パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

プラチナデータ  ★★★

2013年03月15日 | アクション映画ーハ行
全国民のDNAを元にした犯罪捜査システムが構築された近未来を舞台に、身に覚えのない殺人容疑で追われることとなった天才科学者を主人公にしたミステリー。出演は「GANTZ:PERFECT ANSWER」の二宮和也、「一枚のハガキ」の豊川悦司。監督は「るろうに剣心」の大友啓史。原作は東野圭吾の同名小説。

あらすじ:それは明日かもしれない、近い将来の日本。国策として、極秘裏に収集した全国民のDNAデータ“プラチナデータ”を利用した高度なDNA捜査が導入され、検挙率100%、冤罪率0%の社会が完成していた。皮肉屋で自信家の天才科学者、神楽龍平(二宮和也)は、警察庁に新設された特殊捜査機関“特殊解析研究所”、通称“特解研”に所属する犯罪捜査の専門家。所長・志賀孝志(生瀬勝久)指揮の下で数々の難事件を解決してきた彼は、DNA 捜査が通用しない連続猟奇殺人事件“NF13(Not Found13)”を担当することになる。だが、同一犯人と思われる手口によって、DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹(水原希子)とその兄・耕作も殺されてしまう。
遺伝子学教授の水上江利子(鈴木保奈美)が勤める新世紀大学病院から一歩も外に出なかった早樹。密室ともいえる状態で、犯行はどのように行われたのか?現場に残されていたわずかな皮膚片からDNA データの抽出に成功した神楽は分析を開始するが、適合率99.99%で容疑者として特定されたのは自分自身だった。一切身に覚えのない神楽は逃亡を決意。“追う者”だった神楽は、自ら手がけたDNA捜査によって“追われる者”となる。この事件の捜査担当となった警視庁捜査一課の浅間玲司(豊川悦司)は、現場叩き上げで豊富な経験を持つ敏腕刑事。DNA 捜査システムを掻い潜って逃走する神楽を追い詰めた浅間は、神楽の中に、もう1つの人格“リュウ”が存在していることに気付く。多重人格者であることを自覚していない神楽龍平とリュウ。永遠に出会うことのない2人にどんな秘密が隠されているのか?特解研の同僚、白鳥理沙(杏)のサポートを得て逃走を続ける神楽は、事件の裏に何かが存在していることを知る。神楽は白か黒か?真相は何なのか?全ての鍵を握るのは“プラチナデータ”。信じられるのは科学か、自分自身か……?

<感想>久しぶりに試写会に当選して13日に鑑賞。東野圭吾の小説は殆ど読んでいるので、この作品も1月に読みました。物語がDNAデータが国家に管理され、犯罪捜査のために使われている近い将来の日本を舞台となってましたが、さすがに「近未来」を映像にするのは難しい。
街の風景や小道具のデザイン、服装といった細部に至るまで、今とは異なる進化の有様を描きつつもやりすぎてはいけない。今とは確実に異質な世界ありつつも、今と地続きのディテールも保っていなければリアリティは生まれないからだ。惜しいですね、現代の東京ですよねこれは。
近い将来の日本、最先端のDNA捜査によって100%の検挙率が可能になりつつある世界を描いた本作もまた、“プラチナデータ”と呼ばれるそのDNA情報をめぐる科学者たちや、警察の組織の葛藤と悲劇をサスペンスフルに描いている。
ちなみに原作者の東野圭吾は映像化を前提に本作を発案したという。しかし、そのアイディアは暗礁に乗り上げ、映像化うんぬんを一旦白紙に戻して書き上げた結果、大ベストセラーになった。そんな本作を改めて映像化するにあたり、大友啓史監督は、大胆な脚色を試みているのだ。
それは、ここで描かれた未来が、いずれは過去になろうとも、根源のテーマは色あせずに残るだろうという仕組みにしたそうです。監督の作品には、常に時代性に揺るがされない一本の幹が存在するからだというのだ。そんな難しい近未来の映像化に挑戦した作品である。

自ら作り上げたDNA捜査システムによって身に覚えのない殺人事件の容疑者にされてしまう主人公の天才科学者、神楽龍平に二宮和也くんと、その神楽を追う敏腕刑事の浅間に豊川悦司が熱演しています。それにニノ君は今回二重人格者という設定で、別のリュウという人格はあらわれ、その演技も見どころの一つなんですが、二重人格の天才という演技力を問われる役なのに、わざとらしい飄々としたいつもの演技に見えるリスクもある。
ファンなもんで贔屓目に見てよく頑張っていると思います。でももう少しリュウの性格描写を上手に演じて欲しかったですね。だからなのか、さすがに刑事の豊川さんがいつもの実力を発揮して、ニノ君の演技が霞んで見えた。仕方ないか。

それに原作と違う部分は、水上教授の役が男なのに映画では、鈴木保奈美があのペチャアペチャ声で、「お母さんと呼んで」なんて下手な演技を披露してました。それに天才数学者の蓼科早樹(水原希子)も、リュウの前では“すずらん”という名でリュウの恋人みたいな、つまり彼女も二役をしなければいけなかったはずなのに、そのシーンはカットされていた。

さすがに神楽が犯人としての逃亡生活するところは、街の中では監視カメラがいたるところに張りめぐされて、すぐに神楽の居場所が分かってしまう。ところが、地方に逃げるとさすがに監視カメラは少なく、居場所が特定できずに逃げることができるのである。
この物語の中の天才科学者神楽龍平の境遇、父親が自殺をしてから哀しみのあまり、ある境遇に逃げ込まざるを得なかった繊細な心を持つリュウという人間の存在。父親は陶芸家で、父親の作品がコンピューターとロボットで再現された陶器を、贋作だと見抜けなかった自分に失望し命を絶ったのだ。その死に直面した息子龍平も、所詮人間の心など脆いものだと思い込むようになり、データーこそがすべてだと確信し、父親の作品でさえ結局はデーターの集積にすぎなかったと失望したのだろう。
だが、リュウはそうではなかった、父親の陶器を作る手こそ最大の宝物だと。だから手の絵を描き続けていたのだろう。
それが後で分かることなんですが、私にはそのリュウという絵を描く繊細な心を持つ人物が本当の神楽龍平で、水上の手で暗黙の内に出てきた天才科学者の神楽龍平こそ、心の内にいた人物だったのではないかと思った。しかし、この映画の中では神楽龍平なる天才科学者が表にでて活躍している。
そうこうしている内に白鳥も殺される。その犯人も同じNF13と同じ拳銃で殺しているのだ。そういうわけでまたもや、神楽が白鳥を殺した犯人と疑われるのだ。浅間が機転を利かして、白鳥の車から携帯電話を持ってきたことで、神楽からの電話を受け、新世紀大学病院の5階へと浅間が潜り込む。そしてリュウの描いた絵の中で、蓼科早紀を描いたと思われる女性像の絵の裏から見つけたモーグル。そのモーグルこそ“プラチナデータ”のことで、みんなが血眼になって捜しているデーターなのだ。しかし、そのデーターを解析するにはスーパーコンピューターに設置しなければならないのだ。
だが、よくよく考えてみればDNAによって人間存在のすべてが分かるわけじゃない。殺人犯にしても、DNAデーターで調べれば犯人を特定できるというシステムにも問題があるのじゃないかと思う。この作品で殺人事件が起き、邪魔な人間を犯人に仕立てて捕えさせる。ところが身近な人が犯人と分かって、そのデーターを流出させて金儲けを企む人間。
そして、蓼科早紀が死ぬ前に創ったプログラム=モーグル!これがいったい何処に、誰の手にあるのかが後半の騒動の根源になるモーグル。白鳥が神楽を助けて聞き出そうとしているのもモーグルのことで、水上も、警察も、神楽を犯人に仕立ててそのモーグルを手に入れようとしている。だが、そのモーグルなるものは、つまりDNAシステムが未完成で最後のパーツがモーグルの中にあるということなのか?、・・・それはNF13=未解決の連続婦女暴行殺人事件のこと。その殺人事件で使用されていた拳銃が、蓼科兄妹殺害に使われていた拳銃とNF13の物と同一だというのだ。

NF13の仕業と思われる事件はこれまで3件あり、いずれも若い女性の頭部を銃で撃たれている。さらに暴行の跡があり体内から犯人のものと思われる精液が見つかっているのだ。つまり3件は同一犯ということなのだ。今までDNAシステム捜査で検挙率100%と言っていた警察もこの事件に関しては手掛かりなしのお手上げ状態。それで神楽が共犯ということになる。しかし、真犯人が政治家の息子や官僚たち、大企業の関係者とかになると、彼らは自分の身内のDNA情報をすべてプラチナデータ化させているに違いないのだ。
「プラチナデータ」はシステムの網には引っかからない。いくら犯罪を重ねても。そこに自分の痕跡を残したとしても決して捕まらないのだ。原作では全部の殺人事件の犯人が水上教授だということなのだが、実際女の鈴木保奈美では拳銃で頭を撃ち暴行するなんて、そんな殺人事件なんて犯せない。それがモーグルの中に犯人の手掛かりとなるDNAがあるということなのだ。それにそれを改ざんして神楽を犯人に仕立て上げた真犯人像が明らかになると言うことも。
東野圭吾さんの原作に、ほとんど寄り添った作品に仕上がっていたので、最後まで面白く見る事ができました。
2013年劇場鑑賞作品・・・47    映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ


『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏切りの戦場 葬られた誓い ★★★ | トップ | クラウド アトラス ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[プラチナデータ] ブログ村キーワード  東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也と豊川悦司の競演で魅せてくれます。  そう遠くない将来の...
プラチナデータ (勝手に映画評)
東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。 原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデータ”の意味だけは覚えていましたが。うろ覚えでも、今...
映画『プラチナデータ』観てきたよ (よくばりアンテナ)
東野圭吾の同名小説の映画化作品。 原作がめっちゃ面白かったので期待して観に行きました。 原作はコチラ プラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る 原作の感想はコチラ 原...
「プラチナデータ」 クールさが立つ (はらやんの映画徒然草)
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒
劇場鑑賞「プラチナデータ」 (日々“是”精進! ver.F)
自分自身の“意志”が、大事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303160003/ プラチナデータ (幻冬舎文庫)東野 圭吾 幻冬舎 2012-07-05売り上げランキング ...
映画「プラチナデータ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プラチナデータ」観に行ってきました。東野圭吾の同名小説を原作とし、男女逆転「大奥」1作目および「GANTZ」二部作で主演を担った二宮和也、および豊川悦司の2人を中...
プラチナデータ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 [Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報...
プラチナデータ (単館系)
プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に 犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は 皆無となった...
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司 (カノンな日々)
東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;)  (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!?  警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う....
プラチナデータ (いい加減社長の映画日記)
予告編が面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。 神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...
映画「プラチナデータ」 (FREE TIME)
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
『プラチナデータ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想...
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味 (オールマイティにコメンテート)
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
プラチナ・データ  監督/大友啓史 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮和也  豊川悦司  鈴木保奈美  杏 【ストーリー】 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平...
プラチナデータ (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター1 鑑賞日時:3月26日 評価:B 原題:プラチナデータ 製作:2013年 日本 監督:大友啓史 出演: 二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 生瀬勝久 杏 水原希子 和田聰宏 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は遺...
プラチナデータ (だらだら無気力ブログ!)
二宮君ファンなら満足な一本かも。
プラチナデータ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2012年日本 上映時間:134分 監督:大友啓史   原作はあの東野圭吾だというのだが、それにしては映画のストーリーは余り面白くなかった。脚本が良くなかったのか、時間が足りなかったのか、はたまた原作自体がつまらないのか、原作を読んでいない私
『プラチナデータ』 2013年24本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『プラチナデータ』 東野圭吾先生の小説を映画化したミステリー。 DNAデータを用いた捜査システムの話。 DNAをテーマ、モチーフにした映画なら『GATCA』がありますが、こちらはDNA ...
「プラチナデータ」 (ここなつ映画レビュー)
思えば3月4月は、「このままでは今月は一回も映画を観られない!」と思った位の日々でしたが、なんだかんだ子どもの付き合いを兼ねて、いわゆる流行りの邦画を続けざまに観る事になりました。 で、順不同ですが、「プラチナデータ」。 例の如く、「原作読んだから俺...
プラチナデータ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大友啓史 出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 【解説】 さまざまな作品が映画化されている東野圭吾の小説を、『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化したサスペンス。DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、...
プラチナデータ (いやいやえん)
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりと...
映画評「プラチナデータ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり
映画 プラチナデータ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して   DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に   システムをさらに改良して、何者かに殺害される。 ...