごと)
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる(はらやんの映画徒然草)
ファミリー・ツリー(あーうぃ だにぇっと)
ファミリー・ツリー / The Descendants(うだるありぞな)
ファミリー・ツリー(食はすべての源なり。)
ファミリー・ツリー(Memoirs_of_dai)
『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇?(SOARのパストラーレ♪)
ファミリー・ツリー(ハリウッド映画 LOVE)
『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ(Nice One!! @goo)
ファミリー・ツリー(K'z FILMS 2)



【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (32)

Black & White / ブラック & ホワイト/THIS MEANS WAR

2012-04-22 17:01:22 | 映画(ハ行)
予告編は、なかなか面白そうだったけど・・・

オフィシャルサイト

【ストーリー】
CIAの若き敏腕エージェントのFDRとタックは親友同士。
そんな二人は闇商人を追うも失敗、謹慎処分を受けてしまう。
暇になってしまったタックは、恋人紹介サイトでローレンという女性と知り合い電撃的に恋に落ちてしまうが、なんとFDRもローレンをナンパしていた。
二人は好きになったローレンを巡って、最初は紳士らしくアプローチを開始するがやがてどんどんエスカレート、CIAの特権を活かし(?)ハイテク兵器を駆使したバトルに発展していく。

【スタッフ&キャスト】
監督: マックG
出演: リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、トム・ハーディ

なんか、薄っぺらだったなぁ・・・

CIAのエージェントが1人の女性を争って、職権乱用で、相手の邪魔をしあう。

もっとハチャメチャな方法がでてくるかと、思っていたけど、予告編ですべて出し尽くした感じも。

他に、新しいものが出るわけでもなく。

それに、取り合う女性ローレン(リース・ウィザースプーン)も、そこまでの女?

単に、男のプライドをかけた争いだったのかも・・・

監督が、「チャーリーズ・エンジェル」の監督だけあって(?)、アクションシーンは、なかなか観れたかな。

特に、カーチェイスの部分は、面白かったかも。

一応、テロリストとの戦いも出てくるんだけど、そちらもなんか中途半端。

時間つぶし程度には、いいかもしれないけど、気合をいれて観るほどでもないかも。

ローレンのキャラが、もっと違っていたり、FDRをもっと掘り下げたりすれば、また違ったかなぁ。

設定は、なかなか面白いだけに、ちょっともったいない感じ。


【関連ブログ】
Black & White/ブラック & ホワイト(新・映画鑑賞★日記・・・)
Black&White/ブラック&ホワイト(佐藤秀の徒然幻視録)
Black&White ブラック&ホワイト(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
[映画『Black & White/ブラック&ホワイト』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
『Black&White/ブラック&ホワイト』| 肉食系アクションコメディ。(23:30の雑記帳)
『Black & White/ブラック & ホワイト』 ・・・恋もアクションも派手にやってくれないと(SOARのパストラーレ♪)
Black & White ブラック&ホワイト/This Means War(LOVE Cinemas 調布)
『ブラック&ホワイト』 2012年3月30日 一ツ橋ホール(気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
BLACK & WHITE ブラック&ホワイト(ハリウッド映画 LOVE)
劇場鑑賞「Black & White/ブラック&ホワイト」(日々“是”精進!)
Black & White/ブラック&ホワイト(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Black & White/ブラック&ホワイト / This Means War(勝手に映画評)
Black & White/ブラック&ホワイト 評価★★★55点(パピとママ映画のblog)
映画:ブラック&ホワイト This Means War が原題なのだけれど、なんでこうなるの?! からはじまって...(日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「Black & White/ブラック&ホワイト」みた。(たいむのひとりごと)
Black & White/ブラック & ホワイト(心のままに映画の風景)
Black & White/ブラック & ホワイト(食はすべての源なり。)
ジャパン・プレミア試写会『ブラック&ホワイト』 (2012.4.20公開)(理性と感情の狭間で)
Black & White/ブラック & ホワイト(あーうぃ だにぇっと)
Black & White/ブラック & ホワイト(とりあえず、コメントです)


【告知】
サイトリニューアルしました♪
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (29)