Lab通信

「勝手にドッグラン」のブログです。

過ぎゆく日々

2021年04月05日 14時12分49秒 | 思い出
ウォルトに異変を感じたのは3月29日でした。
この日、茨城の実家の墓参りにリョウを連れて行きました。孫のリョウはこの春高校に進学します。
去年亡くなった伯父にその報告を兼ねた墓参りです。
ついでに筑波山に寄ってから帰ることにしました。
有料駐車場に車を止め、百数十メーター先の筑波山神社まで歩きます。しかし車から降りたウォルトは
ガンとして歩かない。
すぐ車に戻ろうとします。

せっかく来たのだから・・・と
ハーネスを装着して無理やり歩かせましたが、下りの階段の途中で一歩も動かなくなりました。
「これはムリだ!」いつもとは違う・・・
しかたなくここでウォルトを待たせることにして、リョウと二人で神社に参拝をすませました。

翌30日の朝です。「ウォルトがフードを食べない!!!」とウォル母の声で飛び起きました。
どうも一口食べてへたり込んでしまったようです。
荒い呼吸が静まってから、小皿にフードを小分けしてスプーンで食べさせました。
食欲はあるようです。いつもの量を完食しました。
この日はカートで海浜公園まで散歩しました。
天気もよいので池の周りの芝生に降ろしましたが横になるだけで一歩も歩きません。
夕方の散歩は近くの公園にいきました。もちろんカートで・・・
芝生で伏せ状態でしたが、いつものおやつおばさんを見つけたら自分から歩いて行ったのです。
「なんだ、結構歩けるじゃん!」
でも、歩いたのはこれが最後になりました・・・

31日、やはり朝食は立って食べられません。支えていてもです。
寝たままでたべました。
ちょっと動かすと呼吸が荒くなります。
トイレは二人で抱えて庭でします。途中で失禁もしばしばです。なぜか便が黒い・・・
もう、立ち上がることも歩くこともできません。
この日はピアノレッスンの日、マリンままが来てくれましたがシッポを振ることもなく、無視状態でした。
「ウォルト!頑張ってね!」と、頭を撫でてくれました。
夜は、ウォル母と寝ました・・・

31日、わが家のデッキにて


4月1日、近くの公園にカートで散歩しました。状態は前日と同じ。
5日の佐久間ダム遠足、不参加の通知をラインでしました

1日、朝の散歩。近くの公園にて


2日、朝いつものカリカリフード食べず。大好きなヨーグルトも食べず。焼き芋を少し食べました。
庭に出る前に失禁。駿太見舞いに来ました
いま、過ぎゆく最後の日々を大切にウォルトと共にいます

2日、わが家のデッキにて昼寝


3日、土曜日です。天気もいいのでカートで海浜公園に行きました。もう仲間のワンコと会うのも最後に
なるかも知れません。
たくさんの仲間と会えました。おやつをもらったり写真を撮ったり楽しい時間をすごしました。
めずらしくいただいたおやつもたくさん食べました。
家に戻っても近所のワンコ仲間が来てくれて、庭の芝生でおやつをもらいました。
家のフードは食べなかったのにビックリ!
少し元気になったのかな?もう少し過ぎゆく日々をウォルトと共に過ごしたい・・・

3日、想い出の海浜公園にて


4日早朝、といっても夜中の0時過ぎ、ウォルトの動く気配で目を覚ましました。必死に立ち上がろうとしています。
急いで手を貸しました。枕もとに置いてある水を飲みに二三歩あるきました。そしてバタっと倒れました。
突然呼吸が荒くなり舌がだらーんと垂れ下がりました。

ウォル母と二人でウォルトの頭を抱え「ウォルト!ウォルト!大丈夫だよ!大丈夫だよ!」と叫んでいました。
その左手はウォルトの胸に当てていました。大きな鼓動がだんだん小さくなり、
そして、気がついたらいつのまにか止まっていました。

わずか5分間の出来事でした・・・

4日、朝・・・


2021年4月4日 0時30分死去。享年13歳・・・




コメント (10)

春爛漫 花見川堤を走る

2021年03月28日 16時35分55秒 | ビデオ
春爛漫 花見川堤を走る


映像時間 4分35秒
撮影場所 花見川サイクリングロード
カメラ  Nikon D7100
日時   2021.3.24
コメント

春爛漫

2021年03月25日 10時49分17秒 | サイクリング
24日、春爛漫の花見川サイクリングロードを走った。
今年の開花は異常に早く、東京ではほぼ満開にちかいという・・・
この日は朝から晴天で、かつ終日好天がつづくらしい。明日からは下り坂の予報でもあり、
写真を撮るなら今日しかない!

偶然にも去年も同じ24日に花見川を走った。
天気はよかったがサクラは5~6分咲で強風の一日だった。

ところが今年も去年とまったく同じ天気はいいものの強風でサクラも5~6分咲き
まるで去年の再現である!

花見川千本桜緑地のサクラは5~6分咲き

家族連れや年配の夫婦でにぎわっていた

汐留橋を渡って対岸のサクラのトンネルへ

ここも満開にはまだまだ・・・

川の対面は田園風景が広がっている


そして、その先の神場公園へ・・・


ここのサクラはほぼ満開


晴天に映える

神場公園からさつきが丘団地に寄りコンビニで食材を購入

もっと先の花島公園へ・・・


ここも家族連れでにぎわっていた。テーブルのあるあずま屋は先客でいっぱい。


しかたない!テーブルのないふつうのベンチで食べることに・・・


食後は花島橋を渡って対岸の花島公園へ


花見客でいっぱいだった


純白のサクラとユキヤナギをバックに・・・


春を告げるの花々






















やっぱり春はいちばん・・・

コメント (4)

今年のダイヤモンド富士

2021年03月01日 13時34分03秒 | 公園風土記
2021年の稲毛の浜から見るダイヤモンド富士。
毎年楽しみにしてきたが残念ながら今年は天候に恵まれなかった。

ことしのテッペンは2月23日と伝え聞いていた。
写真的にはテッペンかコロコロがいい・・・
で、23日に混雑は承知の上で行ってみた。

場所はヨットハーバー寄りの堤防の上、ここは平らなので三脚を立てやすい。
着いてみたら意外や意外、混んでいない・・・
去年は三脚を立てられないほどいっぱいだったのに。

そうか?雲は多いしモヤっているからか?

2月23日17時22分。やっと富士山のシルエットが現れるがすでにコロコロ状態。

暑い雲におおわれて最悪の状態。
とりあえずインターバル撮影はしたが、

24日も日中は天気がよかった。しかし肝心の水平線は帯状の黒い雲におおわれていた。17時15分写

一応、インターバル撮影はしたがタイムラプス編集はしても意味はない

27日、17時16分

この日は雲はまったくない快晴の一日。期待して行ってみた。
雲はないけどややモヤっている。富士山も離れてしまったけどフレームには入る
インターバル撮影をした。

タイムラプス 2021.2.27 稲毛海岸より

コメント (4)

思い立ったが吉日

2021年02月12日 11時03分10秒 | ウォルトとお出かけ
「思い立ったが吉日!」のはずが、そうでもなかった・・・

朝の天気予報では終日晴天の予報。こんな日に家にいるのはもったいない!
本日の予定などまったくないし、ウォルトの下痢も治った・・・
「思い立ったが吉日だ!」、大山千枚田に行こう!!!

この大山千枚田へは数年前にワンコ遠足で行った。駐車場に車を置いてみんなで二ツ山にのぼった。
山頂での昼ごはんをなつかしく思い出す。
また、プライベートでも行ったことがある。

東京から一番近い棚田の里と知られ、375枚を数える棚田は階段状に並び、
日本の原風景ともいえる素晴らしい田園風景が広がる。
気温もそんなに低くないらしい・・・吉日になること請け合いと期待して出かけた。

のだが・・・
朝のうちは快晴だった。でも次第に雲が広がり風も出てくる。
お湯を沸かすバーナーの風よけをレジャーシートで囲う人海戦術で・・・
お昼を食べたら、即車内に避難し昼寝や読書で時間を過ごす。
いやいや、吉日ならぬ小吉ぐらいだったかな?

所在地は鴨川市だけど思ったより近い。鋸南保田で館山道を降りて長狭街道を鴨川方面に向かう
途中、佐久間ダムへの分岐をやり過ごし10分も走れば金束集落に入る。
標識にしたがい右折、山道を途中大山不動尊をすぎ5~6分も走ると急に開け棚田の大山千枚田に出た。
家を9時に出て、到着は10時30分になっていた。

この時期はなにもないし、人影もない

後方に見える建物は「棚田倶楽部」。大山千枚田を管理している事務所と売店がある

その棚田倶楽部のデッキからのぞむ千枚田


ウォルトも歩いて・・・

千葉県の最高峰、愛宕山を見ている?

今は水仙だけが見ごろかな?棚田倶楽部の前の斜面にて・・・

南房総はどこに行っても水仙が見られる。地元の有志が植えてるらしいい

相も変わらずのカップ麺。今回は餅も入れた

余談だが「赤いきつね」より自分的には「きつねどん兵衛」が好みだ!
麺の舌ざわりがいい・・・おつゆとお揚げは甲乙つけがたいが

駐車場の端っこにレジャーシートを敷いて昼食


帰りに道の駅「保田小学校」に寄った

廃校になった校舎をそのまま使っている

とは言え、各所にリニューアルはしてある。その増築部分(屋根付きデッキ)


教室側と屋根付きのデッキ

時計は当時のもの・・・止まっている

宿泊もできるし、スーパー銭湯もある


午後は厚い雲に・・・


保田小学校でゆっくりし過ぎた。帰宅は午後5時を回っていた・・・
2月10日のことである・・・
コメント (4)