日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





ヒッチコキアンには堪らない今作。
TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑)


まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。

1956     知りすぎていた男 The Man Who Knew Too Much      
     間違えられた男 The Wrong Man  
1958     めまい     Vertigo
1959     北北西に進路を取れ North by Northwest      映画は、この直後→
1960     サイコ Psycho                                                          →ここまで!
1963     鳥  The Birds
      この後、失速...

つまり、彼のキャリアのピークの時代の物語。


一言でいうと! この映画の主演は実は、このサスペンスの神様 の妻 アルマ・レヴィル。
彼女が及ぼした計り知れない「影響力」を知る映画(笑)

そのアルマを演じているのは名優 ヘレン・ミレン(写真:右)
十二分にその「影響力」を発揮する。

一方でサスペンスの神様を演じる アンソニーホプキンス(写真:左)も力演。
なのだが、ヒッチコック本人の「陽性」のキャラがあまりに強すぎた故に、当ブログ的にはちょっと食い足りない。


このアンバランスさが、観賞後の印象にやや微妙にしている(ように感じた)
写真のポスターからでさえ、その感じが伝わってくると思う。

と言いつつ映画ファンにとって今年、驚喜間違いない映画の1本であることは間違いない、かな。
(昨年のマリリン 7日間の恋、のように)
5日~公開。


追記:映画の宣伝でトリビアとして「アカデミー賞に嫌われた男」と紹介されているが、それは「ウソ」
   1940年アメリカでの初作品『レベッカ」でその年のアカデミー最優秀作品賞を受賞済。
   ちゃんとやれ!(怒)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 40 )



« 読後評:なぜ豊か... 映画:海と大陸 T... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ヒッチコック (あーうぃ だにぇっと)
ヒッチコック@有楽町朝日ホール。
 
 
 
『ヒッチコック』 2013年3月14日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヒッチコック』 を試写会で鑑賞しました。 今日は『サイコ』と2本立て! 【ストーリー】  1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称される『サ...
 
 
 
「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」 (映画の話でコーヒーブレイク)
帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠」としてそっとして置いちゃダメなの? 亡くなって30数年、今さらダークサイドを暴く必....
 
 
 
ヒッチコック/Hitchcock (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...
 
 
 
「ヒッチコック」☆愛あればこそ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。
 
 
 
映画レビュー「ヒッチコック」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
 
 
 
劇場鑑賞「ヒッチコック」 (日々“是”精進! ver.F)
「サイコ」創作秘話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304050002/ HitchcockSoundtrack Masterworks 2012-12-04売り上げランキング : 1314Amazonで詳し...
 
 
 
『ヒッチコック』 (こねたみっくす)
サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。 アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつ ...
 
 
 
ヒッチコック~本人がサイコぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
 
 
 
ヒッチコック (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hitchcock監督:サーシャ・ガバシ出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ユーストンヒッチコックはブロンドがお好き。
 
 
 
「ヒッチコック」みた。 (たいむのひとりごと)
今から25年くらい前だろうか、地元にもレンタルビデオショップというもの登場して、初めて借りたビデオが『鳥』だった。また『サイコ』はもちろんだが有名なヒッチコック作品はテレビかビデオでほとんど観ているし
 
 
 
『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!? (Healing )
ヒッチコック HITCHCOCK ★★★★4.5 天才と呼ばれた“ヒッチコック”は その妻アルマと2人で完成形 『レベッカ』『裏窓』『めまい』『鳥』・・・ 代表作をあげればキリがない “サスペンスの神”といわれたヒッチコック監督を 30年以上も支えた妻・アルマとの知られざる...
 
 
 
ヒッチコック (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化...
 
 
 
ヒッチコック / Hitchcock (勝手に映画評)
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...
 
 
 
ヒッチコック (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見
 
 
 
ヒッチコック (とりあえず、コメントです)
『サイコ』製作の背景を通してヒッチコックの人間像を描いたドラマです。 予告編でアンソニー・ホプキンスが別人になっていたのを観て、これは観なくちゃと思っていました。 あのインパクトのある体型の中に怒りの闇を抱えながらも自分の映画への信念を貫くヒッチコックの...
 
 
 
映画『ヒッチコック』★ヒッチコック夫妻の描写が素晴らしい☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161173/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     アンソニー・ホプキンス が、ヒッチコック役ということで鑑賞しました。 アンソニーの作品は、必ず観ておきたいです...
 
 
 
「ヒッチコック」 (或る日の出来事)
この映画を見ると、「サイコ」の驚くべき大きな、大事なネタが、ひとつ分かってしまう。 だから「サイコ」を未見の方は、「サイコ」を見てから「ヒッチコック」を見る、という順番にしたほうがいいと思う。
 
 
 
[映画『ヒッチコック』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど...
 
 
 
映画「ヒッチコック」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ』が大ヒットし...
 
 
 
ヒッチコック/HITCHCOCK (いい加減社長の映画日記)
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。 妻のアルマは、その陰惨なテー...
 
 
 
ヒッチコック/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
サスペンスの帝王と呼ばれた巨匠アルフレッド・ヒッチコックとヒッチコックを支え続けた妻で優れた映画編集者・脚本家でもあったアルマ・レヴィルの姿を描くヒューマン・ドラマで ...
 
 
 
ヒッチコック (心のままに映画の風景)
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説...
 
 
 
『ヒッチコック』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TO...
 
 
 
ヒッチコック ★★★ (パピとママ映画のblog)
「レベッカ」「白い恐怖」などサスペンス映画の神と言われる監督アルフレッド・ヒッチコック。 代表作のひとつ「サイコ」製作に挑むヒッチコックと、彼を支えた妻のアルマ・レヴィルの姿を描いた人間ドラマ。監督は「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・...
 
 
 
ヒッチコック (風に吹かれて)
夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回
 
 
 
映画:「ヒッチコック」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年4月6日(土)。 映画:「ヒッチコック」。 監   督: サーシャ・ガヴァシ 脚   本: ジョン・J・マクロクリン 原   作: スティーヴン・レベロ キ ャ ス ト: アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス) アルマ・レビル(ヘレン・...
 
 
 
ヒッチコック (Memoirs_of_dai)
ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称さ...
 
 
 
ヒッチコック (Memoirs_of_dai)
ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称さ...
 
 
 
『ヒッチコック』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
県内警報が出て土砂降りのなか『ヒッチコック』を観てきました!? たどり着く前にひざ下はすでにビショビショ。 んな天候だもんで、公開週土曜レイトにもかかわらずガラガラ。 まぁそれほど話題作でもないので無理に濡れてまで観にくるひとも少ないか。 しかーし。ひそ...
 
 
 
ヒッチコック (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。  そこに、ヒッチコック(アン...
 
 
 
「ヒッチコック」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/フォックス・サーチライト・ピクチャーズ 配給:20世紀フォックス映画 原題:Hitchcock 監督:サーシャ・ガバシ原作:スティーヴン・レベロ脚本:ジョン・J・マクローリン音楽
 
 
 
サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ~『ヒッチコック』 (真紅のthinkingdays)
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...
 
 
 
あらためて ヒッチコックを!  (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程....
 
 
 
ヒッチコック (だらだら無気力ブログ!)
彼の人となりが分かって結構面白かった。
 
 
 
★ヒッチコック(2012)★ (Cinema Collection 2)
HITCHCOCK 神と呼ばれた男、神を創った女。 上映時間 99分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/04/05 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔 「サイコ」の波乱に富ん...
 
 
 
「ヒッチコック」:似てないし、ぬるいし・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ヒッチコック』で、アルフレッド・ヒッチコックを演じるのはアンソニー・ホプキ
 
 
 
「ヒッチコック」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Hitchcock」 2012 USA 1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社から...
 
 
 
ヒッチコック (迷宮映画館)
映画って、こうやって作るんだ~と改めて・・・
 
 
 
「ヒッチコック」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Hitchcock」 2012 USA 1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社から...
 
 


 
編集 編集