Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ

2012-05-08 | 洋画(は行)


原題: THE DESCENDANTS
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー
試写会場: 有楽町朝日ホール

公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開]


 



ハワイで弁護士業を営むマット・キング一家にある日突然、妻の不慮の事故という災難が降りかかる。 そこから明らかになった家族のあれこれ。
原題の"THE DESCENDANTS"は文字通り「子孫、末裔」。 キング家の祖先が遺した土地は子孫に受け継がれ、その時々の糧となってきたが、信託期限の関係で遂に売却を余儀なくされて、という背景がある。
そしてマットの家はと見ると、妻は水上バイク事故で意識不明、子育てに殆ど関わってなかった2人の娘たちはとんでもなく言うことを聞かず手がつけられない・・・。 にっちもさっちもいかない状態なのである。
家の外に、内に、ややこしい重たい問題があるだけで気が滅入る訳だけど、どういう訳かBGMで流れてくる数々のハワイアンがその重さを流してくれているようだ。 そんなこと実際にあったとしたら、また映画で本格的に深く描こうと思ったらどこまでもシリアスに、シュールに描けたりするのだろうけど、本作はそれをしない。 家庭内や仕事の厄介な問題は渦中の人間にとってはとても深刻だけど、傍から見ていると実に滑稽であることも多い。 映画の観客を「傍観者」に仕立てて、シリアスであってもどこかユーモラスな視点に誘い込んで楽しませてしまう効果が、このハワイアン・ミュージックにはあるようだ。


マットたちの「復讐」が見ていて痛々しくならないのは、ある意味「元々娘たちと父親の心が通じ合っていなかった」からではなかったか。 自分たちに無関心な父親だし母親はもっと浮かれてたし、と親自体をあきらめてた娘たちだから、今更一生懸命わかろうとしなくても、という引いた目線でマットと行動を共にしていた。 一般的に復讐と聞くとドロドロゴタゴタするものだが、そこを前面に出さずして相手にダメージを与えることに成功しているのは、持って生き方としては上手い。 これ見よがしの復讐劇だと観る方も予測がついてつまらないし、語り言葉が少なくてもインパクトを与えられることは可能だからだ。


そしてぎこちない家族旅行を通じて、お互いが分かりあって行く作業もできていった。 
特別なことは何もしなくてもいい、くつろげるありのままの姿を見せあうことができる家族を作っていくことは意外と難しい。一体どこから手をつけてよいのやらわからない人間関係は、実は近しい者たちの中に存在してしまっている。家族がこじれていくと戻す方が厄介でありまた見るに堪えないことが多い。
そんな家族関係をほぐすキーパーソンは、どういう訳かイケてないシドだったのではないかと思う。側にいる人を不愉快にさせるだけの、お邪魔虫的なシドの存在が、マット一家にとっては中和剤になった。 若くて世間を知らないからと言って、その人が無益なわけでは決してなく、時には第三者として貴重な存在になることもある。 またシドにとっても、バラバラに見えて実は結束が固いキング一族の面々を紹介され実情を知り、ヤケっぱちの刹那的に見えたアレックスが意外と情に厚いことを知るにつれて思うところもあり、彼自身の成長にもなっていったように思う。
一見とぼけた、茶化したような話の中に「受け継ぐべきもの」の柱がちゃんと存在しており、それを守ることの必要性をさりげなく訴えている。 ジョージ・クルーニー好きな私にとっては結構満足な作品でした。


★★★★ 4/5点




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (22)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『私が、生きる肌』 (2011) /... | TOP | 『ルルドの泉で』 (2009) / ... »
最近の画像もっと見る

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
心の通じ合い (まっつぁんこ)
2012-05-11 12:16:42
「自分たちに無関心な父親だし母親はもっと浮かれてたし、と親自体をあきらめてた娘たち」
せつないねえ。
この映画を観るかぎり、マットは娘に無関心だったようには思えませんでしたが・・・ダメ?
もっとひどい父娘関係もそこいら中にあるような気がしました。
歯車 (ノルウェーまだ~む)
2012-05-11 14:47:42
roseさん☆
映画気に入ったみたいで良かったわ~
家族のためにと仕事に頑張ったり娘に厳しくしたりするのが、ちょっと歯車がずれて空回りになっていたのを、シドが巧い具合に新しい部品となって、改めて大きく歯車がゆっくりと回り始める事ができたってかんじかな。
ゆるりゆるりとしたムードで、さりげなく守るべきものの必要性を訴えているって、実にその通りだわ☆
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-05-11 16:35:41
>マットは娘に無関心だったようには思えませんでしたが
そぉ? 奥さん事故るまでは全然娘の何たるかを分かってなかった感じがしたけどなー。
でもまあよくあるツンデレ父娘関係だと思いました。じゃなかったらこの尺で映画は終わりません(笑)
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2012-05-11 16:37:12
今回はありがとうございました。
シド、KYだとばかり思ってましたが意外と働きましたね(笑)
最後はやはり、という結末だったけど、それが自然かなと。
☆roseさん (mig)
2012-05-11 22:05:01
ジョージ兄貴好きだったんですね~

私はどうでもいい役者なんですが(いやいい人だけど)近年一番良かったですね^^
映画自体は私も普通かなぁ。
そこまでいいとは思わなかったんだけど、
笑いにもってってるとこがいいんですよね。
この監督の特徴。

migちゃん (rose_chocolat)
2012-05-13 07:55:16
ERの時からのファンですよー。
そうだねえ、これも好きだけど『グッドナイト&グッドラック』『マイレージ、マイライフ』とかがいいかな。
今回はほんわかなテイストでしたね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-19 22:01:58
冒頭でハワイ諸島を家族に例えたのもこの映画の巧さだと思いましたよ。
アレクサンダー・ペイン監督は相変わらず細かな演出が巧いですわ。
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2012-05-20 09:50:50
こんにちは
今回のジョージ・クルーニーは
これまでの作品では感じられなかったような
中年男のコミカルな一面を見事に演じていましたよね

マットたちにとってはシリアスな問題が
部外者のシドにとっては笑い飛ばせる出来事だったりもして…

ある意味シドの存在は
物事を難しく考えない正直さの象徴だったようにも思えました
こんにちは♪ (yukarin)
2012-05-20 15:54:07
私が観たジョージ・クルーニー出演作の中で一番良かったかなと思いました。と言ってもそんなに観てるわけじゃないんですが。

シドは最初はおじゃま虫でしたけど意外にもいい存在でしたね。
こんばんは (はらやん)
2012-05-20 19:09:08
rose_chocolatさん、こんばんは!

>ぎこちない家族旅行を通じて
あの旅行(?)は物語の中でも意味がありましたよね。
娘から見れば、たいそうな問題に父親が戸惑いながらも真摯に向き合おうとする姿をみて、初めて父親を一人の人として見れたと思いますし。
マットから見ても、娘がいつまでも子供かと思っていたら、自分の苦悩をいっしょに持ってくれるほどに大人だと知った機会だったでしょうし。
それを深刻ではなく軽妙な感じで、あくまでも普通に描いているのが良かったなあと思いました。
シド~ (マリー)
2012-05-21 20:36:46
こんばんは~~♪
そうですよね~おっしゃるようにシドの存在が大きかったですよね~。
彼自身、どんどん変わっていったし・・・最初なんでアレックスはこんなヤツとと思ったけど
実は心に淋しさを抱えた者同士だった。
そしてアレックスもシドも、ものすごく成長した気がします。

ジョジクルさん、あたふたしてる姿もなんか愛おしかったです。
シド (ノラネコ)
2012-05-22 23:54:06
そう、シドはじつはかなり重要な隠し味でした。
彼のキャラ造形を見てセンス良い映画だなあと想いました。
独特のハワイアンムードが良い意味での毒消しになって、シリアスな話でも後味がとてもよろしかったです。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:04:36
アレクサンダー・ペイン監督作品って初めてなんです。
『サイドウェイ』もこんな風におだやかそうです。
ハワイだと人数が少ない分、家系も追って行きやすいのでしょうね。
テクテクさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:06:47
ジョジクル兄貴はおかしかったですね。 いつもの伊達男はどこへやらで。 でもこういう兄貴も好きなんです。

>シドの存在は物事を難しく考えない正直さの象徴
今風に言ってしまうと「KY」って片付けられてしまうのかもしれませんが、反面無邪気だったり素直だったりもしてましたね。
彼自身もこの一家と行動を共にして感じたこともあったと思いました。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:08:18
ほのぼの系ですよねーこれは。 私は結構ジョジクル追いかけてるのですが、これは珍しく正統派のいい人系。
シドは最初は「何?」って思いましたが、いい人なんだよね。
はらやんさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:10:08
>深刻ではなく軽妙な感じで、あくまでも普通に
家族なんてそうそうドラマティックになれるものじゃなくて、だらけてたり気を遣わなかったり、ゆるゆるな場面が必ずあるはずで。
その力の抜き加減は絶妙でした。
マリーさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:11:16
>アレックスもシドも、ものすごく成長した
そうですよね。
アレックスは家族1人1人への思いやりを知ったし、シドも、家族のつながりはいいなってきっと思えたんじゃないでしょうか。
ノラネコさん (rose_chocolat)
2012-05-24 18:12:38
>シドはじつはかなり重要な隠し味
でしたね。
中和剤のように感じました。
彼が何でいるんだ? とも思いますが(笑)、彼がいてくれて、アレックスたちも助かったこともたくさんあったと思いました。
やっと書けました! (maru♪)
2012-05-29 23:30:10
先日はありがとうございました!
そして昨日はごめんなさい・・・

やっと書けました!
これ、よかったですよね。
重いテーマをサラリと見せていました。

ハワイ&ハワイアン効果は大きかったですよねー
ハワイ行きたくなりました♪
maruちゃん (rose_chocolat)
2012-05-30 08:22:35
いえいえそんな日もありますわよ・・・ どんまいどんまい。

忙しいとなかなか感想書けないよね。
これはまあまあ書きやすかったけど、『別離』とか早く書かないと忘れちゃうね~
これはハワイ行きたくなる、ゆっくりしたいなあ。。
シドの価値基準 (CHARADE)
2012-06-01 12:45:52
シドが「空気が読めない」とか「物事を難しく考えない」といったご意見をいろいろ拝見しますが、そうでしょうか。ジュルーがマットを訪ねて来た時、さりげなく「カフェテリアに行かないか?」と言ってスコッティを連れ出すじゃないですか。あんな気遣いのできる人は世の中そうそういないと思うのです。本当は、自分だってどういう話になるのか興味深々だっただろうけど、それを押さえて、出て行った。

家族旅行の時もそうでした。ついては行くけれど、家族の話をしている時にでしゃばって余計な口を利いたりしない。会話にはまざらないけど、そばにいる。アレックスからしたら、一番してほしいことをしてくれて、してほしくないことはしないということではないでしょうか。

彼の中には彼なりの価値基準があって、それに対しては結構厳格なのではないかと思ったり。
CHARADEさん (rose_chocolat)
2012-06-01 13:30:16
若い人って考えていることを上手く表現できなかったりしますよね。 本当は内にアツいハートがあったり、一本筋が通っていたりするのにそれを伝えることは照れくさいとか、そういうこと。
シドってそんなコにも思えます。

ただ、最初の方は空気読めない発言あったよねえ。 あれは年長者に対して失礼です。
でもぶん殴られながらもシドはシドなりに、アレックスたちにくっついて行きながらも、いろいろと勉強したことがあったと思いました。
だから後半の病室の所などはさっと気を遣えたんじゃないかなと。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ファミリー・ツリー (あーうぃ だにぇっと)
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
ファミリー・ツリー/The Descendants (LOVE Cinemas 調布)
ジョージ・クルーニーが悩める父親を演じ、第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒューマンドラマ。妻が植物状態になり、残された娘2人との接し方に悩みつつも家族の絆を取り戻してゆく姿をユーモアたっぷりに描く。2人の娘をシャイリーン・ウッドリー、...
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞 アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本 (公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」) 主演はジョージ・ク...
『ファミリー・ツリー』 (ラムの大通り)
(英題:Descendants) ----この映画も、今年のアカデミー賞を賑わせた一本だよね。 なんとなく地味なドラマのイメージがあったけど。 「本命と言われた2本、 『』や『』がユニークな作品だったからね。 そんな中にあって、 この映画は、いわゆる日常の中のドラマだから....
劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」 (日々“是”精進! ver.F)
家族の大切さを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205180003/ ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラックケオラ・ビーマー サントラ ギ...
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』 (水曜日のシネマ日記)
ハワイを舞台に家族崩壊の危機に直面したある一家の再生を描いた作品です。
『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇? (SOARのパストラーレ♪)
青い海、白砂のビーチ、緑豊かな大自然。笑顔で暮らす人々の優しさや寛大さ、アロハスピリット。ゆったりと流れるハワイアンミュージック・・・。 そうした要素それぞれが持つ高いヒーリング効果。ハワイという地には傷ついた心を癒し、あるいは壊れかけた人間関係をも修...
『ファミリー・ツリー』 (pure breath★マリーの映画館)
ファミリー・ツリー それは、大地に根を張り、受け継がれる家族の系譜 『ファミリー・ツリー』 監督・脚本・製作・・・アレクサンダー・ペイン 出演・・・ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミ....
『ファミリー・ツリー』 (こねたみっくす)
男の強さは「守ること」にあり。 楽園と謳われるハワイで事故により植物状態になった妻、反抗的な態度ばかり取る娘たち、一族の土地を売却する問題、そして妻が浮気をしていたと ...
ファミリー・ツリー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Descendants監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリアたわいもない父親役のジョージ・クルーニーが魅力!
『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い (映画のブログ)
 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。  『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。  日本のポスターは、主要な登場...
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる (はらやんの映画徒然草)
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
ファミリー・ツリー (食はすべての源なり。)
ファミリー・ツリー ★★★★★(★満点!) ハワイに暮らしていても 人生は楽じゃない ハワイ・オワフ島で弁護士をするマット・キングは美しい妻・エリザベスと2人の娘とともに堅実な人生を生きてきた。事故で妻が昏睡状態に陥ってしまうまでは...。 妻に任せっきり...
ファミリー・ツリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、メアリ....
ファミリー・ツリー / The Descendants (勝手に映画評)
第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。 何か、物凄くドラマがあって、急転直下と言う物語では無いですが、バラバラになっていた一...
ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS (いい加減社長の映画日記)
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。 カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先か...
映画「ファミリー・ツリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ファミリー・ツリー」観に行ってきました。 ハワイ諸島を舞台に繰り広げられる、ジョージ・クルーニー主演の人間ドラマ作品。 今作で主演を演じていたジョージ・クルーニーは、第84回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされており(ただし受賞はならず)、今...
守るべきもの~『ファミリー・ツリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE DESCENDANTS  ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメ ハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否か の決断を...
ファミリー・ツリー (心のままに映画の風景)
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...
守るべきもの~『ファミリー・ツリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE DESCENDANTS  ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメ ハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否か の決断を...
ファミリー・ツリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。
ファミリー・ツリー   THE DESCENDANTS (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
仕事中毒だった夫が今まで放置していた子育てと向き合う。何よりもいいのが、ハワイの自然とふりそそぐ太陽だ。住んでみれば都会も田舎も同じになってしまうけど、物語が進むに連れて恵まれた自然の中で暮らしていることに気がつく。ハワイに行きたくなる映画だ。
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...
ファミリー・ツリー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人生の楽園は、どこにある? 常夏の島、ハワイを舞台に「サイドウェイズ」のアレクサンダー・ペイン監督が、ジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く悲喜交々の人生劇場。 突然の妻の事故を切っ掛けに自ら...
アレクサンダー・ペイン監督『ファミリー・ツリー』(The Descendants) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。「サイドウェイ」以来7年ぶりとなるアレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』主演は本作で第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルー
ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ (労組書記長社労士のブログ)
【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね~見れたね~すごかったね~俺たちってもう次がないもんね~!(泣) しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ~。 で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなくて、妻と次女が行ってきたが感想がちょっと微妙やっ...
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...
『ファミリー・ツリー』試写会 (・*・ etoile ・*・)
12.05.08 『ファミリー・ツリー』試写会@朝日ホール rose_chocolatさんからのお誘い。気になっていたので、よろこんで行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「ハワイで弁護士をしているマット。カメハメハ大王に繋がる先祖から引き継いだ広大な土地の信託管理も任されて...
ファミリー・ツリー (こんな映画見ました~)
『ファミリー・ツリー』---THE DESCENDANTS---2011年(アメリカ)監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー 、ニック・クラウス 、ボー・ブリッジス 、ロバート・フォスター 、ジュディ・グリア 、マ...
[洋画] 浮気の報いは大きかった「ファミリー・ツリー」 (窓の向こうに)
今年35本目。年間35本は新記録。過去最高が34本(2010年、2011年)だが、今年は5ヵ月でそれを越えてしまったことになる。年間86本のペースだが、恐らくこんなにのんびりしていられるのは来月までと思うので、50本を超えるかどうか。 題名ファミリー・ツリー(原題:The D...
ハワイも日常 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。 妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマット しかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう さらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気が発覚して… マットの成長ドラマともいえ 娘との...
ファミリー・ツリー  The Descendants (映画の話でコーヒーブレイク)
原題の「The Descendants」は「子孫、末裔」の意味。 ジョージ・クルーニー演じる一家はハワイ王家の末裔という設定です。 カメハメハ大王の末裔って・・・本当にいらっしゃるの?        *********************             ...
『ファミリー・ツリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、    ...
「ファミリー・ツリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Descendants」 2011 USA マット・キングに「ラスト・ターゲット/2010」のジョージ・クルーニー。 長女アレクサンドラにシャイリーン・ウッドリー。 次女スコッテイにアマラ・ミラー。 アレクサンドラのボーイ・フレンド、シドにニック・クラウス。 妻エリザ...
ファミリー・ツリー      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
アレクサンダー・ペイン監督が「サイドウェイ」以来7年ぶりにメガホンを取り、第84回アカデミー賞脚色賞を受賞した人間ドラマ。妻が意識不明の状態になった男が、初めて知る家族の絆の意味を描く感動編。 あらすじ:この世の楽園といわれるハワイのオアフ島に住む弁護...
ファミリー・ツリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ファミリー・ツリー '11:米 ◆原題:THE DESCENDANTS ◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」 ◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディー・グリア、...
映画『ファミリー・ツリー』 を観て (kintyre's Diary 新館)
12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン□脚本:ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ◆ジョー...