勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

舟を編む

2013年04月14日 | 邦画
なるほど、こうきますか。

馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。

凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言いそうな、女高倉健の雰囲気は、彼女をしても、表現しきれなかったような気がします。中々難しい表現なんでしょうね。

軽妙な西岡を誰が演じるのか気になりましたが、オダギリジョーが上手く演じています。なるほどね。確かに、一見軽薄だけど、実は真面目と言う感じは、オダギリジョーの雰囲気であるかもしれません。

そして、加藤剛と八千草薫。この二人には、思わず唸ってしまいますね。加藤剛の重厚感と、八千草薫の淑やかさがあって、この作品は逸品になっているんだと思います。

ピース又吉が出ているのは、最後のクレジットで気が付きました。って言うか、何処に出てた?

原作も読んでいるんですが、結構、原作に沿った内容になっていると思います。ただ、時間の都合のためか、原作での岸辺と宮本が付き合っていく件などは、完全に省かれていますが。あのあたりも、辞書編集にまつわる濃厚な人間関係の表れとしては良いと思うんですけどね。

タイトル 舟を編む
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/日本
原作 三浦しをん
監督 石井裕也
出演 松田龍平(馬締光也)、宮崎あおい(林香具矢)、オダギリジョー(西岡正志)、黒木華(岸辺みどり)、渡辺美佐子(タケ)、池脇千鶴(三好麗美/西岡の恋人)、鶴見辰吾(村越局長)、伊佐山ひろ子(佐々木薫/辞書編集部の契約社員)、八千草薫(松本千恵/松本朋佑の妻)、小林薫(荒木公平)、加藤剛(松本朋佑)、宇野祥平(宮本慎一郎/製紙メーカー社員)、森岡龍(江川)、又吉直樹(戸川)、斎藤嘉樹(小林)、波岡一喜(編集者)、麻生久美子(大渡海ポスターの女優)

[2013/04/14]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒッチコック / Hitchcock | トップ | 天使の分け前 / The Angels' Share »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (悠雅)
2013-04-14 17:11:45
又吉さんは終盤、『大渡海』の装丁担当で登場して、
舟を漕ぐ人のイメージがぴったりだ、と言われていた人だったかと・・・
ほとんど顔が映らず、短時間の出演だったと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
舟を編む (Akira's VOICE)
大渡海めっちゃ欲しい。  
舟を編む (悠雅的生活)
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
舟を編む (いい加減社長の映画日記)
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま....
映画レビュー「舟を編む」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...
『舟を編む』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に膨...
映画 舟を編む (充実した毎日を送るための独り言)
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也...
舟を編む (とりあえず、コメントです)
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。
映画 舟を編む (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。   中盤から後半は、辞書製作の苦労を現...
舟を編む〜言葉の光と影 (佐藤秀の徒然幻視録)
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
『舟を編む』 (ラムの大通り)
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...
映画『舟を編む』★ “大渡海〜キラキラ光る海は言葉が輝くような (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/i...
言葉の海を渡るひとたち。〜「舟を編む」〜 (ペパーミントの魔術師)
4月9日。試写会、高槻アレックスシネマにて。 おトラさん、かわいい〜。(そこ?) なんだかすっかり本屋大賞作品映画化の常連になっちゃいましたね〜。宮崎あおいちゃん。 しかも最近やたら妻役多し。 余談のたたみかけになりますが、料理がめっちゃええ感じやなっ....
【舟を編む】繋がりを編む人 (映画@見取り八段)
舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛 公開: 2013年4月13日 2013年4...
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
舟を編む (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...
映画『舟を編む』 (頑張る!独身女!!)
なんか
舟を編む (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
大渡海〜『舟を編む』 (真紅のthinkingdays)
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
舟を編む ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
言葉は思考であるという考え方に基づく記号論があるように、言葉の世界は果てしなく広く深い。 言うならば、ことばは人間の活動全てであると言っても過言ではない。 また、言葉は新たに生まれ又は死んで...
映画「舟を編む」 (FREE TIME)
映画「舟を編む」を鑑賞しました。
『舟を編む』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
「舟を編む」:仕事×年月=感動 (大江戸時夫の東京温度)
映画『舟を編む』は小生にしては珍しく原作を先に読んでいたのですが、良い映画化でし
「舟を編む」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜マジメって、面白い〜 2013年  日本映画   (2013.04.13公開)配給:松竹=アスミック・エース    上映時間:133分監督:石井裕也原作:三浦しをん 『舟を編む』(光文社刊)脚本:渡辺謙作音楽:渡邊崇出演:松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/....
舟を編む (にきログ)
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
舟を編む/松田龍平、宮崎あおい (カノンな日々)
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
舟を編む  監督/石井裕也 (西京極 紫の館)
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...
舟を編む (映画的・絵画的・音楽的)
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集....
映画「舟を編む」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ (オールマイティにコメンテート)
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
辞書を作ろう! (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...
「舟を編む」 (2013 松竹) (事務職員へのこの1冊)
出版社のさえない営業マンとして松田龍平が登場したとき、誰もがびっくりしたはずだ。
「舟を編む」小説と映画ちょっと比較 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
松田龍平はもちろんのこと、西岡役のオダギリジョーがとても良かった!
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
舟を編む (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤...
舟を編む (花ごよみ)
監督は石井裕也。 三浦しをんの同名小説の映画化。 主演の馬締光也役には松田龍平、 馬締が恋する香具矢役には、 宮崎あおいがキャスティング。 先輩役の西岡正志をオダギリジョー、 加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、 共演者達もそれぞれ個性的で、 魅力ある人物....
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
ショートレビュー「舟を編む・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
言葉の大海の、静かなる冒険者たち。 普段何気なく使っている辞書を作るのに、これほどの時間がかかっていたとは! 本作に描かれるのは、全く新しい辞書「大渡海」の編纂に挑む人々の、15年間に渡る創造の...
舟を編む (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが...
舟を編む (迷宮映画館)
日本語っていいなあと思わせる逸品
舟を編む (シェイクで乾杯!)
辞書作りって、こんな風にアナログで地道な作業だったんだと感動〜。
「舟を編む」 2013年 監督・石井裕也 (トリ猫家族)
 辞書の世界がこんなにロマンチックとは知らなかったよ。 コレは、広くて深い言葉の海に乗出すことになり、ひとつひとつの言葉に出会いながら舟をこぎ続け、 その旅の楽しさに目 ...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...
舟を編む (タケヤと愉快な仲間達)
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が....
舟を編む (のほほん便り)
原作は2012年、本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説「王様のブランチ」で、ずっと、ブックランキングで、1位、ならびに上位をキープしてたので、映像化したら、どんな風になるのかな?と思っていたら、映画の世界でも受賞!密かに、すごく嬉しかったのでした...