いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空気人形

2009-09-27 19:54:59 | 映画(カ行)

ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形」を鑑賞。他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。

UCとしまえん」は、普通の人出かな。「空気人形」は、中くらいのスクリーンで、5割程度。

【ストーリー】古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない“心”を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。メイド服を着て、おぼつかない足取りで街に出た彼女は、いろいろな人に出会っていく。ある日、レンタルビデオ店で働く純一と知り合い、そこでアルバイトをすることになる。ひそかに純一に思いを寄せる彼女だったが……。

【スタッフ&キャスト】監督:是枝裕和出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑

私は「心」を持ってしまいました。持ってはいけない「心」を持ってしまいました。業田良家さんの短編集「ゴーダ哲学堂」の1編が原作。短編漫画が、2時間弱の映画に、どう表現されるのか。原作も読んでいないため、正体がつかめないままに鑑賞しましたが。これが、なんとも、期待を裏切るほどの、すばらしい(?)作品に、なっていました。タイトルは「空気人形」と、ちょっと上品(?)な名前をつけていますが、言ってみればダッチワイフ(今だとラブドール?)。題材が題材だけに、ひいてしまう場面も、いくつかあるけど。それ以上に、強く訴えかけるテーマが、心に響く。心を持ってしまった空気人形。空気人形の悩みは、中身が空っぽの体。そして、性欲処理の代用品の「代用品」という、代わりは他にもあるという存在感のなさ。空気人形の「空っぽの体」は、そのままなんだけど、それを人間に当てはめると「空っぽの心」。生きている方向性、目的も見つけられないむなしさ。これは「代用品」という言葉にもつながり、自分が存在する意義を喪失してしまう。空気人形は、心を持ったあと、人間に恋心を抱き、そのラブストーリーも進行するのだが。それと直接的には関係のない人物も、何人か登場する。留守番電話に自分を慰める伝言を吹き込むOL、過食症の若い女性、フィギュアと映画に没頭するオタク少年……。みんなが、どこか心に隙間風が吹いているような存在(と、自分が感じている)。みんな、名前が出てこないのも、存在の薄さを示しているのか?そして、空気人形の持ち主の秀雄も・・・「めんどくさいのは人間」作品の中で、秀雄が使う言葉なのだが。確かにそれはそうだけど、それから逃げてしまったら、心が空っぽになってしまう。でも、実際そうなった人間がたくさんいることも現実なんでしょう。ファンタジーではあるけれど、考えさせられる作品でもあります。テーマの重さを感じさせないのは、ペ・ドゥナさんの演技のおかげか?あとは、人形制作のオダギリ・ジョーさんが、いい雰囲気を醸し出す。現実世界の人間でありながら、どこかファンタジーの世界とのつぎはしであるかのような。前半は、いい作品なのかどうなのか評価に迷う感じで、静かに進行するのだが。後半にかけて、じわじわと心にしみてくる。そんな作品でした。

【関連ニュース】「空気人形」 (エンジンフィルムほか)(YOMIURI ONLINE)シネマの週末・この1本:空気人形 都会の片隅の人々を描く(毎日jp)【シネマ通信簿】空気人形(MSN産経ニュース)「空気人形」米英ほか15カ国で公開決定も、是枝監督は前向き休養宣言(eiga.com)是枝監督大ショック、キャスト2人が上映中に居眠り?(MOVIE Collection)オダギリジョー、「人形への偏見なくなった」。「空気人形」ティーチイン(MSNムービー)オダギリジョー:「小心者だから空気読む」監督志望の早大生にアドバイス 映画「空気人形」(毎日jp)『空気人形』だけじゃない!今、映画界で“ラブドール”が熱い(Walkerplus)是枝裕和監督の「空気人形」 トロント映画祭“巨匠”部門に出品(MSN産経ニュース)空気人形:原作の業田良家が続編を描き下ろし 映画化記念 是枝監督との対談も(毎日jp)映画『空気人形』原作者・業田良家が続編を書きおろし!(CINEMA TOPICS ONLINE)是枝裕和監督作「空気人形」の原作者・業田良家が9年ぶり続編漫画を発表(MSNムービー)映画『空気人形』公開記念、業田良家の書き下ろし続編『続・空気人形』が登場(CINERA.NET)人模様:人形の目で見た都会の孤独--ペ・ドゥナさん(毎日jp)「空気人形」公開記念イベント開催、ARATA「素晴らしい映画が出来たと思います」(TV LIFE)美人劇場スタッフがメイド姿で登場!シルバーウイークもメイド姿で接客サービス宣言!(シネマトゥデイ)ぺ・ドゥナもびっくり! “メイドさん”が劇場をジャック!!(@ぴあ)ARATA、メイド従業員に手ほどき「ぺ・ドゥナをしっかり研究して」(cinemacafe.net)トロント映画祭にオダギリジョーが登場!『空気人形』が上映!【第34回トロント国際映画祭】(シネマトゥデイ)オダギリジョーも飛び入り参戦! トロント映画祭で『空気人形』観客総立ちの絶賛(cinemacafe.net)是枝裕和監督&オダジョー「空気人形」上映でトロント市民が熱烈歓迎(eiga.com)映画『空気人形』トロント国際映画祭「マスターズ」部門、正式出品!! 舞台挨拶&ティーチイン(CINEMA TOPICS ONLINE)業界内で大評判!『空気人形』の人気の秘密は?(Walkerplus)ファンタジック・ラブストーリーと宣伝されているが、これはモンスター映画の一種だろう。空気人形の存在が、町を「孤独の集積」として浮かび上がらせていくのが感動的だ(85点)(映画ジャッジ<通映画批評>)world's end girlfriend制作の映画「空気人形」サントラCD(ナタリー)【独占オトコの試写室】“心”を持つこと詩的に表現「空気人形」(ZAKZAK)新たな是枝ワールドを切り開いた「空気人形」…そして、映画監督・是枝裕和とは?(eiga.com)是枝裕和監督の編集狂ぶりに驚嘆!「いつか息絶えるときは、編集機の前で」(シネマトゥデイ)ペ・ドゥナの透明感を凌ぐ、板尾創路の圧倒的な存在感――「空気人形」(ハリウッドチャンネル)「中華食べるの楽しみ」 『空気人形』トロントへ出発を前に“意気込まない”是枝監督(cinemacafe.net)「空気人形」に主演の韓国女優 ペ・ドゥナ(eiga.com)「心が満たされていない」女性は10人に2人!心が空っぽなときすることは?(MSNムービー)

【関連ブログ】「空気人形」アップデートし続けた先にみた誰の代わりもいない自分の心(オールマイティにコメンテート)空気人形/ペ・ドゥナ、ARATA(カノンな日々)『空気人形』・・・空っぽな代用品の心を満たすのは(SOARのパストラーレ♪)映画日記りぼーん『空気人形』(CHEAP THRILL)『空気人形』に詰まっているもの(映画のブログ)『空気人形』 是枝裕和監督ティーチイン(気ままに綴りたい。)★「空気人形」(★☆ひらりん的映画ブログ☆★)




【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (15)

カムイ外伝

2009-09-23 22:25:59 | 映画(カ行)

記事を書くのが、ずいぶん遅れてしまいましたが^^;シルバーウィーク初日の土曜日レイトショーで「カムイ外伝」を鑑賞。松山ケンイチさん、小雪さんの出演作として、期待してたんだけど・・・

UCとしまえん」は、かなり人は少ない感じ。「カムイ外伝」は、中くらいのスクリーンで、3~4割。

【ストーリー】17世紀、日本。貧しい村で、一人の男がこの世に生を受けた。男の名はカムイ。理不尽な階級社会の最下層で、少年はたくましく育つ。カムイの願いはただ一つ。強くなること。それは、人間として生きることだった…。

【スタッフ&キャスト】監督:崔洋一出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、イーキン・チェン、佐藤浩市、小林薫、土屋アンナ、芦名星、金井勇太

崔洋一監督、クドカンの脚本。出演者も豪華キャスト。でも、その割には、なんかいまいちすっきりしない。他のブログを読むと、かなり厳しく評価されているようで。そこまではひどく感じなかったけど・・・もともと、白土三平さん原作の人気漫画の映画化。かなりの長編の中の、1つのエピソードを抜き出したみたいなんだけど。どうも、無理やり1話完結に仕上げたところもあるのか。うまくつながっていない感じ。それぞれの俳優さんは、それなりの演技だったとは思うけど。(土屋アンナさんの不気味さは絶品^^)カムイの悲しさや残酷なエピソードが、内容に比べると、こちらへの伝わり方が弱い。途中出てくるワイヤーアクションも、お粗末な感じで、興ざめ。続編という話もあるみたいだけど、ちょっとつらいかも?

【関連ニュース】松山ケンイチ:5日間で舞台あいさつ31回5300キロ移動 崔監督は男泣き「カムイ外伝」(毎日jp)映画インタビュー:「創造と破壊」繰り返し生まれた「カムイ外伝」 崔洋一監督に聞く(毎日jp)忍者アクションとしてのレベルの高さに驚かされた。松山ケンイチをはじめ、役者たちの身のこなしが実に見事。しかし、ドラマとしてはまとまりがなく、カムイがどんな人物なのかすら、よく分からない(73点)(映画ジャッジ<通映画批評>)CGやワイヤーアクションに迫力と工夫が足りない(55点)(映画ジャッジ<巧映画批評>)ケガを乗り越えた松ケン、公開初日に感無量 「カムイ外伝」舞台挨拶(eiga.com)銀幕 秋の祭典 松山ケンイチさんあいさつ(asahi.com)熱愛報道の松山ケンイチと小雪、視線をからませず…(シネマトゥデイ)松ケンと小雪の間に立った伊藤英明、「崔監督に殺されそうだった」と恨み節(ハリウッドチャンネル)スズキさんにもダメ出し??~映画『カムイ外伝』初日舞台挨拶~(CINEMA TOPICS ONLINE)松ケンが『カムイ外伝』舞台挨拶。崔監督は魚にもダメ出し!(MOVIE Collection)小雪、ドッキリシースルー☆松ケン悩殺!?(SANSPO.COM)【シネパラ】「カムイ外伝」(SANSPO.COM)松ケン、意味深コメントと公私充実の笑顔 『カムイ外伝』初日(cinemacafe.net)注目映画紹介:「カムイ外伝」 抜忍松ケン、くノ一小雪の動きに注目 忍者マンガの傑作映画化(毎日jp)映画「カムイ外伝」に出演する大後寿々花のハマり役はちょっと貧しい感じ!?(MSNテレビ番組)「カムイ外伝」の松山ケンイチ、小雪、倖田來未らがレッドカーペットに登場(MSNテレビ番組)「カムイ外伝」19日公開 崔洋一監督に聞く(asahi.com)シネマの週末・この1本:カムイ外伝 人間描写、これぞ“崔節”(毎日jp)『カムイ外伝』崔洋一監督、極限状態まで追い詰められた松ケンに放った鬼の一言!(シネマトゥデイ)小雪のニラミ顔が最高な『カムイ外伝』 - 衝撃のクライマックスは原作を超えることができるのか(マイコミジャーナル)スタッフの人選を誤ったか(30点)(映画ジャッジ<激映画批評>)『カムイ外伝』崔洋一監督が過去の武勇伝も語った!(MOVIE Collection)【崔洋一】カムイのように生き抜け(ZAKZAK)松ケン『カムイ外伝』でも“憑依型”アプローチ!(WalkerPlus)松山ケンイチが心境告白、心身ともにギリギリで挑んだ「カムイ外伝」(ハリウッドチャンネル)

【関連ブログ】カムイ外伝(LOVE Cinemas 調布)カムイ外伝(☆彡映画鑑賞日記☆彡)劇場鑑賞「カムイ外伝」(日々“是”精進!)カムイ外伝(★YUKAの気ままな有閑日記★)映画「カムイ外伝」@よみうりホール(masalaの辛口映画館)カムイ外伝(悠雅的生活)カムイ外伝 [映画](映画鑑賞★日記・・・)カムイ外伝(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)カムイ外伝(Akira's VOICE)カムイ外伝(そーれりぽーと)映画 【カムイ外伝】(ミチの雑記帳)「カムイ外伝」孤独でも力強く生きていく強さと愛の必要性を求め続ける戦いの日々(オールマイティにコメンテート)カムイ外伝/松山ケンイチ、小雪(カノンな日々)「カムイ外伝」 酷い、酷すぎる(はらやんの映画徒然草)カムイ外伝(Diarydiary!)カムイ外伝(小部屋日記)カムイ外伝(だらだら無気力ブログ)『カムイ外伝』(ラムの大通り)カムイ外伝・・・・・評価額1250円(ノラネコの呑んで観るシネマ)「カムイ外伝」実写だよ!(シネマ親父の“日々是妄言”)『カムイ外伝』(Mooovingな日々)カムイ外伝 酷評を吹き飛ばせ(ケントのたそがれ劇場)カムイ外伝(花ごよみ)カムイ外伝(必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)「カムイ外伝」みた。(たいむのひとりごと)




【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (15)

プール

2009-09-13 21:00:25 | 映画(ハ行)

火天の城」「キラー・ヴァージンロード」「しんぼる」と注目作品が公開されたこの土曜日。「しんぼる」は、前作「大日本人」でガッカリさせられたので、私には合わないと思い、最初からパス。「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」は興味あるんだけど・・・ちょっと癒しを求めて、「プール」を選択。

UCとしまえん」は、普通かなぁ。「プール」は、小さめのスクリーンで、7割程度。

【ストーリー】大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった。小さなプールのあるゲストハウスには、オーナーの菊子やタイ人のビーという少年らがいて、母は楽しそうに暮らしていた。そんな母の姿を、さよはどうしても素直に受け入れることができないでいた……。

【スタッフ&キャスト】監督:大森美香出演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ

「かもめ食堂」「めがね」のスタッフ&キャストが再集結した作品。監督・脚本は、「ブザー・ビート」など多くのドラマの脚本を手がける大森美香さん。「かもめ食堂」は未見だけど。「めがね」は、ちょっと新鮮な感覚で、好きな作品。今回も、同じようなマッタリ感と癒しを期待してたんだけど・・・ちょっと違うかな。「めがね」では、背景にいろいろなドラマを持っていそうな登場人物が集まるんだけど。そのドラマには、ほとんど触れられず。ただ単に、時間の流れをマッタリと感じさせる作品だったような気がするけど。この作品では、ドラマの色が強くなっている感じ。元々ドラマの脚本家の監督作品だから、仕方ないのかもしれないけど。ドラマを感じさせられることによって、自然なマッタリ感のようなものが薄れてしまった気も。かといって、ドラマとして観ようとすると、いろいろなところが中途半端になっている。中心は、さよ(伽奈)と京子(小林聡美)の親子の物語だけど。背景や心の動きが、十分に伝わらず、わがままな母親にしか見えなかったりして。(「自由に生きる」というテーマを考えさせたいのかもしれないけど、そこまでツッコミがない)ゲストハウスのオーナー菊子(もたいまさこ)、そこで働く市尾(加瀬亮)と「めがね」からの共演者も出演。それぞれにもドラマがありそうだけど、そこにはほとんど触れられず。タイという格好の時間感覚と空間を舞台にしただけに、「めがね」的癒し感覚に徹した方がよかったような気も。もしドラマとして描くなら、最低さよが京子の生き方をどう結論付けたのかを示して欲しかった。今回、映画初出演の伽奈さん。人気モデルさん?雰囲気はいい感じだったけど、セリフは、やっぱりところどころ・・・悪い映画ではないと思うけど、どうもどっちつかずの中途半端な感じを残した作品でした。

【関連ニュース】伽奈 夢は“コイ”物語に主演…映画「プール」で女優デビュー(スポーツ報知)映画『プール』初日舞台挨拶(CINEMA TOPICS ONLINE)映画「プール」初日。加瀬亮の共演者評「基本的にいいかげん」(日テレNEWS24)タイの心地いい空気が流れる映画『プール』公開(ウーマンエキサイト)映画「プール」、モデルの伽奈が初出演(asahi.com)『プール』 映画にもリラクゼーション効果がある(週刊シネママガジン)『プール』舞台挨拶で、小林聡美が伽奈のランニング姿を絶賛!(MOVIE Collection)小林聡美が映画『プール』で作詞作曲、ギター、歌まで初トライづくし(WalkerPlus)『プール』完成! 現場も作品もゆる~く? 映画初出演の伽奈は「大目に見てやって」(cinemacafe.net)小林聡美「好きな作品に仕上がった」 ―映画『プール』完成披露舞台挨拶―(テレビドガッチ)小林聡美、犬の散歩中に作詞作曲。「プール」完成披露試写会(eiga.com)桜沢エリカの書き下ろし漫画を映画に『プール』(47NEWS)説明なくし、見えるもの 映画「プール」(asahi.com)タイ国政府観光庁の副総裁が映画『プール』をPR(@ぴあ)小林聡美エッセイ「アロハ魂」×桜沢エリカ映画原作漫画「プール」発売記念サイン会を実施。限定200名が長蛇の列!(CINEMA TOPICS ONLINE)小林聡美&桜沢エリカがサイン会 「聡美ちゃんの映画はいつもお腹がすきます」(cinemacafe.net)『かもめ食堂』の小林聡美の主演作は、またしてもお腹の空く映画!(MOVIE Collection)小林聡美、娘との微妙な関係を演じる(@ぴあ)人気モデルから期待の映画デビュー 伽奈が語る『かもめ食堂』スタッフ新作『プール』(cinemacafe.net)小林聡美ともたいまさこ。なぜ2人の共演作は多い?(ハリウッドチャンネル)誕生日の“曜日”で運勢が決まる!?タイの“曜日占い”とは(WalkerPlus)映画「プール」に描かれた小林聡美&桜沢エリカの母親への思いとは?(webザテレビジョン)

【関連ブログ】プール(悠雅的生活)プール(そーれりぽーと)プール(だらだら無気力ブログ)




【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (10)

ウルヴァリン:X-MEN ZERO/X-MEN Origins:Wolverine

2009-09-13 20:45:06 | 映画(ア行)
先週は、やけに疲れてしまって、とうとう金曜の午後に早退。
レイトショーに備えて、自宅で数時間休憩(いいのか?)。
予告編で、派手なアクションが期待される「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」を鑑賞。

UCとしまえん」は、普通かなぁ。
ウルヴァリン:X-MEN ZERO」は、大きめのスクリーンで、3割程度。


【ストーリー】
戦争の中で凶暴化した兄ビクター、そして非人道的な任務を行う特殊部隊チームXと袂を分けたミュータントのローガンは、カナダの山奥で女教師ケイラと共に静かに暮らしていた。
そんなある日、彼の元にチームXの中心人物ストライカーが現れる。
彼はチームXを抜け殺人鬼となったビクター打倒を手伝うようビクターに言うが、ビクターはこれを拒否。
しかしその数日後今度はビクターが現れ、ケイラを殺されてしまい……。

【スタッフ&キャスト】
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、ダニー・ヒューストン、ドミニク・モナハン、ライアン・レイノルズ、テイラー・キッチュ、ウィル・アイ・アム、リン・コリンズ、ケヴィン・デュランド、ダニエル・ヘニー


アメコミの中では、かなりヒットしている方のX-MENシリーズ。

そのスピンオフというよりも、ビギンズに近い感じの作品。

X-MENの主役といってもいいウルヴァリン/ローガン(ヒュー・ジャックマン)の誕生秘話(?)。

子供の頃のエピソードから始まり、兄のビクター(リーヴ・シュレイバー)との決別、そして対決。

ミュータントたちを兵器として利用とするストライカー(ダニー・ヒューストン)は、味方なのか、敵なのか。

ビクターやストライカーと別れて、ケイラ(リン・コリンズ)と平和に暮らしていたのに。

その暮らしを壊され、復讐心に燃えることになってしまったウルヴァリン。

最後には、ウルヴァリンが記憶をなくした理由も明らかに。

それは、ちょっと悲しいエピソード。

予告編は、かなり迫力ある映像で、もしかすると本編よりもスケールが大きいのか?と期待したが。

それほどでもなかった^^;

むしろ、焦点がウルヴァリンに集まりすぎて、いろいろなミュータントが活躍する本編よりは、地味かも?

とはいえ、ヘリコプターとバイクのチェイスや。

スリーマイル島での施設の破壊などは、迫力はあったけど。

でも、どちらも予告編で使われていて、目新しさを感じられず^^;

最後には、本編につながるあの人も登場(日米だけの限定映像?)。

なんか、この続編が日本を舞台に作成されるという話も。

アメリカ映画が日本を描くと、はずすことも多いけど、今度は大丈夫か?期待もあるけど、不安も・・・

ちょっと期待が大きすぎたかもしれないけど、普通に面白いアクション映画に仕上がっていました。


【関連ニュース】続編は日本が舞台? 映画「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」(MSN産経ニュース)ブラック・アイド・ピーズに与える『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の影響?(BARKS)【シネマ通信簿】「ウルヴァリン X-MEN ZERO」(MSN産経ニュース)『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にファン垂涎のあの人が! スクープ動画も入手(マイコミジャーナル)エンディングの特別バージョンがなんと本編終了後に上映!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(シネマトゥデイ)シリーズのファンに楽しめるか? 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(47NEWS)ファン必見。“あの人”が登場する『ウルヴァリン…』の本編映像が解禁!(@ぴあ)日本限定の極秘映像到着 あの人の登場に号泣必至 「X-MEN」創設の瞬間がここに(cinemacafe.net)「X-メン」シリーズのスピンオフだがCGもアクションもかなりレベルが高い。アカデミー外国語映画賞のギャヴィン・フッドが監督し、ドラマ部分もしっかりと描かれた力作(80点)(映画ジャッジ<通映画批評>)「X-MEN」のスピンオフ作品はウルヴァリン誕生秘話。厭世的な彼の性格が納得できる。(65点)(映画ジャッジ<巧映画批評>)"最強の男"の過去がついに明かされる!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(日刊サイゾー)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(週刊シネママガジン)佐藤隆太ハリウッド進出!?映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 ジャパンプレミア(CINEMA TOPICS ONLINE)ウルヴァリンを熱演したヒュー・ジャックマン、「X-MEN」シリーズは妻も大満足(ハリウッドチャンネル)ヒュー・ジャックマンが農家で全裸!打ち上げパーティーでしか見られない貴重な瞬間?(シネマトゥデイ)止まらない!ヒュー・ジャックマンの“マッチョ化”に注目(WalkerPlus)『ウルヴァリン』ヒュー・ジャックマン「次は日本で」(週刊シネママガジン)ヒュー・ジャックマン:「X-MEN ZERO」イベントに登場、佐藤隆太の出演も快諾(毎日jp)OK!JAPAN NEWS ヒュー・ジャックマン来日。(OK! JAPAN)俳優のヒュー・ジャックマンが映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のジャパンプレミアに登場(TimeWarp)ヒュー・ジャックマン、佐藤隆太、川島なお美が『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』ジャパン・プレミアに!(MOVIE Collection)佐藤隆太、ヒュー・ジャックマンに続編出演を懇願「ウルヴァリンのためなら何でも!」(cinemacafe.net)ヒューを直撃!『ウルヴァリン』続編のヒロインは日本人!?(WalkerPlus)ウルヴァリンの生涯は、彼の爪の圧倒的な美の背景でしかない(eiga.com)「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の要注目な3つのポイント(eiga.com)業界初! 超人気シリーズ2作品奇跡のコラボが実現!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(映画ジャッジ)無敵の男、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』ヒュー・ジャックマンの来日決定!(映画ジャッジ)ヒュー様来日で盛り上がる「ウルヴァリン」がナイト ミュージアムを切り裂く?(ハリウッドチャンネル)負けず嫌いウルヴァリン「俺が主役だ!」 ヒュー・ジャックマン来日で続編の真相も?(cinemacafe.net)ヒュー・ジャックマンの魅力を詰めこんだ『ウルヴァリン』特別映像が到着!(cinemacafe.net)

【関連ブログ】
ウルヴァリン:X-MEN ZERO(LOVE Cinemas 調布)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(ともやの映画大好きっ!)ウルヴァリン:X-MEN ZERO / X-MEN ORIGINS:WOLVERINE(我想一個人映画美的女人blog)『ウルヴァリン X-MEN ZERO』(ラムの大通り)「ウルヴァリン X-MEN ZERO」を観る(紫@試写会マニア)「X-メン オリジンズ ウルヴァリン(原題)」兄弟喧嘩は命がけ(ノルウェー暮らし・イン・London)ウルヴァリン: X-MEN ZERO / X-Men Origins: Wolverine(うだるありぞな)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(Akira's VOICE)劇場鑑賞「ウルヴァリン X-MEN ZERO」(日々“是”精進!)映画 【ウルヴァリン : X-MEN ZERO】(ミチの雑記帳)「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」みた。(たいむのひとりごと)ウルヴァリン:X-MEN ZERO [映画](映画鑑賞★日記・・・)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(☆彡映画鑑賞日記☆彡)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(めでぃあみっくす)ウルヴァリン:X-MEN ZERO/ヒュー・ジャックマン(カノンな日々)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(★YUKAの気ままな有閑日記★)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(Memoirs_of_dai)映画レビュー「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)[映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)ううっ・・・カッコよ過ぎる!『ウルヴァリン X-MEN ZERO』(水曜日のシネマ日記)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(そーれりぽーと)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(佐藤秀の徒然幻視録)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(花ごよみ)映画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」@一ツ橋ホール(masalaの辛口映画館) 「ウルヴァリン X-MEN ZERO」試写会、感想。(Be in the depths of despair)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(だらだら無気力ブログ)「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(かいコ。の気ままに生活)ウルヴァリン:X-MEN ZERO(映画君の毎日)ウルヴァリン X-MEN ZERO(Lovely Cinema)


【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/
コメント   トラックバック (23)

サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123

2009-09-06 19:37:16 | 映画(サ行)

平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?)。「サブウェイ123 激突」は、大きめのスクリーンで、2割程度。
【ストーリー】ニューヨーク、午後2時。4人組の男が地下鉄をジャック、乗客を人質に立てこもった。犯人は無線で地下鉄運行指令室に連絡し、59分以内に市長に 1,000万ドル用意させろと要求。連絡役には最初に無線で話をした地下鉄職員のガーバーを指名してきた。人質救出班のカモネッティ警部がそれを代わろうとすると、犯人は乗客を射殺。犯人との交渉役に就くガーバーだが、彼はある容疑で左遷されたばかりで……。【スタッフ&キャスト】監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ラモン・ロドリゲス

1974年の映画「サブウェイ・パニック」をリメークということのようですが、そちらは未見。設定などが、かなり変わっているようですが。地下鉄をジャックして、乗客を人質に身代金を要求する犯人たち。そのリーダーが、ライダー(ジョン・トラボルタ)。ジャックした犯人が、無線で運行司令室に連絡。たまたまそれを受けた地下鉄職員のガーバー(デンゼル・ワシントン)。ストーリーとしては、ひねりがあるわけでもなく、比較的単純。見せ場は、名優デンゼル・ワシントンと、エキセントリックな犯人役を演じたジョン・トラボルタのやりとり。2人の演技を観る作品、といってもいいのかも?ドラマとして観ようとすると、底が浅く感じる。もっと掘り下げれば、いろいろ面白い展開もできそうだが。ライダーと市長との関係。ガーバーの家庭の事情。そして、ライダーの本当の目的(それを想像させる場面はあるが)。途中は、アクション映画のような、カーアクションなどもあって、映像的には楽しませてもらえる。ラストは、ちょっとあっさりしすぎかもしれないが。2人の名演を楽しめただけで、満足かな。サスペンス映画としての盛り上がりには欠けるかな。

【関連ニュース】「サブウェイ・パニック」のリメークだが作風はまるで違う。トニー・スコットらしい映像美とテンポの良さで一気に見せる(67点)(映画ジャッジ<通映画批評>)『サブウェイ123激突』でハリウッド2大俳優がついに激突!(サーチナ)普通の男が発揮する底力…名演光る重厚サスペンスに唸る『サブウェイ123 激突』(cinemacafe.net)「サブウェイ123 激突」 (米)(YOMIURI ONLINE)ワシントンとトラボルタが副題どおりに“激突”!(70点)(映画ジャッジ<楽映画批評>)地下鉄で「フライドチキン」の恐怖 映画「サブウェイ123 激突」(MSN産経ニュース)「サブウェイ123 激突」主演のデンゼル・ワシントン(YOMIURI ONLINE)サスペンスとしての面白さは十分(70点)(映画ジャッジ<狂映画批評>)スピーディな演出が冴える骨太でスタイリッシュなスリラー(eiga.com)前作と見比べないと損! 映画「サブウェイ123 激突」(asahi.com)デンゼル・ワシントン:地下鉄で「シュッパツシマース!」 映画「サブウェイ123 激突」(毎日jp)D・ワシントンが来日 映画「サブウェイ123 激突」(asahi.com)デンゼル・ワシントン、観客に「天ぷらのおいしい店を教えてくれ!」と呼びかけ(@ぴあ)映画『サブウェイ123 激突』オスカー俳優デンゼル・ワシントン激突9年ぶり来日舞台挨拶(CINEMA TOPICS ONLINE)「サブウェイ123 激突」はトニー・スコット監督の「プロ論」を体現する(ハリウッドチャンネル)西村京太郎も絶賛する地下鉄パニック映画!『サブウェイ123 激突』がオモシロイ理由(シネマトゥデイ)「サブウェイ123 激突」特集:デンゼル・ワシントンVSジョン・トラボルタ、2大俳優の魅力を探る!(ハリウッドチャンネル)デンゼル・ワシントンが電車の構内アナウンスに挑戦、9年ぶり来日決定(ハリウッドチャンネル)鉄道アイドル、木村裕子は「サブウェイ123/激突」の走行音に興奮!(eiga.com)鉄道界のアイドルが映画『サブウェイ123』を徹底解剖!(@ぴあ)鉄道アイドル木村裕子が車掌コスプレで登場!鉄ヲタ123人と“連結”しちゃった!!(シネマトゥデイ)Vol.323「サブウェイ123 激突」(西日本新聞)リアルさを追求した「サブウェイ123 激突」は、トニー・スコットの新境地!?(ハリウッドチャンネル)デンゼル・ワシントンが有名監督たちと組む理由とは?(Walker Plus)9年ぶり4度目の来日で、デンゼル・ワシントンが一日運輸指令所長に!(シネマトゥデイ)デンゼル・ワシントンが一日運輸指令所長に任命される(週刊シネママガジン)
【関連ブログ】サブウェイ123 激突(LOVE Cinemas 調布)劇場鑑賞「サブウェイ123 激突」(日々“是”精進!)「サブウェイ123 激突」みた。(たいむのひとりごと)サブウェイ123 激突(勝手に映画評)サブウェイ123 激突(★YUKAの気ままな有閑日記★)サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123(我想一個人映画美的女人blog)『サブウェイ123 激突』(cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)「サブウェイ123 激突」(てんびんthe LIFE)サブウェイ123 激突 [映画](映画鑑賞★日記・・・)サブウェイ123 激突(☆彡映画鑑賞日記☆彡)サブウェイ123 激突(そーれりぽーと)『サブウェイ123 激突』(@「シネマのすき間」)(ラムの大通り)サブウェイ123 激突(めでぃあみっくす)[映画『サブウェイ123/激突』を観た](『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)サブウェイ123 激突(さとうれおはオレだけか)サブウェイ123 激突(佐藤秀の徒然幻視録)サブウェイ123 激突(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)サブウェイ123 激突(映画君の毎日)映画 【サブウェイ123 激突】(ミチの雑記帳)サブウェイ123 激突(だらだら無気力ブログ)『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD(SOARのパストラーレ♪)「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突!(シネマ親父の“日々是妄言”)サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい!(労組書記長社労士のブログ)サブウェイ123(Lovely Cinema)映画「サブウェイ123 激突」感想と採点 ※ネタバレあります(ディレクターの目線blog)『サブウェイ123/激突』(つれづれなるままに)サブウェイ123 激突 (試写会)(風に吹かれて)


【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/

コメント (1)   トラックバック (23)