そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

プロメテウス 3D

2012-08-09 | 劇場映画れびゅー
サスペンス、モンスターホラー、スペースファンタジーの名作と言えばリドリー・スコット監督の『エイリアン』
続編は毎回新進気鋭の監督が交代してメガホンを取り、それぞれが独特な作風で世界観を広げてエイリアン自体の生態も肉付けがされました。
しかし、その原点の1作目で描かれていた発見された星には多くの謎を残されたまま、この先語られる事も無いだろうし、ファンも謎は謎として納得していたはず。
語られる事の無かった多くの謎に迫る前日談が、こんな何十年も経ってからリドリー・スコット本人によって描かれるなんて!
なんて蛇足な!超期待と不安を胸に、せっかくなのでフライング上映の『プロメテウス』を3Dで観てきました。
★★★★★

これはもうね、★5つです。
間違いない。

『エイリアン』シリーズ1作目のオープニングタイトルと同じように一画ずつ表示されていくタイトル。
惑星LV−223に向かうプロメテウス号のエンジン噴射の描写をよく見ると、微妙に水滴が出ているように思えるところで完全にリドリー・スコット様ありがとう状態になってしまいました。

シガニー・ウィーバーが演じてきた『エイリアン』シリーズの女主人公エレン・リプリーに代わる(時代は前後しますが)新女主人公エリザベス・ショウを演じるのは、なんと『ミレニアム』オリジナルシリーズでリスベットを怪演していたノオミ・ラパス!
シャーロック・ホームズ2』に置いては誰でも良いヒロインでハリウッドデビューとなりましたが、今回は見せる見せる、つか、えげつない目に会ってる姿を見せつけられる。
予てからヒロインを噂されていたような絶世の美女スターじゃなく、親しみを持てるビジュアルの彼女として、脇にシャーリーズ・セロンを持ってきたのは成功、無骨なシガニー・ウィーバーだったから旧シリーズも続いたってもんでしょう。今回もそうでしょう。

相方役のローガン・マーシャル=グリーンも若き日ののジャン=マルク・バールを思い出させる美形男子で、名カップルな設定になっている所が後に訪れるに決まっている悲劇的な展開のスパイスになっていて良い。

アンドロイドを三度登場させ、不気味な存在として描くところや、アンドロイドと言わずにロボットと言うところなんかにも擽られる。

プロメテウス号の内装や外観は、20年以上前の映画『エイリアン』の古臭さを払拭しながらも、ベースは同じで世界観は共有している。
但し、自身が監督していない『エイリアン2』以降の事はそれ程考えていないようで、採掘船だったから何もハイテク機器がなかった『エイリアン』と比べ、ハイテク装備で重武装していたはずの『エイリアン2』よりも進んだ技術がどんどん出てきてしまうところはご愛嬌。

エイリアンの原点に迫りながら、リドリー・スコット流地球生命の起源を描くほうが彼にとっては真のテーマだったりするところ、『エイリアン』シリーズを知らない層にとっては違った楽しみ方の出来る映画になっているので、全ての人にオススメ出来るSF映画です。

ネタバレ
予告編から見せていたいろいろな伏線は全てが安易なものではない。

エイリアンの卵のような物体は、全く違う生物兵器が詰まったカプセルだったというところでまたやられました。
上手いわー、でもこの発見でアンドロイドはまた会社命令を優先して怪しい動きをはじめるわけで、この辺のデジャブ感を煽る演出が最高。
近々二次感染させてくれそうなカップルの男の方に飲ませたり、感情は有りそうでやっぱり無い訳で、2000年代のハリウッド映画とは言え、やっぱりアメリカにとってはアンドロイドは友達じゃないんよね。

起源を見せてくれる為に「あの星」LV−426に向かうのかと思っていたら、実はLV−223と違う星が舞台の本作。
しかし、あの宇宙船も地下に存在していて、あの操縦席も、あの操縦席に座る宇宙人の姿も…と『エイリアン』との共通点がどんどん登場していく。
そしてあの“エイリアン”に似たクリーチャーの誕生。
どう考えてもこのまま『エイリアン』に繋げてしまえそうな展開。

しかしですね、無理なんですよ。違うんですよ。
宇宙人の船の操縦席には最後の段階で宇宙人が居なくなっているから。
やっぱり星が違うようです。

少し前に続編の製作が決まったというニュースがありました。
どういう事なのかはここから想像が付きますね。
続きが楽しみで仕方が無い!

エイリアンは遺伝子操作による生物兵器だったという答えにから考えると、『エイリアン3』で犬から生まれたエイリアンの姿が違ったり、『エイリアン4』ではリプリーとエイリアンの遺伝子が混じってしまったところなんか。
この辺の説明が今回付くようになってしまうので、どうせならばエイリアンの生態面以外だけでなく、ハイテク面でもクオリティーを統一した設定にして欲しかったなぁ。

本編未収録の導入映像




【FOX HERO COLLECTION】エイリアン ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピラニア リターンズ | トップ | トータル・リコール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みあ。)
2012-08-11 00:33:29
そんなに良かったんや〜。
予告編で繰り返し流れるギューインギュイーンって音が生理的に受け付けなくて、見に行くつもりはさらさらなかったのに、興味が湧きましたわー。
>みあ (そーれ)
2012-09-11 13:18:24
どうもです!
いやいやもうそれはそれは想像力掻きたてられて面白かった。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プロメテウス・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“奴ら”は何処からやって来た? 1979年に第一作が公開されたSFホラーの古典、「エイリアン」シリーズと世界観を共有する、ある種の前日譚。 あの映画で、宇宙貨物船ノストロモ号のクルーが発見し、全ての始...
映画:「プロメテウス」 Prometheus 人類の源流探しでもありつつ、 リドリーのエイリアン源流への旅。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
タイトルが出るまでの、オープニングのインパクトがまず凄い。 わずか数分間で、今回のテーマは「人類の源流」探し、だと明示する。 まるで2001年 宇宙の旅 (2001 A Space Odyssey)を思い出させるような映像も登場。 そして直後のエピソードもその明示を強化しつつ、主...
プロメテウス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
むしろラストのシーンはおまけみたいな感じだ。人類の祖先はどこから来たのかという宣伝通りの壮大な物語が展開される。2年間の宇宙の旅の末にたどり着いた星での探検シーンが、大変に深いお話になっていた。人間の欲望よりも、DNAを残そうとする生物的本能の強さが強烈な...
プロメテウス 3D字幕版 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【PROMETHEUS】 2012/08/24公開 アメリカ PG12 124分監督:リドリー・スコット出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、イドリス・エルバ、ガイ・ピアース 人類は どこから 来たのか。人類最大の謎、それは《人類の起源》 2089年、世....
『プロメテウス』 (こねたみっくす)
『エイリアン』シリーズ全4作を見終わっていない方はまだこの懐かしい恐怖に彩られたSF映画を見るべきではない。 これはある意味あのリドリー・スコット監督だから撮ることのでき ...
プロメテウス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) 映像から伝わってくる雰囲気だけは上質だった。
「プロメテウス」 エピソードゼロ (はらやんの映画徒然草)
監督のリドリー・スコットは「エイリアン」シリーズの一遍とは言っていないのですが、
プロメテウス3D    評価★★★★92点 (パピとママ映画のblog)
巨匠リドリー・スコットが人類の起源を描く!「エイリアン」、「ブレードランナー」など映画史に残るSF作品を手掛けた監督にとっても、今回のテーマは破格のスケール。 地球の長い歴史で人間が進化を遂げたのは、偶然ではなく何らからの、外部の働きがあったから、とい...
『プロメテウス』 エイリアンに反する人類の起源 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『プロメテウス』という題は、20世紀フォックスのCEOトム・ロースマンの発案だ。リドリー・スコット監督によれば、当初『プロメテウス』はジョン・ミルトンの『失楽園(Paradise Lost)...
劇場鑑賞「プロメテウス」 (日々“是”精進! ver.F)
エイリアンの起源… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208180002/ PrometheusSoundtrack Masterworks 2012-07-20売り上げランキング : 10932Amazonで詳し...
映画「プロメテウス」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プロメテウス」観に行ってきました。 リドリー・スコット監督が制作を手掛けた、人類の起源をテーマとするSF作品。 今作は3D/2D同時上映で劇場公開されていますが、私が観賞したのは2D版となります。 しかし、今作は本来2012年8月24日から公開の...
プロメテウス (Akira's VOICE)
緊張感に身体が強張る!  
リドリー・スコット監督『プロメテウス』(Prometheus) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、シーンに触れています。リドリー・スコット監督による「エイリアン」前日譚(正確には別の時間軸へと続くと思われますが…)『プロメテウス』。出演は考古学者エリザベスに「ミレニアム」シリーズのノオミ
プロメテウス / Prometheus (うだるありぞな)
多少ネタばれの可能性もあります。 何で、この話題作に限って日本上映が、こんなに遅れてるんだろう。 既に、ネットでネタばれ情報がいっぱい流れているので、日本のエイリアンファンは待ちきれないだろうな。 ハリウッドでもトップクラスの美形なのに、見た目も性...
プロメテウス (悠雅的生活)
人類の起源を求めて。
プロメテウス (Prometheus) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リドリー・スコット 主演 ノオミ・ラパス 2012年 アメリカ/イギリス映画 124分 SF 採点★★ 一時期ブームになりましたねぇ、“神々の指紋”。デニケンの焼き直しに過ぎない中身だったとは言え、「古代文明に超文明の痕跡がぁ!それはきっと宇宙人だぁ!“...
プロメテウス : エイリアン誕生の秘密が明らかに (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、初めて先行上映で映画を観てきました。楽しみにしている作品は早く観たいですからねぇ。では、本日紹介する作品は、楽しみにされている方も多いこちらになります。 【
プロメテウス (3D) / Prometheus (勝手に映画評)
エイリアンシリーズのリドリー・スコット監督の作品。この作品は、必ずしもエイリアンシリーズでは無いとされているようですが、果たして・・・? “人類の起源”を探る試みが、この物語のベースになっています。でもねぇ、その科学プロジェクトが国家のプロジェクトでは...
プロメテウス/PROMETHEUS (いい加減社長の映画日記)
そんなには、期待していなかったけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 「人類はどこから来たのか?」人類が長年にわたって追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。 2089年、地球上の古代遺跡からその答えを導き出す重大なヒントを発見した科学...
これぞ ビジュアリストの本領 (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「プロメテウス」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて見ました いや〜 久々に大画面で映画館で見るべき 圧倒的 迫力、映像美‼ まさにIMAX映えするなぁと 3D効果も感じられて ストーリーとしても謎 ミステリーを維持しつつ グイグイと最後ま...
「プロメテウス」感想(簡易版) (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 「エイリアン」のリドリー・スコット監督、「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」のノオミ・ラパス主演。人類誕生の鍵が眠るとされる惑星へと調査に訪れた宇宙船プロメテウス号と、そのクルー達に襲い掛かる惨劇を描くSFホラー。
プロメテウス (あーうぃ だにぇっと)
プロメテウス@TOHOシネマズ日劇
プロメテウス (いやいやえん)
リドリー・スコット監督自身が、自ら「エイリアン」の前日譚を描くという事で少し興奮気味に借りてきました。 世間では酷評だったようなのですが、あれだけいわれていた「人類誕生の謎」は結局明らかにはされず、人類ならぬ「エイリアンの起源」が明かされるわけです...
プロメテウス (銀幕大帝α)
人類は どこから 来たのか。 人類最大の謎、それは《人類の起源》 −感想− あはは。 なんやねんバチンバチンって。 最先端医療装置のはずやのに縫うんやなくてホッチキス処置って。 市民病院でもそんな事せぇへんぞ。←どうやらそういう施術の仕方もあるそうです。 そ...