パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

舟を編む ★★★★

2013年04月13日 | は行の映画
2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。

言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と人に対する愛情や挑戦を描いた感動作を、「剥き出しにっぽん」で第29回ぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞、「川の底からこんにちは」が第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に招待されるなど国内外から評価される石井裕也監督が映画化。言葉に対する抜群のセンスを持ちながら好きな人へ思いを告げる言葉が見つからない若き編集者を「まほろ駅前多田便利軒」の松田龍平が、若き編集者が一目惚れする女性を「ツレがうつになりまして。」の宮崎あおいが演じる。(作品資料より)

<感想>一冊の辞書を完成させるのに、どれだけの時間を要するのか?・・・直木賞作家三浦しをんの本作に登場する中型辞書、今を生きる辞書を目指している『大渡海(だいとかい)』は見出し語が24万語という大規模なもの。それは企画から出版までに何と15年の歳月が流れる。
出版社の中で“変人”として持て余される存在だった主人公の馬締光也が、言葉を独自の視点でとらえるその才能が買われて辞書編集部に起用され、言葉集め、語釈執筆、組版、校正に次ぐ校正、・・・と気が遠くなるような作業を地道に進めていく姿が描かれる。口下手な主人公が編集作業の傍ら、下宿先の大家の孫・香具矢に惚れて、「恋」という言葉の語釈に悶々としながら取り組む様子が笑いを誘う。「川の底からこんにちは」で注目を集めた新鋭・石井裕也監督が、派手さのない物語の中に仕事に打ち込む人々の熱い想いを織り込み、手堅いドラマにまとめ上げている。
辞書編集部の面々には、編集主任の荒木に小林薫、地味な作業を苦手とするチャラ男・西岡にはオダギリジョーが、パートのおばさんに伊佐山ひろ子、監修の松本には加藤剛という大御所が演じて盛り上げる。それに、女性誌から異動してきた黒木華演じるみどりに、荒木が原稿の間違いを指摘するシーン。後もう少しというところだったのに、また初めの「あ」行から校正のやり直しチェックなのだ。

辞書作りの大半は、机に向かう座業。それを動く絵にするのは難しかったと思う。面白さの一つは、辞書作りの過程を丁寧に見せてゆくプロジェクトX的な展開だろう。「右」という言葉の語釈をスタッフが検討してゆくところなど、なるほどここまで考えるのかと驚く。普通の人間が考えるのは「多くの日本人が箸を持つほう」だと思うのだが、編集部監修の先生(加藤剛)が言うには「10という数字の0の方」と語釈して見せる。なるほどと思えるのだが、それでは「10」の語釈はどうなるのかと心配になる。
中でも新米の馬締が恋をして、その「恋」をどう説明するか議論している。しかし、「10」や「恋」を辞書で引いてみる人間がどれだけいるかは疑問だが、現代の辞書はあらゆる言葉を載せようとする。この作品でも、編集方針は流行語まで拾おうとするから大変な作業になり、完成まで15年かかっている。だから、旧社屋の倉庫だと思われる狭い部屋で、黙々とたくさんの資料を前に新しい辞書を作るのに精を出しているうちに、熟練編集者は退職し、新米編集者はベテランになっていくのだ。
それと辞書編集部ならではの、「国語辞典」「英和・和英辞典」はもちろん「草原昆虫百科事典」とか「源氏物語事典」「ファッション事典」に「調味料事典」などあらゆる辞書・辞典が書棚にあるのが面白い。物語が進むにつれ、編集部のセットもパソコンの導入などで様変わりはするのだが、これら紙の山はいつの時代も変わらないのだろう。ラスト近くになると、撮影はそのセット内に5名の編集者と、エキストラを含めた校正作業のアルバイト役10名ほどが入り、すし詰め状態で本当にごった返しで大変なのだ。
お堅い難しい映画だと思ってしまうが、松田龍平演じる主人公の風変わりぶりが結構笑える。本の虫で、下宿家の1階は本棚に本がびっしりと並べられ、まるで古本屋さん。人と付き合うのは得意でない。大家の孫娘に恋をして、ラブレターを古文書のような巻紙に毛筆で、それも達筆なので読めない。だから「こんなの読めない」と返されてしまう。実際に、松田龍平もこの映画の中では物静かで、あまり自己主張を感じさせない風体で演じている。
中でも監修の松本を演じた加藤剛さん、若い人たちの俗語や略語、“マジ、ダサイ”とかもっとたくさんあるが出てこない。その若者ことばも羅列した今を生きる辞書を目指し、若者の合コンにも参加したり、居酒屋へ行き隣や後ろの座席で若者が話ている言葉を熱心にメモする姿勢に感服する馬締くん。

主人公の名前も馬締光也と、まさに名は体を表す名前の付け方は、現代の小説では珍しい。それと宮崎あおい演じる妻の名前も林薫具矢という、かぐや姫に例えたのかと思った。仕事は板前でいつも煮物の味見をさせられるが、ただ美味しいとしか言わない。
しかし、この映画を見ていると、馬締は浮世離れした変人どころか、自分の欲望に対して極めてストレートであり、その裏付けとなる信念を武器に周囲の人を巻き込んで、夢を形にしていく。かなりタフな精神力としたたかさを持った男なのである。
せっかく辞書作りが軌道にのってきたのに、上層部の判断で「大渡海」が発行中止の危機に。それを西岡が異動ということで、やっと来年の3月に発売が決定と、馬締がみんなに報告をするが、12月の31日、お正月も返上して徹夜作業で校正を仕上げる大変さ。みんなで力を合わせて成し遂げるというチームワークの力。言葉というものに取り付かれ、それに人生をかけて取り組んだ人々の苦悩やドラマが描かれている。最近はケータイやPCで調べてしまい辞書離れしているようだが、この映画を見て改めて辞書の有難さを痛感した。
2013年劇場鑑賞作品・・・73   映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺体〜明日への十日間〜★★★★ | トップ | ライジング・ドラゴン ★★★★ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆーきねこ)
2013-05-12 20:54:15
とてもおもしろい映画でしたね!
「辞書作りっておもしろい!辞書ってすごい!」と思いました。
そして、松田龍平と宮崎あおいのカップルがとてもかわいらしくて素敵でした♪

トラックバックさせていただきます!

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 舟を編む (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。   中盤から後半は、辞書製作の苦労を現...
舟を編む (Akira's VOICE)
大渡海めっちゃ欲しい。  
舟を編む (悠雅的生活)
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
舟を編む (勝手に映画評)
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...
舟を編む (いい加減社長の映画日記)
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま....
『舟を編む』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に膨...
映画 舟を編む (充実した毎日を送るための独り言)
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也...
『舟を編む』 (ラムの大通り)
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
舟を編む (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイな好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが、三省堂の大辞...
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
大渡海〜『舟を編む』 (真紅のthinkingdays)
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
映画「舟を編む」 (FREE TIME)
映画「舟を編む」を鑑賞しました。
『舟を編む』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
舟を編む (にきログ)
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
舟を編む (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という辞書を15年間かけて製作している。事業としては全く割の合わない出版物であるが、辞書の製作こそ、採算...
舟を編む/松田龍平、宮崎あおい (カノンな日々)
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
舟を編む (映画的・絵画的・音楽的)
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集....
映画「舟を編む」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ (オールマイティにコメンテート)
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
辞書を作ろう! (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...
映画・舟を編む (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 ほぼ三浦しをんさんの原作通りでした 主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり 一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ 真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じられるか、と思うくらい嵌まっていました ...
舟を編む〜「一生をささげたい」ものが見つかる幸せ (movie memo)
試写会で鑑賞してきました。 誰もが一度は手にしたことがあるけど興味があるなんて人はほとんどいない。 そんな「辞書」作りを描いた作品です。 「横道世之介」同様、試写会でなければスルーしていた...
ショートレビュー「舟を編む・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
言葉の大海の、静かなる冒険者たち。 普段何気なく使っている辞書を作るのに、これほどの時間がかかっていたとは! 本作に描かれるのは、全く新しい辞書「大渡海」の編纂に挑む人々の、15年間に渡る創造の...
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...