日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

春一直線

2011-03-31 | Weblog
今日は山も霞がたなびき、水彩画を見るような
のどかな雰囲気

最近 霞のかかった わがア・タ・マを嘆いているが
物事 見え過ぎるより、おぼろの方が
時にはハッピーかも・・と苦しい言い訳 


3月は あまりに悲しい出来事があり
心も塞いでいるうちに、花は一斉に芽吹き
あちこちのこぼれ種や 思わぬ処から球根も咲きだし
レイアウト完全無視の花壇

白のクリスマスローズは初開花で
早速 スケッチのモデルに抜擢



被災地に一日でもはやく春が訪れますように
コメント

寄り添って

2011-03-24 | きいてきいて
お水取りも済み、お彼岸も済んだのに
イマイチ気分が乗らない・・。

こんな時には草引きや草花の手入れが一番の処方箋




今年もクリスマスローズが満開
チューリップに蓮ぎょう・雪柳もお目覚めで
来週には桃が一斉に咲くだろう
桔梗の新芽もフライングで ビックリ。


そうだ! 時が経ち、また時がめぐり
花を咲かせるように
幾多の廃墟からも回生したこの国のこと
きっと甦る
さぁ 落ち込んでなんぞおれないぞ

コメント

第42回日展

2011-03-17 | きいてきいて
今朝は真冬に逆戻り

折りも折 遊びで出かけるのは憚りますが
日展のみ・・と自己弁護

どの作品も力作揃いで、作者の熱いエネルギーが
伝わり今回も大きな感動をもらって帰る

やはり視点は 日本の穏やかな山河や海を描いた作品で
この原風景こそが生きる原点

これが一瞬で地獄と化す地震に
為すすべもなく打ちのめされるだけ・・・かぁ


(峠  成田禎介)
コメント

春便り

2011-03-15 | Weblog
まったく想定できない規模の地震
まだ余震の危険のある中
みんな・みんな頑張って 胸塞がるおもい

政府の文句ばかり言っていたけど、今は逆
調査・対策・処理・復興に向けての努力に
惜みなく協力したい


春の先駆け 文旦を今年も頂き
いつも“美味しい美味しい” パクパクですが
今年は殊更このひとときに感謝

保存食にと思ってピールも作り置く





コメント

立ちあがれ

2011-03-12 | きいてきいて
恐れていたその日が来てしまった

想像を絶する災禍で、断末魔をみる思い
阪神・淡路震災以上はないだろう・・と
思っていたのは甘かった


地震が プレート4枚の合流点上にある日本の
宿命なら、この国難に立ち向かうのも国民の宿命


さぁ なんなりと協力出来ることから始めよう

さても「一寸先は闇」をまたも実感する

コメント

気分を変えて

2011-03-06 | きいてきいて

寒々とした山も僅かに色ずいてきた

何十年ぶりだろう? 和服で外出するのは・・
先日に続いて 2回目の老前整理は着物・帯・和装小物など。

これがまた難解な仕事で・・・

なにぶん 母の思い入れの濃いものばかりで
20代から40代位まで、着られるように幅を持たせて
くれてはいたが、生憎 着物離れの顕著な時代で
ほとんど袖を通さずじまい。

結局 母の遺品の紬が、今の私にぴったり。
眺めていると 急に着てみたくなったのが
発端で、“どうしたんや??” と驚く亭主どんを
尻目にいそいそ出かけた次第。

 

コメント