日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

放言三昧

2008-09-27 | きいてきいて

「口は災いの元」 を地で行く政治家

なんとか還元水」に始まり、
長崎の原爆投下は仕方ない」は、格付けAランク。

ギョーザも「国民がやかましいから調査する」に
至っては、こちらは もうなにも言えねぇ!!

汚染米でも ジタバタしない」は、究めづけ。


これで 放言大臣 舞台からジタバタ退場

おっと これ以上愚痴ると”口は災いのもと”

コメント

原風景満喫

2008-09-23 | きいてきいて

見事なうろこ雲がゆっくり東に流れて行く。

シーズンごとに定点観測するお気に入り場所に急ぐ

田んぼに張った水の鏡に、周りの新緑を映し
早苗の上を ツバメが低空飛行する・・・・



時は移り 田んぼの稲も、畦の彼岸花を覆い隠すばかりに
穂をつけて頭を垂れている。

棚田一面 黄金に輝き、山の深緑も一歩後退


(事故米・汚染米 無関係のワタシ!






コメント

憧れライフ

2008-09-18 | きいてきいて


台風の影響か、朝から小雨。
されどココロは快晴

ターシャ・テューダー展に朝から出かけた。

美しいバーモンド州の山奥で、自給自足のスローライフを
楽しみながら、絵本画家・園芸家・人形作家でもある女性



ほとんどの生活用品も手作り、元祖エコ生活者として
92歳の生涯を閉じた。

人生は短いのよ。文句を言ってる暇などないの。
 目の前にある幸せを味わうことよ
」 だって!

  恐れ入りました。

絵も癒しそのものでした。










コメント

もの思う夜

2008-09-12 | きいてきいて

移ろう季節

周りの山がシルエッットに変わると
コオロギの合唱開演

昼間見つけた 彼岸花・赤とんぼの群れに
お月見まじかの澄んだ月光・・・

秋のオールメインキャストの登場


( 土を割って出る彼岸花 )

夏日が終わると 我がタイガース優勝と
もくろんだが、少々夏ばて 

焦ることはない。あとマジック17 だから 
コメント (1)

鼻煙壺展

2008-09-06 | きいてきいて

中国工芸

今年後半の活動開始。手始めに
 東洋陶磁美術館で開催中の「鼻煙壺展」


鼻煙壺 とは17世紀半ばに中国に伝わった嗅ぎタバコを
入れる為の小さな容器です。

手のひらに入るほどの大きさで、磁器・ガラス・メノウ
玉・水晶・象牙・金属などの材料に、超精巧な装飾を
施したもので、宮廷で大流行したとか・・・。


(白ガラス上絵 左  象牙描漆 右)


(象牙黒彩陰刻 左  青白釉透刻 中  緑ガラス白被せ 右)


(銀玉象嵌 左 七宝宝尽文 右)

1200点のすべてが、粋を凝らした超ウルトラC作品。

江戸時代に流行った印籠や根付のおしゃれも
この類でしょう。先人バンザイ





コメント

努力賞

2008-09-04 | きいてきいて

名シェフ

”男子厨房に入らず” を頑なに主張し続けた
亭主殿ですが、 なだめて、すかして、
褒めて脅して教育したら

うどん・そば・スパゲティなど麺をゆでる事が
出来ました。

努力賞に 五つ星シェフの称号
授与されました。



退職後苦節10年かかりましたが・・・。
ちなみに我が家の老犬は一週間で一芸マスターします。

コメント