日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

努力と奇跡

2018-02-22 | きいてきいて
2・3度気温が上がると本当にありがたい。
ちょっと買い物に、また観梅にと近くを散策。

脚の具合も痛みに襲われる回数がぐ~んと減り
このまま奇跡が起こらないかと希望的観測を
しているが、オリンピックを見ていると
まぁ 「奇跡」なんて簡単に起こらないものと
彼らから学ぶ。

青春をかけ、家族の協力、スポンサー探し、
よきコーチとの出会い、怪我との闘い
何より自分のモチベーションの維持・・
秘めたるドラマがあるので、なお感動も大きいのだろう。

アクロバットのような、無理に作った競技が
増えているのが残念と言えば残念。純粋な競技が
やっぱりいいね。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ日本!

2018-02-15 | Weblog
あの地獄の寒波も少し緩みヤレヤレ。

冬季五輪が始まっているがフギァ以外
あまり興味がないし、ルールも知らないのだが
スピードスケートを何度も見ていると
画面に合わせて無意識に自分の上体も
左右に揺すっている。

ジャンプ競技も固くなって見ている自分がいて
結果が出ると順位度外視、“参加に意義あり”
と保護者さながらの心境になる。

選手のコメントは皆「感謝」と言う
偽りのない彼らの言葉にさらに熱くなる。

4年の心血をこの一瞬に出し切るのである
残りの競技もしっかり応援しよう







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

時代遅れ

2018-02-08 | きいてきいて
この寒さ、なんとかして・・。と言っても
雪に埋もれ、食べ物も届かない地方の人々を
おもうと甘ったれた事は言えません。


こう言う日は 炬燵でちょこちょこと手仕事でも
するのが好きなのだが、縫物、編み物もニーズゼロ。

最近の衣類の軽いこと。超速乾なのにも驚く
暖かさも半端じゃない。その割に安価なのだ。

コートやジャケットも、一時の羽毛に代わり
ウールやカシミヤがリバイバルしているので
“しめしめ 昔のコートを”と思ったら大間違い。
めっちゃ重い。同じカシミヤ100%でも。

と いう訳で昔の毛糸で編んでも又「断捨離」の
対象が増えるだけ。


毛糸のセーターなど解いて、細く弱くなった部分を
破棄し、足らずは色違いの毛糸を足してそれを
模様にして楽しんだ母を思うと もう遠い昔話






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加