映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ヒッチコック

2013年04月07日 22時17分27秒 | 映画 は行
評価:★★★★☆【4,5点】



ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見。

制作費80万ドル、製作期間1ヶ月でしたか~。
興行収入が『北北西に進路を取れ』の2,5倍だとか。
ヒッチコック映画で最も儲かった作品なんですね。



1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、
さっそく次回作へ向け
誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。
やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説
『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。
しかし、優秀な映画編集者にして脚本家でもある妻アルマは
この企画に懐疑的。
案の定、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、
出資を拒否する。それでも諦めないヒッチコックは、
ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。
そんな夫の熱意の前に、アルマもこれまで同様のサポートをしていくが…。
<allcinema>



ひとりのアーティストをこういう形で再現させる映画は
過去にもありましたが、その被写体が映画業界に関わる時点で
もう最初からストライクゾーンでした(笑)

数年前の『その男、ヴァン・ダム!』これも良かった。
本人が自虐ネタを演じてウケまくったのが記憶に新しい(笑)

アルフレッド・ヒッチコックの映画には
妻アルマの存在がかなり大きかったのが分かった。
編集者であり脚本家という才能を持つアルマは彼の出すアイデアに
即答で意見する頭の良さは流石と認めるしかない。
いや、結構、適当なところもあったのではないかな^^;

また、その妻を演じているヘレン・ミレンが理知的で
年齢に相反した若々しい体型を維持できているのがすごい。
『サイコ』のヒットはそんな彼女を伴侶に持った男の嫉妬が
実は功を奏していたのかもしれない(笑)


【今週のツッコミ】
・『サイコ』は「PSYCHO」でPは発音しないんだぜぃ~^^;
 てっきり、アンソニー・パーキンスがカメオ出演して聞いてくるものと。

・アンソニー・パーキンスといえば“硝子細工のような男”のコピーが。
 パーキンス役の俳優さん、そっくりでした(笑)
 本作品製作が10年前だったら『パッション』のジム・カヴィーゼルでもいいな。

・『サイコ』のモデルがエド・ゲインだったとは知らなかった。
 アンソニー・パーキンスがノーマンのキャラが自分とよく似ているからと困惑。
 ってことは、エド・ゲインに似てるってこと?(おいおい)

・実はヒッチコック自身がノーマンによく似ているのではないか。
 女優の楽屋に覗き穴、妻の行動の監視など^^;

・ヒッチコックは映画宣伝部長にもなれそうである。
 『サイコ』の宣伝方法は恐怖を煽る意味でいえば相当な効果がある。
 事実、再公開されたときに「途中入場おことわり」の垂れ幕ありました(爆)
 そうなんですね~。あの頃、今とは違って途中から入ってもいいし
 2本立て、3本立てとかで弁当持参して1日劇場に居たっけな~(笑)

・そういや、「ラストは決して他人には話さないで」とかあったような。。。
 1960年から23年後の続編公開辺りで再公開されたのか忘れました^^;

・ヒッチコック映画の金字塔は『鳥』だとずっと思っていたし
 『サイコ』から3年後に作られた『鳥』を「その後の6本」でまとめるなって。

・よく考えたらヒッチコック映画の鑑賞数が5本程度ということに気付いた。
 『サイコ2』『サイコ3』は違うもんね(苦笑)

・ヒッチコックの黄金期の年表がいまいち分からない^^;
 日本の黒澤監督黄金期なら即答できますけど。

・ヒッチコック映画のヒロインはブロンド美人と限定されている。
 では、マリリン・モンローにはオファーなかったのかな。
 本来の髪色がブルネットだったから?^^;

・『サイコ』のシャワーシーンでジャネット・リーの迫真の演技は
 自らナイフを手にしたヒッチコックの嫉妬と怒りの賜物であった。
 ウィットと映倫検閲官、配給会社社長に感謝ですかね^^;

・ジャネット・リーの愛娘がジェイミー・リー・カーティスなのね。

・『サイコ』でヒロインの妹を演じたヴェラ・マイルズは
 ヒッチコック的には第二のグレイス・ケリーにするはずだったが
 本人との考えの違いからそうはならなかった。
 ワタシ的にもジャネット・リーよりもヴェラ・マイルズの方が好み。
 っていうか、これはImdbの画像で判断(笑)
 それから、これってジェシカ・ビールでよかったのだろうか^^;

・ジャネット・リーよりも演じたスカーレット・ヨハンソンの方が好み。
 ってことは、スカ>ヴェラ>ジャネット>ジェシカ>ヘレン(←ヘレン関係ないです)

・『サイコ』の製作に遅れが出てきたところで、配給会社社長が
 ジェリー・ルイスを応援に持ってきたんですが
 彼に何をさせるつもりだったんだろう。

・脚本の時点で関係各所に酷評されていた『サイコ』。
 ラストの劇場ロビーでバーナード・ハーマンのスコアに合わせ
 ひとり小躍りするヒッチコックにウルっとなってしまった。
----------------------------------------------------------
監督:サーシャ・ガヴァシ
脚本:ジョン・J・マクロクリン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:ダニー・エルフマン


出演:アンソニー・ホプキンス/ヘレン・ミレン/スカーレット・ヨハンソン/
    トニ・コレット/ダニー・ヒューストン/ジェシカ・ビール/
    ジェームズ・ダーシー


『ヒッチコック』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラノーマン ブライス・ホ... | トップ | リンカーン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2013-04-10 10:54:46
ヒッチコックは未見、奥様がどういう方かも知らない私ですが、
鑑賞中、アルマの書いた本(脚本)やそれを元にした作品があるなら見てみたい!の好奇心がむくむく、でした。
作品作りの過程や夫婦の関係、世に送り出した作品の行く末までがわかりやすいのと、
隠しておきたい(笑い)ヒッチコックの秘密を覗き見できたり♪で、とても楽しめました。

凝視できないであろうと避けてきた作品達に挑戦する勇気もちょっぴり湧きつつ…な今日この頃です。

さて、itukaさんの面白くて為になる「・」達にも反応~。

私も思いました。
ヒッチコックの秘めたる心の暗部の犯罪者との共通点を「サイコ」は組み込んであるのかな~?と。
(注:「サイコ」見てないので、あくまでも想像です)

あのお年であのグラマラスさと女っぽさはお見事かと…。
なので、ヘレンさんは、別分類で並べてあげてくださいませ(笑)。

配給会社の偉者さん、ヒッチコックが途中経過を見せてくれないので偵察と、あわよくば自分の思い描く内容に「サイコ」を書き換えちゃおうとしたのでは。。。?。
それを、一蹴したアルマさん、超かっこよかったです~。
面白かった (笛吹働爺)
2013-04-10 21:52:29
★3のところスカちゃんが出てたから4。
実のところテレビヒッチコック劇場は見た記憶があるが映画はほとんど見てない。スリラーは苦手です。

「さよならドビュッシー」結局4回も見てしまった。さすがに飽きましたね。
橋本愛が出るというので4月からのNHK朝ドラを録画チェックしてたら、主人公のアキ(能年玲奈)にすっかりヤラれました。’jjj’
みぃみさんへ (ituka)
2013-04-10 23:47:02
こんばんは。
なんと!ヒッチコック映画はご覧になっていなかったのですね。
ということは、当然、覗き穴を活用しているヒッチコックが『サイコ』の主人公男(ノーマン)とリンクしてるのも、、、^^
ヒッチの奥様はこの映画を見るまでは存じ上げませんでした(笑)
まさか、こんなに映画に関わっていたなんてビックリですよ(笑)
しかも、よきパートナーとして、ほとんど二人三脚でしたもんね。
実際の奥様はかなり小柄の方のようです。
身長140センチくらい?

そういえば、本作品のなかで『サイコ』の裏側見せまくって、ワタシの記事でもネタバレもしてるし
これから『サイコ』をご覧になる方へ申し訳なかったな~と思っています^^;

そうそう、ヒッチコックは『サイコ』の主人公に自分を投影させているのかも(笑)

>それを、一蹴したアルマさん、超かっこよかったです~。

彼女が一喝するシーン迫力ありましたよね!
このシーンでさらに評価が上がってしまったというのも事実でした^^
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-04-11 00:00:56
こんばんは。
この映画、スカちゃんが出てくるだけですごく華やいだ印象になりましたよね(笑)
さすが、ハリウッドトップ女優って感じです。
同じころに映画デビューしてたソーラ・バーチはどうなってしまったんだろう(苦笑)

ヒッチコック劇場は見たり見なかったりしてました。
今となってはほとんど記憶にありませんが、ヒッチコックが横に歩くアイコンだけは覚えています(爆)

ななな、『さよならドビュッシー』4回でしたか(笑)
飽きちゃったのですね。
能年玲奈さん、画像検索しました。かわいいですね。
ワタシの今のお気に入りは「ちふれ化粧水」キスしたくなる肌編のショートヘヤーの子です(笑)
ちふれ化粧水のモデル (笛吹働爺)
2013-04-11 01:12:21
ググってみました。

川瀬未和子さん
1982年7月28日生 (30歳)
A型
愛知県出身
台湾在住2年

台湾でもCMやTVに出てるようです。僕にはover-ageなのでした。

笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-04-11 22:04:51
こんばんは。
まさにその子なんですよ(笑)
ただ、他のCM動画ではそこまでなくて、「ちふれ」のモノクロCM限定ですかね。

台湾に2年でしたか~。どうりで流暢だと思いました(笑)
30歳はワタシにとってはunder-ageギリ(爆)
そうですよ! (オリーブリー)
2013-04-12 19:55:13
先月のミリオンデーに、どこ行ってたんですかっ(爆)
後半からミニシアターが充実していたのにぃ~「偽りなき者」だけでも見てきてくださいな。

>パーキンス役の俳優さん、そっくりでした(笑)

「クラウドアトラス」にも出てました。
ゲイとかマザコンとか似合いそうな男優さんです(笑)

私もヒッチコックと言えば、真っ先に「鳥」ですが、彼の内面性とか現れているのは、「サイコ」や「めまい」「裏窓」あたりなのかも知れませんね。
俳優さんたちがみんなハマっていて、夫婦関係も映画の裏側も参考になりましたよ(笑)
私もここぞの場面でガツン!!と言い切れる妻になりたい(笑)

さて、今週はまた見たいものがないので、「リンカーン」までお預けでしょうか?^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-04-12 23:43:29
こんばんは。
先月のミリオンデーは車を見てました。
そろそろ買い換えたいな~なんてこと思ってる今日この頃(笑)
次回のミリオンデーは8月までお預けですよ^^;
「偽りなき者」ってなんか良さそうですね。
女子に嵌められるところは、どことなくクルーシブルをイメージしてますけど全然ちがうぜぃ!だったりして(笑)

>「クラウドアトラス」にも出てました。

そうらしいですね。その映画、オリーブリーさんの評価を参考にスルーを決定したんですよ(爆)
ダメダメ特殊メイクで映画に集中できないって、すごく分かるからです(笑)

>私もここぞの場面でガツン!!と言い切れる妻になりたい(笑)

今でも十分言い切れそうな印象ですよ^^
チケット売り場が混んでても増員しないワーナーマイカルにモノ申すみたいな(←そういうことじゃなくて)分かっておりますとも^^

今週末、イマイチないですよね。ジャッキー映画じゃ食指も動かないわ(笑)
Unknown (あみ)
2013-04-14 00:01:14
『サイコ』がこんな紆余曲折を経て作られた作品だったとは知りませんでした。
子供の頃、TVの洋画劇場で観たシャワーシーンの衝撃は忘れられませんが、私にとってこの時のバーナード・ハーマンと『ジョーズ』のジョン・ウィリアムズほど恐怖心を煽る音楽はありません。
Unknown (mariyon)
2013-04-14 16:37:10
サイコが作られたのが言ってみればもう晩年。
監督として大成功したあとなのに、
私財をなげうってまでの入れ込み。
しかも、おっそろしく評判の悪い題材。
ハリウッド映画のサクセスムービーの1本だったんですね。
それはとても意外でした。
天才の陰に隠れて支え続けた内助の功。
アカデミーのコメントにぐっときました。
あみさんへ (ituka)
2013-04-14 20:35:35
こんばんは。
サスペンス映画で名声を得た監督にとってホラー映画は新たな挑戦だったのでしょうね。
しかも、エド・ゲインの猟奇性に心掴まれたなんてまさに変人太郎ですよ(爆)
あみさんは洋画劇場でご覧になったのね^^

恐怖を煽る傑作テーマ曲といえば、いわれるようにやっぱり『ジョーズ』ですよね!(笑)
『サイコ』のシャワーシーン、海で泳ぐ美女を狙うカメラアングルで使われた効果音楽、まさに恐怖映画にぴったりでした。
ワタシにとってのホラー音楽は他に『エクソシスト』もお気に入りでした(笑)
mariyonさんへ (ituka)
2013-04-14 20:50:39
こんばんは。
そうそう、晩年といわれる時期に新たな挑戦をする勇気は凄いのひとこと。
しかも、周りから見れば無謀といわれるような企画にチャレンジでしたもんね。
こういうところは、ワタシも見習いたいです(笑)
でも、今ならクリント監督もいずれ同じような伝記映画作られるかもしれませんね。

妻の存在がこれほど大きかったとは知りませんでした。
脚本家であり編集者の肩書は伊達ではなかったですね^^

オスカーの監督賞にノミネートはされたんですね。
最後に、アカデミー特別功労賞でしたか~。ホラー、サスペンスはオスカーに遠いのかもしれませんね。
妻への感謝の意、洒落てました^^
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2013-04-16 01:01:17
物語に深みみたいなものはなかったのですが、「サイコ」の製作秘話、ヒッチコックトリビア(笑)、夫婦の愛の物語と中々面白かったです♪

>ジャネット・リーの愛娘がジェイミー・リー・カーティスなのね。

私もこの映画のパンフ見て初めて知りました!

>ワタシ的にもジャネット・リーよりもヴェラ・マイルズの方が好み。

画像のみの判断ですが、私も~。同感!
やはり、itukaさんと好み合うわ~(笑)
ただ、スカちゃんは、綺麗だとは思うけど、あまり好きじゃないかも(^_^;)

サスペンス好きなのに、サイコと鳥しか観てません(^_^;)それだけに、ラストのカラスは、嬉しかったです♪(鑑賞してるのがたった2本なのに、その2本観てるだけで、結構おいしかったので・笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2013-04-16 21:44:10
こんばんは。
昨夜、BS放送で『裏窓』やってましたね(笑)
残り15分のところであわててチャンネル合わせました(爆)
内容はよくわからない(当然ですね)ですが、グレイス・ケリーをしっかり見られたので、良しとします。

彼女って、フランス女優のカトリーヌ・ドヌーブ系と感じました。

ジャネット・リーよりヴェラですよね~(笑)
ジャネットさんってもしかしたら中国系なんでしょうか(おいおい)^^

『サイコ』と『鳥』さえ観てればヒッチコック十分は語れますとも。
今、ワタシは『北北西に進路を取れ』をBS放送待ちしております(笑)

録画機の『知り過ぎ男』や『めまい』を何とか早く観なくては。。。(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヒッチコック~本人がサイコぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
ヒッチコック/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
サスペンスの帝王と呼ばれた巨匠アルフレッド・ヒッチコックとヒッチコックを支え続けた妻で優れた映画編集者・脚本家でもあったアルマ・レヴィルの姿を描くヒューマン・ドラマで ...
『ヒッチコック』 2013年3月14日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヒッチコック』 を試写会で鑑賞しました。 今日は『サイコ』と2本立て! 【ストーリー】  1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称される『サ...
映画レビュー「ヒッチコック」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
ヒッチコック~本人がサイコぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
ヒッチコック/Hitchcock (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...
劇場鑑賞「ヒッチコック」 (日々“是”精進! ver.F)
「サイコ」制作秘話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304050002/ HitchcockSoundtrack Masterworks 2012-12-04売り上げランキング : 1314Amazonで詳し...
ヒッチコック (あーうぃ だにぇっと)
ヒッチコック@有楽町朝日ホール。
ヒッチコック / Hitchcock (勝手に映画評)
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...
ヒッチコック (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化...
「ヒッチコック」☆愛あればこそ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。
[映画『ヒッチコック』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど...
映画「ヒッチコック」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ』が大ヒットし...
ヒッチコック/HITCHCOCK (いい加減社長の映画日記)
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。 妻のアルマは、その陰惨なテー...
映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知りすぎていた男The Man Who Knew Too Much      間違えられた男 The Wrong M...
「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」 (映画の話でコーヒーブレイク)
帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠」としてそっとして置いちゃダメなの? 亡くなって30数年、今さらダークサイドを暴く必....
映画:「ヒッチコック」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年4月6日(土)。 映画:「ヒッチコック」。 監   督: サーシャ・ガヴァシ 脚   本: ジョン・J・マクロクリン 原   作: スティーヴン・レベロ キ ャ ス ト: アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス) アルマ・レビル(ヘレン・...
ヒッチコック (風に吹かれて)
夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回
ヒッチコック (心のままに映画の風景)
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説...
ヒッチコック ★★★ (パピとママ映画のblog)
「レベッカ」「白い恐怖」などサスペンス映画の神と言われる監督アルフレッド・ヒッチコック。 代表作のひとつ「サイコ」製作に挑むヒッチコックと、彼を支えた妻のアルマ・レヴィルの姿を描いた人間ドラマ。監督は「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・...
『ヒッチコック』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TO...
ヒッチコック ★★★★☆ (センタのダイアリー)
アンソニー・ホプキンスのヒッチコックは特殊メイクというよりもほとんどカブリ物だけど、本人に全然似てないよね。 ここまでの分厚いメイクだと微妙な表情はわかりづらいし、アンソニー・ホプキンスでなく...
ヒッチコック (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hitchcock監督:サーシャ・ガバシ出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ユーストンヒッチコックはブロンドがお好き。
★ヒッチコック(2012)★ (Cinema Collection 2)
HITCHCOCK 神と呼ばれた男、神を創った女。 上映時間 99分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/04/05 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔 「サイコ」の波乱に富ん...
ヒッチコック (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。  そこに、ヒッチコック(アン...
サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ~『ヒッチコック』 (真紅のthinkingdays)
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...
アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン『ヒッチコック』メイキング・オブ・サイコ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ヒッチコックを公私ともに支える妻アルマとの関係と最大ヒット作である映画『サイコ』が完成に至るまでのエピソードを交えて描く『ヒッチコック』。原作はスティーヴン・レベロ著『ヒッチコック&メイキング・オブ・
あらためて ヒッチコックを!  (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程....
ヒッチコック (こんな映画見ました~)
『ヒッチコック』---HITCHCOCK---2012年(アメリカ )監督:サーシャ・ガヴァシ出演:アンソニー・ホプキンス 、ヘレン・ミレン 、スカーレット・ヨハンソン 、トニ・コレット 、ジェシカ・ビール 、ジェームズ・ダーシー 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督....