STEP WORLD LL日進駅前教室

ステップワールドLL日進駅前教室:講師のブログ

英検面接とライティング試験に大切なこと

2018-10-24 01:53:39 | 英語教室

 英検ライティング試験や面接試験の指導をしていると、以下のようなことを強く思います。そこで、改めて英検3級以上面接とライティング試験に大切なことをお伝えします。(英検5・4級スピーキングテストについても同様です。)

大切なこと

 沢山の英語をインプット

 英語で「発信」することが出来るようになるためには、英語そのものが頭に入っていなければ、話したり、書いたりすることは出来ません。そのためには、沢山の英語をインプット(入力)することが大切です。豊かな入力があって、アウトプット(出力)することが可能になります。

 発信するための内容

 具体的に、英検5&4級スピーキング試験と3級以上の面接試験およびライティング試験では、以下のような質問がされます。

 5&4級スピーキング試験+3級面接試験およびライティング試験では、身近な日常生活レベルでの話題です。例えば、自分の予定や好きなことについてです。

 準2級面接試験およびライティング試験になると、日常レベルに多少の社会性が加わった話題になります。

 さらに、2級以上の面接試験およびライティング試験になると、より知的な要素が入った社会性のある話題になります。例えば、インターネットや環境問題などについてです。

 5&4&3級では、日常的なレベルですので、一見簡単なように思われます。しかし、自分の予定や好みでさえ、答えるのにとても時間がかかってしまう場合があります。

 さらに、2級以上になると、面接にしてもライティングにしても、日常レベルでの会話ではないので、世の中の様々な事について知っていて、それについての自分の意見がなければ、答える事が出来ません。

 つまり、いくら沢山英語をインプットしても、日本語でさえ発信することが出来ないのであれば、英語で伝えることが出来るはずがありません。

 これは、人から教えてもらうものではないと思います。「決まりきった答えのある問題を解く」ことだけに慣れていると、言葉に詰まってしまいます。こうした質問に対応するためには、本を読んだり、世の中の様々情報に触れて、それについて、家族・友達・先生など様々な人との交わりを通して、自分の考えを高めることが大切だと思います。

 知っている英語を使うこと

 上記のように英語を沢山インプットしたら、今度は、日本語では考えずに、英語で考えて表現することが大切です。難しい英語を使おうとしなくても良いです。(当然、試験では、辞書を使うことが出来ません。)

 もしも日本語で考えて、それを英語にしようとすると、皆さんの英語力は皆さんの日本語レベル以下ですので、日本語で考えたことを英語で表現することは出来ません。また、日本語と英語は、構造が全く異なる言語なので、根本的なところで無理があります。

 例えば、「私はかなづちだ」は、英語で何と言うのでしょうか?“I am a hammer.”でしょうか?全く違いますね“I can't swim well.”と言えば良いのです。

 これは、その日本語が表す内容をいかに自分が知っている英語に当てはめるかという想像力の問題でもあると思います。とにかく、知っている英語の範囲内で表現してみて下さい。2級までならば、中学レベルの英語を駆使すれば、最低限のことは、話したり、書いたりすることが出来るはずです。

 論理性の問題

 論理的に成り立っていない場合がよくあります。ある問題について、「賛成なのか?反対なのか?」をはっきりすると共に、「その理由(ライティング試験の場合は2つ)」を述べる必要があります。しかし、その理由が論理的にズレているのです。

 例えば、「白と黒では、どちらが良い?」という質問に対して、「白が良い」ということを言っているのに、「黒も良い」ということを書いてしまったり、根本的に話の筋とはズレている内容が入っていることがあります。

 自分が言いたい方向性以外のことは書かないようにすると共に、筋道を立てて文章を組み立てて下さい。

 ライティングのために「書く」練習を沢山やる?

  ライティング試験があるからといって、昔ながらの「書く」練習ばかりやっていても、この形式の試験には対応することが出来ません。

 もちろん、“書く練習をおろそかにしても良い”という意味ではありません。単語や文を書く練習をすることは必要です。つづりや文法的な間違いは、少ない方が良いです。

 しかし、いくら完全な英文を書いていたとしても、伝えたい「内容」そのものがなければ、その英文は何の意味もありません。

 まず“伝えたい「内容」ありき”です。

補足

  確かな情報によると、従来の筆記とリスニングの部分で満点だったとしても、ライティングで0点だったら、合格点に達しないそうです。つまり、それだけライティングの比重が高いということです。

面接試験での留意点

 3級以上の面接試験の場合、“態度”も採点されます。これは、英語を積極的に使おうとする態度のことです。ただ、難しく考える必要はないと思います。皆さんは、“試験”ということを考えずに、日常生活ならばどんな人と気持ち良く話すことが出来ますか?

 聞きやすい大きさの声で話す人、 笑顔で挨拶や御礼を言ってくれる人、下を向いて(うつむいて)話すのではなく適度に視線を合わせてくれる人・・・・ですか?

 要するに、「この人と話していると、こちらまで暗い気持ちになってしまう…」という態度ではなく、「この人と話していたら楽しいという態度を心掛けると良いと思います。

「発信力」を高める

   新しい学習指導要領改訂案「英語」では、これまでの4領域(聞く・話す・読む・書く)のうち、「話すこと」を『やりとり』『発表』に分け、5領域として位置付けています。これは「話すこと」に指導のウェートが置かれるということです。

 英語学習を取り巻く状況は、ますます「発信力」を高める方向に動いています。つまり、英検のスピーキング&面接試験のためにしっかりと備えておくことは、新しい指導要領の方向性にも一致しています。

 そして、ライティング試験も意識して学習して行けば、より一層「発信力」を付けることが出来ます。

生徒の皆さん

 2020年から大学入試センター試験が廃止され、英語は英検などの民間の試験を活用すると報道されています。その意味でも、今まで以上に積極的に英検にチャレンジしましょう

 但し、試験のためだけに英語を学習するのは悲しいことです。目の前の目標は大切にしつつ、将来、英語を使って堂々と自分の考えを「発信」している自分の姿を想像して、楽しみながら学習を続けて行きましょう

(水野克哉)

 

<追伸>
英検についての関連事項は以下のクリック

「大学入試で活用される英検」
https://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/cd570d95c3d9179b083819d4791dbd16

「英検は単に合格すれば良いのではない」
https://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/3aba7b7abc4058c3da6c5b92f972413d

「英検の勉強!?」
https://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/2bf13f3ece54cab63a5ee3fa18fcbbe7

「英検の勉強って何をやればいいの?」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/7ec8794393cea09d7aa0653379294db3

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2018スピコン教室大会を手伝... | トップ | ハロウィンレッスンを行いま... »