いち年ゆみ組のブログ

アーチェリーと、うちの植物たちと、読んだ本のことなどをのんびりと...

只管行射

2012-04-30 20:03:34 | アーチェリー

今日、いつもの射場では試合が行われました。ボクは試合にエントリーしませんでした。先日、M次長からお誘いがあり、一緒に秘密の射場で練習することになっていました。

ボクは黙々と30mだけを行射を続け、途中お昼休みをはさんで、合計264射しました。M次長は時々用事があって射場を離れました。でも、射場にいるときはボクと同様、黙々と行射していました。おかげで静かに集中して自分の練習ができました。こんなに静かで集中して練習したのは、ずいぶん久しぶりのことです。

というのも、いつもの射場に行くと高校生たちがたくさんいて、射型を見てほしい、弓を調整してほしい、1年生の指導をしてほしい等、さまざまな要求をされることが多いため、実は自分の練習にあまり集中できていないのです。いつもの体育館でも同じです。

今日、ボクは射場に着くと、的を出し、弓を組み立て、いつもより時間をかけて弓をチューニングし、ただひたすら30mで行射しました。決して点数は高くないのですが、自分の行射に集中できることがとても楽しく感じられました。途中で点つけをしました。でも、その36射を除けば、ほとんど何も考えずにただひたすら行射しました。この練習のやり方を、ボクは「只管行射」(しかんぎょうしゃ)と呼んでいます。曹洞宗の開祖、道元さんがただひたすら座禅を組んで修行することを「只管打座」(しかんだざ)と言われたのを参考にさせていただいた言葉です。

ただひたすら行射する。あまり何も考えずに行射する。行射を繰り返すうちに「気づき」があります。思えば、最近只管行射なんてまったくできていませんでした。時々M次長が誘って下さるとありがたいです。

コメント

国体予選に向けて

2012-04-29 20:40:42 | アーチェリー

カーニバルが終わった後、リカーブの練習をしました。自分では手術後、かなり回復してきたと思っていたので、"BORDER HEX-5"リムを使うようにしました。35ポンドくらいの強さです。以前なら何ら支障がないポンドでした。でも、実際にはまだ筋力が戻っていないようで、行射するのがつらくなってきました。射型にも無理が出てきました。そこで、さやちゃんの"WINACT"リムを使うことにしました。実質33ポンド前後の弓の強さに調整でき、それならなんとか70mでも的に矢が届きます。これなら体への負担が少なく、最後まで行射できそうです。

でも、ポンドが低いので、サイトを手前に引きこみ、サイトブロックをできるだけ下に下げ、まるで90m行射時の設定がそのまま70mの設定になったような状態です。

調整にやや時間がかかりましたが、しばらく70mを行射していると、52点(10-10-9-8-8-7)が出ました。いっしょに行射していたマサヒロくんがほめてくれました。

国体予選(第一次)は5月13日の予定です。300点を出さないと上位3人には入ることができません。努力と根性でがんばるしかありませんっ!!

コメント

カーニバル無事終了

2012-04-29 20:19:36 | アーチェリー

今日はいつもの射場で「カーニバル」を開催しました。今年は15回目。大震災のあった昨年を除き毎年ロータリークラブが主催して開催してきました。今年も約100名が集まりました(未経験者約20名、経験者60名、スタッフ20名)。お天気もよく、新緑がきれいでした。

ボクは未経験者(つまり初心者)の指導係のひとりでした。リカーブもコンパウンドもどちらも指導しました。

初心者たちは午前11時頃までに、だいたい10mまで行射できるようになったので、アトラクション「風船割り」をしました。単純に風船を割るだけのことなのに、参加者は大いに盛り上がっていました。

一方中級者以上の参加者は45mと30m各18射ずつの試合を行いました。非公認ですが、緊張感はあります。というのも的のすぐ後ろが岩山になっているため、的を外すと矢は使いものにならなくなるからです。例年何人かが犠牲になります。今年はミヤさんが犠牲になりました...

お昼休みには、にゅうめんの振る舞いが行われました。ちょうどいい加減の味噌汁の中ににゅうめんが入っていて、とてもおいしかったです。

お昼ごはんを食べた後、中級者たちは風船割り(団体戦)を行いました。全部で8個の風船を早く割ったチームが勝ちというルールです。ボクもコンパウンドを持ち出して、大人5人でチームを組み、高校生たちのチームと戦いましたが、なんと初戦敗退。ボクと正三さんは風船を3個、シローさんは1個割りました。残りの1個を割ることができませんでした。ミヤさんと天災秘書中森は0個でした。

初戦で敗退したので、ボクはスタッフに戻り、初心者の試合進行を手伝いました。

すべての行事が終わって閉会式をしたのが午後3時頃。マスコミが取材に来ていて、小学生たちが行射している様子を撮影していました。その撮影中、矢が暴発してひやっとしました。最後まで事故はなく、無事にカーニバルを終了することができてよかったです。安全第一ですね。

コメント

トモキ2号の影響力

2012-04-28 23:13:38 | アーチェリー

土曜日は、夕方までいつもの射場で練習し、その後ゆみ組の練習会に参加するため、いつもの体育館に移動します。寒い時期は日が暮れるのも早く、いつもの射場を午後5時前に離れて体育館に行くまでの2時間は、買い物をしたり、本を読んだり、実はかなり時間が無駄になっていました。今では日が長くなり、待ち時間も少なくなりました。午後6時過ぎまでいつもの射場で練習できるので。

さて、体育館にいつものようにトモキ2号がやってきました。勉強は厭だ、めんどくさい、なぜ学校に行かなければならないの?等愚痴を言います。小学6年生にしては、あまりにも幼稚で、将来が思いやられます。

彼は練習に来て、半分以上の時間をおしゃべりで費やします。ボクはコンパウンドで点付けをしていましたが、そのおしゃべりが耳に入って、さっぱり集中することができませんでした。トモキ2号のなんという影響力。結局、345点しか出せませんでした。久しぶりに練習に来ていたキムさんは、よくこんな状況で345点も出せたな、と感心していました。

その後、O工場長と一緒に点付けをしました。時間がなかったで18射しかできませんでしたが、59点-60点-59点でした。矢も2本壊してしまいました。このペースなら、355点も出せたかもしれません。いかに行射に集中することが大切かということがよく分かりました。

明日はいよいよカーニバル。参加者は約80名。未経験者20名と経験者60名だそうです。ボクは初心者指導の係です。午後からのアトラクション(風船割り)には参加したいので、コンパウンドを一式持っていくつもりです。お昼休みにはにゅうめんもふるまわれるそうです。お天気もよさそうだから、楽しいイベントになればいいなと思います。

コメント

リカーブ 回復遅れる

2012-04-28 23:01:19 | アーチェリー

いつもの射場に行き、リカーブで70mの練習をしました。国体予選のための準備です。

今日は午後からカーニバルのための会場設営をする約束をしていました。70mを少し練習した後作業を開始。ラインを引き、的用の脚を組み立てました。その後、春先にたたみを焼却してできた灰を草むらに移す作業をしました灰やほこりが舞い、暑い中の作業でかなり疲れました。

その後、70mの練習をしました。作業で腕が疲れ、気持ちよく行射できませんでした。全部で4回、矢を地面に向かって飛ばしてしまいました。まだ、BORDER HEX-5リムを使うのは早いのかもしれません。35ポンドくらいなので、引き疲れてくると右に大きく外れます。さやちゃんのWINACTリム(表示34ポンド、実質32ポンド)に替えた方がいいかもしれません。今年は、国体予選でいい成績を上げるのは難しいと思いました。

練習もほどほどにして、ミヤさんの新しい矢を作るために、シャフトの長さを再確認し、正三さんにお願いしてカットしてもらいました。わざわざK市体育館に奔って下さったのです。大変ありがたいことです。正三さんは2時間ほどして射場に戻ってきました。やはり丁寧な仕事をしていました。つまり、シャフトカット後のバリ取りをし、1本ずつアルコールで汚れをふき取ってくれていました。ここまでやっていただいて、本当にもうしわけないことです...

コメント