日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

めぐる季節

2018-05-11 | きいてきいて
一足とびに夏が来た、と思っていたら
肌寒い一週間だったが 五月雨に備えた田んぼは
ほっこりとした土。
4ヶ月ほどでまた新米にめぐりあえる!


浅緑の山、ツバメの飛来、梅雨が空けると
入道雲、やがて虫の音。そこはかとなく
秋の気配が漂い田んぼは一面黄金に変わり
豊穣の秋

「季節」の凝縮されたこの4ヶ月。なのに
暑さに弱い老女は「酷暑」に目くじら立てて
騒ぎ立ててばかり。

そろそろ観念・諦念すべし





『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ゴールデンウィーク | トップ | 不条理 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オールドレディー)
2018-05-12 10:05:10
この2、3日寒くて寒くて、新緑爽やかとはいいがたい朝でした。例年ならもう夏物を出すのに、今年はまだできません。リビングにはまだ電気ストーブ、そして扇風機、なんじゃこりゃ…。
でも、若者たちは早々と水上バイクで走り回り、沖合には風をはらんだヨットの帆が…。外はもうすっかり夏の光景です。
この異常気象に今年の夏はどうなるのか。だんだんと四季の移り変わりがなくなってゆくようで、何だか寂しいです。
それでも今が一番良い季節です。短い間でも十分に楽しみましょう。
五月晴れ (sirousagi gamanoho)
2018-05-12 17:49:08
見事な花菖蒲!モデルは何処に咲いていたのですか
絵筆が心地よく遊びsuri-ribaさんまさに面目躍如。
浅緑の山々も燕飛ぶ水張った田んぼも絵になる風景はいたるところに。
毎回楽しみに待っていますよ~
展覧会にも出かけられない足萎えばあさんに素晴らしい。絵を目の保養にね。

翅休め名残惜しむかアゲハ蝶 レモンの若葉裸技にして (レモンの木に産み付けられた卵から飼育して蝶々が飛び立っていく姿は見るものに感動を。お向かいの若い奥さんが毎年何頭も!)
オールレディさま (suri-riba)
2018-05-13 17:21:55
暑すぎたり、肌寒くなったり、本当に「お天気屋」を地で行くこの1週間。今日は朝から大雨で先ほど「警戒」のメールが入ってきました。横の川も危ないところです。
まぁ5階までは大丈夫でしょうけど・・。そちらも降っていますか?
gamanohosirousagi (suri-riba)
2018-05-13 17:29:42
この季節におとなしくお家にいるなんて珍しいでしょう。
あなたには。私もムズムズしながら、恨めしく杖を眺めています。
この絵は昔描いたものです。方眼編みのレース編みの模様に取り入れたこともありました。今はもう昔ですが・・。

コメントを投稿