Lab通信

「勝手にドッグラン」のブログです。

つゆ、昭和の森

2020年06月26日 10時20分58秒 | ウォーキング
この時季の天気予報はコロコロ変わる。

いま流行りのZoom会議で「コロナ明けのハイキングをいつにしょうか?」と、いつもの熟年仲間で話し合った。
とりあえず24日の水曜日と暫定的に決めたが、不安定なこの時季だ!
「前日までの天気予報をみて最終的に決定しよう!!!」と・・・

仲間のすべてがすでに悠々自適の生活者。前日の変更でも問題なく対応できる。

ところが、その天気予報が当てにならない。昼と夕方ではもう変わっている。また、テレビやネットでも
提供先によってもこれまた違う・・・

「もう天気予報は当てにせず、当日の朝降ってなければ決行しよう!」と、前日23日の夕刻に決まった。

10時、土気駅に集合。外に出たら小雨がちらついていた。
土気に住む友人の車に乗り込み、いざ出発!・・・したのだけれど
途中のお洒落なパン屋でもう休憩???。
いや、コーヒーをのんで雨が止むのを待つことにしたのだ!。

40分ほどゆっくりしかな?外に出たら雨は止んでいた・・・

小中池にて・・・(復路での)


土気駅、10時集合

今回は4人参加、土気に住む友人のほか3人は外房線で・・・

雨にけぶる土気駅前


駅前のロータリー。なかなかお洒落な街並みだ!


第二駐車場に車を止め、まず小中池の展望台へ・・・

大網駅や圏央道が望めたが、海は霞んでみることができなかった

次は下タ田池へ

チョンガーになってしまった白鳥が近づいて威嚇してた

そして、湿性植物園のあづまやへ


草がボウボウ

いつもはボランティアの方たちが草取りなど管理しているとのことだが、今年はコロナ禍で荒れ放題

花菖蒲はちょっと遅い


下タ田池のスイレン?


このあづまやで昼食


きつねどん兵衛と味噌汁。実はお揚げの下に餅が入っている。


食後のコーヒーはいつも通り・・・


もと来たコースを戻る


いい感じの竹林


病み上がりの友人一人がサイクリング車を借りたのだ!


小中池に下る階段。土砂崩れで柵の右側は切れ落ちている


懐かしの小中池。去年の10月、ワンコ遠足で眺めた景色だ!


その時と同じ場所で・・・

帰路、実は一人だけ別行動で小中池まで下りた。仲間には先に行ってもらう。
だれ一人「小中池まで下りたい!」と言う仲間はいなかった・・・

アジサイだけが満開だった!



コメント (4)

サボテンの花 タイムラプス

2020年06月03日 10時06分52秒 | ビデオ
数年前よりわが家にあったサボテンに花が咲きました。
5月17日に一輪咲き(ブログにて既報)、そして5月28日に、こんどは二輪も・・・。

聞くところによると、サボテンの花は夜咲くようです。
17日の一輪は朝起きてから咲いているのを発見。
残念ながら咲く過程を記録することができませんでした。

二度目こそは失敗してならじと、注意深く観察していたところ28日の夕方6時半ごろだったか?
つぼみの先がすこし開いているのを発見しました。

急いで撮影の準備・・・

そして咲きました・・・


ところが、インターバル撮影中にトラブル発生。いいところで自動シャッターが切れなくなったのです・・・
なぜか?わかりません。
オートフォーカスの場合、ピントが合わなかったり暗すぎたりして撮影条件が悪いと
シャッターが切れないことがありますよね?たぶんそれだとおもいますが・・・

でも、三脚を使っての自動撮影だし、照明も家の中で光源・光量とも同じです。なぜだろう???
推測できることは、つぼみが微妙にふくらんで焦点距離が近くなったためかな?
クローズアップ撮影とはいえ、被写体に極限まで近づいていたので・・・
しかし、正確には分かりません。

設定は一分間隔での自動撮影でしたが、トラブル発生後は手動で撮影しました。
映像中、急に花が開いた箇所があるでしょう?実は3分ほど間隔が空いてしまったのです。
そこから手動でシャッターを切りました。

インターバル撮影
日時 5月28日 18:55~20:35
撮影間隔×枚数 60秒×100枚
カメラ Nikon D7100
レンズ AF-S DX NIKKOR18-105mm f3.5-5.6
撮影モード シーン選択 クローズアップ
編集ソフト COREL VideoStudio Pro2018
映像時間 1分07秒

最後に、翌朝の6時に撮影した写真も入ってます・・・

コメント (2)

静かな泉自然公園

2020年05月26日 15時15分01秒 | ウォルトとお出かけ
5月25日、首都圏の一都三県と北海道の緊急事態宣言解除が夕方にでも発表されるという・・・
だから、ということでもないが・・・その25日、今年になって初めてとなる泉自然公園に行ってきた。

新型コロナの影響で閉鎖されていた駐車場も、5月18日より再開されたと聞いている。
天候も暑くもなく寒くもない、幸いウォルトの脚もなんとか小康状態を保っている。

ここ二か月の間、家にこもりっきりでイライラしていたし
ウォルトにとっても外に出ることで、運動不足の解消にもなる。
また自然の中で過ごすことで少しでも気晴らしにでもなれば・・・と思い、出かけることにした。

途中のコンビニでお弁当や飲み物を買う・・・
そして広場のベンチでお昼を食べ本を読んだりゆっくりしよう・・・

懐かしの「いずみ橋」

去年の4月、ワンコ遠足でみんなと渡ったっけ・・・

平日なのに数十台あった駐車場

去年の10月、サイクリングで来たときは一台もなかったのに・・・
その時の園内は台風15号の被害の跡が痛々しかった

さっそく、いずみ橋を渡って園内へ・・・


数か所のがけ崩れ跡が生々しい、まだ復旧は進んでいない・・・


お花見広場でお弁当

何組かのグループがお昼を食べていた

ワンコ遠足のときもここで昼食だった・・・


コンビニ弁当のソバ・おにぎり・ポテトサラダ・コロッケ・オイキムチ


こんな貼り紙がいろんなところにあった


菖蒲園にて。この白い花はなんだろう?


花菖蒲


黄菖蒲かな?

アヤメとかショウブとかカキツバタ?いろいろあってよくわからない・・・

ちょっと日差しが出てきたので日陰に移動


お花見広場のあずま屋で休憩


ほとんど歩けなくなったウォルトの関節炎はステロイドを服用してから急激によくなった。
しかし、医者の話によれば、「良い時と悪い時と一進一退を繰り返しながら徐々に悪くなっていく。」
らしい・・・



コメント (4)

サボテンの花

2020年05月19日 13時51分02秒 | 四季を楽しむ
外出自粛中で家の中にいる時間が長くなった。
家にいると、ついテレビを観ながらウトウトしてしまう。
それではいけない!すこしでも体や頭を動かさなければ・・・

気が付けば、季節は春からすでに初夏に向かっている。
わが家のせまい庭にも新芽が育ちサツキも咲き出し、そして芝生も青々としてきた。
それと、同時に雑草も目立ってくる。「そうだ!草取りでもしよう・・・」
そんなことで、天気の良い日は庭に出ることが多くなった。

庭の片隅に数年前、知人からもらったサボテンがある。
気にも留めなかったこのサボテンだけど、
数日前に突如ラッパのような花芽が出ているのを発見・・・。

そして、その翌朝には大きな花が開いたのである。

5月17日、朝6時


翌5月18日、朝7時。まだきれいに咲いている


同上


ところがその日の午後だった。気がついたら・・・


なんとも儚い花の命である。

コメント (4)

ヒマに任せて・・・

2020年04月28日 16時25分18秒 | ビデオ
わが人生で初めてカメラを買ったのは、たしか20歳のときだった。
機種名は「アサヒペンタックスSP」で当時のロングセラーとなった一眼レフだ!。
新技術のフォーカルプレーンシャッターで露出計がついていた。
金額は、35mmの標準レンズを付けてたしか3万円台だったと記憶している。
このメーカーの旭光学工業はもう存在しない、だがペンタックスは現在リコーのブランドになって人気がある。

その後、中古の200mmの望遠レンズも購入した。金額は忘れたけど中古品なので安価だったとおもう。
でもこれはとても使いづらかった。
ピント調節は絞りを開放にして合わせシャッターを切るときに設定の絞りに手動でもどすのだ。
この時代、オートフォーカスなどはまだまだない・・・
いつも、もどし忘れて露出過多の失敗作ばかり撮ってしまった。
なぜそんな面倒なことを・・・それは?
絞ったままでは画面が暗くピントを合わせずらいからで、その手順は操作マニュアルになっていた。

しかし、なぜか望遠の必要性も価値も見い出せず、この200mmレンズは早々にお蔵入りとなってしまった。

カメラをやりだしてから一年ほど経ったころだろうか?生意気にも動画も撮りたくなった。
で、8mmフィルムの撮影機を購入した。たぶん機種名は「フジカシングル8」だったと思う。
いくらしたか金額は全く憶えていない。

フィルムはカートリッジ式で撮影時間は3分間と短い、だから頻繁にカートリッジを交換しなければならない。
もう、30分も撮ったらフィルム代だけでも相当な金額になる、また現像代だってバカにならない。
むろん無声でモノクロだけど・・・
それに加えて映写機も必要になるし、今にしておもえば随分ぜいたくな道楽だった。

さてさて、それはさておき・・・
いま世の中は新型コロナ騒ぎでたいへんだ!その影響をわが家も受けて目下外出自粛中・・・
ウォルトの散歩もめっきり減ってしまい、毎日ヒマをもて余している。
コロナはまだつづきそうだし、何かしなければ・・・
そうだ!この機会に昔の映像をよみがえらせよう!!!と、思いついた。

VHSのビデオテープの映像をPCに取り込みVideoStudioで編集してBlu-rayディスクに保存する。という・・・
幸いにも8mmフィルムで撮った当時の映像もVHSのテープに変換してどこかに保管してあるはず。
もう、何十年も前になるけど写真屋に出してやってもらっている。
トータルで一時間ほどのフィルムだったけど、たしか2万数千円とられた記憶がある。
いちばん古い時代のモノは自分が21~22歳のころの映像で観るのはちょっと照れくさい・・・

実は7~8年ほど前にも同じ思いの経験がある。
PCへの取り込みソフト「デジ造」なるものを買ってVHSを変換し何枚かのDVDおよびBlu-rayを作った。
でもこの作業、恐ろしく手間がかかる・・・もう面倒になって中断したままになっていた。

最近これもヒマだから、おもい立って終活のための断捨離をやっている。
先日、押入れの奥から古い8mmフィルムから変換したこのVHSテープが出てきたのだ!。
この、チョー古い映像をBlu-rayでよみがえらせよう!!!

これがその「デジ造」

6年半前にPCを代えていたので、あらためてデジ造をインストールしたのだが、エラー発生。
よくよく見たらWindows7までしか対応していない。

しかたなく、ネットで購入したのがこれ↓

このソフトを使って
いま、三宅島(22歳時)と能登半島(23歳時)旅行のBlu-rayを制作中である・・・

動画より切り取った静止画。

これは能登半島に行ったときのもの・・・この時は奮発してカラーにした。画質は最悪だけどしかたない!


コメント (6)